アウトドアで履きたいトレッキングシューズ!おすすめブランド9選

トレッキングシューズおすすめブランド特集!トレッキングシューズは、登山はもちろん、デザインによってはライフスタイルにも取り入れることができます。アウトドアに行くときでも服装にはこだわりたいという方に、おすすめブランドをご紹介。


アイキャッチ画像出典:KEEN

トレッキングシューズ選びは、フィット感が大切!

出典:PIXTA
トレッキングシューズは足にフィットしたものでないと怪我をする恐れがあるため、何よりフィット感が大事!メーカーによって形や固さが異なるため、最初は必ずショップで試着することをおすすめします。自分のお気に入りの一足とともに、キャンプ&登山を楽しみましょう!

では実際にどんな点に気を付けて選べばいいでしょうか?トレッキングシューズの選び方に関してはこちらの記事もチェック!

今回は、キャンプでも履きたいシティー使用可能なものから、本格的なトレッキングシューズまで幅広く厳選しました。ブランド別のこだわりポイントとおすすめシューズを紹介します!

【1】KEEN(キーン)

『〈MAKING A DIFFERENCE〉たくさん働き、たくさん遊ぶ』、そんなハイブリッドライフを提唱しているKEEN。シューズを中心に、ソックスやバッグなどのアクセサリーも展開しているブランドです。
トレッキングシューズはシックなデザインでローカットやミドルカットをラインナップ。そのデザイン性は、シティー使用可能なトレッキングシューズですね!

TARGHEE 2 MID

ライトトレッキングを考えた機能は、登山を人生の楽しみとしている方から、健康を考えて郊外でウォーキングしている方、登山初心者の方や暖かい時期の富士山にチャレンジしようとしている方、そしてキャンパーまで、履く人によってニーズが広がるシューズです。
ITEM
TARGHEE 2 MID
片足重量:402.6g
ライニング : KEEN.Dry 防水透湿メンブレン
ゴム : ノンマーキングラバー アウトソール
アッパー : レザー、テキスタイル
ふくらはぎ周囲 : 24.1cm
襟高 : 14.6cm

デザイン、履き心地、動きやすさ全て☆5つ


KOVEN WP【レディース】

KEENの独自機能を搭載したエントリーレベルハイク&ウォークシューズ。コストパフォーマンスと機能のバランスを追求した逸品。耐久性に優れ軽量なポリウレタンコーティングレザーを採用。
ITEM
KOVEN WP【レディース】
Features: ウォータープルーフ, バンジー・レース使用スタイル
ゴム: ノンマーキングラバー アウトソール
ライニング(靴内側の裏張り): 防水透湿ライニング
アッパー(靴の甲部分): レザー、テキスタイル

野鳥撮影の山行にキーンのピレネーとターギーⅡ、それにニューポートサンダルを愛用しています。短靴のターギーⅡを履きつぶしたので、同じフットベッドでデザインが違うのをと思い、Kovenを選びました。結果は正解。足入れ、ホールドともピッタリでサンダルが使えない、脱ぎ履きが頻繁な用途はこれが主役です。


【2】LA SPORTIVA(スポルティバ)

〈FOR YOUR MOUNTAIN〉多くの企業が海外に生産拠点を移す中、北イタリア内での製造にこだわるプライド高いブランド。また、環境保護に注力しているのもこのブランドの魅力と言えるでしょう。
ハードトレッキングやアルパインクライミングに対応可能なトレッキングシューズをラインナップ。本格的なトレッキングシューズを探すならこのブランドはおすすめです。

TRANGO ALP EVO GORE-TEX

ハードトレッキングやアルパインクライミングに対応する「トランゴ」シリーズに最もタフなモデルが登場。レザーアッパーと、縫い目を排したサブスキン・インジェクション製法を採用することで、さらなる堅牢性と防水性を実現しています。
ITEM
TRANGO ALP EVO GORE-TEX
片足重量:725g
素材:アッパー:ペルワンガー防水レザー2.2mm+サブスキン・インジェクション
ライニング:ゴアテックス・パフォーマンスコンフォート
ソール:ビブラム・キューブ

