パタゴニアの新作「スレート・スカイ・ジャケット」!軽量かつ蒸れない快適レインウェアで雨でも楽しく

2022/08/09 更新

今春、パタゴニアから初の”PFCフリー”レインウェア「スレート・スカイ・ジャケット」が登場。雨や風からしっかりと体を守る機能を備えつつ、余計なものがないシンプルなデザイン。環境への配慮と機能性の両立を果たした、新しい防水ジャケットです。

実際に山で使用し、気になる“ PFCフリーの実力もレビューします!

制作者

ライター

高橋 典子

旅好きフリーライター。バイクツーリングついでに山を歩きはじめて、すっかりハマる。現在は10歳の息子が山の相棒。北アルプスや北海道でのテント泊、スノーハイクなど親子で楽しめる山遊びを模索中。子どもたちに自然を残したいと環境問題に興味あり。好きな山は燕岳と八ヶ岳。よく行く山域は奥多摩エリア。

高橋 典子のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ撮影:TAKAHASHI

パタゴニアから初登場!PFCフリーレインウェア「スレート・スカイ・ジャケット」

スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
この春にリリースされた「スレート・スカイ・ジャケット」は、パタゴニア初のPFCフリー防水性ジャケット
パタゴニア独自規格「H2Noパフォーマンス・スタンダード」の3層構造を採用し、海で使用され廃棄予定となった漁網を100%リサイクルした“ネットプラス”生地で作られているレインウェア。パタゴニアらしい環境に配慮された防水ジャケットですね。

まずはこのジャケットの特徴でもある、「ネットプラス」と「PFCフリー」について、簡単に紹介します。

“ネットプラス”生地とは

パタゴニア ネットプラス
Ryan ‘Chachi’ Craig © 2022 Patagonia, Inc.
スレート・スカイ・ジャケットは、ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン製。これは、ブレオ社の“ネットプラス”という素材で、古くなり廃棄される漁網を回収してナイロン素材として再生したもの。
多くの地域では古くなった使用済み漁網がそのまま海に廃棄されていて、その廃棄漁網に捕らえられた海洋生物はケガを負ったり命を落としてしまい、生態系に重大な悪影響を及ぼしていると考えられています。

ブレオ社は南米の漁師の方々と取り組み、追跡可能な方法で漁網を回収、仕分け・洗浄などを経てネットプラスを作ります。使用した後に回収された材料(=ポストコンシューマー)からのリサイクルや、ごみとして捨てられた物を回収して再生することは、地球環境の再生に貢献する活動のひとつではないでしょうか。

PFCフリーとは

スレートスカイジャケット PFCフリー
撮影:TAKAHASHI
PFCフリーの耐久性撥水加工(非フッ素化DWR)とは、環境に悪影響を及ぼすPFC(フッ素化合物)を使用しないで耐久撥水加工を行うこと。

現在ほとんどのアウトドアブランドで採用する耐久性撥水加工(DWR加工)には、撥水効果を持たせる薬品としてPFCが使用されています。
PFCは環境と人体への残留性が非常に高い化学薬品である事が判明。使い続けることにより環境に残り水質を汚染し、人びとの健康にも有害であることから使用制限が強化されていて、世界的にPFC不使用(=PFCフリー)の方向へと向かっています。

PFCフリーはこまめなメンテナンスが大切

PFCフリーの耐久撥水加工をしたレインジャケットは、以前の加工より「撥水性が落ちるのでは…」と不安な方もいると思います。
しかし、PFCフリーであっても撥水性は従来と同様の機能を発揮!登山でも問題なく使用できる機能性とのこと。

ただし一点だけ注意点が。
PFCフリーの素材は、汗や日焼け止めなどによる油汚れに弱く、これらの汚れによって撥水性が落ちていくため、こまめなメンテナンスが必要となります。


