天狗はここに舞い降りた?古典の「聖地巡礼」を山でしてみたら大人のワクワクが止まらない

日本中に見られる天狗にまつわる伝説。江戸時代に天狗にさらわれた少年の証言を残した記録が残っています。伝説もどこかに元ネタやそれが生まれる所以(ゆえん)があるはず。そんな痕跡を探りながら登山をする楽しみがあるんです。

ミレーが提供する新しい登山の価値「PLAY!」でも、その活動が紹介されている探検家・髙橋大輔さんと、舞台となった山で天狗の足跡を辿ってみました。

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

伝説やいわれ、文献の「聖地巡礼」を登山で楽しむ

出典:PIXTA
「あの山に行きたい!」と目的地を決めるとき、「景色がいいから」「山頂やふもとのグルメが魅力的」などの理由が多いのではないでしょうか。

しかし、日本の山には「レジャーの目的地」としてだけでなく、信仰の対象であったり、伝説やいわれのある場所がたくさん存在します。

今回は、アニメや漫画ファンがその舞台になった場所を訪れる「聖地巡礼」のように、古典の文献をもとに伝説の世界を旅するような登山をしてみます。

伝説となったヒントを見つける「探る登山」をやってみた

天狗にさらわれた少年
今回、登山の目的地として選んだ場所は茨城県笠間市の愛宕山と難台山。ここは、『天狗にさらわれた少年』(角川ソフィア文庫)とその原典である『仙境異聞(せんきょういぶん)』(岩波文庫)の舞台となった場所です。

著者の平田篤胤(ひらたあつたね)は江戸時代の国学者であり医者。江戸時代に、「天狗にさらわれて修行をした少年」に会い、その少年の記述を残しています。
少年の名は寅吉。歳は13歳で、9歳ぐらいから「師」である杉山僧正(天狗?)のもとで修行をした様子を詳しく篤胤に語っています。

愛宕神社の天狗
その内容は壺に入って空を飛び、江戸から岩間山(茨城県笠間市の愛宕山、愛宕神社)に行くなど、現代の私たちからすると子どもの妄想では?と思うことばかり。
しかし、実際の地名が挙げられているというのが不思議です。そこで、その舞台に行って、本当に天狗はいたのか?を確かめる「探る登山」をしてみることにしました。



「探る登山」のおもしろさを教えてくれるのは…

探検家・髙橋大輔
髙橋大輔さん
探検家、作家、勅許地理学者(英国王立地理学会フェロー会員)。大学時代に六大陸を放浪。世界各地の神話や伝説を検証し、文献をもとに現場への旅をする。著書に『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫)、『剱岳-線の記:平安時代の初登頂ミステリーに挑む』(朝日新聞出版)、『仮面をとった浦島太郎 その正体をめぐる四七八年のミステリー』(朝日文庫)など。
 

寅吉が師と仰いだ杉山僧正や弟子たちが修行をしていた岩間山(愛宕山)を一緒に歩いてくれたのは、探検家の髙橋大輔さん。
今まで、京都丹後で浦島太郎について調べたり、剱岳に登頂した修験者を探すなど、文献をもとに伝説をひもとく活動をしています。

 


その活動は、ミレーがさまざまな新しい登山の価値を提供する「PLAY!」サイトの中でも紹介されています。

探求活動としての「探る登山」は、新しい山登りのスタイル。学びや調べをしながら歩くフィールドワークは、さながら大人の自由研究です。

天狗=修験者の行場を探す登山

提供:笠間市観光課
今回の舞台は、寅吉が壺に入って飛んでいったという愛宕山から近くの難台山。そこは筑波山、加波山と並んで「天狗の修行場」として知られる場所でした。

「探る登山」のコースは、あたご天狗の森(フォレストハウス)〜難台山のピストンコース。途中にある団子石、獅子ヶ鼻、屏風岩などの巨岩ポイントがあり、どうもその辺りが「天狗の修行場」としてあやしい……とか。
大きな岩の近くは修行場の可能性があります。天狗が修行した場所がどこなのか、ヒントがないか確かめてみたいです。
髙橋さん
髙橋さん

岩間十三天狗の修行場であったという伝説

岩間十三天狗
登山口近くのフォレストハウスには「十三天狗」のお面が並びます。岩間十三天狗の伝説とは……

昔、愛宕山が岩間山といわれていた頃、 筑波山、加波山と並んで、ここは天狗の修験道場のひとつでした。 ここには最初5人の天狗が住んでいましたが、 12人となり、やがて長楽寺からひとりの天狗が加わり、 13人の天狗が住むようになり、「十三天狗」と呼ばれるようになりました。

天狗たちは、羽団扇を持って雲にのり、大空を矢よりも早く飛び妖魔を打ち払い、厳しい修行で身につけた術によって重い病人を救ったり、天候を予知して作物の豊凶を占ったりして、人々を幸せにしていました。

