<ナンガ>スリーピングバッグの選び方|担当者に聞いたシーン別おすすめモデル

2022/08/16 更新

ナンガのスリーピングバッグ(シュラフ/寝袋)は、人気の「オーロラライト」や「UDDバッグ」をはじめ種類が豊富なので、どれを選んでいいか、正直、迷います……。

そこで、基本的な選び方や、ナンガ担当者に聞いたシーン別のおすすめ各モデルの特長を紹介します。

制作者

ライター

さやか

「思い立ったらすぐ山へ!」と高尾山の麓に移住した、1児のママハイカーです。百名山を中心に、アルプスをはじめ日本各地の山を登っています。想い出の山は北アルプス・薬師岳、南アルプス・塩見岳、聖岳、北海道・利尻山…。登ってきたすべての山に想いが詰まっているので挙げたらキリがないくらい、山が大好き!今は小さな子どもと一緒に行ける山を探して登るのを楽しんでいます。ギアやウェアのマイベストを模索中。

さやかのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像:筆者

<ナンガ>スリーピングバッグのここが良い!選ばれる3つの理由

ナンガのシュラフ
提供:NANGA
羽毛の街・滋賀県米原市で創業した寝袋メーカーの<NANGA(ナンガ)>。社名はヒマラヤにそびえる世界9位の高峰「ナンガ・パルバット」から由来。羽毛を国内で洗浄・管理し、受け継がれた高い技術で作られたスリーピングバッグは、一般からプロの登山家まで、幅広い人たちから絶大な信頼を寄せられています。

最近では、その高品質なダウンを使用したダウンウェアをはじめ、アパレルや小物類も人気です。


徹底したこだわりを持ち、高品質な製品を作り続けるナンガ。たくさんの人たちから選ばれる、3つの理由がこちら!

1. こだわりの羽毛(ダウン)

ナンガのダウン
提供:NANGA
ナンガが使用するすべての羽毛はスペイン産。それを羽毛専業メーカーにて洗浄加工しています。

豊かな自然から取れる水(超軟水)や、乾燥に適した気候といった、最適な環境で高品質ダウンを生み出しているのです。

2. 熟練の職人による丁寧な物作り

ナンガの製造風景
提供:NANGA
ナンガのスリーピングバッグはすべて自社工場で加工されています。羽毛の吹込み、縫製、メンテナンスといった工程を、熟練した職人の高い技術によってひとつひとつ丁寧に行い、安全で安心な高品質のスリーピングバッグを作り上げています。

3. アフターケア付き!独自の技術によるサービスも

ナンガの永久保証
提供:NANGA
ダウンを封入したモデルのスリーピングバッグはアフターケア保証対象とされています。また、羽毛の増量やクリーニングの依頼が可能。自社工場で得た生産技術があるからこそできる、安心のサービスです。
 
対象ダウンを封入したスリーピングバッグ
料金無償:修理、修繕、破れ補修、パーツ、ファスナー交換(※一部の修理において有償となるケースもあります)
有償:(例)ファスナー全交換、収納袋の破損による交換やサイズ交換。クリーニング、羽毛増量
送料スリーピングバッグ購入者(お客様)負担
 
ダウンスリーピングバッグの永久保証について
 

どんな用途で使う?<ナンガ>スリーピングバッグの選び方

ナンガモデルと使用温度
作成:筆者(画像クリックで拡大)
多彩なラインナップの<ナンガ>。自分の用途にあったモデルを選びましょう。

選ぶときは、5つのポイントをチェック!

1. 主な6種類のシリーズから選ぼう

特性や適したシーンが異なる6種類のシリーズ。自分にあったシリーズはどれなのかを見てみましょう。
 
■LEVEL 8(レベルエイト)
ナンガの技術力・培ってきたテクノロジーを集結させた最高峰のシリーズ
 
■AURORA LIGHT(オーロラライト)
独自に開発した素材「AURORA LIGHT」を採用した防水透湿軽量シリーズ
 
■UDD BAG(ウルトラドライダウンバッグ)
超撥水羽毛(UDD)により、ダウンの最大の弱点「水濡れ」を克服したシリーズ
 
■MINIMARHYTHM(ミニマリスム)
コンパクトさと軽さを実現した最軽量シリーズ
 
■MOUNTAIN LODGE BAG(マウンテンロッジバッグ)
山小屋やゲストハウスでの宿泊を想定した軽量でコンパクトなシリーズ
 
■RABAIMA BAG(ラバイマバッグ)
キャンプや車中泊に活躍するフード付き封筒型シリーズ

2. 使用するシーズンや場所を考えよう

「夏の低山」「3シーズン」「厳冬期」といったシーズン、「登山」「キャンプ」「車中泊」といった使う場所。いつ、どこで使うかによって、選ぶシリーズやモデルが変わってきます。用途に適したモデルを選びましょう。

