インフレーターマットの空気入れと比較おすすめ13選

インフレーターマットのおすすめまとめ。空気入れやコールマンのキャンパーインフレーターマットのダブルを含め比較してご紹介!コンパクトになる便利なアイテムなので、キャンプや登山で大活躍!シーンに合ったものを見つけて活用していきましょう。


アイキャッチ画像出典:Grasshopper

インフレーターマットの空気入れ

インフレーターマットとは

インフレーターマットをテントに入れる出典:Light speed
インフレーターマットとは、空気を入れて布団のように使うマットのことです。主にキャンプや登山のようなアウトドアシーンや車中泊で使います。使わない場合は空気を抜いてコンパクトに収納できます。

インフレーターマットの空気入れはポンプを使おう!

インフレーターマットをつぶす出典:Youtube
空気入れは大きく分けて手動と電動の2つがあります。手動のポンプや充電式のポンプがあるので気に入ったものを選びましょう。

<簡単に空気を入れるコツ>
①ホームセンターでビニールホース(10cm程)を用意
②マットの口とポンプの口をホースでつないで空気を入れる
※下記のようにホースが不要なものもあります。

ロゴス ダブルアクションポンプ13000
押しても引いても空気が入るため無駄な動作がなく、普通のポンプよりも素早く空気を入れられるのが魅力的!空気を抜く時も同様に楽々排出!もう準備するだけで疲れてしまうといったことから解放されます。
ITEM
ロゴス ダブルアクションポンプ13000
収納サイズ:22×10.5×高さ45cm
ホース長さ:135cm(ノズル除く)
ノズル先端サイズ:直径4/5/9/17mm
重量:800g
注入・排出量:4ℓ

ビニールプールをふくらませる為に購入。
押しても引いても空気が入るのには感動しました。
大きく上下させるより小刻みに引いて押して膨らませるとあまり疲れずに空気を入れられました。
小学校低学年の女の子でも膨らませられました。
空気を抜くときも、入れる時と同じ要領で最後まで簡単に抜けるので、ビニールプールも浮き輪もペチャンコの状態に戻せました。
この楽さを知ってしまえば足踏みポンプや手で入れるポンプはもう使えません。
良い買い物ができました。
オススメです!


キャンプ・登山におすすめのインフレーターマット比較

インフレーターマット キャンパーにぴったりなダブル

コールマン キャンパーインフレーターマット W
全体の厚さが4cmに対して頭の部分は6cmと、スポンジ素材が厚くなって快適な寝心地に。バルブを開放するだけで空気の吸引が始まるセルフインフレータブル仕様で、好みの固さに調節も可。使わない時はロール状に丸めてコンパクトな収納ができます。
ITEM
コールマン キャンパーインフレーターマット W
サイズ:195×130cm(収納時:直径24×70cm)
重量:3.5kg
厚み:4cm(ピロー部:6cm)

前回のキャンプで銀マットを敷いて寝たところ、背中が痛い上に肌触りが気になってしまい寝れず…
その苦い経験から購入しました。
早速9月に山キャンプで使用したのですが、やっぱり全然違いますね^^;
ぐっすりと寝れて、朝起きた時の疲れもありませんでした。
個人的に沈み込むマットが好きではないので、このインフレーターマットの程良い硬さが心地よかったです。また、肌触りもサラサラしてるのでジメついた夏場でも活躍できます!
収納時のサイズはやや大きめではありますが、ロールしてる銀マットとさして変わらないので、僕は気になりませんでした。
安眠出来ないキャンパーの方、オススメですよ



コールマン キャンパーインフレーターマット Wライト
キャンパーインフレーターマット Wの軽量版です。バルブ開閉で自然に空気が入る点やロール状に収納などの基本的なことは同じで、厚さが2cmとWよりも薄くて軽いのが特徴。
ITEM
コールマン キャンパーインフレーターマット Wライト
サイズ:195×129cm(収納時:直径17×66cm)
重量:1.8kg
厚み:2cm

ドームテントの中に使用。横にして家族4人でピッタリでした。一晩寝ても体は痛くなりませんでした。



キャプテンスタッグ インフレーティングマット ダブル
しっかりとした強度と防水性の秘訣は、ポリエステルのマット生地に施したPVC加工。クッション材として使用しているウレタンフォームは快適な寝心地を提供します。セルフインフレータブルでセッティングも楽々! 
ITEM
キャプテンスタッグ インフレーティングマット ダブル
サイズ:182×110cm(収納時:直径23×59cm)
重量:2.2kg
厚み:3.5cm

以前に一つ購入しましたがとても良かったのでもう一つ。
2つあれば大人2人子供2人のキャンプにはちょうど良いサイズです。地面の凸凹は全く気にならず快適です。収納時のエア抜きと巻きには少々慣れが必要ですが、おおむね満足できる商品です。