撥水性のあるウェアは、生地の表面に撥水基(はっすいき)という分子レベルの突起を付着させることで、水をコロコロと弾くよう加工が施されています。”撥水性が落ちる”とは、汚れの付着などにより撥水基が倒れたり取れた状態のこと。
撥水性が落ちて生地に水がしみ込みやすくなっても、防水性が損なわれたわけではありません。

ただ、撥水性が落ちて生地に水がしみやすくなると、身体から出た湿気が逃げず、ウエア内が蒸れやすくなります。つまり、撥水性が落ちると透湿性も損なわれるのです。
この問題は、汚れのケアさえしっかりすれば解決。重要なのは、生地に汚れを残さないこと

お手入れ方法は従来のレインウェアと同じ

※熱を加えることで撥水性が復活。ただし、熱すぎると生地自体が痛む場合があるので注意が必要
油汚れなどのケアとは、きちんと洗濯し熱処理をするという従来のアウトドアジャケットと同じお手入れ方法。
ただ、従来であればシーズンごとだったり気になった際に洗濯などをしがち。その点、PFCフリーのウェアの場合、山行で着用したらその都度のお手入れが必要です。そうすることで、汚れが生地に残らず、撥水性もキープされるのです。

メンテナンス方法

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

撮影:TAKAHASHI

①洗濯洗剤を用意する

漂白剤や柔軟剤、蛍光増白剤などを含まない洗剤を用意。アウトドアウェア専用の洗剤だとより安心です。

②洗濯機を使用して洗う

ファスナーなどを全て閉じ、日常の洗濯時と同様に洗濯機の通常コースへ。防水性素材は水を通さないので脱水はしない、または、ごく短時間にしましょう。(化繊素材は洗濯バッグにいれるのがおすすめですが、シェルはそのままでも問題ありません)

③直射日光を避け陰干しする

洗濯後は、形を整えてから陰干しします。

④乾いた後は熱処理をする

ジャケットの表地に熱を加えることにより撥水性が復活します。乾燥機に10分程度かけるか、ない場合には、あて布をして低温でアイロンをかける、もしくはドライヤーで熱風をあてる等の方法も有効。

【実物チェック】気になる細部まで確認

スレート・スカイ・ジャケットは、PFCフリーなど環境にやさしいという特徴だけではありません。
ミニマムなデザインでシルエットも美しい。何より、しなやかな着心地と細部にまでこだわった使い勝手の良さは秀逸!

特徴的なストームフラップは通気性の確保に活躍

スレートスカイジャケット パタゴニア
撮影:TAKAHASHI
最も特徴的なのは首元〜胸部のスナップ止めストームフラップ。スナップボタンだけをとめ、ファスナーを好きな位置まで開けることでベンチレーションとして空気を排出する働きをします。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

撮影:TAKAHASHI
スナップボタンだけをとめ、ファスナー全開だと、上の写真のようなポンチョスタイルにも。雨が吹き込まない状況であれば、このスタイルは換気力抜群。
逆に、全てをきっちり閉めれば、強い風が吹いた時などに冷たい空気から首元を守ってくれそうです。

袖口や裾のドローコードなど細部まで使いやすい

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
内側に伸縮性パイピングを備えたシンプルな袖口。ベルクロテープタイプではないのでかさばらず、手首にやさしくフィットします。

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
裾の内側にはドローコードを備え、絞ることでフィット感を調整し雨風の浸入を防ぎます。なお、雨風がない場合などはコードをリリースしたほうが、内側に熱がこもりにくくなります。

調整簡単で雫が入りにくいフード

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
撮影:TAKAHASHI
フードは後頭部のドローコードで調整可能。コードを引っ張り自分の頭部に合わせていきます。さらに、しっかりとしたツバにより視界を妨げません。安定したフィット感で、フードを被った状態でもしっかりと視界を保ちつつ、水の侵入を防いでくれます。

