縦走での装備一式リストとおすすめルートのまとめ

縦走についてのまとめ。登山方法の1つである縦走の意味やザックや登山靴などの必要装備、おすすめルートを紹介します。初めての場合だと、様々な不安や疑問がでてきますが、無理をせずに楽しい思い出になるような計画を立てましょう!


アイキャッチ画像出典:naokohara

縦走とは 一般の登山との違い

【山から山へ歩いていく山行スタイル】
尾根歩き
出典:naokohara
縦走とは、登山方法の1つです。山頂まで行き、下山をせずに次の山へ向かうことを意味します。ルートによっては山頂を目指さずに稜線(山の峰と峰を結んで1番高く連なる所)を歩くことも縦走と呼びます。
一般の登山:山頂を目指し、登頂したら下山
縦走:山頂まで行き、下山せず稜線を歩く

【開けた展望を楽しめる縦走】
稜線の開けた展望
出典:naokohara
稜線伝いに歩くのが基本なので、左右に展望が開けています。壮大な景色を見渡しながら歩けるのが縦走の魅力でもあります。また、複数の山を登ることで様々な山の表情を楽しむことも出来ます。

縦走での必須装備一覧【リスト付き】

【縦走装備リスト】
縦走装備一覧リスト

【ザック】
ドイター ACTライト50+10
ドイターの中でも縦走に適したモデルで、内部は2気室になっています。通気性の良い中空フォームによって効率的に熱気を排出します。背面パッドは調節できるので、自分に合った長さで快適に背負うことができます。
ドイター ACT ライト 50+10
ITEM
ドイター ACT ライト 50+10
●容量:50+10L
●重量:1730g
●サイズ:76×32×26cm
槍の穂先登頂
身体にフィットするように調整できる機能をみてこ商品にして正解でした。大は小を兼ねるで、山小屋二泊でもバッチリでした。。+10の機能も便利な構造です。 出典:みんなのレビュー


【ストック】
ブラックダイヤモンド トレイル
ブラックダイヤモンドのスタンダードのモデルがさらに小型化され、フリックロックによって固定操作も軽くなりました。がたつかず、長期縦走でも信頼して持っていけます。
ブラックダイヤモンド トレイル
ITEM
ブラックダイヤモンド トレイル
●サイズ:63.5~140cm
●重量:510g(1ペア)
●収納時サイズ:63.5cm
安心装備に1本!
低山の日帰り登山が中心で、初心者なので分相応に安物から…なんて、取りあえず道具を揃えて始めたのですが、山の魅力にすっかりはまってしまって冬山にも挑戦しようと装備の見直しをして、信頼のあるBLACK DIAMOND製のポールを購入しました。コスパ的にも最高の品だと思いますよ! 出典:みんなのレビュー


【腕時計】
スント コア アルティメット
アウトドアウォッチの代名詞とも言われるモデルで、高度計、気圧計、コンパス、天気情報機能など登山に必要な機能が備わっています。堅牢性のあるボディは岩登りの場面でも安心です。
スント コア アルティメット
ITEM
スント コア アルティメット
●重量:79g
●サイズ:49.1×49.1×14.5mm
すごく…かっこいいです
登山にはもちろん普段使いでもいけます
正規品なので日本語の説明書と保証がついています
安心です 出典:みんなのレビュー


【ヘッドライト】
ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ
とても明るく、スポットビームからワイドビームまで無段階に調整できます。頂部にもヘッドバンドがあるので、ずり落ちる心配がなく長時間着けていても快適です。80度の可動域があり、足元や前方も照らすことができます。
ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ
ITEM
ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ
●明るさ:230ルーメン
●点灯時間:【ヘッド部】8時間(Highモード)/ 20時間(Midモード)/ 60時間(Ecoモード)/ 18時間(クイックフラッシュモード)、【後部認識灯】400時間(点灯)/ 750時間(点滅)
●重量:198g(電池含む)
●使用電池:単3形アルカリ電池×3本
明るい!!
夜の山歩き用に購入。明るさに大満足です。値段も良心的で、お得な買い物でした! 出典:みんなのレビュー


【グローブ】
マーモット フィルムインサートレイングローブ
防水透湿フィルムインサートを使用した防水グローブで、内側のメッシュ部分にクールマックス素材を使用しているので、長時間着用しても蒸れなく快適です。防風性もありオールシーズン使用できます。
マーモット フイルムインサートレイングローブ
ITEM
マーモット フイルムインサートレイングローブ
●サイズ:S・M・L
●重量:平均62g
マーモットは、デサントがライセンス販売をしているだけあって、結構買い続けていますが、大ハズレがありません。
このグラブは、アウトドアというより自転車通勤用にややピチピチ感を出したかったので、あえてMサイズを注文してみました。防水透湿性能を含めて、ほぼ想定通りでした。真冬はあまりお勧めできませんが、春から秋の3シーズンは、ツーリングや雨天の通勤に活躍してくれそうです。 出典:みんなのレビュー


