初めての1足におすすめ!ブランド別トレッキングシューズ特集

2019/04/26 更新

初めてのトレッキングシューズ選びは悩むもの。まずはどんなモデルがあるのかチェックしてみましょう!人気ブランドのおすすめモデルを一挙紹介しますので、好みの一足を見つけてください!普段使い用のブーツとしても使えますので、おしゃれなモデルを選ぶのもありです!


アイキャッチ画像出典:KEEN

トレッキングシューズ選びは、フィット感が大切!

出典:PIXTA
トレッキングシューズは足にフィットしたものでないと怪我をする恐れがあるため、何よりフィット感が大事!メーカーによって形や固さが異なるため、最初は必ずショップで試着することをおすすめします。自分のお気に入りの一足とともに、キャンプ&登山を楽しみましょう!

では実際にどんな点に気を付けて選べばいいでしょうか?トレッキングシューズの選び方に関してはこちらの記事もチェック!

今回は、キャンプでも履きたいシティー使用可能なものから、本格的なトレッキングシューズまで幅広く厳選しました。ブランド別のこだわりポイントとおすすめシューズを紹介します!

【1】KEEN(キーン)

『〈MAKING A DIFFERENCE〉たくさん働き、たくさん遊ぶ』、そんなハイブリッドライフを提唱しているKEEN。シューズを中心に、ソックスやバッグなどのアクセサリーも展開しているブランドです。
トレッキングシューズはシックなデザインでローカットやミドルカットをラインナップ。そのデザイン性は、シティー使用可能なトレッキングシューズですね!

TARGHEE 3 MID WP

ライトトレッキングを考えた機能は、登山を人生の楽しみとしている方から、健康を考えて郊外でウォーキングしている方、登山初心者の方や暖かい時期の富士山にチャレンジしようとしている方、そしてキャンパーまで、履く人によってニーズが広がるシューズです。
ITEM
TARGHEE 3 MID ウォータープルーフ
片足重量:-g
ライニング : KEEN.Dry
ゴム : ノンマーキングラバー アウトソール
アッパー : 防水レザー、パフォーマンスメッシュ
ふくらはぎ周囲 : 24.1cm
襟高 : 14.6cm

Oakridge Mid WP

KEENの独自機能を搭載したエントリー向けのトレッキングシューズ。コストパフォーマンスと機能のバランスを追求した逸品。耐久性・軽量性に優れたポリウレタンコーティングレザーを採用。
ITEM
Oakridge Mid ウォータープルーフ
Features: ウォータープルーフ
ゴム: ノンマーキングラバー アウトソール
ライニング: メッシュライニング
アッパー: PUコーティングレザー、メッシュ

【2】LA SPORTIVA(スポルティバ)

〈FOR YOUR MOUNTAIN〉多くの企業が海外に生産拠点を移す中、北イタリア内での製造にこだわるプライド高いブランド。また、環境保護に注力しているのもこのブランドの魅力と言えるでしょう。
ハードトレッキングやアルパインクライミングに対応可能なトレッキングシューズをラインナップ。本格的なトレッキングシューズを探すならこのブランドはおすすめです。

TRANGO ALP EVO GTX

ハードトレッキングやアルパインクライミングに対応する「トランゴ」シリーズに最もタフなモデルが登場。レザーアッパーと、縫い目を排したサブスキン・インジェクション製法を採用することで、さらなる堅牢性と防水性を実現しています。
ITEM
TRANGO ALP EVO GORE-TEX
片足重量:725g
素材:アッパー:ペルワンガー防水レザー2.2mm+サブスキン・インジェクション
ライニング:ゴアテックス・パフォーマンスコンフォート
ソール:ビブラム・キューブ

とても履きやすくて良い登山靴です。ただ足型は兄弟でも違うものなので、1度スポルティバ取扱い店で履き心地は自分に合うか、サイズはどれが一番合うかなど店員と定めてからではないと確実に靴づれの原因です。合わないのであれば登山靴は断念しましょう。外観で選べば1度の使用で終了です。


TRANGO TREK MICRO EVO GTX

トランゴ S EVO GTXを少しソフトにしたモデルです。3シーズンのトレッキングに最適です。ビブラム社と共同開発のインパクトブレーキシステムソールを採用し、あらゆる地形での衝撃吸収性、グリップ力向上によりパワーロスを減少しました。
ITEM
TRANGO TREK MICRO EVO GTX
重量: 1,300g(ペア)
素材:アッパー: ベルンワグナー社2mm防水加工スエードレザー
ライニング: ゴアテックス
ソール: ビブラム IBS ソール

スポルティバは軽く、踵のホールド感が他の登山靴に比べて良いと思います。スエードの質感と色も渋く、気に入っています


【3】CARAVAN(キャラバン)

