歩いている人

デキる登山者は自然とやっている!長く山を楽しむために大切な7つのことって?

マイバックやマイボトルなど、最近では環境に配慮した行動や情報が少しずつ一般的になってきました。山でもそういった行動をやったほうが良さそうですが、具体的にどんなことをやれば良いのかモヤモヤしている時に、とあるイベントを発見。今回はそこで学んだ、長く自然を楽しむために必要な考え方を紹介していきます。

目次

撮影:YAMA HACK編集部

山で遊ぶことって環境への負担はないんだろうか?

高尾山からの景色

出典:PIXTA

山頂からの景色、豊かな自然に癒やされる静かな森歩き、そして、たくさん歩いた後に食べるごはんのおいしさなど、登山の魅力にハマってから十数年経った編集部大迫。

普段の生活でも「自然環境への配慮」についてさまざまな情報を目にするようになり、ふと頭をよぎったことがあります。

それは
山で遊ぶ時に、自然への配慮はできているのか?ということ。

調べている人

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
ゴミを拾いながら登山をするなど、できることはやっているものの、それだけで良いのかな?と、漠然としたモヤモヤ感がありました。

そんな気持ちを解消するべく情報を調べていると、とあるイベントを発見!

LNTの7原則をハイキングしながら楽しく学ぼう!~LNTの日本の第一人者 岡村泰斗さんによるガイド

提供:KEEN

今回見つけたのは、「LNTの7原則をハイキングしながら楽しく学ぼう!~LNTの日本の第一人者 岡村泰斗さんによるガイド~ 」というイベント。

アウトドアを楽しむ人の足もとを支えるだけでなく、社会に前向きな変化をもたらすための活動をしているKEENと、環境へのインパクトを最小限にしながら健全な自然環境維持を目指す団体のLEAVE NO TRACE JAPAN(リーブノートレースジャパン※以下 LNTJ)が開催したものです。

イベントで学んだことを紹介する前に、まずはLNTJが提唱しているLeave No Traceという考え方について知っていきましょう。

自然を楽しみ、環境にやさしくなるための考え方

LNT7原則

作成:YAMA HACK編集部(参考:Leave No Trace Japan

Leave No Trace(以下:LNT)とは、「環境配慮のテクニックが詰まった環境倫理プログラム」のこと。

すべての人が環境への影響を最小限にするための原則が7つあります。その原則は、最新の生態学や土地管理、野外教育の情報や原理の実践・評価を行ったうえで更新されていく仕組みです。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
7つの原則は説明だけを見ると難しく感じますが、ざっくりまとめると「●●はやっちゃいけない」という制限をするようなものではなく、「環境に配慮して行動するには何をすべきか?」とスキルや経験値に合わせて考えるためのポイントです。

LNTの7つの原則って?
例えば、山で歩く時は自然保護の観点から、登山道から外れずに歩くことが大切です。

しかし、実際に山に行くと、人とすれ違う時など、どうしても登山道を外れないといけないシチュエーションに出会います。

そんな時に、ただやみくもに登山道をそれて避けるだけではなく、足を置いた場所へののふみつけの影響を少なくするにはどうしたらよいのか?というポイントが記載されています。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
登山をするということは、大なり小なり何かしらの影響を自然に与えてしまいます。

だからこそ、ただ単に自然の中で遊ぶためだけではなく、環境に与えるインパクトを最小限にしながら楽しむためのテクニックの普及が大切なんですね。

言葉の整理
▼Leave No Trace(LNT)
1970年代にアメリカで生まれた環境配慮のテクニックが詰まった環境倫理プログラムのこと
▼Leave No Trace Japan(LNTJ)
LNTの考えを広く浸透させていくために日本で活動している団体
Leave No Trace Japanについて知りたい

 

なんとなくLNTの概要がわかってきたところで、イベントで紹介された7つの原則に沿った具体的な行動を見ていきましょう。

”環境への配慮”は我慢ではなく、もっと山を楽しむコツだった!

LNTJ岡村さん

今回のイベント講師は、全国でLNTの普及と指導者育成を行っている岡村泰斗さん。イベントは東京の高尾エリアで行われたため、7つすべての原則について解説があったわけではありませんが、自然を楽しむため発見がありました。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
特に印象深かった3つについて、見ていきましょう。

【1】環境配慮という視点での、計画の大切さ
【2】足もとに関する意外な発見

【3】配慮するべきは、自然環境だけでない

【1】環境配慮視点での、計画の大切さ

ゴミ個包装を捨てる

事前計画が安全に山を楽しむための準備として重要であることは、登山をやっている人であればほとんどの人が知っているのではないでしょうか?