3. フィルパワーの数値をチェックしよう

あたたかいナンガのシュラフ
提供:NANGA
フィルパワーとはダウンのかさの高さを表す単位。羽毛1オンス(28.4g)に一定荷重をかけたときのふくらみ具合で示します。「空気を多く含む=保温性能が高くなる」ので、羽毛量が同じであれば、フィルパワーの数値が大きいほど暖かなダウンとなります。

どの程度の暖かさを求めるか、フィルパワーの数値を目安に選びましょう。

4. ダウン種類による特性の違いを知ろう

ナンガでは製品によってダウンの種類を使い分けています。
 
■ハンガリー産シルバーグース
国内洗浄したもののみを使用した非常に高い保温性のダウン [930フィルパワー]
 
■SPDX(ポーリッシュグースダウン)
ポーランド産のホワイトグースを国内洗浄したもののみを使用した最高級ダウン [860フィルパワー]
 
■DX(スパニッシュダックダウン)
スペイン産ホワイトダックダウンを国内洗浄したもののみを使用したコスト、パフォーマンスに優れた高品質なダウン [760フィルパワー]
 
■UDD(スパニッシュダックダウン)
DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質・高機能なダウン [770フィルパワー]

5. 体格にあったサイズを選択しよう

ナンガのスリーピングバッグは3つのサイズがあります。無駄なスペースが生まれると温かい空気が逃げてしまうので、自分の身長や体格にぴったりのものを選びましょう。
 
ショート
身長165cmまで (最大長203cm×最大肩幅80cm)
レギュラー
身長178cmまで (最大長210cm×最大肩幅80cm)
ロング
身長185cmまで (最大長228cm×最大肩幅85cm)

 

<ナンガ>スタッフに聞く!シーン別おすすめスリーピングバッグ

いざ、選ぼう!……となっても、豊富なラインナップはどれも良さそうで、何が自分にぴったりなのか正直迷うところ。
 
そこで、ナンガのご担当者に7つのシーンに対してどのモデルがおすすめかを伺いました!
 
\教えてくれた人/
ナンガ米澤さま
NANGA 米澤 創さん
 
営業部広報課。普段はボルダリングジムに通い、休みの日はキャンプや釣りなどを楽しむアウトドアマン。

 
使用シーンをクリック!
 
 
 
 
 
 
 

【シーン1】春~夏の1,000m以下の低山でテント泊

ナンガシュラフ春夏の低山には
撮影:筆者
暖かくなり、低山ハイクが楽しい時季。奥多摩、丹沢といった低山に適したモデルはこちら。

オーロラライト 450DX

ナンガのオーロラライト450DX
提供:NANGA
税込価格45,100円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量450g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ14cm×30cm
総重量約865g
快適使用温度 / 下限温度0℃ / -5℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・合理的な構造で軽量化した3シーズンモデル
 
米澤さん
米澤さん
ナンガ独自の防水透湿素材“オーロラライト”を使用することで、雨水からのダウンの濡れを防いでくれ、また合理的な構造で軽量化しています。
 
 

寒がりな人には……オーロラライト 600DX

ナンガのオーロラライト600DX
提供:NANGA
税込価格58,300円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量600g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ17cm×31cm
総重量約1,100g
快適使用温度 / 下限温度-4℃ / -11℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・ヘッド、ショルダー、フットボックスにチタンスパッタリング材を使用し、冷える箇所を暖かくカバー
 
・4シーズン使用可能なコンパクトモデル
 
米澤さん
米澤さん
快適使用温度-4度なので、暑い場合は衣類の調整やファスナーの開閉で温度調節可能です。
 

ナンガ オーロラライト 600DX

 

【シーン2】夏のアルプスをテント泊で大縦走!

ナンガシュラフ夏のアルプス縦走には
撮影:筆者
テント場が標高2,000~3,000m付近に多くあるアルプスや八ヶ岳。7~8月の真夏の縦走におすすめはこちら!

