スノーピークのテント特集!アウトドア用品店スタッフが解説します!


アイキャッチ画像出典:Amazon

スノーピークのテントとは

スノーピークのテントランドブリーズ
出典:Amazon
日本のアウトドアメーカーの中でも高い品質と人気を誇るスノーピーク。「世の中にないもの、他にないものをつくる」という主旨のもと、高いクオリティを持ったラインナップで支持されています。代名詞でもあるアメニティドームをはじめ、全ての人が満足できるようなテント作りをしているため、幅広いキャンパーにオススメです。スノーピークの代表的なテントをご紹介します。

スノーピーク アメニティドーム

スノーピークのテントアメニティドーム
出典:Amazon
スノーピークの超ベストセラー。誰にでも設営しやすく、初めてキャンプする人も、必ず満足できるテントです。2016年リニューアルされ、風に強くさらにスタイリッシュに生まれ変わりました。前室も広く有効利用でき設営も簡単。S、M、Lと3種類のサイズがあります。

スノーピーク アメニティドームS

ITEM
スノーピーク アメニティドームS
サイズ:355×230×120cm
収納サイズ:58×18×23cm
重量:5㎏
人数:大人2名+子供1名
耐水圧:1800mm

購入後、すでに数十回は使っていると思いますが
本当に丈夫でよく考えられているテントです

過去に大雨の際、テント下に15cmほど雨が溜まりテントが水に浮いた状態で
3時間ぐらい過ごすこともありましたが全く侵水しませんでした

また何度も凄まじい強風に遭ってきましたがフライシートを
フルクローズにしておくことで十分耐えることができました
(ペグは強風・結露対策のためにもできる限り全て打っておくこと)(後略)


スノーピーク アメニティドームM

ITEM
スノーピーク アメニティドームM
サイズ:505×280×150cm
収納サイズ:W74×D22×H25cm
重量:8.0kg
人数:大人2名+子供3名
耐水圧:1800mm

試しに設営してみましたが、設営しやすかったです。デザインや色味も良いし、被る率は高いとは思いますが、値段、デザイン、探求性など総合すると初心者にはこれが一番かなと思いました。



スノーピーク アメニティドームL

ITEM
スノーピーク アメニティドームL
サイズ:540×310×165cm
収納サイズ:73×23×27cm
重量:9.8㎏
人数:大人4名+子供2名
耐水圧1800㎜

今まで使用していたテントがくたびれてきたので、思い切ってスノピを購入しました。Mとサイズを迷いましたが、子供たちも大きくなって来たのでLにして正解でした。いきなりの風雨でしたが安心して寝れました。


アメニティドーム設営方法

スノーピーク ランドブリーズ

スノーピークのテントランドブリーズ
出典:Snow Peak
スノーピークのテントの定番モデルです。大型ですが風に強いフレーム設計。後室に大型パネルがあり、室内の温度管理がしやすくなっています。前後ともメッシュを利用すれば、風が通り抜けて涼しく。ぐるりとスカートが装備されており冷気の侵入を防げるようになっているので、寒い季節でも室内の気温が下がりにくいのも嬉しいポイント。

スノーピーク ランドブリーズ2

ITEM
スノーピーク ランドブリーズ2
インナースペース:225×165×127cm
収納サイズ:60×18×23cm
重量:5.5㎏
人数:大人2名
耐水圧:1800㎜

スノーピーク ランドブリーズ4

ITEM
スノーピーク ランドブリーズ4
インナースペース:260×220×132cm
収納サイズ:75×22×26cm
重量:6.9㎏
人数:大人2名+子供2名
耐水圧:1800㎜

アメニティドームと迷いましたが、長く使う物なので思い切ってランブリに決めました。
迷ったら高い方にすると後悔しないはず。

設営は簡単で軽量なので、よく出来ているなあと思います。今まで使っていたのがアメリカ製の15年前なので、構造の違いに感動しました。
サイズ感がちょうどよく4人がギリギリ寝ることが出来ます。
品質は間違いないので、後はそこにお金を出して自己満足するかの世界ですね。


スノーピーク ランドブリーズ6

 

ITEM
スノーピーク ランドブリーズ6
インナースペース:300×300×162cm
収納サイズ:74×22×25cm
重量:9.8kg
人数:大人4名+子供2名
耐水圧:1800mm

完璧です。何度もキャンプに行く人にはお勧めです。
特に通気性が最高で、周りのコールマン等のテントの方々が暑苦しくて眠れなかったとこぼすような夜でも
メッシュ部分をあければ、快適に眠る事ができます。
逆に寒い日もメッシュ部分を閉めれば、暖かく過ごす事ができ
生地やジッパー等の全ての部品のクオリティの高さも含めて、
これ以上を望めないレベルに達しているテントです。



スノーピーク ドックドームPro.6

スノーピークのテントドックドームPro.6
出典:Amazon
ドームテントからシェルターへ簡単チェンジ、今までにない開放感が体感できるスノーピークの新定番モデルです。優れた耐久性を誇ります。6人用のドームテントとして、ロースタイルシェルターとして、また、ランドブリーズ4と連結して拡張することもできます。自分に合ったスタイルで使ってみてください。