出典:笠間市観光課
厳しい修行をしていたり、病人を治したり占いをする(呪術を扱う)というところから、天狗と山伏(修験者)は同一である可能性が。 このエリアは修験者の修行場でもあったと思います。
髙橋さん
髙橋さん

動物から変化した天狗。ここに生息している動物たちからヒントを得る

地元の人に話を聞く フォレストハウスにいた、地元在住の方々に聞き込みをする髙橋さん。「仙境異聞」には、十三天狗はワシやトンビ、イノシシやシカ、サルなどから変化したという記述があったので、地元の方にこの土地にはどんな動物がいるのかを聞いていました。トンビはこの日も見かけましたが、ワシは少し離れた沼から飛来するそう。小さいノートにメモする
天狗になったという動物たち。それらの動物が伝説の中で「選ばれた理由」があるはずです。登場した動物がその地域に実際に生息しているのかは重要です。
髙橋さん
髙橋さん
こうやって物語や伝説のウラを取っていく(証拠を見つけていく)のが「探る登山」の醍醐味。では、山に入って天狗の修行場を探しに行きましょう!

巨岩、火山岩がある場所に、天狗伝説があることが多い

登山口に向かう男性駐車場から数分歩いたところに登山口があり、ここから難台山へ向かいます。
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
歩き進めていくと少しずつ大きな岩が出てくるように。修行場は大きな岩の下や上にあることが多いそう。 山道に岩が出てきたことで、髙橋さんの目の鋭さが増していきます。

岩があるところに、謎のヒントあり

巨石を見上げる男性 このコースにはいくつかの巨岩があるのですが、最初に登場した団子岩はホルンフェルスと呼ばれる変成岩。元々ある岩が熱や圧力で変化したものです。岩を調べる男性 通常の登山では「大きな岩があるね」くらいで通り過ぎてしまうことが多いですが、髙橋さんはじっくり岩の周りを歩き、観察します。
岩など昔から変わらずにあるものは大きなヒントです。ここは修行場ではなさそうですが、岩の切れ目に仏像や神に見立てた石が置いてあったりすることもあります。
髙橋さん
髙橋さん

山道を歩いて変化に気づくことが、「探る登山」のキモ

人工的に切られ時間が経った石 石の面が直線的であれば、城壁に用いられたかもしれないと推測することも。「人工的な痕跡」を見出しながら歩いていくそう。そんなポイントを素人でも見つけられるのでしょうか?
古地図を使って、古い道を見つけたりすることもあります。また、出てくる岩が急に大きくなったり、植生が変わったりすることで何かあるのではないかと調べることも。行程をピストンコースにすると、行きでは目に入らなかったものが帰りに気づくことがありますよ。
髙橋さん
髙橋さん

獅子ヶ鼻で修行場の痕跡を発見!?

巨岩・獅子ヶ鼻 さらに難台山へ向かうと、大きく突き出た獅子ヶ鼻が登場します。花こう岩でマグマが冷えて固まった岩です。
実は「天狗」とは元々中国では隕石や火球(流星)のこと。「天から降りてくる(尾の長い)犬」を指していたんですね。それが日本では転じて、「得体の知れないもの」になっていったようです。そのため、天狗は火のイメージ、火山やマグマなどとも結びつきがあるのではないかと考えています。ここも火山性の山域なので、天狗エリアとも言えそうですね。
髙橋さん
髙橋さん
地学的見地からも天狗との関わりを推測していく髙橋さん。例のごとく、獅子ヶ鼻をぐるっと調べていると、「あっ!」と驚く声が……!

発見!?修験者がいた証拠?

岩を指差す男性
あそこに、何かの金具がありますよ!
髙橋さん
髙橋さん
岩につけられた古い金具確かに見るとこんな金具が数カ所設置されています。錆びており、かなり古いものです。
どの程度古いかわかりませんが、修験者が岩登りの修行をしていた可能性もあります。ただ、クライミングの支点の可能性も。これはちょっと調べないといけないですね。
髙橋さん
髙橋さん
岩に近づかないとわからない発見です。登山道をただ歩いていては絶対に目につかないものを見つけた感動!しかしながら、後日、髙橋さんがクライミングに詳しい方に問い合わせたところ、1960年代に設置されたと考えられるクライミング用のものでした。岩陰に座る男性とはいえ、「クライマーが登るところに修験者あり」と髙橋さん。岩影にちょうど座れる場所があったので、ここで瞑想をしたり、休んだりしていただろうと容易に推測ができます。岩の上に立つ男性そして、岩の上もちょうど坐して瞑想するのにちょうど良さそうな場所が。ここが天狗=修験者の修行場だったのは濃厚ではないでしょうか。