とても履きやすくて良い登山靴です。ただ足型は兄弟でも違うものなので、1度スポルティバ取扱い店で履き心地は自分に合うか、サイズはどれが一番合うかなど店員と定めてからではないと確実に靴づれの原因です。合わないのであれば登山靴は断念しましょう。外観で選べば1度の使用で終了です。


トランゴ トレック マイクロ EVO GTX

トランゴ S EVO GTXを少しソフトにしたモデルです。3シーズンのトレッキングに最適です。ビブラム社と共同開発のインパクトブレーキシステムソールを採用し、あらゆる地形での衝撃吸収性、グリップ力向上によりパワーロスを減少しました。
ITEM
トランゴ トレック マイクロ EVO GTX
重量: 1,300g(ペア)
素材:アッパー: ベルンワグナー社2mm防水加工スエードレザー
ライニング: ゴアテックス
ソール: ビブラム IBS ソール

スポルティバは軽く、踵のホールド感が他の登山靴に比べて良いと思います。スエードの質感と色も渋く、気に入っています


【3】CARAVAN(キャラバン)

〈軽くては歩きやすくて履きやすい〉伝統的な日本ブランド。ビギナーを主なターゲットとし、各製品には、“自然の中に入っていく楽しみを感じてほしい”という思いがこめられています。

初級から中級登山を想定している場合、CARAVANのトレッキングシューズはマッチ!歴史あるトレッキングシューズで登山に出かけましょう。

キャラバントレッキングシューズ

登山入門者が使いやすいように設計された、キャラバンシューズの代表的なモデルです。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用し、足首を優しくホールド。指先まわりはゆとりを持たせ、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めて登山靴に足を入れる入門者でも違和感なく履ける設計です。
ITEM
キャラバントレッキングシューズ
重量:約590g(26.0cm片足標準)
素材:【アッパー】メッシュナイロン/合成皮革(トゥガード/TPU補強)
【ライニング】ゴアテックス メンブレン
【ソール】キャラバントレックソール(ミッドソール:EVA)
【フレックス】ライトフレーム(EVAラミネート)
【インソール】EVAインソール

早速、木曽駒ヶ岳に登って来ました。とても履きやすく足にしっかりとフィットしてとても良い靴です。期待以上で満足してます。


キャラバン トレッキングシューズ C4-03

レディースモデル。女性ユーザーの声を反映し、より履きやすく進化させたレディスモデルです。履き口にはソフトなメッシュ生地を使い、裏生地やクッション材にもこだわって、繊細な女性の足に優しい柔らかさを追求しました。ラストはスリム型のレディスラストを採用。
ITEM
キャラバン トレッキングシューズ C4-03
重量:約470g(24.0cm片足標準)
素材:アッパー: メッシュナイロン/合成皮革 (トゥガード/TPU補強)
ライニング: ゴアテックスRメンブレン
ソール: キャラバンLBH2 (ミッドソール:EVA)
フレックス: ライトフレーム (EVAラミネート)
インソール: 高通気アーチインソール

初めての山登りに使用しましたが、全く靴づれもなく快適でした。
すごい悩みましたが、軽いし買って良かったです^ ^


続いて、人気のコロンビア、ダナー、ミレーのおすすめ登山靴!

【4】COLUMBIA(コロンビア)

〈アウトドア界の発明家〉だれもが知るアウトドア総合ブランド。マルチポケットフィッシングベストを開発するなど、ウェアーを中心としたラインナップですが、シューズの評価も好評です。
トレッキングシューズはデザイン性の高いフォルムをさることながら、カラーバリエーションも申し分ありません。初めてのトレッキングシューズ選びには目を引く一品ですね!

カラサワIIプラスオムニテック

カラフルなソールにコロンビア独自の濡らさず、蒸らさないオムニテックテクノロジーが快適なはき心地を実現してくれるマウンテンブーツです。
ITEM
カラサワIIプラスオムニテック
素材:ポリエステルメッシュ、ウォータープルーフスエード、ウォータープルーフシンセティックスエード

50年で30足位のの登山靴を履いた。現在使用しているのは6足(2足がコロンビア)。靴底の減りは方はみな同じだが、靴底の剥がれが多い(ひどい)がコロンビアのみ使用回数が一番多いにも関わらず剥がれが皆無なので、信頼している。


マドルガピーク【レディース】

幅広い登山スタイルに対応するベストセラーブーツ。登山に求められる高い機能性を備え、足運びをサポートするモデル。日本人の足の形に合わせて作っているため、足入れが良く、ホールド性もあります。
ITEM
マドルガピーク【レディース】
素材:甲:合成皮革、合成繊維
底:合成ゴム

日本人にの足におすすめなコロンビア。機能性や評価が気になる方はこちら!

