ヤビツ峠レストハウスのグルメが最高!と思ったら、本当の魅力はそれだけじゃなかった……

神奈川県秦野市のヤビツ峠に「ヤビツ峠レストハウス」が誕生!2021年3月28日にオープンしたばかりのレストハウスは、木の香りと居心地の良い空間で快適間違いなし。地元・秦野産の食材を使った食事を楽しめるお店自慢のメニューや登山者に嬉しい充実した施設などをご紹介。レストハウスから大山へ向かう登山ルートも併せてご案内します!

    丹沢に誕生した「ヤビツ峠レストハウス」をレポート

    2021年3月28日、丹沢の人気登山口”ヤビツ峠”に「ヤビツ峠レストハウス」がオープン。

    都心からもアクセス良好なこの地に食事や休憩可能な場所ができたことで、表丹沢山域を堪能したい登山者やサイクリストの楽しみの幅が大きく広がりました。

    店内は秦野産の木材が使用され、木の香りでリラックス効果も得られるんだとか。
    外のデッキからは相模湾を望むことができ、自然を感じながら休憩できる最高のロケーションです。

    充実のフードメニュー、広いトイレやサイクリストのための空気入れの貸し出しなど、さまざまな機能を持ったヤビツ峠レストハウスは、塔ノ岳や大山への登山拠点にピッタリ
    今回は、何度も訪れたくなるその魅力をお伝えします!

    名物グルメに注目!快適な空間で味わいたいメニューが充実

    出来立てほやほやのレストハウスは、木の香りと温かい雰囲気に包まれていて快適そのもの。

    軽食としてカレーやソフトクリームなど、山の定番メニューが揃っています。秦野産の食材を使ったメニューは、ここでしか味わえない絶品なのでお試しあれ。

    これは絶対食べるべし!丹沢ロイヤルカレー



    絶対に外せないメニューが「丹沢ロイヤルカレー」

    学生だった天皇陛下が丹沢を訪れた際に、ご主人の祖母が振る舞ったカレーを再現したもの。チャツネに秦野産のレモンなどを使用し、地場産の三元豚がたっぷり入った逸品です。
    ライター高橋
    ふわりと漂うスパイシーな香りに、食べる前から食欲が刺激されます。

    まろやかでコクのある味わいと適度な辛さのバランスがちょうど良く、ご飯に添えられた新玉ねぎのピクルスが爽やか。いくらでも食べられそうです。

    山の中なのに銀のスプーンで食べられるのも、特別感があります!

    他にもあります!地元の食材を味わうメニュー

    ●具だくさん豚汁



    上品で大ぶりな漆器で提供される「具だくさん豚汁」には、地元の大根をはじめとした野菜やこんにゃくがたっぷりと入り、食べ応え抜群

    追加トッピングできるお餅は、ビックサイズ×2個で登山前の腹ごしらえにもぴったりです。
    編集部大迫
    にんじん、里芋、ネギ、こんにゃく、大根……。いったい何種類入っているんだ?と思わされるくらい、とにかく具だくさん。

    大きめにカットされた野菜と優しい味付けは、心もお腹も満たされること間違いなし。

    ●名物クロモジ茶
    丹沢山中に生えているクスノキ科の低木「クロモジ」から作る、珍しいお茶

    通常は枝をお茶にしますが、3月下旬から4月中旬頃のみ写真の様に新芽と花で提供され、鮮やかなグリーンに見た目にも癒されます。
    ライター高橋
    レモングラスのような香りでありながら、スパイシーな味わいのハーブティーは癖になる味わいです。

    クロモジは、レストハウスの前にも自生しているので探してみてくださいね。

    ●本日のスイーツ・期間限定「甘夏のロールケーキ」

    本日のスイーツは日によって変わるので、行ってみてからのお楽しみです。写真は甘夏の採れる季節のみ登場する「甘夏のロールケーキ」。地元で採れた甘夏で作ったソースと山椒の飾りがいいアクセント。

    飲み物とセットにできるのも◎。丁寧に焙煎された豆で淹れられた「ヤビツ焙煎コーヒー」は、ケーキとの相性抜群です。
    編集部大迫
    しっとりスポンジのロールケーキと、甘みと苦味のバランスが取れた甘夏ソースの相性は控えめに言っても最高です。

    ケーキに山椒は初めての組み合わせでしたが、すっきりした後味になり、最後まで飽きずに食べられました。

    テンションが上がる!山の定番メニュー

    ●ソフトクリーム
    登山後のご褒美スイーツは、やっぱりソフトクリーム。定番のバニラ(左)をはじめ、季節限定のフレーバーがあります。
    写真は、春先の季節メニューであまおうイチゴ(中央)と生キャラメル(右)。

    ●生ビール
    登山後に飲む、生ビールの美味しさは格別。デッキでビール片手に、丹沢の自然が織りなす風景を堪能すれば至福の時間を過ごせます。

    丹沢での外遊びの拠点にピッタリ

    ヤビツ峠レストハウス ヤビツ峠レストハウスは、丹沢遊びの拠点としても魅力たっぷり。
    登山以外のアクティビティ情報も手に入れることもできるので、さまざまな丹沢の楽しみかたを発見することが可能です。

    次は、グルメ以外のポイントを見ていきましょう。

    バス停から徒歩1分の好立地は、登りでも下山でも活用可能

    バス停や駐車場からすぐの立地で、塔ノ岳や大山の登山拠点として非常にありがたい存在。

    オープン時間に合わせて来れば、朝カレーで腹ごしらえして大山へゆったり登山を楽しむなど、計画によって色々な使いかたができます。
    塔ノ岳への登山なら、下山後のご褒美グルメを楽しみに計画を立てるのが◎。

    フィッティングボードも完備のトイレがありがたい

    山の中とは思えない綺麗で広い作りのトイレは、重装備の登山者でも安心して使えます。

    また、大きな鏡のある洗面化粧台は女性にも嬉しいポイントです。
    トイレのみ使用の際は、協力金を忘れずに!

