寝袋マットおすすめ20選|キャンプ向けも

寝袋マットのおすすめをまとめました。キャンプでも快適に使えるモデル、人気のモンベル、コールマンなどもご紹介します!快適な睡眠に欠かせない寝袋マット。ご自身の目的に合わせた最適なマットを探してみませんか?


出典:PIXTA

寝袋マット、どう選ぶ?

マット
出典:PIXTA
凸凹の地面、冬場の冷たい大地…快適な寝心地からは程遠いですよね。寝袋マットはそんな時にとても役立つアイテムです!モデルによって素材、表面、弾力性、厚さなど様々な違いがあるので、使用する時期、ご自身の用途に合わせて快適な寝袋マットを手に入れましょう。

登山でのマット
出典:pixabay
では選ぶポイントはどこになるのか?確認しておきましょう。
◆オートキャンプ?それとも登山?◆
オートキャンプなどでは快適さを最優先にし、キャンプ向けのエアーマットレスなどを選べますが、登山では持って行ける荷物に限りがあるためそうはいきません。用途に合わせたものを探しましょう。
◆春~秋の一般的な登山◆快適なモデルを探すならエアーパッドタイプ、セルフインフレーティングタイプ。軽さにこだわるなら極薄のクローズド・セル、軽量エアーパッドタイプがおすすめです。
◆雪山・寒冷地帯での利用◆
耐久性を最優先にしましょう。クローズド・セルは必ず持ち、その他にエア式と併用をするのがおすすめです。

冬のテントの中 また、夏にはあまり気にする必要が無い要素ですが、温かさもチェックしましょう。モデルによって適応する最低気温の目安があります。サイズに関しては、自分の身長に合うものが快適ではありますが、最低限の範囲(肩から腰まで)さえ確保できれば良いのであれば、小さなサイズも選択肢のひとつです。次はマットのタイプの確認です。

寝袋マット、3つの種類

【クローズド・セルタイプ】

クローズドセル
出典:Amazon
◆構造◆
折り畳み式、ロール式の最も基本的なマット。
◆メリット◆
軽量で耐久性(エアー式のようにパンクしない)があり、濡れの心配がない。価格も安め。
◆デメリット◆
かさばる。エアーパッドタイプに比べて快適性は低い
【エアーパッドタイプ】
エアパッドタイプ
出典:Amazon
◆構造◆
チューブ状の気室に口、あるいはポンプで空気を注入して膨らませて使用するマット。
◆メリット◆
販売されているモデルが多く、用途に応じて選べる。凸凹のある地面でも快適に過ごせる。
◆デメリット◆膨らませる手間がかかり、パンクしてしまったら使い物にならない。価格も高め。
【セルフインフレーティングタイプ】

セルフインフレーター
出典:Amazon
◆構造◆
エアータイプと違い、バルブを開けるとある程度まで自動的に膨らむマット。
◆メリット◆
空気の注入作業が少なくて済み、内部のウレタンフォームにより適度な弾力性が確保されている。
◆デメリット◆
内部のウレタンフォームの分、若干かさばり、重量がある。パンクしてしまうとほとんど使い物にならない。価格も高め。この3つのタイプの特性を理解し、タイプを選びましょう。→それではおすすめの寝袋マットをご紹介していきます!

寝袋マットおすすめ20選

<クローズド・セルタイプ6選>
ITEM
サーマレストマット・パッド リッジレスト(ソーライト)
<スペック>
素材:軽量EVAフォーム
重量:260g
サイズ:51×122cm・厚さ:1.5cm
低温化の使用時に力を発揮するアルミ蒸着加工が人気。冷たい地面の上でも暖かく眠ることができます。

子供がテントに泊まるので、購入しました。それなりに嵩はありますが、軽くてクッション性が高く、良いですね。定番商品なので、安心感があります。


ITEM
サーマレスト Zライト ソル
<スペック>
素材:軽量EVAフォーム
重量:410g
サイズ:51×183×2cm/収納サイズ:51×15×13cm
軽量でコンパクトなアコーディオン式収納で持ち歩きに便利な上、断熱性に優れ、従来品より暖かさが20%向上しました。