しかし、環境配慮という視点で考えてみても、事前計画はとても大事なものでした。

①しっかりとした計画は危険と環境への不要なインパクトを減らす

LNT事前計画の大切さ

無茶な計画は、その計画自体の実現が難しく焦ってしまい、登山の安全性を低下させます。さらに安全面だけでなく、環境への影響という点で考えてみても、良いことではありません。

例えば、緊急でビバークが必要になった場合、登山道をそれた場所などで停滞するため、本来与える必要のなかったダメージを与えることになります。キャンプ地であれば人がテントを張ってすごすことが想定されていますが、そうでない場所の場合、同じように過ごしてもそのダメージは大きくなってしまうため、できるだけさけなければいけません。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
登山道を作ってしまうこと自体も環境に影響を与えていることになりますが、そこにインパクトを集中させることで、広範囲に影響が出にくくなっているんですね。

登山地図読み

イベントでは、その場で想定する行動時間、山行などの目的を提示され、グループで話しあってルートを計画。また、下山のルートもきちんと地図と地形を照らし合わせながら歩くことで、参加者は周りの環境をよく観察していました。

ひとりで計画を立てるのはハードルが高いように感じますが、みんなと相談できるので楽しくできました。地図も苦手意識がありましたが、降りるポイントを見つけられた時は嬉しかったです。
イベント参加者
イベント参加者

②事前準備でゴミも減らせる

LNT計画の大切さ

事前の計画で「どれくらいの行動食が必要なのか?」「どういった食事をするのか?」を考えておくことで、エネルギー不足にならないように準備できるだけでなく、山に持ち込むゴミの量を少なくできます。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
個包装の行動食を減らすことができれば、うっかりでポケットから落としてしまうゴミを減らすこともできますね。

また、小さな積み重ねにはなりますが、軽量化にも繋がり、結果的に快適な登山にもつながります。

ゴミをジップ付き袋にまとめることは、一見不要なゴミを増やしてるように思えますが、軽量化や山に持ち込むゴミの数を減らしているという視点では、有用なアイテムといえるでしょう。
岡村さん
岡村さん

LNTゴミを減らす

参加者が持ってきた行動食をグループで発表するシーンがありました。それぞれの人が「なぜ、その行動食を選んだのか?」ということを意見交換することで、自分だけは気づかなかった行動食選びのポイントが知れたようです。

個包装をとって、ひとつの袋にまとめるという考えは私にはなかったのでとても新鮮。

持ち込むゴミの量を減らせば、山がゴミで汚れる可能性が減るっていうのは当たり前ですが、具体的な方法がわかったのは良かったです。

イベント参加者
イベント参加者

完璧な正解ではなくても、できる配慮の数を増やしていくことが大切です。

【2】足もとに関する意外な発見

LNTシューズ選び
シューズ選びも環境配慮視点で考えると興味深いことがわかりました。
1つは、ソールの硬さです。

ソールが 固いシューズと柔らかいシューズだと、地面に与えるインパクトが変わります。

例えば、固い岩のような場合はどちらのソールでも影響はあまり変わりませんが、柔らかい土の場合は固いシューズのほうがインパクトが大きくなります。

岡村さん
岡村さん

歩いている人快適に登山を行うため、岩稜帯を歩く場合や荷物が重い時は、しっかりしたソールのシューズを履くことは安全面から考えて定石です。

しかし、高尾山などの土が多いような場所の場合、安定して歩けるのであれば、柔らかいソールのシューズを選択することが環境へのインパクトも減らすことにつながります。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
「登山靴はソールがしっかりしているものを選ばなければいけない」という1つの考えだけに固執せず、安全性と環境配慮のバランスを考慮したアイテム選びの視点も大事なスキルですね。

足の裏に隠れたお土産にも要注意!

LNTシューズ選び
忘れられがちな、下山後のシューズの掃除。
山を歩いたあとにソールを掃除してみると、土以外にもさまざまなものが付着していることがわかります。

LNT移動させない
LNTの原則である「見たものはそのままに」という、地域が持つ独自の自然環境を保ち続けるという観点があります。そういった視点で見てみると、他のエリアに種などを持ち込まないように、その場で早くシューズの掃除をすることが重要です。

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
ひとりひとりでは微量な種の移動も、たくさんの人がやってしまうと莫大な量に。たかがシューズの汚れ落とし、されどシューズの汚れ落とし。

下山後は忘れず土を落としましょう。

駅にある水道って、電車に乗る前の汚れ落としのためだと思っていました。シューズを洗うだけなので、知り合いにも教えたいです。
イベント参加者
イベント参加者

配慮するべきは、自然環境だけでない

LNT周りの登山者への配慮山にはいろいろな人が訪れます。そんな周りで自然を楽しんでいる人への配慮も忘れないようにしましょう。

イベントでは、登山道の真ん中に座っている人の横を通ったり、後ろから速いスピードで追い抜いたり、大声を出して話したりするなど、実際にロールプレイングを行いました。

その時に感じた感想をお互いに共有することで、教科書的な情報として習得するだけでなく、実体験として参加者の印象に残っていました。

「休憩する時は登山道はあける」「大きな声でずっと話さない」など、簡単なことで良いので意識しましょう。
岡村さん
岡村さん

やれることからやってみて、自分なりのバランスを見つけていこう

LNTイベント
今回イベントに参加してLNTについて感じたのは

YAMA HACK 大迫
YAMA HACK 大迫
自然の中で過ごすための安全性を第一に考えながらも、自然とそれを楽しむ人を含めた環境への気配りをすることが大切。

ということ。

今回の参加者のレベルは継続的に登山をする人から、今回が初めての山歩きという人もいました。
そのような登山レベルの差はありながらも、LNTの原則ひとつひとつは具体的に行動に移せるものが多く、体感しやすいのも魅力の1つ。

常に状況が変わるアウトドア環境だからこそ、単純な答えだけでなく、その時々にあった行動を導き出せる力を身に着けたいですね。自然の中で長く遊び続けるために、環境にやさしいスキルを身に着けていきましょう。

Leave No Traceが気になった人は動画を見てみよう

取材協力:Leave No Trace Japan

 KEEN