天狗が舞い降りた?筑波山や加波山を望む「奥庭」

天狗の奥庭の案内板獅子ヶ鼻からほど近いところに、「天狗の奥庭」という案内板が。進んでいくと、岩が3段ほど重なったこじんまりとした空間が出現。見晴らし台ここから加波山を望めます。この日は山が雲に隠れてしまっていましたが、天気の良い日には筑波山まで見えたかも知れません。
ここは霊山である筑波山や加波山を遥拝する場所でしょうね。見晴らしがいいところは、現代の私たちにとっても魅力がありますが、それは昔の人にとっても同じ。さらに、飛行機やドローンがない時代には周囲の様子が見渡せるところはかなり重要な場所です。
髙橋さん
髙橋さん
そしてこの不自然にも思えるポッカリ空いた空間。天狗がヒラリと降り立ったのなら、この場所ではないか?と思わせる場所です。寅吉が壺に入って連れてこられたのもここだったかもしれない……。『仙境異聞』での証言が少しリアルに感じられました。

「失われたピース」を求めて歩く

屏風岩を眺める男性この後、大きな屏風岩にも立ち寄りつつ、難台山山頂へ。そして同じ道を引き返してあたご天狗の森へ戻りました。天狗=修験者の修行場を探す山歩き。物語の舞台を巡れるワクワクは通常の登山は全く違う楽しみです。
寅吉は「修行をした」と証言していますが、難台山のどこでどんな修行をしたのかは語っていないんです。そんな物語の「失われたピース」を現地を見ながら埋めていくのが面白いんです。
髙橋さん
髙橋さん

「探る登山」に欠かせない七つ道具?とは

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
髙橋さんが「探る登山」をする際に必要なものを教えてもらいました。地形を調べられるアプリやコンパスなどは通常の登山でも重宝しますが、各種メジャーなど木や岩の大きさを測るものを持参。大きさを調べておくと、他の情報との因果関係がわかる場合があるそうです。他、地図や資料を挟むボードやルーペなど「調べる」アイテムも持参していくのが「探る登山」スタイルです。

愛宕神社の天狗に挨拶して「探る登山」終了

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
あたご天狗の森から愛宕神社へ。奥社のさらに奥にある天狗の祠を参拝。十三天狗と同じく13個の祠が立ち並びます。
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
さらに、ここでも天狗の修行場だと伝わる「石尊(せきそん)」を探すことに。現在は、「石尊」への道には入れないようになっていました。最後まで天狗にまつわる場所を巡って、今回の「探る登山」は終了。歩くことでわかることもあれば、更なる謎が出てくることもあるため、髙橋さんは何回か同じ場所を歩くのだそうです。

髙橋さん愛用のミレーのアイテムは…

ミレーのアイテムを愛用している髙橋さん。秋の登山にもぴったりなアイテムを紹介します。

強力な撥水性と通気性。湿気が多い天気でも快適なソフトシェル

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
独自素材「ブリーズバリヤー™」を使ったソフトシェル。裏側はメッシュ生地になっており、適度な保温効果も。 また、半袖のウエアの上から着るときも汗などでベタつくことなく快適です。ブリーズバリヤー ラインド ジャケットを詳しく見る

風が強いときでも心強い軽量サーマルジャケット

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
ベースレイヤーの上から着て風を防ぐプルオーバータイプのジャケット。 ストレッチ性を兼ね備えた3層生地「コールドフロントバリヤー™」を使用し、防風機能と耐水性があり暖かい。 しかし、透湿性もありムレを逃がしてくれます。ウインド プルーフ イン アンド アウト ジャケットを詳しく見る

起毛生地で保温性抜群。なのに空気も通って快適

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
薄手の生地を起毛した素材「スルーウォーム™」を採用したライナー。 起毛しているので、着用して動くと暑くなるのでは?と思いきや、通気性が確保されているため、アクティブシーンでも快適です。サーマル メッシュ ライナーを詳しく見る

日帰り登山だけでなく、普段使いに便利なデイパック

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
スリムな厚さの20Lからジッパーを開いて8L容量を増やせるデイパック。PCスリーブや随所にあるポケットが便利で、ビジネス用にも使えます。EXP 20+ を詳しく見る

今回のコースは…

合計距離: 10.02 km
最高点の標高: 536 m
最低点の標高: 247 m
累積標高(上り): 579 m
累積標高(下り): -579 m
今回、歩いたコース地図です。標高差はあまりないものの、アップダウンがあってそれなりに歩きがいのあります。難台山から足を伸ばし、吾国山まで行くこともできます。

大人の「聖地巡礼」登山。新しいスタイルで登ってみては?

登山道で見上げる男性 『仙境異聞』という古典をもとに、天狗伝説の謎を追った登山。物語にちなんだ場所でテーマをもって歩くことの魅力を感じました。物語がより立体的になり、その世界に没入できる大人の「聖地巡礼」。山登りプラスαの楽しみがまた一つ広がりそうです。PLAY!サイトで新しい登山スタイルを探す

Sponsored by ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン株式会社