少し厚めの銀マットみたいなものではないかと思いつつ使ってみましたがまったく違いました
布団の上で寝ているように心地よく、銀マットのように体が痛くなることもなく、朝まで快適でした。素晴らしいと思います


ITEM
モンベルアウトドアフォームパッド150
<スペック>
素材:ポリエチレンフォーム
重量:297g
サイズ:長さ151×幅51×厚さ1.6cm、51×15×9cm
収納時

素早く取り出せ、収納も簡単な折りたたみ式マット。優れたクッション性が優れた寝心地を実現し、断熱性・耐久性も兼ね備えたアイテム。

→次ページは、おすすめのエアーパッドタイプを紹介!

ITEM
キャプテンスタッグ EVAフォームマット
<スペック>
素材:マット/発泡ポリエチレン・EVA樹脂、バンド/合成ゴム
重量:270g
サイズ:幅560×奥行1820×高さ20mm
折りたたみタイプで持ち運びに便利です。丸めるタイプよりも簡単に収納できます。厚さ20mmの凹凸が優れたクッション性を発揮し快適です。

サイズも寝心地もとても満足できました、下からの寒さも緩和されぐっすり眠れました


ITEM
キャプテンスタッグ EVAフォームマットダブル
<スペック>
素材:発泡ポリエチレン、EVA樹脂
重量:760g
サイズ:140×217×1.5cm/収納サイズ:70×13×39cm
ダブルサイズなのでワイドでゆったり使用可能。半分に折りたためばシングルとして使うこともでき、またマットが厚くなるので寝心地がアップします。

道路上でも板の上でも芝生の上でも、背中が痛くなく寝ることができます。二つ折りにするなど工夫もできます。もう一枚購入してしまいました。


ITEM
プレイズ折りたたみレジャーマット
<スペック>
素材:発泡ポリエチレン・EVA樹脂
重量:350g
サイズ:190×57×2cm/収納サイズ 15.5×13×57cm
寝袋の下に敷くマットとしてはもちろんのこと、トレーニングやヨガのマットとしてや室内用フロアマットとしても使える多様性が魅力。厚さも2cmあるので寝心地抜群です。

下からの寒気はほぼ100%感じません。
北海道の冬、マイナス8度でも下からは寒さを感じませんでした。


<エアーパッドタイプ7選>
ITEM
サーマレスト ネオエアー Xサーモレギュラー
<スペック>
素材:表リップ(ナイロン)・裏ナイロン・コアナイロン
重量:430g
サイズ:51×183×6.3cm
優れた断熱性で、ネオエアーシリーズの中で最も暖かいエアーマット。折りたたむとペットボトル程度の大きさになるというコンパクトさも人気の理由。

R値5.7という高い断熱性を持ちながら、夏マット並みの軽さとペットボトル程度のコンパクトさ。
オールシーズン使える非の打ち所がない優秀なマット。特に冬は地面の冷気をシャットアウト。寝袋の性能を存分に引き出す、この高い断熱性に助けられています。価格は高いですが、いくら掛け布団(寝袋)が良くても敷布団(マット)が悪ければ寒くて眠れません。良いものを一つ買いましょう。


ITEM
シートゥサミット ウルトラライトS.I.マット
<スペック>
重量/550 g
使用時サイズ/全長183 × 幅51 cm
収納時サイズ/径13.5 × 26 cm
厚さ: 2.5 cm

ITEM
クライミット インシュレーティッド・スタティック・ブイ
<スペック>
素材:中綿/プリマロフト、生地/75D ポリエステル
重量:709g
サイズ:183cm×54.6cm×4.4cm、収納サイズ:12.7cm×22.8cm
膨らましやすさ抜群で、10〜15回程度の息の吹き込みで膨らますことができます。V字の形が特徴的で保温性を向上させるとともに就寝時の体の動きにも対応するので寝心地も良好です。

