【フィールドに強く頼れる存在】山麓&地方都市の「個性派山道具店」に行ってみよう!

2021/10/07 更新

オンラインで注文すれば、山道具が翌日届く便利な時代。そんな中、山麓や地方で店舗を構える山道具店があります。地元の山やフィールドを知り尽くした店主やスタッフは、モノだけでなく「リアルな山情報」の発信者でもあり、登山者の強い味方。今回は頼れる存在の個性的な山道具店を紹介します!


アイキャッチ画像提供:山の店 チロル

得意なのは「品揃え」だけではない⁉

店内イメージ 提供:GRiPS(こだわりの山道具店には、店主の目利きで揃えられたアイテムが所狭しと並ぶ)
品揃えが豊富なオンラインの山道具店。ほしいときにワンクリックですぐ自宅へ届くので、急な山行にもとても便利ですよね。その利便性から、ネットで購入する人も増えています。

でもネット通販の場合、そのギアのサイズ感や使用感が自分に合っているかがいまいちわからないので、物足りなさを感じることも事実……。

注目したいのは、地方の山道具店!

そんな便利なネットショップの物足りなさを埋めてくれるのが、店主とのやりとりです。とくに、地方に店舗を構える山道具店では、店主やスタッフがフィールドに熟知しているなど、ギアの知識だけに留まらない価値の高い「情報力をもっています。

今回は、そんなローカルショップをピックアップして、改めて魅力をお届けしたいと思います。
 
ローカルショップの持つメリット
・特定の山域に近く、その山域の最新かつ詳細な情報が集まりやすい。
・量販店には流通していない、レアなガレージブランドのギアが豊富に揃う店舗も。
・店舗主催のイベントなどを通して、同じ趣味の仲間に出会える。

人気山域の情報ならおまかせ!|山麓密着のショップ

大雪山、立山、日本アルプス、八ヶ岳など、登山者に人気の高い山域の近くに店舗を構える山道具店4店舗を紹介します。山行前に訪ねれば、地元ショップならではの通な情報を得られるはず。

プロライターならではの「伝える力」|Transit  東川(北海道上川郡東川町)

トランジット東川
東川町は、旭川市街地から車で約20分ほどの場所にある。
北海道、大雪山連峰の北西に位置する東川町。街中にはカフェや雑貨屋など、センスのよい店舗が点在しています。この大雪山麓の町に、スキー&スノーボードやアウトドア関連のメディアで活躍するフリーライター/フォトグラファーの林拓郎さんが「Transit東川」をオープンしたのは2018年のこと。店内には「原稿になるようなストーリーや明快な製品コンセプトがあること」を基準にセレクトされたギアが並びます。

トランジット東川
登山からバックカントリーまで、幅広いアイテムが揃う。
SNSでの情報発信を充実させていることも、「伝えること」のプロである林さんのこだわり。入荷した製品の特徴などについて、自身が取材で得た知見も交えて、なるべく詳しく伝えるよう心掛けているとか。

またバックパックでもウェアでも、自分のアイテムを持ち込めば、実際の使用状況を丁寧に聞き取りながら、より適切なギア選びのアドバイスを行ってくれます。シーズン前にギアを見直したいときに、林さんのアドバイスを聞きに立ち寄ってみては?
トランジット東川
商品紹介のひとつひとつに、ライター林さんの文章が添えられている。
林さん
林さん
週末にかけての金〜月曜は朝7時からオープンしています。登山前でも立寄りやすいかと思いますので、大雪エリアに遊びにいらした際は、ぜひともお立ち寄りください。

CHECK!
得意ジャンル:無雪期の一般登山、バックパッキングを主体にした縦走・キャンプ、バックカントリースキー&スノーボード
主なフィールド:大雪山
取扱いブランド:ティートンブロス、ミステリーランチ、アウトドアリサーチ、メレル、クリーンカンティーン、ベアボーンズ リビング、ベルモント、MSR、SPARK R&D、ボルテージデザインほか
 
住所:北海道上川郡東川町南町2-2-1
電話:0166-85-7559
営業時間:7:00~19:00 ※平日は9:00〜15:00で昼休みあり
定休日:火~木曜



Transit東川 |Facebook

田んぼの中にポツリ。ガイドが店主の本格ショップ|山の店 チロル(富山県魚津市)

チロル
富山地方鉄道本線「西魚津」駅から車で5分、北陸道「魚津」ICから車で7分ほどの場所。
富山駅前に長く店舗を構えた後、2020年に魚津市ののどかな田園地帯に移転オープンした「チロル」。この店舗のなによりの特徴は、日本山岳ガイド協会の理事であり、現役で山岳スキーや登攀ガイドを行っている佐伯岩雄さんが店主を務めていることです。
チロル
梁が見える天井があり、開放感のある2階。
店舗は2階建てで、各フロアには、アルパインクライミングに対応可能な本格ギアはもちろん、日常使いもできるおしゃれなウェアやギアも並びます。佐伯さんの商品セレクトのこだわりは「利益率などは度外視で、自分が使いたいと思うもの」を選ぶことだとか。

