鈴鹿の登山とセットで訪れたい!三重の人気アウトドアショップ〈モデラート〉

2022/09/15 更新

鈴鹿山脈に近い四日市市にある、総合アウトドアショップ〈モデラート〉。広々とした店内には、海も川も山もある三重県だからこその、さまざまな外遊びを楽しめるアイテムがそろっていました。今回は、〈モデラート〉を訪問し、店長・飯田さんがおすすめする鈴鹿のルートと、遊びをより楽しむためのアイテムを紹介します。

制作者

山ママライター

マリベ

アウトドア誌や環境教育分野での企画・執筆に取り組む。東海圏のおすすめ登山情報や子連れキャンプのリアルな話題などをInstagramで発信中。沢登り、雪稜、アイスクライミングが大好き。2015年に誕生した長女と3年間で子連れ登山50回以上。2019年に長男出産。実体験に基づくリアルな話題を提供します! 愛知県山岳連盟会員

マリベのプロフィール

...続きを読む


撮影:特記のないものはすべて筆者による

トレランやULハイクのギアもそろう〈モデラート〉

モデラート店舗
訪れたのは、三重県四日市市のアウトドアショップ〈モデラート〉。山や海からほどよい距離にあり、店舗周辺には、系列のアパレルショップなどもありました。

モデラート店舗外観
〈モデラート〉の外観。1階は駐車スペース、2階と3階が店舗になっています
登山用品の総合ショップとして、『パタゴニア』『ザ・ノース・フェイス』『アークテリクス』をはじめとした定番ブランドを充実させているだけでなく、日本発の個性的なブランドや、ガレージメーカーの製品も、多数セレクトしています。

店舗を訪れることで、そうしたアイテムを手に取れたり、これまで知らなかったブランドに出あえたりすることは、とても魅力的です!

モデラート2階
2階は、ウェア類を集めたフロア

オープンしたのは2005年

もともと、〈モデラート〉が2005年にオープンした際には、トレイルランニングとバックカントリースノーボードを中心とした店舗展開だったそうです。

2011年に店舗を改装し、より幅広い登山用品や、キャンプに適したギアが増え、さらにギア選びの楽しさが広がりました。

モデラート3階、ギア売り場
3階は、登山ギア・キャンプギアの売り場になっています
モデラート2階、パタゴニア売り場
ブランドの世界観を表現するため、一部ブランドは、用途別ではなくブランド別に陳列する「ショップ・イン・ショップ」の形式をとっています
ギアからウェア類まで豊富にそろっているため、「このスタイル、おしゃれだな」「このギアならこんな登山ができそう」などとニヤニヤしたり、「これってどう使うのですか?」と思わずスタッフに話しかけてみたくなったり。そんな楽しいお店です。

〈モデラート〉店長に聞く!鈴鹿の山の楽しみ方

モデラート店長、飯田さん
〈モデラート〉店長の飯田さん
店長の飯田さんは、山&川遊び、スノーボード、SUPまで、ボーダレスに外遊びを楽しむアウトドア人。お店独自のランイベントや、メーカーやブランドとのコラボハイクイベントなどにも取り組んできました。
 
今回は、鈴鹿をよく知る飯田さんに、鈴鹿の魅力やとっておきの山歩きコース、鈴鹿のトレイルをより楽しむためのアイテムの選び方を教えてもらいました。
 
▶とっておきの鈴鹿の山歩きコースはこちら
▶鈴鹿のトレイルを楽しむアイテムはこちら

山、沢、峠、森・・・通うほど好きになる、鈴鹿山脈

鈴鹿、竜ヶ岳山頂
竜ヶ岳の山頂からの大展望。左奥には、養老山地が見えています
鈴鹿山脈は、東海や関西からアクセス良好な近郊の山で、地域を代表する山域の一つ。岐阜および三重と滋賀の県境に連なります。