【5】DANNER(ダナー)

〈手作業にこだわって、83年〉1932年に創業者ダナーと5人の労働者で4ドルのブーツを作ることから始まったブランド。シューズブランドとしては、初めてゴアテックスを採用したことでも有名で、現在でも手作業にこだわっているというから驚きです。
DANNERのトレッキングシューズはレザーを中心にラインナップされています。ライフスタイルにも取り入れやすいデザインが人気です。

マウンテン ライト クリスティ

ダナーライトと並ぶアイテムとして高い人気を誇る定番マウンテンライトのスウェードバージョン。アッパーにはTANカラーの防水スエードを使用し、ホワイトのビブラムクリスティーソールに変更し、よりタウンユース向きに。
マウンテン ライト クリスティ
ITEM
マウンテン ライト クリスティ
表地: 天然皮革
アッパー素材:天然皮革
アウトソール素材:ゴム製

マウンテン ライト2

足元にボリュームが出る靴で、見た目以上に軽く、履きやすいモデルです。 ゴアテックス・ブーティー加工されている為、雨の日でも安心 サイズで表記となります。
ITEM
マウンテン ライト2
素材:ゴアテックス

【6】MILLET(ミレー)

〈マウンテニアリング界の重鎮〉登山向けバックパックを中心にラインナップを展開。山のエキスパートたちからのフィードバックを下に、重鎮となった今でも着実にラインナップを広げ成長を続けています。
今回はアルパイン用のトレッキングシューズをセレクト。快適性と行動性を高めた機能は、一見の価値あるトレッキングシューズでしょう。

SUPER TRIDENT GTX

完全防水ミッドカットアプローチシューズ。アッパーには1.8mm撥水加スプリットレザーとカーボンシンセティックによる補強、インナーにはゴアテックス(R)、ソールにはビブラム(R)、そして衝撃を抑える軽量なmicro−EVAミッドソール、これらの要素が融合し多才なアプローチシューズを実現。
ITEM
SUPER TRIDENT GTX
アッパー: Hydro-imper レザー 1.8mm シンセティック カーボン
ミッドソール: トライデント ヒール リサイクル EVA
アウトソール: ビブラム MULAZ エボ

ミレー グレポン GTX

無雪期用完全防水オールラウンドアルパインブーツ。
-5℃まで対応、アッパーにはカーボンシンセティックによる補強、インナーにはゴアテックスR、ソールにはビブラムRMULAZ、2種類の密度を持つEVAミッドソール、そしてアンクル部の程よいフレックス性、これらの要素が融合し快適性と行動性をバランス良く実現。
ITEM
ミレー グレポン GTX
素材:アッパー: ナイロン
ミッドソール: ポリウレタン EVA
アウトソール: ビブラム Mulaz エボ

最後に、人気のモンベル、アークテリクス、メレルの登山靴をご紹介!


【7】Mont・Bell(モンベル)

〈function is beauty、light&fast〉日本を代表するアウトドアブランド。日本のアウトドア用品の歴史は、このブランドとともにあると言っても過言ではないかも知れません。
同社のトレッキングシューズは軽装の登山で幅広く使えるものが大多数を占めています。日本の歴史あるトレッキングシューズとともに登山を楽しんでみませんか?