【テント】
モンベル ステラリッジテント1型
素早く設営できるため、縦走中でも煩わしさがありません。高い剛性と軽量性があり、別売りのスノーフライやグラウンドシートを併用すれば無雪期だけでなく積雪期まで使用できます。
モンベル ステラリッジテント 1型
ITEM
モンベル ステラリッジテント 1型
●重量:1.44kg
●収納サイズ:本体30×φ13cm、ポール41×φ5cm
2世代前のモデルからの買い替えです。かなりの軽量化がされているため荷物がかなり軽くなった印象があります。体積も小さくなり、ザックが以前よりも小さくなりました。設営もしやすい。入口が短辺側にあるのは以前のものに比べると使いにくいです。前室が狭くなりました。その他細かいところ(内部のループなど)は以前と同じで使い勝手はよいです。 出典:みんなのレビュー

【シュラフ】
ナンガ オーロラ450DX
表生地にオーロラテックスという防水コーティング素材を使用しているため、シュラフカバーなしで3シーズン使用できるシュラフ。なるべく荷物を減らしたい縦走登山に便利です。
ナンガ オーロラ450DX レギュラーサイズ
ITEM
ナンガ オーロラ450DX レギュラーサイズ
●フィルパワー:760FP
●重量:1kg
●サイズ:ショート(身長165cmまで)/レギュラー(身長175cmまで)/ロング(身長185cmまで)
●収納サイズ:φ17×29cm
良いと思います
まだ山では使用してませんが、縫製がしっかりしていると思いました。シュラフカバーも要らないとの事ですので、楽だと思います。
出典:みんなのレビュー


【シュラフマット】
サーマレスト Zライト ソル
アルミを装着したクローズドセルマットレス。とても軽量で耐久性があり、アコーディオン式に折りたためて、どこでもすぐに使えるので縦走に向いています。
サーマレスト Zライト ソル
ITEM
サーマレスト Zライト ソル
●サイズ:S 51×130cm/R 51×183cm
●重量:S 290g/R 410g
●収納サイズ:S 51×10×14cm/R 51×13×14cm
最高
これは、久しぶりに良い買い物をしました。重量も軽く、身体が触れてる部分が暖かい?!ビックリしました。これはキャンプや登山に使えるツールですよ! 出典:みんなのレビュー


【バーナー】
プリムス P-153 ウルトラバーナー
3,600kcal/hとハイパワーのバーナーは、軽量でコンパクトになるので縦走におすすめです。ゴトクは4本で安定性があり、防風性もあるX字ゴトクを採用しています。
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
ITEM
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
●重量:116g
●出力:3,600kcal/h(T型ガス使用時)
●ゴトク径:大148mm/小90mm
●収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
登山用に購入しました
以前は他のメーカーのものを使っていましたが、大きさに難儀していた為、コンパクトなこちらを購入しました。バックパックの大きさの問題もあるので、小さなにこしたことはありませんね。 出典:みんなのレビュー


【コッヘル】
エバニュー チタンウルトラライトクッカー2
軽さを限界まで追求したチタンウルトラライトシリーズ。クッカー2は900mlの容量で、1人から2人での縦走登山に適したサイズです。
エバニュー チタンウルトラライトクッカー2
ITEM
エバニュー チタンウルトラライトクッカー2
●容量:900ml
●重量:本体115g(ケース14g)
●サイズ:径13.6×深さ6.4cm
●素材:チタニウム




 

【縦走服装リスト】
縦走服装一覧リスト

【登山靴】
モンベル タイオガブーツ
ゴアテックスの全天候に対応したブーツで、急な天候の変化でも安心です。耐摩耗性に優れており、横方向のぶれを軽減させて快適な歩行をサポートしてくれます。濡れた岩肌や木道でもグリップがきくソールを採用しています。
モンベル タイオガブーツ メンズ
ITEM
モンベル タイオガブーツ メンズ
●重量:700g(25.5cm片足)
●サイズ:24.0~29.0cm(0.5刻み)
●カラー:インクブルー/カーキ
販売店で足のサイズを選任の担当者から計測して5品試してこれに決めた。販売員曰く、人間の身体は左右非対称。自分の場合は左足のほうが7ミリ大きいことがわかった。それをもとに5足試して納得いく品を選んだ。
ミドルカットの全天候型でアッパーにはしなやかで耐摩耗性に優れ、ゴアテックスファブリックスの透湿性を最大限に生かすポリエステルメッシュを採用してあり、樹脂製パーツとレザーで補強を施すことで、横方向へのブレを軽減しているらしい。店頭の岩山に見立てたレプリカを歩いてみたが、下りの際に爪先に1センチのあそびがあれば快適とのことで26.0を購入した。 出典:amazon