ビジョンピークス フォールディングテントマット300
300サイズのテントに最適な大きさを持つマットで、折って厚みを大きくしたり、頭を置く部分を高くするなどアレンジができる点もGOOD!収納サイズも比較的大きめではありますが、ロール状ではなく平板状にまとまるため収まりも良いでしょう。
ITEM
ビジョンピークス フォールディングテントマット300
サイズ:300×270cm(収納時:90×51×21cm)
厚み:0.7cm

この大きさで、インナーマットとしても、十分機能してくれてクッションもしっかりしているので快適です。
お安く買えて大変満足です。



ハイランダー キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm ダブル
自分で吹き込んでの調節が必要ない程、最後までしっかりと空気が入るセルフインフレータブル仕様。枕もマットに付いていてとても便利!枕部分は本体とは別のバルブが付いており、自分で膨らませます。逆止弁付きで漏れの心配もなし。生地はスエードで寝心地も抜群です。 
ITEM
ハイランダー キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm ダブル
サイズ:192×132cm(収納時:30×70cm)
厚み:5cm

初めてのキャンプの為、マットが必要だったので、購入しました。
使用してみた所、このマットのおかげで快適に睡眠できました。もう一個の別のマットとは比べ物にならなかったです。笑
このマットおかげで、家族みんなキャンプが大好きになりました。
ありがとうございました。



ドッペルギャンガー キャンピングマット タブル
弾力がある軽い素材「ハイパーエラスティックラバースポンジ」を内部素材に採用し、持ち運びに便利な軽量性を実現。また、生地表面の耐水加工により路面の湿気で体が濡れるのを防止。耐スクラッチ加工により摩耗に対する耐性もUP!鮮やかなカラーデザインでキャンプを盛り上げます。
ITEM
ドッペルギャンガー キャンピングマット タブル
サイズ:180×112cm(収納時:18×58cm)
重量:2.2kg
厚み:3cm

これまでのバイクツーリングでは、よくある発泡ロールマットを使ってましたが ふかふか加減が全然ちがいます!もっと早くに出会ってればって感じです。生地は厚めのビニールですが触った感触は柔らかく丈夫そうです。空気はタープやテントをセットしている間にふかふかになっていますよ サイズの方も二人用テントにぴったりです。


インフレーターマット コンパクトなシングル

ダバダ エアピロー付 エアマット
本体へのエアー注入はセルフインフレータブル用と手動用の2つを装備した枕付きエアマット。両サイドに備えつけられたボタンを使えばマット同士の連結も可能!子供でも簡単に収納できるようにアジャスターベルトも備わっています。補修用シールも付属。
ITEM
ダバダ エアピロー付 エアマット
サイズ:180×58cm(収納サイズ:直径15×32cm)
重量:995g
厚み:3cm

バイクでのソロキャンプ用に購入しました。
積載量に限界があるので、コンパクトな収納に焦点を当てて品ぞろえを試みましたが、本製品は楽に小さくなります。しかも空気が簡単に入り適度な厚さになります。
しまう時は空気を抜くのが大変なんじゃないかと一抹の不安もありましたが、端からゆっくり丸めるだけで容易に収納できました。銀マットだけだとちょっと体が痛いのですが、これと併用していい感じです。



ロゴス セルフインフレートマット・SOLO
マットを組み合わせることでテントのフロア一面に敷き詰めることも可能な「テントフィットシリーズ」のマット。セルフインフレータブル仕様で手間いらず。自分で空気をさらに吹き込めば張りのある硬さにも調整できます。ロール状にコンパクト収納可。 
ITEM
ロゴス セルフインフレートマット・SOLO
サイズ:190×65cm(収納サイズ:直径19×67cm)
重量:1.45kg
厚み:3cm

非常に使い易い、空気を入れる面倒も無いし(足す事も出来ます)、コンパクトに収納できるし、重宝します。いつもぐっすりと眠れています。



スノーピーク インフレーダブルマット キャンピング2.0ST
セルフインフレータブル仕様ですが、収納ケースがポンプ代わりになり、膨らみの調整が可能です。しなやかな弾力性があるTPUを内部素材に採用し、十分な厚さで快適な寝心地を提供。朝までしっかり熟睡できます。装備されたベルクロを使い、マット同士の連結も可能!
ITEM
スノーピーク インフレーダブルマット キャンピング2.0ST
サイズ:193×63.5cm(収納サイズ:直径18×74cm)
重量:1.45kg
厚み:5cm

