「静」の保温着ではなく、「動」の行動着にぴったりなフリース。今、再注目されるその理由を考察してみた

街では暑くても山では秋になりつつある時期、「なにか大袈裟すぎない防寒着の準備を」と考えると頭に思い浮かぶのは、今や普段着としても浸透した感のある「フリース」ではないでしょうか。

しかし、この素材のもつ特性と、それを生かした山での使い方について、しっかりと把握している登山者は案外少ないよう。フリースならではの特徴を意識して、正しい防寒着選びにつなげましょう。

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

知ってるつもり?フリースって、こんな素材です

出典:PIXTA
まず、フリースとはどのような素材なのかを再確認してみましょう。

この素材は、主にポリエステルの糸をニットのように編み上げた「編み物」です。その表裏の両面、もしくはどちらか片方の表面を起毛させた素材であることが、一般的な「フリース」の定義です。
※元は羊の毛を刈り取るときに毛皮のように塊になったものを「フリース」または「フリースウール」と呼んでいました。
 


ポリエステルの糸だけで編むのか、そこにストレッチ性をもつポリウレタンを混紡するか、はたまたナチュラルな風合いをもつウールも使うのか。

どんな糸で編み上げるかによって、できあがるフリース素材の特徴は変わります。

編み方、糸の量で厚さを自在に。シーンによって厚さを選べる


編み方次第で表面をブロック状やウェーブ状に仕上げることができます。また、使う糸の量によって薄くしたり、厚くしたりと、素材の厚さを自在に調整することもできる点もニットに似ていますね。

撥水、保温、防汚。表面加工によって機能や見た目に違いが


できあがった素材の表面に加工を施すことによって、機能を加えたり、見た目を変えることも可能。

モコモコと長めに起毛させて温かみを出したり、あえて起毛させずにツルッと加工して雪や汚れが付きづらくしたり、はたまた水を弾く加工を施すこともできます。

糸を編み上げて作るフリースは、空気を溜めつつ、通気もいい


フリースの最大の特徴は、柔らかな着心地の良さでしょう。

糸を編み上げて作る素材なので糸同士の間に空気を溜め込めるため、保温力に優れています。さらに適度な通気性があり、軽量なことも特徴といえます。

主な素材はポリエステルなので、ダウンのように濡れると保温力が低下する心配もありません

保温性と通気性の両立するから、行動着向き


このような特徴を考慮すると、フリース素材のウェアが山でもっとも力を発揮するのは、保温力と通気性を生かした「行動着」として使える場面です。

つまり、ダウンウェア(保温着)よりもソフトシェルウェア(行動着)に近い役割が向いています。
ソフトシェルウェアとの違いを理解するためには、織物であるシェル素材に対して、フリースが編み物であることが大きく関係してきます。


前述の通り、編み物特有の伸縮性に優れた着心地の良さ、適度な保温性と通気性を併せ持っていることが、行動着としてフリースウェアを選ぶメリットです。

あとは、使用を想定するシーンや気温に合わせて、生地の厚みや表面の加工でフリースウェアのタイプを選びましょう。

ちなみにフリース素材自体には防風性や防水性はないため、雨や雪、強い風が想定されるシーンで使うならば、ハードシェルを重ねたり、より丈夫な織物のソフトシェルが選択肢になります。

圧縮性は低いが、行動時に着用できれば問題ない


デメリットは、圧縮性が低いことが挙げられます。この点と対重量効果を考えると、防寒着として携行するならば、ダウンウェアに軍配が上がるように感じます。

肌触りを重視したリラックスウェア兼防寒着と考えるならば、フリースも選択肢になるでしょう。

また、厚みなどにもよりますが、水を含むと重たくなりやすく、じつは速乾性にはそれほど優れた素材ではありません。


ただ、シーンや季節に合わせて適切なフリースを選べば、行動時に着用することが多いので、圧縮性はさほど気にならないのではないでしょうか。

街用とトレッキング用のフリースは重さが違う

シープフリース フーディー(ポールワーズ)は街用フリースウェア
ちなみに、街用にデザインされたフリースウェアと登山用のものの最大の違いは“重さ”にあります。

「シープフリース」と呼ばれる毛足の長い街用のフリース素材は、見た目は非常に暖かそうなのですが重く、登山には向きません。

山ではより軽量なフリースウェアを選び、その重量差分でシェルなどをもつ方が、対応シーンが増えるのです。



耐久加工や、薄手で収納性が高いものも。機能フリースを使い分ける


日本の自然環境に合わせたウェア作りで知られるブランド「ポールワーズ」も、さまざまな登山シーンを想定して、いくつかのフリース素材と表面加工を使い分けたウェアをラインナップしています。

