加藤由佳さん

#◯◯◯でシェア。カメラ片手に白馬山麓&絶景の八方池をハイキング

北アルプスの山麓の町、白馬村。北アルプスを抱く国際的な山岳リゾートである一方、古き良き街道沿いの歴史の面影がいまなお残っています。今回は夏の八方池までお花畑ハイキングを楽しみながら、村内のグルメや見どころを写真を撮りながら散策。ハッシュタグをつけてSNSでシェアしたくなる秘密のポイントも紹介します!

AD for Outdoor

目次

カメラを持って向かうのは、北アルプスの山!

八方池ハイキング

出典:PIXTA

白馬村といえば、白馬三山に五竜岳、唐松岳といった北アルプスの名峰への登山口として、訪れたことがある人も多いはず。この10年ほどは「JAPOW(ジャパウ)」と呼ばれる良質なパウダースノーを目的に外国人スキーヤーが多く訪れることもあり、マウンテンリゾートとしての盛り上がりをみせています。

今回は「八方池へゆるりハイキング」

縦走ルート上の山小屋が一部営業休止になっていたりと、初〜中級の登山者にとっては北アルプス登山のハードルが少し上がってしまった、2021年の夏〜秋山シーズン。

そんなときでも、手軽に絶景を楽しめるのが八方池ハイキングです。唐松岳へのルート途中にあり、往復3時間程度で行ける八方池。午前中に山歩きをして、午後は散策やおいしいもの巡りといった、山と旅の両方を楽しむことができます
加藤由佳さん
今回は山歩きがライフワークというモデルの加藤由佳さんが、カメラを片手に白馬村を散策。

実はあまり知られていませんが、稜線だけでなく白馬村の山麓にも、懐かしい町並みやおいしいローカルフードの店など、写真を撮りたくなるスポットやアイテムが多くあります。SNSで「#蕎麦」や「#八方池」といった「#◯◯◯(ハッシュタグ)」をつけて紹介したくなる白馬の魅力を巡ります!

  • 今回の山旅プラン
  • ・地元カフェでコーヒー豆を買う
  • ・山ごはんをテイクアウト
  • ・八方池へハイキング
  • ・下山後に温泉でほっこり
  • ・白馬村内でカメラ散策
  • ・信州名物の蕎麦を食べる
  • ・白馬限定のお土産を買う

山ごはんは「白馬グルメ」をテイクアウトで!

「山ごはん」というと簡単なインスタントで済ましてしまいがち。でも、山麓にカフェやレストランの多い白馬では、お弁当やサンドイッチといった軽食をテイクアウトして行くことができます。意外と知られていませんが、登山口が町から近い白馬ならではの選択肢なのです。

地元素材を使ったブリトーでヘルシーランチ

LION CAFE

向かいにコンビニがあり、待ち合わせスポットとしても便利。

<ライオンカフェ>は八方バスターミナルからもほど近い交差点の角という便利な場所にあります。店先ではインターナショナルな白馬村らしく外国人客がコーヒーを飲みながら談笑している姿も。

ブリトー

写真は「ヘルシーチキン」ブリトー。食べごたえばっちり!

ここでのテイクアウトのおすすめは、メキシコ風ラップサンドの「ブリトー」。片手で食べられて持ち歩きしやすいため、ハイキングのランチにはぴったり。

ユニークなのは、白馬産の紫米を具材に使っている点。名前の通り、紫色をした栄養価が高い古代米で、白馬のご当地食材としても人気。福味鶏という銘柄鶏と野菜もたっぷりでとてもヘルシーです。

LION CAFE
住所:長野県北安曇郡白馬村北城5436-3
電話:0261-72-3860
営業時間:9:00〜16:30(16:00LO) 火曜休
料金:ブリトー各種1,000円

LION CAFE|公式サイト

山での極上の1杯には自家焙煎コーヒーを

SOUNDS LIKE CAFE

テラス席もあるロッジ風の外観。店主の中尾和也さんが焙煎も行っています。

カフェやレストラン、ゲストハウスなどが軒を連ね、村内でも駅前通りに次いで人気エリアとなっているエコーランドへ。ここで自家焙煎コーヒーや手作りの焼菓子などを販売しているのが<サウンズライクカフェ>。オーナーの中尾和也さんも白馬の山々に魅せられて移住したひとりで、12年前からカフェを営んでいます。

マフィン

マフィンはベリーやオレンジなど味はもちろん、見た目も絵映え。

「山でもコーヒーを手軽に飲めるように」と、あらかじめ挽いてお湯を注ぐだけのドリップパックと、30gパックの豆を販売しているのも、登山者にはうれしいサービス。奥さんが焼いているマフィンはコーヒーのお供にもぴったり。

自家焙煎珈琲

山用パックは3種類。いずれも店内で生豆から焙煎しています。

SOUNDS LIKE CAFE
住所:長野県北安曇郡白馬村北城3020-504
電話:0261-72-2040
営業時間:9:30〜16:00(15:00フードLO) 土日祝休
料金:ドリップパック(1杯分)280円、豆30gパック450円、マフィン330円

SOUNDS LIKE CAFE|公式サイト

リフトでお花畑を空中散歩。八方池までハイキング

八方アルペンライン

足元に広がるお花畑。夢のような空中散歩の時間です。

登山道の始まりとなる八方池山荘までは「八方アルペンライン」を使って行きます。ゴンドラとリフト2本を乗り継ぎ、約40分で到着。そのあいだ足元には一面にお花畑が広がります。

スタートハウス

ジャンプ台など1998年長野五輪の舞台となった、八方尾根スキー場。

1本目のアルペンクワッドリフトを降りると、長野五輪での女子滑走スタートハウスが。ここからグラートクワッドリフトへと乗り換えれば、登山口はすぐそこ!

営業期間:2021年10月31日まで
運行時間:日によって異なる。公式サイトにて要確認
料金:(往復)大人3,000円、小児1,850円

八方尾根|八方アルペンライン

八方池山荘から山歩きスタート!

八方池山荘

夏は休憩での利用も多い「八方池山荘」。

アルペンラインで一気に登って、標高1,830m。赤い屋根とレトロな看板が目印の「八方池山荘」から山歩きを始めます。第2ケルン(息ケルン)までは木道歩きなので、徐々にペースに慣れていきましょう。ゆっくり歩いても、片道2時間程度。休日はハイカーも多いので、譲り合いながら登っていきます。

息ケルン

息(やすむ)ケルンは別名第2ケルンとも呼ばれています。トイレも近くにあり。

八方池までのあいだには、6つのケルンがあります。写真の息(やすむ)ケルンは標高2,005mにあります。

1 / 3ページ