高速道路が発達していることで、名古屋から最短1時間で行ける登山口もあります。

鈴鹿、御在所岳、花崗岩
御在所ロープウェイから撮影。この周辺は花崗岩地質で、巨岩や奇岩が多いことで有名。ルートの難易度もさまざま
最高峰は御池岳(標高1247m)で、盟主として名が通るのは御在所岳(標高1212m)。北部の石灰岩地質のゆったりした山容、御在所岳を中心とするアルペン的な景観など、多彩な表情が魅力です。

「鈴鹿セブンマウンテン」や「鈴鹿10座」と呼ばれる山々に順に登るのも楽しいです。

が、しかし、鈴鹿山脈の楽しみ方はピークハントだけではないそうです!
尾根ではなく沢を歩く登山、峠をつなぐトレイルランニング、滞在型の山遊びなど、目線を変えると新しい発見があります。

少し山奥に入り込んだトレイルは、道が分かりにくくなっている部分もありますので、山歩きに慣れたら、挑戦するといいと思います。
飯田さん
飯田さん

飯田さんのとっておき!峠から沢に下るハイキングコース・ガイド

合計距離: 11.03 km
最高点の標高: 818 m
最低点の標高: 451 m
累積標高(上り): 656 m
累積標高(下り): -656 m

【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:4時間27分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・渡渉箇所がある
・地図読み能力、天候判断力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(周遊)
朝明大駐車場(90分)→ハト峰峠(7分)→ハト峰(5分)→ハト峰峠(30分)→ヒロ沢出合(30分)→大瀞(20分)→タケ谷出合(30分)→根の平峠(55分)→朝明大駐車場
 
初春は新緑が美しく、真夏は神崎川で涼を楽しめ、晩秋には渓谷の紅葉美を堪能できるコース。真冬をのぞいて遊ぶことができます。
 
ヒロ沢~大瀞~タケ谷の区間は、難路の指定があるため、経験者との同行か、十分山慣れしてから挑戦するとよいでしょう。

①ハト峰をめざす

鈴鹿、ハト峰
提供:モデラート(風化した白い花崗岩が広がる、ハト峰)
朝明大駐車場を出発し、舗装された林道を進みます。山道になり、途中に国指定の登録有形文化財の堰堤(えんてい)が登場。わきを登ります。

稜線のハト峰峠に着いたら、もう一登りでハト峰に登頂。風化した白い花崗岩が広がる開放感のある場所で、このコースで唯一の、山頂らしい山頂となります。
ハト峰から、置き石でつくられた地上絵が見られます。訪れる度に、地上絵が変わっているので、ここを通過する時の楽しみでもあります。
飯田さん
飯田さん


ハト峰から見る置き石アート
出典:PIXTA(ハト峰から見える置き石アート)

②ヒロ沢出合へ

峠からは、朝明渓谷とは反対側に向かって下っていきます。ヒロ沢に沿って登山道が続いており、神崎川(愛知川)に合流します。澄んだ水の色が美しい、鈴鹿の奥地に踏み込んできました。

鈴鹿、ヒロ沢
提供:モデラート
ヒロ沢出合の本流部分は、真夏なら川にドボンと飛び込める場所として有名です。
飯田さん
飯田さん

③対岸のトレイルを気ままに歩こう

ヒロ沢出合で、まずは対岸へ渡渉!

天候や季節によって、増水していると難しいことがありますが、大きめの岩もあるため、飛び石で渡れることが多いです。

対岸に渡ったら、破線ルートを南下します。夏は清々しく、秋は紅葉が美しい場所です。破線ルートを歩くのが不安な場合は、ヒロ沢出合の景観を楽しんで戻るのもよいでしょう。

鈴鹿、神崎川沿い

④大瀞の壊れた吊り橋

大瀞は、コースのちょうど中間地点。立ち入り禁止になっている壊れた吊り橋がそのままかかっている場所で、ここで神崎川を渡渉すると、中峠に上がることができます。

鈴鹿、大瀞、神崎川
上部に見えるのが、立ち入り禁止の壊れた吊り橋です!
大瀞付近も、水位が平常であれば、足を水に浸けて遊んだり、そのまま渓流沿いに上流へ向かうこともできます。