    飲み物やおやつなど、外遊びのお供が補充できる!

    地元ゆかりの和菓子を中心に販売されているので、登山のお供を購入することも可能。

    もちろん水やジュースなど飲み物も揃っています。秦野産の茶葉などもあるので、お土産にもおすすめです。

    さまざまなスポットが周囲に満載


    レストハウスの周辺には、塔ノ岳や大山といった山々をはじめ湧水スポットや夕日が綺麗な「菜の花台」など、丹沢の自然スポットがたくさんあります。

    また、森林セラピーツアーなどイベントの実施もあり、丹沢あそびの拠点としても活用可能です。

    グルメと山を楽しめるヤビツ峠⇨大山ルートを紹介

    今回は、秦野市側の登山口であるヤビツ峠からイタツミ尾根を歩いて大山山頂を目指すコースを紹介。
    ヤビツ峠までバスやマイカーで行き、1時間20分ほどで山頂からの眺望が楽しめます。下山も1時間半くらいで神社まで降りられるので、レストハウスで腹ごしらえをしてから登ることも可能です。

    下山にはケーブルカーを利用しますが、海や富士山の眺望のある登山道は適度にアップダウンもあり、ラク過ぎずキツ過ぎない気持ちの良い山登りを楽しめます。
    ルート概要
    ヤビツ峠レストハウス(55分)→25丁目(15分)→大山(10分)→25丁目(30分)→16丁目(30分)→阿夫利神社下社(2分)→阿夫利神社駅
    レストハウスの右脇から登山開始。
    道標がしっかりとあるので、初めて訪れた人にもわかりやすい!

    序盤は、しっかりと整備されたなだらかな登山道。
    クロモジの木を探したり、まだ花が残っているヤマザクラなど植物観察を楽しみながら山頂に向かって進んでいきます。

    相模湾を見渡せる展望スポットや富士山のビューポイントなど、景色を楽しみながら歩きます。
    写真の開けた場所からは、相模湾が一望できました!

    イタツミ尾根を進み、25丁目で表参道と合流すると山頂手前の最後の登りです。
    ここまで比較的なだらかだったこともあり、かなりの急坂の出現に息が上がります。

    山頂は、市街地や相模湾が見渡せるビュースポット。ベンチもあるのでゆっくりと風景を堪能したら、下山開始。
    登りに歩いたヤビツ峠への道ではなく、ケーブル駅のある阿夫利神社下社へ向かって表参道を降りて行きます。

    ケーブル駅がある阿夫利神社下社までは、整備された木道やゴツゴツとした球体が特徴的な牡丹岩など、変化に富んだ登山道。

    途中には、富士山がきれいに見える「富士見台」や「夫婦杉」など見所もたくさん。最後に神社への急な階段を慎重に降りれば、ゴールです。

    神社の前には、相模湾や江ノ島、三浦半島などが一望できるミシュラン2つ星にも認定された抜群の景色が待っています。

    神様に無事に下山できたことを報告して、ケーブルカーの阿夫利神社駅へ。

    ケーブルカーは窓の面積が広く、景色を楽しみやすくなっています。

    ケーブルカーの駅を出てバス停に向かう道にはお土産屋さんが立ち並び、ノスタルジックな雰囲気。名物のお豆腐や上品な甘さの「わらび餅大福」など、下山後のお楽しみグルメが待っています。

    大山特産「こま」も売っているので、山の思い出にお土産を買うのもいいですね!

    時間を忘れてくつろげる!快適すぎる「ヤビツ峠レストハウス」に行こう

    気さくな人柄のご主人との距離感が絶妙で、ついつい長居をしてしまいそうに。あまりの居心地の良さに、山に登らなくてもいいかなぁなんて気分にさえなりました。

    丹沢山地への登山はもちろん、散策しながらランチにカレーを食べてビールを飲んで帰るという贅沢な楽しみかたや、今回のモデルコースをケーブルカー駅から歩いてレストハウスをゴールにするのもいいですね。

    その日の気分で目的を変えて楽しめる「ヤビツ峠レストハウス」に是非、訪れてみてください!
    ヤビツ峠レストハウス|詳細情報
    住所:秦野市寺山字鷹採1728-1
    営業時間:平日 9:00〜16:00/休日 8:30〜16:30
    定休日:水・木曜日(祝日の場合は翌日)
    ※連休中などの休業日については、レストハウスに問い合わせるか、Facebookページをご確認ください。
    facebookhttps://facebook.com/8B2761/

    ヤビツ峠までのアクセス情報

    【クルマの場合】
    東名道「秦野中井」IC→県道71号→県道704号→県道70号→ヤビツ峠

    ヤビツ峠→秦野駅 バス時刻表Sponsored by 秦野市役所環境産業部観光振興課

    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。