〈軽くては歩きやすくて履きやすい〉伝統的な日本ブランド。ビギナーを主なターゲットとし、各製品には、“自然の中に入っていく楽しみを感じてほしい”という思いがこめられています。

初級から中級登山を想定している場合、CARAVANのトレッキングシューズはマッチ!歴史あるトレッキングシューズで登山に出かけましょう。

キャラバントレッキングシューズ(メンズ)

登山入門者が使いやすいように設計された、キャラバンシューズの代表的なモデルです。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用し、足首を優しくホールド。指先まわりはゆとりを持たせ、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めて登山靴に足を入れる入門者でも違和感なく履ける設計です。
ITEM
キャラバントレッキングシューズ(メンズ)
重量:約590g(26.0cm片足標準)
素材:【アッパー】メッシュナイロン/合成皮革(トゥガード/TPU補強)
【ライニング】ゴアテックス メンブレン
【ソール】キャラバントレックソール(ミッドソール:EVA)
【フレックス】ライトフレーム(EVAラミネート)
【インソール】EVAインソール

早速、木曽駒ヶ岳に登って来ました。とても履きやすく足にしっかりとフィットしてとても良い靴です。期待以上で満足してます。


キャラバン トレッキングシューズ(レディース)

女性ユーザーの声を反映し、より履きやすく進化させたレディースモデルです。履き口にはソフトなメッシュ生地を使い、裏生地やクッション材にもこだわって、繊細な女性の足に優しい柔らかさを追求しました。ラストはスリム型のレディスラストを採用。
ITEM
キャラバン トレッキングシューズ(レディース)
重量:約470g(24.0cm片足標準)
素材:アッパー: メッシュナイロン/合成皮革 (トゥガード/TPU補強)
ライニング: ゴアテックスRメンブレン
ソール: キャラバンLBH2 (ミッドソール:EVA)
フレックス: ライトフレーム (EVAラミネート)
インソール: 高通気アーチインソール

初めての山登りに使用しましたが、全く靴づれもなく快適でした。
すごい悩みましたが、軽いし買って良かったです^ ^


続いて、人気のコロンビア、ダナー、ミレーのおすすめ登山靴!

【4】COLUMBIA(コロンビア)

〈アウトドア界の発明家〉だれもが知るアウトドア総合ブランド。マルチポケットフィッシングベストを開発するなど、ウェアーを中心としたラインナップですが、シューズの評価も好評です。
トレッキングシューズはデザイン性の高いフォルムをさることながら、カラーバリエーションも申し分ありません。初めてのトレッキングシューズ選びには目を引く一品ですね!

カラサワIIプラスオムニテック

カラフルなソールにコロンビア独自の濡らさず、蒸らさないオムニテックテクノロジーが快適なはき心地を実現してくれるマウンテンブーツです。
ITEM
カラサワIIプラスオムニテック
素材:ポリエステルメッシュ、スエード、シンセティックスエード
防水構造:オムニテックメンブレン

50年で30足位のの登山靴を履いた。現在使用しているのは6足(2足がコロンビア)。靴底の減りは方はみな同じだが、靴底の剥がれが多い(ひどい)がコロンビアのみ使用回数が一番多いにも関わらず剥がれが皆無なので、信頼している。


クレッセントピーク アウトドライ

高いクッション性と通気性で、長時間の山行でも快適な履き心地が続きます。ラバーソールはグリップ力が高く、しっかりと山道を捉えてくれます。
ITEM
クレッセントピークアウトドライ
素材:ウォータープルーフシンセティックレザー、ナイロンメッシュ
防水構造:アウトドライ

▼日本人にの足におすすめなコロンビア。機能性や評価が気になる方はこちら!

    【5】DANNER(ダナー)

    〈手作業にこだわって、83年〉1932年に創業者ダナーと5人の労働者で4ドルのブーツを作ることから始まったブランド。シューズブランドとしては、初めてゴアテックスを採用したことでも有名で、現在でも手作業にこだわっているというから驚きです。
    DANNERのトレッキングシューズはレザーを中心にラインナップされています。ライフスタイルにも取り入れやすいデザインが人気です。

    MOUNTAIN 600 スウェード

    様々な賞を受賞しているMOUNTAIN 600シリーズのスウェードバージョン。独自で配合した VIBRAM SPEをミッドソールに使用し、一般的なブーツよりも軽く、クッション性・耐久性に優れています。
    ITEM
    MOUNTAIN 600 スウェード
    素材:ウォータープルーフスエード、vibramフガ、vibramメガグリップ、DANNER DRYメンブレン、 Ortholiteインソール

    TRAIL FIELD

    GORE-TEX®を使用するなど、悪天候での使用を想定したモデル。 上部についているループが、靴ひもを締めたり緩めたりする手間を簡単にしてくれます。
    ITEM
    TRAIL FIELD
    素材:フルグレインウォータープルーフレザー、GORE-TEX、VIBRAMクレッターリフト、Ortholiteインソール

    最後に、人気のモンベル、アークテリクス、メレルの登山靴をご紹介!