スノーピーク ドックドームPro.6

 

ITEM
スノーピーク ドックドーム Pro.6
サイズ:325×490×180cm
収納サイズ:70×32×28cm
重量:12.8kg
人数:大人4名+子供2名
耐水圧:1800mm

リビングとしても使えるテントと言うことでコンパクトに贅沢にしたく購入しました。
昼間は私達2名では余裕のリビングとしての広さですしインナールームは、
全てフックで短時間且つ簡単にセット出来て想像以上に良かったです。
またメッシュ部がフルクローズ出来る事を実物で初めて知り、
冬の短期キャンプにも活躍しそうです。
初張りのこの日は天窓が曇ってしまい夜空を見れなかったのが少々残念でした。


スノーピーク ドックドームPro.6 アイボリー

ITEM
スノーピーク ドックドームPro.6 アイボリー
サイズ:490×325×180cm
収納サイズ:70×32×28cm
重量:13.5㎏
人数:大人4名+子供2名
耐水圧1800㎜

スノーピーク ファル

スノーピークのテントファル
出典:Amazon
スノーピークの登山用のテントです。シンプルな構造ながら山岳テントとしての快適な機能を装備。インナーテント・フライシート一体式の構造で、スピーディな設営が可能です。インナーテントを外せば小型シェルターとしても機能します。2人用、3人用、4人用があります。

スノーピーク ファル2

 

ITEM
スノーピーク ファル2
サイズ:245×143×110cm
収納サイズ:φ17×33cm(本体ケース)11×50cm(フレームケース)
重量:1705g
人数:大人2名
耐水圧:1500mm

雨の日で撤収する時にどうしても大変な思いが嫌でインナーテントで立てるのが簡単で撤収が楽なテント探していました。
外ではまだ立ててませんが室内ではしっかり立て、インナーテントをつり下げているので、外に行っても簡単設営♪
今度、木曽駒ケ岳で試してきます


スノーピーク ファル3

ITEM
スノーピーク ファル3
サイズ:210×150×103cm
収納サイズ:φ17×35cm
本体ケース
11×51cm
フレームケース
重量:1920g
人数:大人3名
耐水圧1500㎜

期待通りで買ってよかったです。女性ですが、組み立て簡単で大人2人でも荷物置ける余裕もあります。
これからもっとたくさん使っていきます。


スノーピーク ファル4

ITEM
スノーピーク ファル4
サイズ:210×210×113cm
収納サイズ: φ17×43cm
本体ケース
13×51cm
フレームケース

重量:2230g
人数:大人4名
耐水圧:1500㎜

20秒ではちょっと無理でしたが、かなり設営は楽です。メッシュの部分が少なく夏には使えないです。


ファル設営方法

スノーピーク カマエルドーム

スノーピークのテントカマエルドーム
出典:Amazon
最高の一瞬をとらえるため、快適に構えて待つ事のできるテント、フォトグラファー専用ドームです。フライシートは360度全周に窓を配置していますので、あらゆるシャッターチャンスが目の前に広がります。ゆったりとした前室に三脚を構えて撮りたい瞬間を逃しません。

スノーピーク カマエルドーム2

 

ITEM
スノーピーク テント カマエルドーム2
サイズ:本体サイズ:305×275×132cm
インナールームサイズ:245×130×100cm
本体収納サイズ:φ22×60cm
フレームケース収納サイズ:10×5×56cm
重量:3.2kg
収容人数:2人
耐水圧:1500mm

初めて購入するテントとしてカマエルドーム2を選びました。
入り口が高いので通常の小型テントのように入りにくい事も無くストレスを感じません。
景色の良い場所へ行って設営するのが楽しみです♪



オプションを使えばオールインワンテントにできるシェルター!

スノーピークのシェルタートルテュライト
出典:Amazon

シェルターとしての利用はもちろん、オプションのインナーテントを使うことで憧れのオールインワンテントに早変わりするシェルターをご紹介します!


スノーピーク トルテュライト

寝室とリビングが一体型になっており、これ一つで4人家族が快適に過ごせる事を想定したコンパクト設計。接続部分が色分けされており入門者にも簡単に設営及び扱いやすいサイズです。 

ITEM
スノーピーク トルテュ ライト
サイズ:本体サイズ:580×360×205cm
収納サイズ:本体キャリーバッグ/W73×D30×H30cm
フレームケース/W70×D18×H20cm
重量:18.5kg

海外でもファンが増えてるようです。
海外の友人から頼まれて購入しました。最初のくみたてに手間取っていたら、知らない方々が手伝ってくれて、良い製品だ、何処で買った?と質問攻めに会って嬉しかったと連絡が来ました。良い製品は笑顔で繋がります。 リピートオーダーが来ましたが自分で買うようにサイトを教えてあげた所買い物リストが送られて来ました。 購入者の正直なコメントです。



スノーピーク ランドロック

スノーピークの最高級モデルのオールインワンテント、ランドロック。リビングとベッドルームが1つになったファミリーキャンプに向いている2ルーム大型テントです。使用目的によって様々なアレンジが可能なため、心地よいキャンプ空間を得ることができます。 

