【3,000円以下】ワークマンの「シェルジャケット」が最強!? 低山ハイクにぴったりの4モデル(2ページ目)

撥水性

ストレッチシェル撥水

撮影:筆者

前述の高撥水モデルほどではありませんが、撥水加工が施されているので水を弾きます。小雨程度であれば凌げますが、晴れの日用と考えるのがよさそうです。

着用感

撮影:筆者(身長158cm/ユニセックスSサイズ着用)
細身シルエットですっきりと着こなせます。

生地感

撮影:筆者

ザックを背負っていても、腕上げや肘の曲げ伸ばしが非常に楽にできるのが大きな特徴。また、腕を上げても裾が上がらず、背中を気にすることなく快適に登れます。

生地も一番厚手なので、岩に擦ってしまっても簡単には破れなそうです。岩場・鎖場の登山時に使いやすいでしょう。

ディテール

ベンチレーション

撮影:筆者

このモデルも、サイドポケットがベンチレーションを兼ねています。

襟立ち

撮影:筆者
厚みのある生地のため襟元がしっかりと立ち、首回りも寒さから守られる仕様でした。

携行性

撮影:筆者
左内側のポケットに収納できるのが便利。袋を失くす心配もありません。

 

生地に厚みがあるため、力を入れてグイグイ押し込む必要がありますが、とてもコンパクトにしまえました。

 

重さ
撮影:筆者

収納状態で323g(Sサイズ)。厚手なため他のモデルに比べて重量はありますが、それでも350mlペットボトル程度と軽量です。

動きが多くウェアへの傷が気になる岩場・鎖場・薮で最適!

岩場

出典:PIXTA
ストレッチが効いていのるで、大きく体を動かすことが多い岩場や鎖場でもスムーズに行動できると思います。

また、厚みのある生地で傷がつきにくく、岩や薮などでウェアが擦れてしまっても、気にせず歩けます。その反面、真夏の低山で着るには暑そうです。春・秋やちょっと肌寒い夏の高所の岩場で活躍するモデルです。

▼おすすめの登山スポット

③耐久撥水 ライトシェルジャケット|軽さ重視なら!

耐久撥水 ライトシェルジャケット

撮影:筆者(耐久撥水 ライトシェルジャケット)
4モデルの中で最も軽量。薄手の生地を採用した、ザックに入れても邪魔にならないシェルジャケットです。繊維の摩耗による撥水性能の劣化に強く、長く撥水効果が持続する“耐久撥水加工”が施されています。

撥水性

ライトシェル耐久撥水

撮影:筆者

高撥水モデルと同様に吹きかけた瞬間に水玉ができ、高い撥水効果があることが実感できました。防水ではないので、中雨や大雨には向きませんが、小雨をちょっと凌ぎたいときや、朝露が降りる早朝の登山で活躍しそうです。

着用感

撮影:筆者(身長158cm/ユニセックスモデルSサイズ着用)
羽織っていることを忘れるくらい軽く、着心地のいいすべすべな肌触り。

生地感

撮影:筆者

細身のシルエットながら、ストレッチが効いているので可動域も広く取れます。肩周りが非常に楽で、腕を伸ばしても突っ張ることや裾が上がることはありません。

ディテール

サムホール

撮影:筆者

長めの袖にはサムホールがあり、袖がずり上がるのを防いでくれる仕様。ちょっとした岩場でも手の平を守ってくれたりと安心感があります。手袋と合わせることで手先の冷え対策も可能です。

携行性

撮影:筆者
左内側のポケットに収納できるため、袋を失くす心配がないのでとても便利。手のひらサイズに収納できます。

 

たった40秒程度でしまえます。

 

重さ
撮影:筆者

収納状態でたったの164g(Sサイズ)。手で持っても羽織っても、驚きの軽さです。

森歩きが多いハイキングで最適!

森歩き

出典:PIXTA
春・秋の日陰だとまだ少し肌寒い時や、夏の虫が気になるけれど上着を着ると暑すぎる時に羽織るにはちょうどいいシェルジャケットです。ストレッチが効いているため着心地も良く、可動域が広いので登山中も安心して歩けます。

とても軽量で持ち運びには便利ですが、生地が薄いため強風の時や木や岩場での引っ掛けには十分注意したいところ。軽さ重視の夏の登山におすすめの一枚です。

▼おすすめの登山スポット

④エアシェルジャケット|雨の日のお守りに!

エアシェルジャケット

撮影:筆者(エアシェルジャケット)

4モデルの中で唯一の防水加工モデルで、レインジャケットとして使用可能。税込み1,900円とお財布にも優しいので、本格的なレインジャケットを購入する前にひとまず備えておきたい……そんな登山入門者にもぴったりです。

2 / 3ページ