これを使用する前はキャンプの睡眠時、夜起きてしまうことがあったが、使い始めて今まで3回とも朝まで熟睡できた。
他社製品はドッペルギャンガーを購入してみたがコンパクトだが薄すぎ。
買う前は2.5と悩んだが、2.0で充分。1.5はお店の平らな床でも微妙な感じがした。
熱を通さないから直で寝ると暑い



ダンロップ キャンピングマット 50mm
キャンプで快適な寝心地を実現するための特別設計により生まれた厚地のマット。空気の量を変えれば好みの硬さに調整できる柔軟性も持ち合わせています。強力なマジックテープの力でズレたりせずに複数のマットを連結でき、テントの広さに対応できます。
ITEM
DUNLOP 寝袋 マット キャンピングマット50mm GMT36
サイズ:183×68cm(収納サイズ:直径19×34cm)
重量:1.18kg
厚み:5cm

他の商品と比べたことはありませんが、厚さが5cmということもあり、
寝心地はいいと思います。


モンベル U.L. コンフォートシステムパッド キャンプ50 180cm
別売のピローや拡張パッドをジョイント可能なシステムを採用したウレタンフォームのマット。ジョイントは穴にトグルを通すだけの簡単設計。十分な厚さでキャンプから登山まで適した保温性も確保。寝袋のスタッフバッグを枕代わりにできるピローストラップも装備。 
ITEM
モンベル U.L. コンフォートシステムパッド キャンプ50 180cm
サイズ:180×60cm(収納サイズ:直径10.2×60cm)
重量:1114g
厚み:5cm

以前、有名メーカーのマットを買いましたが、すぐにダメになり、長く使えるように少々高めだがこのマットを買いました。外気ほぼ0℃の環境でのテント泊で使いましたが、地面からの冷えは全くなく、クッションも厚いので、背中が痛くなく朝起きた時の快適さが違います。
よくキャンプをする方にこそお勧めですね。



サーマレスト プロライトプラス レギュラー
新開発されたアトモスフォームにより、他のインフレーターマットと比較しても抜群の軽さと暖かさを誇るプロライトプラス。地面からの冷気を寄せ付けないため、冬期のアウトドアでも大活躍のマットです。コンパクト収納も魅力的!
ITEM
サーマレスト プロライトプラス レギュラー
サイズ:180×51cm(収納サイズ:直径12×28cm)
重量:570g
厚み:3.8cm

冬のソロキャンプ用なので、収納がコンパクト、断熱性能が高いマットを探し、プロライトを購入しました。たかがマットと思ってはいましたが、使用してみると本当に暖かくてびっくりしました。マットの上に乗ると底冷えがない上に、自分の体温で徐々に暖かくなります。冬の山梨で、夜は氷点下を軽く下回ってましたが、快適に寝る事が出来ました。最高です。



ノースイーグル ふんわりインフレターマット2
しっかりとした厚みのウレタンと空気により高いクッション性を発揮して寝心地が快適!150Dポリエステル生地使用でアウトドアに対応した強度のため、耐久性も安心。車中泊にもGOOD!価格も比較的安価で、コストパフォーマンスが非常に良い製品となっています。 
ITEM
ノースイーグル ふんわりインフレターマット2
サイズ:180×64cm(収納サイズ:直径16×64cm)
重量:1.4kg
厚み:3.5cm

車中泊で(ムーブ)で使ってます。使いやすく片付けやすいので、現在は頼りのなる相棒ですよ(笑)


インフレーターマットで快適な夜を

インフレーターマットに座る人出典:DOPPELGANGER OUTDOOR
インフレーターマットは普通のマットよりもクッション性が効いて寝心地に優れ、接地面からの冷気をブロックして保温性もGOOD!セルフ吸引タイプのものも多く、他の準備と並行して行えるのも魅力。通常のマットよりも重量はありますが、快適な寝心地でキャンプの夜を楽しみたいならインフレーターマットを選ばないという選択肢はないでしょう!

Good Sleep Maker, Inflator Mat ! 熟睡メーカー、インフレーターマット

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

ロゴス ダブルアクションポンプ13000
コールマン キャンパーインフレーターマッ…
コールマン キャンパーインフレーターマッ…
キャプテンスタッグ インフレーティングマ…
ビジョンピークス フォールディングテント…
ハイランダー キャンプ用スエードインフレ…
ドッペルギャンガー キャンピングマット…
ダバダ エアピロー付 エアマット
ロゴス セルフインフレートマット・SOL…
スノーピーク インフレーダブルマット キ…
サイトを見る
DUNLOP 寝袋 マット キャンピング…
モンベル U.L. コンフォートシステム…
サーマレスト プロライトプラス レギュラ…
ノースイーグル ふんわりインフレターマッ…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

インフレーターマット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!