ITEM
スノーピーク ランドロック
サイズ:本体サイズ:625×405×205cm
収納サイズ:キャリーバッグ/75×33×36cm
フレームケース/72×17×22cm
重量:22kg

今年から家族でテントキャンプをしようと思い、最終的にランドロックを購入しました。
最初は、テントとタープを別々に購入しようと思っていましたが、春・秋もキャンプしたいなと思い、寒さをしのぎやすい、2ルームタイプを検討するようになりました。小川のヴェレーロ5と最後まで迷いましたが、今年リニューアルされ、色味が渋くなり、カッコいいと思い、ランドロックにしました。
仕様感ですが、満足しています!子供が3人いるので、1人でいつも立てますが、何度か練習して、今は30分もあれば完成します。横幅が広いので、5人家族でもゆとり持って寝れますし、奥行きについても、短さは気になりません。風通しも良く快適です♪今


スノーピーク トルテュPro.

ランドロックをひと回りコンパクトにデザインした最大4人のファミリーを想定したシェルターです。メッシュを多用し通気性と明るさを確保し、サイドウォールが標準装備でアップライトポールも付属してます。 

ITEM
スノーピーク トルテュPro.
サイズ:580×360×205cm
収納サイズ:本体ケース/W78×D30×H34cm
フレームケース:/W80×D20×H20cm
重量:24kg
収容人数:4人

子どもが出来たことをキッカケにアウトドアに目覚めました。
これまでキャンプ経験はコテージなどのみ。全くのド素人。
スノーピークに惚れ、店員さんの丁寧な説明によりトルテュproを購入しました。
「見た目が最高にカッコイイ!」
「どうせ買うなら最高級を!」
などの素人丸出しの適当な動機でしたが、コイツは最高です。

家族4人
うち3歳未満2名
で利用ですが十分過ぎるほどの空間。
カタログやネットでみるよりも遥かにカッコイイ見た目はもとより、
ビビっていた設営も一回やれば楽勝だったのはデカイです。
※これが大変だという感覚全くなしです。ド素人でも簡単に設営できます。

【トルテュPro設営方法】


スノーピーク シェルインナーデュオ

多様なシェルター内で使うことのできるオプションの自立式の2人用インナーテントです。そのまま設置したり、ポールに通して設置したりと使用する様々なシェルターに対応しています。プライベートな空間が快適な落ち着いた空間を生み出します。 
ITEM
スノーピーク シェルインナーデュオ
サイズ:220×150×110cm
収納サイズ:21×60cm
重量:3.8kg
収容人数:2人

デュオだけに大人が二人で丁度の小さめなサイズです
シェルインナーDUOのコンセプトはSPのリビシェルやロック等のインナーテントの様に4人位で寝るタイプと違い2人づつに分かれて寝るも良しグッド!2人で寝て悠々と残りのスペースを使うも良しグッド!アレンジしやすいインナーテントです


タープも一緒に張りたい!

スノーピークのタープ
出典:Amazon
テントと一緒に使うと、より空間が広く快適に使え便利なタープ。タープの張り方やおすすめタープはこちらの記事をチェック!

スノーピークのテントのケア方法は?(修理・乾燥)

テントを長く使っていると、破れが生じたり、汚れてきてしまいます。スノーピークでは自社正規品であればいつでも修理を受け付けてくれるので、安心です。また、濡れたままのテントを完全乾燥させ、きれいに畳んでくれるサービス(有料)も行っています。
スノーピーク オンライン修理受付
スノーピーク 乾燥サービス

スノーピークのテントはもう一つの我が家

スノーピークのテントアメニティドーム
出典:Amazon
キャンパー憧れのスノーピークのテントは、季節やスタイルによって細やかな配慮がされています。厳しい自然の中で安心して休む事を目指したハイスペックなテントは、豊かで贅沢な時間が流れます。初めてキャンプする人もベテランキャンパーも最高の笑顔で過ごせる為の快適な空間ををスノーピークののテントで過ごしてみませんか。

Let’s have a nice holiday in the comfortable tent of snow peak
スノーピークの快適テントで、素敵な休日を過ごそう!

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

スノーピーク アメニティドームS
スノーピーク アメニティドームM
スノーピーク アメニティドームL
スノーピーク ランドブリーズ2
スノーピーク ランドブリーズ4
スノーピーク ランドブリーズ6
スノーピーク ドックドーム Pro.6
スノーピーク ドックドームPro.6 ア…
スノーピーク ファル2
スノーピーク ファル3
スノーピーク ファル4
スノーピーク テント カマエルドーム2
サイトを見る
スノーピーク トルテュ ライト
スノーピーク ランドロック
スノーピーク トルテュPro.
サイトを見る
スノーピーク シェルインナーデュオ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

スノーピークのテントアメニティドーム
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

yoko.fuzi
yoko.fuzi

旅とお山と温泉で出来ている虚弱体質ハイカーです。最近は山より温泉?無計画に気の向くままに車を走らせて出会える風景が大好き。昨年アウトドアの仕事がしたくてフリーに。只今色々勉強中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!