ナンガのシュラフおすすめ8選

ナンガのシュラフのおすすめをまとめました。ナンガのオーロラライトのシュラフや、気になる口コミ、評判と選び方もご紹介!種類がいくつかあるので、それぞれ比較しながら自分が使うシーンを想定して、1番合うものを選びましょう。


アイキャッチ画像出典:mamari

ナンガのシュラフの評判や選び方

【ナンガの評判が高い3つの理由】
1.防水生地や撥水ダウンを使用
ナンガのシュラフ、パンフレット
出典:好日山荘 紀三井寺店
ナンガシュラフに使用される生地は、防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めつつ、体から出た汗などの水蒸気を外に放出する透湿性を保ち快適な眠りを約束します。

2.信頼の国内自社工場!
ナンガ本社
出典:ついっぷる-bros_yasuさん
羽毛はヨーロッパ産のダウンを輸入し、それを国内で洗浄し国内で製造しているというこだわりっぷりが伺えます。また、ダウンには原産国証明をつけています。

3.「永久保証」で良いものを長く
ナンガのシュラフ、パンフレット2
出典:ナンガ
永久保証内容
ダウンシュラフのみ永久保証付きといった取り組みを行っています。ナンガのこれまでの実績や製品への自信があるからこそできるサービスです。上記の図が永久保証の詳細です。


【ナンガのシュラフ 選び方】

ナンガシュラフ表
出典:ナンガ
1.活用シーズンは夏・冬・3シーズン?
登山やキャンプをする時期を考えて選びましょう。上記の表はシーズンに分けてシュラフを紹介しています。

2.フィルパワーの数値=質
フィルパワーとは「ダウンの強度」を表します。フィルパワーが高い数値であるほど軽量になりますが、値段も高くなります。

3.DXかUDDか
DXとはヨーロッパ産のダウンを国内で洗浄したもののみを使用したコスパに優れたダウン。UDDとはDXの羽毛に超撥水加工を施した防水透湿性を兼ね備えたダウンです。

ナンガのシュラフ おすすめ8選

【3シーズン使用におすすめ】
ナンガ オーロラ450DX
ITEM
ナンガ オーロラ450DX
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/450g
・収納サイズ/φ17×29cm
・総重量/1,000g
ナンガ・シュラフの代表的なモデルです。多孔質ポリウレタン防水コーティング素材を表地に使っているため、シュラフカバーなしで使えます。3サイズ,4色展開です。
『暖かいです』
10月上旬に涸沢、雲取山(大雨)で使いました。全く寒くなく快適に寝れました。
涸沢のときはファスナーを閉めなかったくらいです。
寝たときの服装は両日ともフリース、タイツ、ジャージです。
秋までの3シーズンなら十分なシュラフだと思います。 出典:楽天 みんなのレビュー
ナンガ オーロラライト 450DX
ITEM
ナンガ オーロラライト 450DX
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/450g
・収納サイズ/φ14×30cm
・総重量/865g
表地は防水性と透湿性を併せ持つ高機能素材。2レイヤ生地で、耐水圧20000m・透湿性6000g/m2/24hrsの高防水透湿性が特徴のシリーズです。3サイズ,3色展開。
コンプレッションバックは、必需品ですね!防水なので濡れません助かります。撤収も素早くなりました。 出典:Yahoo!ショッピング
ナンガ UDD BAG 450DX
ITEM
ナンガ UDD BAG 450DX
・フィルパワー/770FP
・ダウン量/450g
・収納サイズ/φ14×30cm
・総重量/825g
優れた撥水/透湿性と、羽毛本来の機能である吸湿放湿性を併せ持つ、UDD(ウルトラドライダウン)。羽毛に超撥水加工を施している点が大きな特徴のシリーズです。
寝心地は良好ですが、ファスナーが噛むときがあるので気になる方にはお勧めできません。ただ、同レベルのシェラフと比べると価格が安いのと永久保証があるので、満足出来る商品だと思います。 出典:Yahoo!ショッピング
【冬期の登山におすすめ】
ナンガ オーロラ600DX
ITEM
ナンガ オーロラ600DX
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/600g
・収納サイズ/φ18×30cm
・総重量/1,250g
快適温度は-4℃〜-11℃。ウルトラライト指向の冬の山行では有効なサイズ感です。ダウンシュラフは同じ重量の化繊シュラフよりも断然暖かいのが大きな特徴です。
『暖かいです。』
冬キャンプ用に購入しました。これまで0°C対応の物を使い冬季使用時は寒くて目覚める事が多かったですが、これはまったく違います。シュラフに入ると包み込まれるような暖かさを感じ、熟睡出来ました。もっと早く購入すれば良かったと後悔するくらい、大満足です。 出典:楽天 みんなのレビュー
ナンガ オーロラライト600DX
ITEM
ナンガ オーロラライト600DX
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/600g
・収納サイズ/φ17×31cm
・総重量:1,050g
優れた撥水性と透湿性を持つオーロラシリーズ。オーロラライトは、足元の形状を細くすることで軽量化したモデルです。羽毛量は用途や環境に応じて3種類から選べます。
『暖かい!』
ふかふかで暖かい。
雪中キャンプでの使用はまだしていないが、高地でなければいけそうな気がする。
使用可能限界温度が-30℃と表記されているが、他方では-17℃とも。
個人的には-17℃だと。 出典:amazon
ナンガ UDD BAG 810DX
ITEM
ナンガ UDD BAG 810DX
・フィルパワー/770FP
・ダウン量/810g
・収納サイズ/φ19×31cm
・総重量/1,260g
快適温度は-7℃〜-13℃。ナンガ独自のファスナーや生地などの防水性能に加え、ダウンに超撥水加工がされているため、水濡れに強く、多少の雪の付着にも対応します。