【レインウェア】
ノースフェイス クライムベリーライト ジャケット
ゴアテックス®のC-KNITバッカーを裏地に採用した、軽量性と剛性に優れた防水のジャケット。細身で腕をあげやすく、動きやすい。ヘルメットをかぶったままでもフードをかぶることができます。
ノースフェイス クライムベリーライト ジャケット メンズ
ITEM
ノースフェイス クライムベリーライト ジャケット メンズ
●サイズ:S、M、L、XL、XXL
●重量:250g
●カラー:全8色
●素材:ゴアテックス(3層)
めちゃめちゃいい
こういった系の服初めて買いました。
軽い、保温性、風通さない、雨にぬれてもはじく、おしゃれ、下に着こめる、などいいことばかりでした。ゴアテックスなのでちょっと高いなあと思いましたが使ってみて納得の価格でした。これを着て極寒地に行きましたがおかげさまで耐えられました。 出典:みんなのレビュー


【フリース】
パタゴニア R2ジャケット
コンパクトに収納できて、通気性、速乾性、保温性を持つパタゴニアのジャケット。縫製にもこだわっているので着心地もよく、縦走中の中間着に最適です。
パタゴニア R2ジャケット メンズ
ITEM
パタゴニア R2ジャケット メンズ
●サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
●重量:405g
●カラー:全6色
いいね!
2枚目のR2を購入。やっぱ暖かいですね、オールマイティに使えます!通気性もよく汗をかいてもすぐ乾きます。サイズ的にはMです、先のレビューの方と同じで160センチ70kgのガッチリ体型でSだとスリムフィットなので肩がキツキツになります。 出典:みんなのレビュー

【ズボン】
ノースフェイス バーブパンツ
ストレッチがきいており、とても動きやすいパンツです。撥水力があり、多少の雨ならこのパンツだけで大丈夫です。ベンチレーションで蒸れずに快適に着用でき、長く歩く縦走に向いています。
ノースフェイス バーブパンツ メンズ
ITEM
ノースフェイス バーブパンツ メンズ
●サイズ:S、M、L、XL、BM、BL
●重さ:445g
●カラー:全4色
●素材:ナイロン90%、ポリウレタン10%
なにより動きやすい!意外と撥水効果もあり少しの雨ならカッパいらずです。
二本目の購入で色違いを注文。今後もまた色違いを購入する可能性大です。 出典:みんなのレビュー


【タイツ】
CW-X ジェネレーターモデル

ひざ・腰・股関節・おしり・ふともも・ふくらはぎまでサポートしてくれるので、アップダウンのある縦走登山にもおすすめです。UVカットと吸汗速乾機能も備えています。
CW-X スポーツタイツ ジェネレーター メンズ
ITEM
CW-X スポーツタイツ ジェネレーター メンズ
●サイズ:S、SB、M、MB、L、LB、MY、LY
●カラー:全6色
●素材:ポリエステル70%、ポリウレタン30%
進化してます
主に山登り、スノーボードに使用していますが、疲労感が履いているのと履いていないのとじゃ、断然違います。 出典:みんなのレビュー


【靴下】
スマートウール ハイキングミディアムクルー
足裏のクッションがパイル状に編んで厚くなっているため、縦走で長く歩いても疲れにくい靴下。ウールは夏は涼しく冬は暖かく、ソックス内の温度を一定に保つので快適に歩行できます。
スマートウール ハイキングミディアムクルー
ITEM
スマートウール ハイキングミディアムクルー
●サイズ:S21.0~23.5cm/M24.0~26.5cm/L27.0~29.5cm
●素材:ウール70%、ナイロン25%、ポリウレタン5%
最高の靴下
アウトドア用ですが 普段 家に帰ってから履いています。冬は暖かく、夏は蒸れない そして長持ちする。これ以外の靴下は履く気がしません。近くのアウトドアショップでは冬のみの扱いのようで品薄・・ここで買えて良かったです。 出典:みんなのレビュー


【帽子】
コロンビア ゲッパー ブーニー
コロンビアオリジナルの防水透湿素材を使用した雨に対応できる帽子。内部は吸水速乾生地で蒸れを軽減します。UPF50のUVカット機能もあるので晴れた日にも活躍してくれます。
コロンビア ゲッパーブーニー
ITEM
コロンビア ゲッパーブーニー
●サイズ:ユニセックスS/M、L/XL
●重量:52g(Sサイズ)
配送はとても早く翌々日には手元に届きました。
早速、山登りに使用しましたが、蒸れたりせず快適でした。不要な時に小さくたたんでリュックにいれても形崩れしないので便利でした。レインハットなので、雨の場合も安心です。 出典:みんなのレビュー