UDD BAG 380DX

ナンガのUDDBAG380
提供:NANGA
税込価格39,050円
フィルパワー770FP(スパニッシュダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量380g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーレッド、ベージュ、チャコール(ショートはベージュ、ロングはチャコールのみ)
収納サイズφ13×25cm
総重量約680g
快適使用温度 / 下限温度3℃ / -2℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・軽量かつ柔軟性に優れた15dシレ撥水加工ナイロンを使用しているため、睡眠時の蒸れが少なく、収納も容易
 
・合理的な構造で軽量化された3シーズンモデル
 
米澤さん
米澤さん
軽量でコンパクトになりながら、羽毛に超撥水加工が施されたUDD(ウルトラドライダウン)を封入しているので、水濡れからダウンのロフト軽減をしてくれる優れものです。
 
 

寒がりな人には……UDD BAG 450DX

ナンガのUDDBAG450DX
提供:NANGA
税込価格44,000円
フィルパワー770FP(スパニッシュダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量450g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーレッド、ベージュ、チャコール(ショートはベージュ、ロングはチャコールのみ)
収納サイズφ14×31cm
総重量約825g
快適使用温度 / 下限温度1℃ / -4℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・軽量かつ柔軟性に優れた15dシレ撥水加工ナイロンを使用しているため、睡眠時の蒸れが少なく、収納も容易
 
・台形ボックスキルト構造により、ダウンの偏りを抑制することで放熱量を軽減、ロフトを最大限に引き出す
 
・春秋の高山から冬の低山まで使用可能なモデル
 
米澤さん
米澤さん
総重量825g、収納サイズφ14×30cmと携行性に優れながらも、台形ボックスキルト構造を採用することで下限温度-4度まで対応可能なモデルです。
 
 

【シーン3】山小屋、避難小屋泊を想定した夏の縦走に

ナンガシュラフ夏の山小屋泊には
撮影:筆者
山小屋には寝具が用意されているところが多いのですが、近年のコロナ感染対策としてインナーシーツやシュラフカバー、シュラフの持ち込みをお願いしているところも。そして避難小屋には寝具がないのが普通です。事前の準備が必要!そんな時はこちら。

マウンテンロッジバッグ 120

ナンガのマウンテンロッジバッグ120
提供:NANGA
税込価格17,600円
フィルパワー650FP(スペイン産ダックダウン80-20%)
ダウン量120g
サイズレギュラー
カラーブラウン、ブラック
収納サイズφ11×18cm
総重量約435g
 
特長
・シンプル構造により軽量化を実現
 
・500mlペットボトルほどの大きさに収納可能かつ軽量で携行しやすい
 
・春夏のキャンプ、山小屋、ツーリング、車中泊などに最適なモデル
 
米澤さん
米澤さん
夏山登山用に開発した超軽量型寝袋。 総重量435g、収納サイズφ11×18cmと携行性に優れています。
 

ナンガ マウンテンロッジバッグ 120

 

寒がりな人には……マウンテンロッジバッグ 200

ナンガのマウンテンロッジバッグ200
提供:NANGA
税込価格19,800円
フィルパワー650FP(スペイン産ダックダウン80-20%)
ダウン量200g
サイズレギュラー
カラーブラウン、ブラック
収納サイズφ13×20cm
総重量約585g
 
特長
・シンプル構造により軽量化を実現
 
・500mlペットボトルほどの大きさに収納可能かつ軽量で携行しやすい
 
・春夏のキャンプ、山小屋、ツーリング、車中泊などに最適なモデル
 
米澤さん
米澤さん
「マウンテンロッジバッグ 120」の上位互換モデル。 夏山登山や山小屋泊におすすめです。
 

ナンガ マウンテンロッジバッグ 200

 

【シーン4】秋の涸沢、雷鳥沢といった紅葉の山を楽しむ!

ナンガシュラフ秋の登山には
撮影:筆者
山の紅葉は9~10月が見ごろ。平地より時季が早いのは、紅葉する条件のひとつ「気温が下がっている」からなのです。つまり、山は寒い!防寒具の準備はしっかりと。

オーロラライト 450DX

ナンガのオーロラライト450DX
提供:NANGA
税込価格45,100円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量450g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ14cm×30cm
総重量約865g
快適使用温度 / 下限温度0℃ / -5℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・合理的な構造で軽量化した3シーズンモデル
 
米澤さん
米澤さん
ナンガ独自の防水透湿素材”オーロラライト”を使用することで、雨水からのダウンの濡れを防いでくれ、また合理的な構造で軽量化しています。
 
 