【夏のベーシックな登山におすすめ】
ナンガ オーロラライト350DX
ITEM
ナンガ オーロラライト350DX
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/350g
・収納サイズ/φ13×25cm
・総重量/750g
快適温度は5℃〜0℃。防水性・透湿性に優れた独自の表生地を使用しているので、夏でも快適に過ごせます。縫製は立体構造設計なので、寝相の悪い方にも追従してくれます。
他のメーカーと悩みに悩んでシュラフカバー無しで使え、永久保証というのが最大の決め手!!
色は、とても綺麗な赤と黒です。
サイズはナンガさんの記載より一回り大きく、14センチの25~26センチ
収納は慣れるまではかなり苦労しそうです!!
足の方から押し込めないと入らなかった。
早く山で使いたいです!! 出典:楽天 みんなのレビュー
ナンガ UDD BAG 280
ITEM
ナンガ UDD BAG 280
・フィルパワー/770FP
・ダウン量/280g
・収納サイズ/φ13×20cm
・総重量/550g
快適温度は8℃〜4℃。UDDの中でもシングルキルト構造が特徴のモデルで、軽くてコンパクトな点が特徴です。独自加工の羽毛は痛みにくく、手軽に洗える点も嬉しいです。
海外に行く為に購入しました。絶対条件がコンパクトさと軽さで、さらにある程度の寒さにも対応できるものを色々調べ、こちらの商品にたどりつきました。結果、購入してとても良かったです。軽くて薄いのにとても暖かいです。ただ収納にはとても苦労するというか、とても一人では付属のバックに収納できませんでした。ですから1人でも収納できるようなポーチを手作りしました。 出典:楽天 みんなのレビュー

安心の国産・高品質!ナンガのシュラフ

ナンガのシュラフ色々
出典:ウエスト 上越店
こだわりのヨーロッパ産ダウンを日本の自社工場で徹底管理のもと加工するだけではなく、ダウンのの弱点である撥水性までも克服したナンガのシュラフ。羽毛の快適さに包まれながら、防水面でも安心の永久保証付き高機能・高品質製品です。モデル展開がとても豊富なので、用途や季節にぴったりの1本がきっと見つかります。

Have a good sleeping with “NANGAsleeping bag
ナンガシュラフで快適な眠りを!

紹介されたアイテム

ナンガ オーロラ450DX

ナンガ オーロラ450DX

¥24,480 税込

ナンガ オーロラライト 450DX

ナンガ オーロラライト 450DX

¥37,692 税込

ナンガ UDD BAG 450DX

ナンガ UDD BAG 450DX

¥38,880 税込

ナンガ オーロラ600DX

ナンガ オーロラ600DX

¥27,565 税込

ナンガ オーロラライト600DX

ナンガ オーロラライト600DX

¥29,800 税込

ナンガ UDD BAG 810DX

ナンガ UDD BAG 810DX

¥54,000 税込

ナンガ オーロラライト350DX

ナンガ オーロラライト350DX

¥23,800 税込

ナンガ UDD BAG 280

ナンガ UDD BAG 280

¥28,980 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ナンガのシュラフ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!