縦走ルート おすすめ4選

1.北アルプス 表銀座縦走コース
表銀座縦走路

出典:PIXTA(奥穂高岳から見る表銀座縦走路)
槍ヶ岳や穂高連邦を眺めながら気持ちの良い稜線歩きができるコースです。燕岳までは中房温泉からの急登、そこからは槍ヶ岳を眺めながら稜線を歩きます。東鎌尾根の急坂を経て最後にずっと目にしてきた槍ヶ岳を登る達成感のあるコースです。
■コースルート:中房温泉~燕岳〜大天井岳〜西岳〜槍ヶ岳〜上高地
■必要日数目安:2泊3日~3泊4日

2.南アルプス 白根三山コース
白根三山コース

出典:ウィキメディア(北岳から望む間ノ岳)
日本第2位の北岳、間ノ岳、農鳥岳の3,000m級の稜線を縦走する贅沢なコースです。富士山の展望も良く、360度の絶景が続きます。縦走の最後に農鳥岳から振り返ると間ノ岳から北岳の稜線に感動を覚えることでしょう。
■コースルート:広河原~北岳~間ノ岳~農鳥岳~大門沢下降点~奈良田
■必要日数目安:1泊2日~2泊3日

3.屋久島 宮之浦岳縦走コース
宮之浦岳

出典:PIXTA(宮之浦岳)
日本百名山である宮之浦岳に登り、縄文杉などがある世界自然遺産地域を縦走するコースです。気持ちの良い稜線の縦走路と神秘的な森の中のどちらも存分に楽しめます。
■コースルート:淀川登山口出発~宮之浦岳~荒川登山口または白谷雲水峡
■必要日数目安:1泊2日

4.六甲山 全山縦走路コース
六甲山縦走路
出典:PIXTA(須磨アルプス)
須磨から宝塚までの六甲連山、全56kmの縦走路。標高差を累計すると3,000m弱の歩き応えのあるコースです。六甲山全山縦走路は1日で歩ききるのが通例のようですが、体力に合わせて縦走路を分けて登るのもいいでしょう。
■コースルート:須磨浦公園~鉢伏山~旗振山~鉄拐山~栂尾山~横尾山~須磨アルプス~東山~高取山~丸山~菊水山~鍋蓋山~再度山~摩耶山~一軒茶屋~水無山~大平山~譲葉山~岩倉山~宝塚
■必要日数目安:1日

縦走の楽しさ

尾根が見えるルート
出典:ウィキメディア(大天井岳より望む燕岳方面)
山から山へ縦走する登山は必然的に長く歩くことになりますが、振り返ったときに歩いてきた山々が見えるのも楽しみのひとつです。一歩一歩の積み重ねでこんなに遠くまで来たことに感慨を覚えます。ぜひルートを参考に縦走してみてください。

Enjoy walk along the ridge !
縦走を楽しもう!

紹介されたアイテム

ドイター ACT ライト 50+10

ドイター ACT ライト 50+10

¥23,760 税込

ブラックダイヤモンド トレイル

ブラックダイヤモンド トレイル

¥11,880 税込

スント コア アルティメット

スント コア アルティメット

¥48,600 税込

ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ

ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ

¥2,430 税込

マーモット フイルムインサートレイングローブ

マーモット フイルムインサートレイングローブ

¥3,186 税込

モンベル ステラリッジテント 1型

モンベル ステラリッジテント 1型

¥39,420 税込

ナンガ オーロラ450DX レギュラーサイズ

ナンガ オーロラ450DX レギュラーサイズ

¥24,480 税込

サーマレスト Zライト ソル

サーマレスト Zライト ソル

¥7,776 税込

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

¥8,748 税込

エバニュー チタンウルトラライトクッカー2

エバニュー チタンウルトラライトクッカー2

¥4,276 税込

モンベル タイオガブーツ メンズ

モンベル タイオガブーツ メンズ

¥19,656 税込

ノースフェイス クライムベリーライト ジャケット メンズ

ノースフェイス クライムベリーライト ジャケット メンズ

¥29,800 税込

パタゴニア R2ジャケット メンズ

パタゴニア R2ジャケット メンズ

¥15,876 税込

ノースフェイス バーブパンツ メンズ

ノースフェイス バーブパンツ メンズ

¥8,980 税込

CW-X スポーツタイツ ジェネレーター メンズ

CW-X スポーツタイツ ジェネレーター メンズ

¥11,199 税込

スマートウール ハイキングミディアムクルー

スマートウール ハイキングミディアムクルー

¥2,268 税込

コロンビア ゲッパーブーニー

コロンビア ゲッパーブーニー

¥5,724 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

縦走登山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!