ベンチレーションも兼ねるポケット

スレートスカイジャケット パタゴニア 撮影:TAKAHASHI
両サイドにあるポケット内は、メッシュパネルとなっていてベンチレーションの役目をはたします。

軽量&携行性も◎

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
身頃と袖をフードに丸め込んで収納することでコンパクトに。軽量で邪魔にならないサイズ感なので、ザックに忍び込ませておけば、急な雨にも対応できます。

【レビュー】着てみてわかった!軽くて蒸れない快適さ

スレート・スカイ・ジャケットの性能を、雨天の瑞牆山(標高約2,230m)・往復約6時間の山行でチェックしてみました。かなりの雨が降る中で登山をスタートし、山頂以降は晴天となり蒸し暑い下山となりました。
【着用時のデータ】
時期:5月下旬
天候:小雨時々くもり、山頂まではガスっている状態・山頂や下山時は晴れ
気温:登山開始時・10℃ / 下山時・18℃
風速:樹林帯ではほぼ無風、開けた山頂は時々10m/sほどの風
先に結論からお伝えすると、雨上がりのモワッとした状況で着たまま行動しても暑くなりすぎず快適。行動中は汗をかくからレインウェアを着たくない、だけど着用しないと雫などで濡れてしまう、そんな時にこそ重宝するジャケットだと感じました。

それでは、フィールドでの様子を見ていきましょう。

レインウェアに求められる撥水性能をしっかりと発揮!気になっていたPFCフリー

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

撮影:TAKAHASHI
気になっていたPFCフリー耐久性撥水加工の性能ですが、しっかりと水を弾き山行終了まで持続。
実は、前日にも1時間ほど登っていたのですが、かなりの雨量かつさらに雨が強くなる予報だったことから、安全のため断念。山麓でテント泊をすることにし、その間も着用して雨の中を行動。実際の山行での出番は翌日となったため、実質2日間雨の中で行動したことになりましたが、特に不安を感じることはありませんでした。

レインウェアとは思えない、軽くてしなやかな着心地◎

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI(鎖場や岩場も多かったですが、腕や肩まわりの動きもスムーズ)
また、驚いたのがしなやかで柔らかい生地。鎖場などでも動きを制限されることなくスムーズに行動できました。
レインウェア特有のゴワゴワ感もなく、適度なフィット感でとにかく動きやすい

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI(晴れてきた際は、腕など少し汗ばんできましたがベタつくことはなくサラサラをキープ)
雨が上がった後は、気温も上昇し汗ばんできましたが、滑らかなジャージーの裏地なので肌に張り付くこともなく着心地の良さをキープ。
半袖のベースレイヤーの上に直接着用し、降雨状態のスタートから晴天となった下山時まで脱ぐことはありませんでした。

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
山頂では、時折晴れ間ものぞきましたが、風が強くジャケットが手放せない状況。しっかりと風を防いでくれたことはもちろんのこと、行動中の汗や熱も排出されていて汗冷えの心配もありませんでした。

レインウェアなのに、着心地がソフトで着ていることが気にならない、ストレスがないことに驚きです!

ストームフラップが予想以上!めちゃくちゃ優秀なベンチレーション

スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI(写真ではわかりにくいですが、雨が上がり運動量も増え汗ばんできたので下段のスナップボタンのみ止めて使用)
雨が上がった後も着たまま行動していたのですが、スレート・スカイ・ジャケットはこの雨上がりに真価が発揮されると感じました。
ストームフラップやポケットを開けて換気することで、効率的に内側の湿気を逃してくれるのを実感。運動量が増えた状況で、スナップボタンを1つだけ止めファスナーを全開にすると空気が通り涼しくなりました。モワッとした不快感ゼロ

気になった点

強いていえば、帰宅後、お手入れ前に撥水性はどうなったのか実験したみたところ、バックパックに触れる肩のあたりのみ、若干表面に雨水がにじむ結果に。もちろん、山行中に浸水などはありません。
洗濯後、きちんと熱処理を施したところ撥水性は復活しました。