店内には佐伯さんも制作に携わったという、ルートを細分化して区間毎の難易度を設定した『富山県グレーディング ピッチマップ』などもあり、剣岳など難易度の高い山が多い富山県の山域の詳しい情報を得ることができます。
チロル
1階の一角にはソファーも置かれていて、ちょっと腰掛けて寛ぐことも可能。
佐伯さん
佐伯さん
山や川など自然の中で遊び、活動することはとても大切で有意義な時間です。同時に危険も内在することは確かです。少しずつでも経験を積んで安全に楽しむことができるようお手伝いさせていただきます。

CHECK!
得意ジャンル:登山全般、岩登り、沢登り、山スキー、レスキュー用品
主なフィールド:立山・剣岳方面、ほか富山県内全般
取扱いブランド:ペツル、ブラックダイヤモンド、スカルパ、スポルティバ、K2、BCA、マムート、ノローナ、ザ・ノース・フェイスほか
 
住所:富山県魚津市佐伯1
電話:0765-23-5159
営業時間:12:00~20:00
定休日:火曜、水曜


チロル|公式サイト

「街と人と山」をクライマー店主がつなぐ|NATURAL ANCHORS(長野県長野市)

ナチュラルアンカーズ
真っ赤な壁が目印。すぐ隣にはマフィンやカレーが人気のカフェ「NorthSouthEastWest(略称:NSEW)」がある。
オープン当初は善光寺の近くの路地裏にある隠れ家的な名店として、コアなファンに親しまれていた「ナチュラルアンカーズ」。2020年6月に、現在の大通り沿いに移転しました。

店主の戸谷悠さんは長野市出身で、若いころは海外と国内の岩場を行き来していたほどの本格的なクライマー。店頭のギアは、戸谷さん自らが使ってみて良いと思ったものが中心にセレクトされていて、コロナ禍以前は海外から約9割ほど直接仕入れをしていました。今は<山と道>や<ロウロウマウンテンワークス>など、国内のガレージブランドのギアが中心に取り揃えられています。
ナチュラルアンカーズ
店内の壁には、店主が得意とするクライミング用のホールドが飾られている。
ヴィンテージの家具を取り扱う「P.h.D.(フッド)」と「NSEW」の3社で共同で運営している2階のフロア「Lighthouse」では、ユーズドのギアを販売。売り手自身が値を付けるシステムなので適正価格での売買が可能になっていることも、山好きにはうれしいところです。

なにより地元出身の店主を訪ねれば、長野市周辺の登山情報からクライミングスポットまで、コアで幅広い情報を得ることができるはず。
ナチュラルアンカーズ
レアなお宝も眠る、2階のユーズドギアコーナー。
戸谷さん
戸谷さん
長野という山に囲まれた地で「山と街と人を繋ぐ」ための山道具屋として立ち上げました。購入前のご相談や一部ギアのレンタルなども行いつつ、山やアウトドアフィールドの情報などをより多くのお客様と共有できるように、店主・スタッフも外遊びを楽しんでいます!

CHECK!
得意ジャンル:一般登山、クライミング、ULハイク
主なフィールド:北アルプス、北信五岳
取扱いブランド:山と道、ロウロウマウンテンワークス、クラックス、スタティック、トークス、マウンテンキング、ゼログラム、アルトラ、サンゾクプロダクツほか
 
住所:長野県長野市鶴賀緑町1607-12 1F
電話: 026-217-8512
営業時間: 11:00~18:30
定休日:火曜



NATURAL ANCHORS|公式サイト

▼お店ができるまでの経緯を綴った戸谷さんの日記はこちら(画像をクリック!)
ナチュラルアンカーズ

購入後のサポートで気づいたら常連に!?|ELK(山梨県甲府市)

エルク 甲府昭和I.C.から車で2分、甲州街道にも近くアクセス抜群の立地。
八ヶ岳・奥秩父・富士山・南アルプスと、人気の山域が全方位にある山道具店「エルク」。関東からのアクセスもよく、さまざまなフィールドの情報が集まってくる山道具店です。

広々とした店内に並ぶのは、スタッフがフィールドで実際に使ってみて良かったもの、または使ってみたいもの。そしてその道具の良さを伝えられるものが厳選されています。
エルク
天井が高く、広々とした店内。品数の多さに物欲が刺激される。
ツアー会社を併設していることも、エルクの大きな特徴のひとつ。月に2~3回ほど、店長の中込真太郎さんなどガイド資格を持つスタッフが同行する登山ツアーも開催されています。