基本的に破線ルートを歩きますが、河原歩き、森歩きなど、季節によって組み合わせられます。

⑤タケ谷出合は、鈴鹿の上高地の入り口

紅葉の鈴鹿の上高地、神崎川
通称「鈴鹿の上高地」といわれる付近の紅葉。
破線ルートの南下を続けると、タケ谷が合流するポイントに到着します。

タケ谷出合のやや上流の右岸(上流から見て右側)部分は、開けた台地になっていて、この付近を「鈴鹿の上高地」と呼ぶことがあります。それほど心地よい清流と、美しい森がある場所、なんですね。

こうした雰囲気のいい森では、ハンモックを広げて休んだり、おいしいものを食べたりして、ゆっくり過ごすのが、飯田さん流。

小さくて軽いハンモックを準備して、携行してみてはどうでしょうか。

鈴鹿、根の平峠
提供:モデラート(写真は、根の平峠でハンモックを広げたところ)
ハンモックのいいところは、どんなに汚れた、傾いた、荒れた斜面でも、座ったり寝たりして過ごせるところ。

山に行くときは、とりあえずバックパックに入れます。1つ持っておくと、遊びが広がりますよ。
飯田さん
飯田さん

⑥根の平峠から朝明渓谷へ

タケ谷出合からはすべて一般登山道です。根の平峠まで登り返し、再び朝明渓谷に向かって下ればフィニッシュ!
 
※この記事内の情報は特記がない限り公開初出時のものとなります。登山道の状況や交通アクセス、駐車場ならびに関連施設などの情報に関しては、最新情報をご確認のうえお出かけください。

山歩きが「山遊び」に。〈モデラート〉おすすめのハンモック

モデラート飯田さんとハンモック
〈モデラート〉では、山の楽しみ方が広がるアイテムを多数ラインナップ。なかでも飯田さんのおすすめは、ハンモック専門メーカー『ENO(イーノ)』のハンモック。ULハイカーが好む軽くて丈夫な製品がそろっています。

軽さ重視なら!

ENO/Sub6
提供:モデラートオンラインショップ
ENO/Sub6(サブ・シックス)
10,450円(税込)
重さ約164g。通気性、速乾性、強度を兼ね備えた、『イーノ』の最軽量モデル。てのひらに収まるくらいの収納サイズ。3色展開。
荷物を少しでも小さく、軽くしたい人に向けた超軽量ハンモックです。次に紹介するスーパーサブより100g以上軽く、どんな場面でも連れ出しやすいですよ。
飯田さん
飯田さん
〈モデラート〉オンラインショップで見る

寝心地と軽さのバランス重視なら!

イーノ/SuperSub(スーパーサブ)
提供:モデラートオンラインショップ
ENO/SuperSub(スーパーサブ)
12,650円(税込)
重さ約278g。サブシックスと同じ素材で、通気性、速乾性、強度を兼ね備えた軽量モデル。横幅にゆとりがあり、居住性も良好。2色展開。
軽量でありながら横幅が広く、ゆったりと体を包んでくれます。快適にまったり寝転がりたい、安眠したい人にはおすすめです。
飯田さん
飯田さん
〈モデラート〉オンラインショップで見る

ライトなスタイルで鈴鹿を歩こう

森林限界を超えないトレイルを中心に、長い距離をスピーディに移動するシーンでは、専用のギアが役立ちます。

ここでは、その一例をご紹介します!