寒がりな人には……オーロラライト 600DX

ナンガのオーロラライト600DX
提供:NANGA
税込価格58,300円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量600g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ17cm×31cm
総重量約1,100g
快適使用温度 / 下限温度-4℃ / -11℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・ヘッド、ショルダー、フットボックスにチタンスパッタリング材を使用し、冷える箇所を暖かくカバー
 
・4シーズン使用可能なコンパクトモデル
 
米澤さん
米澤さん
快適使用温度-4度なので、暑い場合は衣類の調整やファスナーの開閉で温度調節可能です。
 

ナンガ オーロラライト 600DX

 

【シーン5】白い峰々が美しい!厳冬期・3,000m未満のテント泊

ナンガシュラフ厳冬期には
撮影:筆者
雪が山を覆い、息を飲むほど美しい景色を堪能できるけれど、厳しい寒さに耐えなければならない厳冬期。ナンガのスリーピングバッグなら安心です!

UDD BAG 810DX

ナンガのUDDBAG810DX
提供:NANGA
税込価格63,800円
フィルパワー770FP(スパニッシュダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量810g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーレッド、ベージュ、チャコール(ショートはベージュ、ロングはチャコールのみ)
収納サイズφ19×31cm
総重量約1,260g
快適使用温度 / 下限温度-7℃ / -13℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・軽量かつ柔軟性に優れた15dシレ撥水加工ナイロンを使用しているため、睡眠時の蒸れが少なく、収納も容易
 
・台形ボックスキルト構造により、ダウンの偏りを抑制することで放熱量を軽減、ロフトを最大限に引き出す
 
・海外登山のベースキャンプや国内の厳冬期登山などで使用可能なモデル
 
米澤さん
米澤さん
超撥水加工を施したUDD DX(ウルトラドライダウン)をふんだんに封入した厳冬期モデル。
このダウンを使用することで、テント内の結露による濡れを防ぎ、ロフト潰れを軽減してくれます。
また、空気循環のいい生地を使用しているので伝熱スピードも良く、パッキングする際のストレスも軽減されます。


 
 

寒がりな人には……LEVEL 8 -20 UDD BAG

ナンガのLEVEL8-20UDDBAG
提供:NANGA
税込価格92,400円
フィルパワー770FP(スペイン産ダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量950g
サイズレギュラー
カラーグレー、ブラック
収納サイズφ21×41cm
総重量約1,100g
快適使用温度 / 下限温度-11℃ / -20℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・ファスナーをやや上部に位置させることで、地面からの冷気の侵入を軽減
 
・軽量かつ柔軟性に優れた10dシレ撥水ナイロンを使用しているため、収納も容易
 
・「ウエストチューブ」を腰部に装備することで、下半身の熱の流出を抑え、保温力を向上
 
・動いた際のダウンの潰れを防ぐ「ディファレンシャルボックスキルト」を採用し、ロフトを最大限に引き出す
 
・フットボックスには多め羽毛が封入されており、足元を冷えから守る
 
米澤さん
米澤さん
研究に研究を重ねたLEVEL8シリーズ。 構造に対しての適正な羽毛量や、コールドスポットになりやすい足元などの仕様を変更することで、保温性を高めています。
 
また、ダウンには超撥水加工を施したUDD DXを封入することで、テント内の結露による濡れを防ぎロフト潰れを軽減。 とりあえず暖かい!が売りです。


 
 

【シーン6】雪山デビューにぴったりの残雪期アルプス

ナンガシュラフ残雪期には
撮影:筆者
平地では春の3~5月、山はまだ雪が多くある「残雪期」です。厳冬期より気温が高く日が長いので、雪山デビューにはもってこい。それでも夜の気温はマイナスになるので、しっかりした装備を!

UDD BAG 630DX

ナンガのUDDBAG630DX
提供:NANGA
税込価格55,000円
フィルパワー770FP(スパニッシュダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量630g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーレッド、ベージュ、チャコール(ショートはベージュ、ロングはチャコールのみ)
収納サイズφ17×31cm
総重量約1,045g
快適使用温度 / 下限温度-5℃ / -10℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・軽量かつ柔軟性に優れた15dシレ撥水加工ナイロンを使用しているため、睡眠時の蒸れが少なく、収納も容易
 
・台形ボックスキルト構造により、ダウンの偏りを抑制することで放熱量を軽減、ロフトを最大限に引き出す
 
・残雪期の3,000m級から冬の2,000m級程度の登山に対応するモデル
 
米澤さん
米澤さん
残雪期の3,000m級から冬の2,000m級までの登山に最適なモデル。UDD DXを封入することでダウンのロフト潰れを軽減しつつも、快適使用温度-5度〜下限温度-10度まで対応し、総重量約1kg、収納サイズφ17×31とコンパクトになる携行性にも優れた1点です。
 