また店内に修理コーナーが設けられていて、購入した後も道具のメンテナンスをしっかりと行ってもらえることも、うれしいポイント。エルクに何度も足を運ぶことで、新しい山仲間や知識を得ることができ、登山の幅が広がることは間違いなし。
エルク
ウェアからギアまで幅広く対応可能な修理コーナー。
中込さん
中込さん
地元でもある山梨は、山の魅力がいっぱいだと感じています。私自身もUTMFなどトレランの大会にもよく参加していますし、最新の山情報やギアに精通したスタッフが親切丁寧にアドバイスしますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください!

CHECK!
得意ジャンル:登山、トレイルランニング、クライミング、キャンプ
主なフィールド:南アルプス、八ヶ岳
取扱いブランド:パタゴニア、ザ・ノース・フェイス、アークテリクス、スカルパ、スポルティバ、サロモン、ブラックダイヤモンド、ペツル、グリベルほか
 
住所:山梨県甲府市徳行4-13-9
電話: 055-222-1991
営業時間: 11:00~20:00、(日祝)11:00~19:00
定休日:火曜



ELK|公式サイト


東京だけじゃない!個性あふれる地方の山道具店

名古屋・大阪・福岡に店舗を構える山道具店3店舗を紹介します。山麓ではないものの、その地方の登山者にとっては、実際に商品を手にすることができるうえ、情報収集の拠点となりうるはず。個性的な店主やスタッフが勢揃いです!

スタッフと「遊び友達」になれる老舗店|MOOSE(愛知県名古屋市)

ムース
店舗へは、地下鉄の「植田」駅から徒歩10分弱でたどり着ける。
名古屋市の閑静な住宅街に佇む「MOOSE」。1982年にオープンして以来、「自然の中で遊ぶ」ことを提案し続けている、東海エリアのマウンテンカルチャーを担う老舗店舗のひとつです。この植田本店のほか、JR名古屋駅構内のショッピングフロア「名古屋ファッションワン」内にある<ザ・ノース・フェイス>の直営店も営んでいます。

店頭には、実際に店主やスタッフが使ったことのあるギア、使ってみたいギア、作り手やメーカーのストーリーを感じられるギアを中心にバランスよくセレクトされた商品が並びます。
ムース
木のぬくもりにあふれる居心地のよい店内。
最近はあまり実施されていないそうですが、各シーズン、店舗主催の小規模なイベントが行われていることも、このお店の魅力。またスタッフそれぞれが、登山・トレイルランニング・自転車・スキー・釣りなどアクティブに楽しんでいて、プライベートでお客さんと遊びに行くこともあるそう。

スタッフと客という関係性を超えて山の楽しさを提案してくれるので、山仲間が身近にいない人にもおすすめです。
ムース
壁にはフォトグラファー小関信平さんの写真を展示。購入も可能。
鈴木さん
鈴木さん
お買い物の相談だけじゃなく、ルートの話や山行計画、装備など、遊び仲間のところにおしゃべりに行く、くらいの気軽な感じでいらしてください。スタッフも初めての方には緊張しますが、しゃべってみると気さくなので大丈夫ですよ!

CHECK!
得意ジャンル:無雪期・厳冬期の登山、ULハイク、ファストパッキング、トレイルランニング、ソロキャンプ、テレマークスキー、BCギア
主なフィールド:鈴鹿山脈、八ヶ岳、日本アルプス
取扱いブランド:アークテリクス、ティートンブロス、フーディニ、ノローナ、OMM、アルトラ、ビボベアフット、ロウロウマウンテンワークス、ブラストラックほか
 
住所:愛知県名古屋市天白区元植田2-1904
電話: 052-848-2780
営業時間:(平日)12:00~21:00、(土日祝)11:00~20:00
定休日:火・水曜 ※祝祭日の場合は営業



MOOSE|公式サイト

軽やかに山を歩くためのヒントが満載|山道具 谷ノ木舎(大阪府大阪市)

谷ノ木舎
最寄りは地下鉄の「谷町六丁目」駅で、道路の中央に祀られた大きなクスノキが目印。
ビルやマンションが立ち並ぶ大阪・谷町の一角に店舗を構える「谷ノ木舎」は、おもにULハイキングやファストパッキングをコンセプトにした山道具店です。