GTX ワオナブーツ

軽装備での登山やトレッキングで幅広く使えるミドルカットの全天候型ブーツです。ミッドソールには、軽量で衝撃吸収性にも優れたE.V.A.を採用。ひざへの負担を和らげ、地面からの足裏への突き上げを軽減します。
ITEM
GTX ワオナブーツ
重量:525g(25.5cm・片足)

体力も考えて、カタログでの軽さで選びました。まだ、足(靴)慣らし状態ですが、軽ハイキングシーズでは気を付ける様な場所でも滑りにくく、とても歩き易く驚きました。弱体力をホローしてくれる良い靴だと思います。


ツオロミー®ブーツ

夏場の長期縦走やトレッキングなどに最適なハイカットの全天候型ブーツです。横方向へのぶれを防ぎ抜群の安定感を維持しながらも、前方向への屈曲運動を妨げないパターンにより、高い運動性を実現しています。
ITEM
ツオロミー®ブーツ
重量:720g(25.5cm・片足)

モンベルオリジナルのソールですが、溝も深く滑りません。サイズですが、普段のサイズよりプラス1cmでよいかも?プラス0.5cmで下りでたまに、足先があたりました。


モンベルはトレッキングシューズの他にも様々なラインナップが魅力!

【8】ARC’TERYX’(アークテリクス)

〈完璧を追求〉90年代にカナダで生まれた人気急上昇中のブランド。ユーザーが最高のパフォーマンスができるようにという思いを胸に、最先端の技術を駆使しながらアウトドア業界に革命をもたらし続けています。
同社のトレッキングシューズは長距離の歩行をサポートするアウトソールの革新を目指し開発され、さまざまな地形に対応します。

Bora ミッド GTX

敏捷性と耐久性に優れたカスタム Vibram® アウトソールは移り変わるトレイルコースや地形に適応し、長距離を歩むあなたをサポートします。球状のヒールデザインはスムーズな歩みを促し、また「Y」グローブスプリットヒールテクノロジーを採用することで、ブレーキ能力と敏捷性が格段に上がりました。
ITEM
Bora ミッド GTX
重量:片足約600g
素材:TPU high abrasion protection films
PU coated nylon yarns
2 layer stretch nylon monomesh, Stretch GORE-TEXR with air permeable EVA foam core

BORA2 MID

取り外し可能なライナーを使用して、変化する天候の中を何日も快適に進むために開発された新世代テクニカルトレッキングシューズ。取り外し可能なストレッチGore-Texライナーと、アウターの2重構造になっており、軽量で快適なフィットを実現。
ITEM
BORA2 MID
メイン素材:Synthetic

【9】MERRELL(メレル)

〈すべての始まりは、一足のカウボーイブーツ〉アメリカユタ州にてカウボーイブーツづくりから始まったMERRELL。GORE-TEXを1983年より採用した老舗ブランドです。現在では160ヶ国で販売、愛用されています。
フレキシブルな動きを可能にしたローカットモデルのトレッキングシューズと、高いグリップ力を誇るカメレオンシリーズの最新版をセレクト。シューズブランドとしての歴史を詰め込んだ機能性の高いトレッキングシューズは必見です!

Capra Sport GORE-TEX

スピードハイキングからライトハイキングまで幅広く対応します。山羊の足裏をモチーフにした「ビブラム®メガグリップアウトソール」を採用。下からの突き上げを緩和する「ユニフライ™」を搭載しています。
ITEM
Capra Sport GORE-TEX
素材:アッパー/シンセティックレザー・メッシュ、ソール/合成ゴム

トレッキングというよりも、平地でのウォーキング用として購入。サイズは試し履きしていたので丁度よかった。購入を検討している方は、試し履きはおすすめ。まだ、数回しか使用していないが、履いた感じはサポート感がとても良い。クッション性もなかなか!カラーもデーハーで気分も上がる。これからが楽しみ。


Chameleon Shift Mid GORE-TEX

汎用性はそのままに堅牢性を向上させた、メレルカメレオンシリーズの最新モデル。これまでのデザインを大幅にリニューアルし、ガレ場などでも高いグリップ力を発揮するラグ形状と配置パターンを開発しました。
ITEM
Chameleon Shift Mid GORE-TEX
アッパー:天然皮革(ヌバックレザー)、人工皮革、合成繊維
アウトソール:ビブラムTC5アウトソール

履き心地最高


メレルは他にもバリエーション豊富!お気に入りの一足を見つけるならチェック!

TRY TRECKING SHOES

最高一足を見つけよう!

【登山靴の関連記事はこちら】

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

トレッキングシューズ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!