 

寒がりな人には……UDD BAG 810DX

ナンガのUDDBAG810DX
提供:NANGA
税込価格63,800円
フィルパワー770FP(スパニッシュダックダウン90-10%)超撥水加工
ダウン量810g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーレッド、ベージュ、チャコール(ショートはベージュ、ロングはチャコールのみ)
収納サイズφ19×31cm
総重量約1,260g
快適使用温度 / 下限温度-7℃ / -13℃
 
特長
・超撥水羽毛(UDD DX)の高い撥水性により、悪天候や湿気の多い場所でも高いパフォーマンスを発揮
 
・UDDダウンの高い反発力により膨らむ時間が短縮され、寒さから早く身を守ることが可能
 
・軽量かつ柔軟性に優れた15dシレ撥水加工ナイロンを使用しているため、睡眠時の蒸れが少なく、収納も容易
 
・台形ボックスキルト構造により、ダウンの偏りを抑制することで放熱量を軽減、ロフトを最大限に引き出す
 
・海外登山のベースキャンプや国内の厳冬期登山などで使用可能なモデル
 
米澤さん
米澤さん
超撥水加工を施したUDD DX(ウルトラドライダウン)をふんだんに封入した厳冬期モデル。このダウンを使用することで、テント内の結露による濡れを防ぎ、ロフト潰れを軽減してくれます。
 
また、空気循環のいい生地を使用しているので伝熱スピードも良く、パッキングする際のストレスも軽減されます。


 
 

【シーン7】春~初秋のアウトドアシーズンにキャンプを楽しむ!

ナンガシュラフ春~秋のキャンプには
撮影:筆者
アウトドアのベストシーズンは家族や仲間たちとキャンプも楽しみたい。日中は暖かくても夜は冷え込むことがあるので、このモデルがおすすめです!

オーロラライト 450DX

ナンガのオーロラライト450DX
提供:NANGA
税込価格45,100円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量450g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ14cm×30cm
総重量約865g
快適使用温度 / 下限温度0℃ / -5℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・合理的な構造で軽量化した3シーズンモデル
 
米澤さん
米澤さん
ナンガ独自の防水透湿素材“オーロラライト”を使用することで、雨水からのダウンの濡れを防いでくれ、また合理的な構造で軽量化しています。
 
 

寒がりな人には……オーロラライト 600DX

ナンガのオーロラライト600DX
提供:NANGA
税込価格58,300円
フィルパワー760FP(スパニッシュダックダウン90-10%)
ダウン量600g
サイズショート、レギュラー、ロング
カラーブラック、グレー、レッド、ブラウン(ショートはレッド、ロングはブラウンのみ)
収納サイズφ17cm×31cm
総重量約1,100g
快適使用温度 / 下限温度-4℃ / -11℃
 
特長
・ナンガ独自の防水透湿素材「15d オーロラライト」を採用
 
・シュラフカバーなしでも、テント内の結露などによる濡れからダウンを守る
 
・ファスナーからの冷気の侵入を防ぐ「ドラフトチューブ」を付帯
 
・立体構造により、効率的な熱運用を実現
 
・ヘッド、ショルダー、フットボックスにチタンスパッタリング材を使用し、冷える箇所を暖かくカバー
 
・4シーズン使用可能なコンパクトモデル
 
米澤さん
米澤さん
快適使用温度-4度なので、暑い場合は衣類の調整やファスナーの開閉で温度調節可能です。
 

ナンガ オーロラライト 600DX

 

あたたかい<ナンガ>のスリーピングバッグでアウトドアに快適な眠りを

ナンガのシュラフでテント泊
撮影:筆者
さまざまなシーンに対応する<ナンガ>の豊富なラインナップ。あなたに最適なスリーピングバッグが見つかること間違いなしです!

高い技術力、永久保証やアフターサービス、ダウンのリサイクルや売り上げの一部を自然環境へ還元といった、物作りの精神。そこにはシュラフを使う人たちのことを想う「あたたかさ」が宿っていると感じました。

そんな「あたたかさ」を詰め込んだナンガのスリーピングバッグで、アウトドアでの快適な眠りをどうぞ!


紹介されたアイテム

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ナンガのシュラフでテント泊
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」