ファストパッキング向きのバックパック

ブラックダイヤモンド/ディスタンス15、パーゴワークス/ラッシュ30
たとえば左は、ブラックダイヤモンド/ディスタンス15(税込19,470円)。右は、パーゴワークス/ラッシュ30(税込19,800円)
軽量、コンパクト、体へのフィット感と背負い心地、そして収納ポケットの配置や取り出しやすさなどに工夫を凝らした、ランやライトハイク向きのバックパックがあります。

背面のフレームや分厚いヒップベルトなどはありませんが、何より軽量!活動量が多くなり、汗をかくシーンに備えて、メッシュパネルは多めです。

トレランでは、8リットル前後に容量をしぼった、ベストを着用するような密着度の高いパックが好まれますが、歩きメインの場合は、20リットル前後のモデルを選ぶと、無理なく使いやすいです。

サロモン/エックスティー15
提供:モデラート
サロモン/エックスティー15
13,200円(税込)

こちらは容量をしぼりすぎず、サイクリングやスピード登山、ランまで、幅広いシーンに活躍するバックパックです。ショルダーハーネスとウエストベルトに計4つのジッパーポケットがあるので、ザックを下ろさなくても、スマホや補給食、飲料ボトルなどを取り出せるので便利。
さらに外側に、トレッキングポールやジャケットなどを取り付けることもできます。
飯田さん
飯田さん
〈モデラート〉オンラインショップで見る

ローカットシューズでスピーディな移動を実現

モデラート3階、ローカットシューズ
この軽さ、山で一度履くと、病みつきになるかも!?
ローカットの、ハイキングやトレラン用シューズは、ミドルカット以上が主流の登山靴と比べて圧倒的に軽いです。実際に山で使用すると、足回りの軽やかさに驚きます。

そのうえで、クッション性やサポート力、グリップなどが、起伏のあるトレイルに合わせた設計になっています。靴に合わせてソックスも選べると、より快適に履けますよ。

イノヴェイト/パーククロウ G 280 MS
イノヴェイト/パーククロウ G 280 MS
20,900円(税込)

こちらはメンズ向けのトレイルランニングシューズ。汎用性の高いモデルで、トレイルはもちろん、ロードもOKで、ふもとの街から山と山をつないで走るような場面でも活躍します。
防水性能はありませんが、今回紹介したような渓流沿いのトレイルの場合は、防水ではないシューズをあえて履くことで、渓流を濡れながら遡行する遊び方もできます!
飯田さん
飯田さん
〈モデラート〉オンラインショップで見る

ショーツを履いて、山を歩く、走る!

山と道のショーツ
山と道/5-Pocket Shorts シリーズ
13,200円~(税込)

ハイカー、ランナーのあいだで、足回りにストレスのない、ショーツを履くスタイルが支持されています。

なかでも、「ハイカーのためのショーツ」として制作された『山と道』のショーツは、足上げを邪魔しない位置にある5つのポケットに、スマートフォンや地図などがちょうどよく収まって大人気。濡れてもすぐに乾きます。生地や色の、豊富なバリエーションも魅力。
実際に履いてみると、ポケットの位置やサイズが本当に使いやすい。生地の手触りや色までこだわった『山と道』ならではのアイテムです。
飯田さん
飯田さん

〈モデラート〉で取り扱っている『山と道』商品はこちらで確認できます。

〈モデラート〉オンラインショップで見る

鈴鹿山脈とセットで行きたい〈モデラート〉

奥深く、ちょっとした秘境感も味わえる鈴鹿。まだ見ぬ風景を知りたくて、季節を変え、ルートを変えて、幾度となく訪れてしまいます。そんな折に、ふもとの三重県四日市市にある〈モデラート〉に立ち寄ってみたら、次の山遊びにつながる魅力的なアイテム&遊び方も見つかりそう!

入荷情報や季節のおすすめアイテム、イベント情報などは、〈モデラート〉のホームページ、Instagramでチェックしてくださいね。

moderate | モデラート



住所:〒510-0884 三重県四日市市泊町1-18 タイズビル2F-3F
電話:059-349-0585
Email:shop@moderateweb.com
営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜・水曜(祝日は営業)
オンラインショップ定休日:日曜・水曜

moderate | モデラートmoderate | モデラート Instagram

 

 


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モデラート飯田さんとハンモック
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」