しなやかで軽いレインウェアが欲しい人におすすめ

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
それなりに登山経験のある人なら、朝だけ雨予報で徐々に晴れる予報なら、多少の雨を覚悟して登りがち。雨がやんでも樹木や岩肌が濡れていればレインウェアを羽織って歩いた経験がある人も多いはず。
梅雨の時期など、微妙な天気にスレート・スカイ・ジャケットが最適だなと感じました。

特に日帰り登山で降雨後のシチュエーションでは、フロントフラップが通気性の確保に活躍し、蒸れを防いでくれるでしょう。軽く柔らかでありつつ丈夫な素材であるので、雨あがりの藪こぎや岩場などでの使用にもしっかり対応。しなやかな着心地なので、雨が降っていない時でもウィンドシェルとして使うのもおすすめ。

なお、汚れがたまることで撥水性が低下するため、天気の予測が難しく長期間にわたって使用する縦走には不向きと言えます。

パタゴニアのレインウェアといえば……

ところで、パタゴニアのレインウェアといえば「トレントシェル」を思い浮かべる方も多いもの。最後に「スレート・スカイ・ジャケット」と「トレントシェル」の違いを簡単にまとめてみました。
スレート・スカイ・ジャケットトレントシェル 3L
シルエットパタゴニア スレートスカイジャケットパタゴニア トレントシェル
重さ275g345g
特徴軽量コンパクトベンチレーションあり
おすすめ
シーン
・春〜秋の日帰り登山
・ボルダリング
・岩場など
・厳冬期以外の季節
・日帰り〜宿泊を伴う山行
 
スレート・スカイ・ジャケット
【特徴】首元〜胸部のストームフラップ、コーティング済み止水ファスナーを備えている。
【デザイン】ウェストラインが細めのスッキリとしたミニマルデザイン。
【おすすめタイプ】軽量でコンパクトな防水ジャケットを探している人に。
 
 トレントシェル 3L 
【特徴】サイドにベンチレーションを備え、ビスロンジッパー採用している。
【デザイン】腰幅が広めで中に重ね着しやすいゆったりとしたデザイン。
【おすすめタイプ】初めてのレインウェアを探しているエントリー向け。
スレート・スカイ・ジャケットは、よりしなやかで動きやすく軽量なレインウェアを求めている方向けのジャケット。すでに雨の中での長期縦走などで使用するレインウェアを持っていて、それよりも軽量なタイプを求めている方にぴったりです。

細身のシルエットとマットな色合いで、街コーデにも違和感なくマッチ。ただし、インナーに厚めのミッドレイヤーを着る場合は、ワンサイズアップしてもいいかもしれません。

「スレート・スカイ・ジャケット」があれば急な雨も安心

パタゴニア スレートスカイジャケット
撮影:TAKAHASHI
ミニマルなデザインで、日常にもなじむ「スレート・スカイ・ジャケット」。軽くてやわらかな着心地が最高です。

多少の手間がかかっても、自分たちが遊ぶフィールドの環境を守るアイテムを選びたいもの。それに、お手入れをする機会が多いアイテムって愛着がよりわく気がしませんか。扱い方を工夫したり、メンテナンスをすることで心配な部分をカバーするなど、使い方はあなた次第。
環境に配慮したパタゴニアのレインウェアで、雨の心配をせずに山を楽しみましょう!
メンズレディース
パタゴニア メンズ・スレート・スカイ・ジャケットパタゴニア ウィメンズ・スレート・スカイ・ジャケット
価格26,400円(税込)26,400円(税込)
重さ295g275g
カラーCloudberry Orange Smolder Blue Basin GreenSedge Green Dusky Brown Smolder Blue
素材【H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル】 3層構造の平織りの3.2オンス・30デニール・ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン100%【H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル】 3層構造の平織りの3.2オンス・30デニール・ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン100%
サイズXS、S、M、L、 XLXS、S、M、L
メンズ・スレート・スカイ・ジャケットウィメンズ・スレート・スカイ・ジャケット
※表は右にスクロールできます。

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

パタゴニア スレートスカイジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」