コンクリート打ちっぱなしの店内には、UL界で人気の高い<山と道>や<ロウロウマウンテンワークス>をはじめ、環境配慮型アウトドアブランド<スタティック>など、国内のガレージブランドのアイテムが多数取り揃えられています。
谷ノ木舎
ガラス扉の向こうには、アパレルの専門店のような洗練された空間が広がる。
店主の中川裕司さんがこだわっているのは、「山、街、ボーダーレスに使える、高機能でいて肩肘張らないギアをセレクトすること」。インスタグラムでは、洗練された写真とともに店舗の情報発信が行われていて、男女問わずULハイカーを中心に、さまざまなひとが店舗を訪れています。

中川さんはULハイカーのコミュニティ「山と道HLC」の関西地区のアンバサダーも務めていて、フィールドでの実践や座学も含め、年に数回ほどイベントを開催しているそう。ULハイキングという奥深いカルチャーに足を踏み出すきっかけになるかもしれません。
谷ノ木舎 店舗では、ゲストを招いてトークイベントを行うことも。
中川さん
中川さん
辛口のおじさんひとりで運営していますが、ご来店はビギナーの方、女性のお客様も非常に多いです。軽量化へのコツや工夫はたくさん用意しておりますので、お気軽にいらしてください。

CHECK!
得意ジャンル:ULハイク、ファストパッキング
主なフィールド:比良山地、六甲山地、紀伊山地
取扱いブランド:山と道、スタティック、ロウロウマウンテンワークス、アルトラ、ティートンブロスほか
 
住所:大阪府大阪市中央区谷町7-1-25
電話: 06-4305-7600
営業時間:(平日)12:00~19:00、(土日祝)12:00~18:00
定休日:不定休



山道具 谷ノ木舎|公式サイト

ハンモック泊の魅力に目覚めてしまうかも⁉|GRiPS(福岡県宗像市)

グリップス
工場をアウトドアショップに改装し、開店から10年経つ。
2011年、福岡県北部の海沿いの街・宗像市の国道3号線沿いにオープンした「グリップス」。九州を代表する山道具店のひとつとして、多くのファンを獲得している注目の店舗です。

ガレージのような広い空間には、ULハイキング向けの軽量ギアからテント泊やハンモック泊を快適に楽しむためのギアの数々がずらり。オリジナル商品の開発にも力を注いでいて、この秋より自社ブランドも立ち上げるそうです。
グリップス
開店10年を迎え、今年の3月に店内をリニューアルしたそう。
店主の永松修さんがとくに注力しているのが、ハンモックの魅力を伝えること。開店前から書き続けているブログを読むだけでも、その情熱をうかがい知ることができます。店舗では、読図を絡めたハンモック泊のイベントなどを定期的に行っているそう。

福岡県内の山々にはほぼ足を運んでいるとのことなので、店舗に行けば、九州エリアの詳しい情報を教えてもらえるはず。
グリップス
ギアは入口側、ウェアは店内の奥側へ陳列されている。
永松さん
永松さん
初めてのハンモック泊の装備やコツ、ポイントの探し方なども伝授します。 現在実店舗の営業日が少なくなっていますが、ほぼ毎日のように入荷があり、オンラインショップに掲載しております。 ウェアやシューズ類はもちろん、小さなものもかなりのアイテム数がありますよ。

CHECK!
得意ジャンル:無雪期・一般登山道の登山、ULハイク
主なフィールド:福岡県内の山、 九州脊梁山地
取扱いブランド:アクシーズクイン、アークテリクス、ティートンブロス、フーディニ、ノローナ、ブラックダイヤモンド、山と道ほか
 
住所:福岡県宗像市王丸783-9
電話:0940-34-8711
営業時間:12:00~不定
定休日:不定休
※不定休につき、営業情報を公式サイトで確認のうえ来店してください
GRiPS|公式サイト

御用達の山道具店を見つけたら、山がもっと楽しくなる

イベント
撮影:筆者(店舗主催のイベントに参加すれば、山仲間や学びを得ることができる)
山岳会に入会して登山を始める人が少なくなり、登山者同士の繋がりが希薄になりつつある今日この頃。お気に入りの山道具店を見つけたら、イベントにも積極的に参加するなどして、その店舗のコミュニティに加わってみるのもおすすめです。

そうすれば新しい知識や新しい仲間を得ることができ、登山者としてもステップアップできるはず。個性豊かな地方の山道具店へ足を運んで、登山の楽しみを広げていきましょう!
※掲載写真はすべて店舗からの提供

こちらの記事もどうぞ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ローカルショップ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松元麻希

信州在住のライター。アウトドア専門誌の編集&営業経験を経て独立。現在は登山メディアを中心に、グルメ、住宅など幅広いジャンルのメディアでライター修行中。夏と秋は南アルプス北部周辺で登山、冬と春は白馬や木曽のゲレンデでスキーと、アウトドアを満喫している。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」