    【6】mont-bell(モンベル)

    〈function is beauty、light&fast〉日本を代表するアウトドアブランド。日本のアウトドア用品の歴史は、このブランドとともにあると言っても過言ではないかも知れません。
    同社のトレッキングシューズは軽装の登山で幅広く使えるものが大多数を占めています。日本の歴史あるトレッキングシューズとともに登山を楽しんでみませんか?

    タイオガブーツ

    軽装備での登山や小屋泊に対応したミドルカットタイプのシューズです。横方向へのブレを少なくするための補強を施し、高い安全性を実現。ワイド・ナローモデルもあり、自身の足幅に合ったものが選べるのも嬉しいポイントですね。

    出典:モンベル
    重量:563g(25.5cm・片足) モンベル タイオガブーツ(メンズ)

    アルパインクルーザー 2500

    春~秋の縦走や冬の低山ハイキングなど、幅広く活躍するシューズです。足首は左右のぶれを防ぎ抜群の安定感を維持しながらも、前後の屈曲運動を妨げないようになっており、歩きやすいよう工夫がされています。

    出典:モンベル
    重量:830g(25.5cm・片足)
    モンベル アルパインクルーザー 2500(メンズ)
    ▼モンベルはトレッキングシューズの他にも様々なラインナップが魅力!

    【8】ARC’TERYX’(アークテリクス)

    〈完璧を追求〉90年代にカナダで生まれた人気急上昇中のブランド。ユーザーが最高のパフォーマンスができるようにという思いを胸に、最先端の技術を駆使しながらアウトドア業界に革命をもたらし続けています。
    同社のトレッキングシューズは長距離の歩行をサポートするアウトソールの革新を目指し開発され、さまざまな地形に対応します。

    ボラスクエア ミッド ゴアテックス ハイキング ブーツ

    敏捷性と耐久性に優れたカスタム Vibram® アウトソールは移り変わるトレイルコースや地形に適応し、長距離を歩むあなたをサポートします。ライナーはどんな足にもフィットする伸縮性の高い素材を使用しており、衝撃を吸収してくれます。ライナーは交換可能なので、環境に合わせて取り換えるのも◎
    ITEM
    ボラスクエア ミッド ゴアテックス ハイキング ブーツ
    重量:560g(片足)
    素材:GORE-TEX ライナー、マイクロメッシュライナー、Vibramアウトソール 他

    【9】MERRELL(メレル)

    〈すべての始まりは、一足のカウボーイブーツ〉アメリカユタ州にてカウボーイブーツづくりから始まったMERRELL。GORE-TEXを1983年より採用した老舗ブランドです。現在では160ヶ国で販売、愛用されています。
    フレキシブルな動きを可能にしたローカットモデルのトレッキングシューズと、高いグリップ力を誇るカメレオンシリーズの最新版をセレクト。シューズブランドとしての歴史を詰め込んだ機能性の高いトレッキングシューズは必見です!

    カプラ ヴェンチャーミッド ゴアテックス サラウンド

    スピードハイキングからライトハイキングまで幅広く対応したモデル。山羊の足裏をモチーフにした「ビブラム®メガグリップアウトソール」を採用。下からの突き上げを緩和してくれるミッドソールを搭載し、安定した歩行を実現しています。
    ITEM
    カプラ ヴェンチャーミッド ゴアテックス サラウンド
    素材:GORE-TEX SURROUND、ビブラム メガグリップ アウトソール、ユニフライ 他

    メレルは4足目ですが、足に吸い付くフィット感は本作も期待通りでした。トレッキングシューズよりフレックスは柔らかいが、クライミングゾーンがしっかりしているので、岩場を含むスピードハイクに向いていると思います。


    カメレオン7 ストーム ゴアテックス

    メレルカメレオンシリーズの最新モデル。独自で開発したフットプレートを採用し、旧モデルより25%の軽量化を実現しました。尖った岩などがある険しいコンディションにも適応したシューズです。
    ITEM
    カメレオン7 ストーム ゴアテックス
    素材:FLEXPLATE、TPU素材、GORE-TEX 他

    旧モデルがくたびれた為、新モデルへ
    相変わらず、履きやすく、動きやすい。とても良いです。横幅も余裕あり、日本人の足にも無理なく履きやすいと思います。


    ▼メレルは他にもバリエーション豊富!お気に入りの一足を見つけるならチェック!

    登山靴の関連記事はこちら


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    トレッキングシューズ
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    YAMA HACK編集部
    YAMA HACK編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!