今回は、
・表面に耐久加工をした「デュラフェイス ストレッチフーディ」
・フリースとは思えない薄手の「テックフェイス ストレッチジャケット」
を紹介します。

秋冬向きなディテールを備えた「デュラフェイス ストレッチフーディ」


「デュラフェイスストレッチフーディ」は、秋から冬山で活躍しそうな機能を備えたタイプ。

製品名の「デュラ」とは、耐久性を意味する英語「デュラビリティ」の略。

その名の通り、中厚手のフリース素材の表面に耐久性をプラスする特殊な加工を施していることが特徴です。

通気性を損なわずに耐久性がある「デュラフェイス加工」


六角形に見える表面の模様は「デュラフェイス加工」なる特殊なプリントで、通気性を損なわずに耐久性をプラス。

フリース素材で問題になりがちな毛玉の発生や伝線も起きにくくしてくれます。


裏面は肌触りと保温性を向上させるために、短めの毛足の起毛加工に仕上げてあります。

着心地は非常に軽く、ストレッチ性も高いので肌寒い時期の行動着としてだけでなく、両手を使うような岩稜帯の通過を伴うハードな山行でも安心して着ることができます。

シルエットすっきりで重ね着してもかさばらない



シルエットはすっきりとしていて、冬場は中間着として重ね着するのにもかさ張りません

ビーニー代わりにしてヘルメットをかぶれるほど、フードの着用感もすっきりとタイトです。

袖にはサムホールを備えており、山以外に自転車など、街使いにも便利に使えます。

「テックフェイス ストレッチジャケット」は、夏や秋口が使いどき


「テックフェイスストレッチジャケット」は、軽量コンパクトで非常に薄手のフリースウェアです。

みなさんが想像するフリースよりもかなり薄い印象ですが、前述の構造や素材の定義に当てはめると、これもれっきとしたフリースの一種といえます。

このウェアも、裏面だけを加工している点は、デュラフェイスと同じです。しかし、加工の方法が全く異なります。
裏面全体を起毛させているデュラフェイスに対し、テックフェイスはブロック状の起毛加工を施しています。

そのため、行動中にちょっとTシャツ一枚じゃ肌寒いなと感じる時に羽織れる適度な保温力と、高い通気性を兼ね備えています。

薄手だからベースレイヤーと保温着の中間として使える


夏や秋口の保温着と考えると、どうしても通常の厚みのフリースや中綿のジャケットを持ちがち。

しかし、それでは暑過ぎたり、行動着として併用できないという問題が起きます。


その点、このウェアはベースレイヤーと一般的な保温着の中間的な、かゆい所に手が届く絶妙な保温性を備えた一枚として重宝するでしょう。

夏の終わり、初秋で使い勝手のいい厚さ


夏の終わりから9月くらいの登山では、標高の高い山ではスタート時からシャツのように着っぱなしで歩くのが良いでしょう。

標高の低い山であれば、すぐ出せる場所にしまっておいて、風が抜ける場所や休憩時にカーディガンのようにさっと羽織るのに便利です。

フーディタイプもありますが、レインウェアやシェルウェアと重ねることを考慮すると、使い勝手のいいフードなしのスタンドカラータイプがおすすめです。

ポールワーズのウェアはどこで手に入る?


とはいえ、フリースウェアの違いは、実際に袖を通して、厚みの差や肌触りを確かめてみないと実感しづらいのも事実。

ポールワーズのフリースウェアは、オンラインからも購入可能ですが、ぜひ店頭で実物を手にとって触り比べてみてください。

ヴィクトリア、エルブレスやスーパースポーツゼビオなど、全国に185店舗で手にとることができます。

 
スーパースポーツゼビオの店舗を探すエルブレスの店舗を探すヴィクトリアの店舗を探す ※ポールワーズのアイテムの取り扱いは店舗に問い合わせください。

保温性と通気性を併せもつ貴重な素材


アウトドアウェアにおける「保温性と通気性のバランス」というキーワードは、この5年ほど世界的なトレンドになっています。

近年はただ暖かいだけでもなく、通気するだけでもないウェアが求められているのです。

フリースは何十年も昔から存在していましたが、保温性と通気性を併せもつその特徴から、近年再び注目され直している素材です。


厚みや加工による特徴を頭に入れて、自分なりの用途を想像しながら探してみることこそ、理想のフリースウェアを見つける近道ではないでしょうか。

ポールワーズのアイテムを見る

Sponsored by ザンター