→まだまだある!ユニークなマットが登場

ITEM
ニーモイクイップメント コスモ20R
<スペック>
素材:75Dポリエステル
重量:670g
サイズ:幅510mm 長さ183mm 厚み80mm/収納サイズ:100X100X200mm
フットポンプが内蔵されているためセットアップが簡単に行えるのが最大の特徴。素材も耐摩耗性に優れているのでパンクのリスクを軽減。

ITEM
クライミットイナーシャ X フレーム パッド
<スペック>
素材:トップ/30Dリップストップナイロン・ボトム/75Dポリエステル
重量:258g(ポンプ/スタッフサック別)
サイズ:180cm x 45cm x 3.8cm
コンパクトさは世界一を謳う、超軽量ボディーが最大の魅力。収納時の大きさはなんとバナナよりも小さくすることが可能。

ITEM
イスカ ピークライトマットレス 180
<スペック>
素材:ナイロン100%(芯材/ポリウレタン・下部/ノンスリップ加工)
重量:580g
サイズ:50×175×2.5cm
下部に強力なノンスリップ加工を施しているため睡眠時のズレを防止でき、快適な寝心地を実現。厚さが25mmあるので秋冬の登山にも最適です。

ITEM
モンベル  U.L. コンフォートシステム エアパッド 150
【素材】30デニール・ポリエステル・リップストップ
【重量】431g
【サイズ】長さ150×幅50×厚さ7cm
【収納サイズ】φ10×20cm
■フラットな寝心地で、寝返りを打っても快適です。

<セルフインフレーティングタイプ7選>
ITEM
サーマレスト プロライト レギュラー ポピー
<スペック>
素材:50Dミニヘックスポリ
重量:480g
サイズ:51×183×2.5cm/収納サイズ:28×10cm
スリーシーズン対応の機能美と軽量さを併せ持っているスグレモノ。標準装備でスタッフサックも付いてくるのでコンパクトに持ち運べます。

ITEM
ニーモ・イクイップメント マット・パッド ゾア20R
<スペック>
素材:20Dポリエステルウルトラライトエアロックエリート
重量:405g
サイズ:51×183×2.5cm/収納サイズ:φ11×23cm
オールシーズン対応可能な量軽量・保温性抜群・就寝時のズレ防止機能の3拍子が揃う、ミニマリスト用とも言える万能なアイテムです。

他のマットに比べて畳むと非常にコンパクトになります。1リットルのペットボトルくらいです。厚みもそこそこあるので寝心地も良いです。裏には滑り止めがあり寝ているうちに滑ることがありません。細身なのでシュラフの中にいれることもできます。値段も安いしオススメです!


ITEM
モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 150
<スペック>
【素材】30デニール・ポリエステル・リップストップ
【重量】431g
【サイズ】長さ150×幅50×厚さ7cm


→キャンプ向けも充実のラインナップ!

コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L
ITEM
コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L
<スペック>
素材:20Dポリエステルリップストップ・TPUコーティング
重量:660g
サイズ:183×51×2.5cm/収納サイズ:直径14×28cm
二つ折りにするスナップが付いているため、収納が楽ちん。冬でも暖かい保温性も魅力の一つ。
これがあるとテントで寝るのが非常に楽です。
冬キャンプで使用しましたが、地面の冷たさも伝わらず、クッション性があり、しかもコンパクトで申し分ありません。
丸めて収納する際にマットを2つ折りにしますが、この商品は2つ折りにして保持するためのスナップが取り付いているんので、丸める時が非常に楽です。 出典:Amazon

ITEM
コールマン マット キャンパーインフレーターマットシングル2
<スペック>
素材:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
重量:1.6kg
サイズ:約195×63×4cm/収納サイズ:約直径12×68cm
厚さ4cmのクッション性抜群のマット。連結でき使い方が広がるシングルサイズ。幅63cmのゆったりサイズ。上面のフォームをダイヤモンド状にカットし快適に。簡易ポンプになる収納ケース付き。

ITEM
ドッペルギャンガーインフレータブル キャンピングマットCM-01
<スペック>
素材:190T ポリエステル+PVCコート
重量:830g
サイズ:1800×500×15~25mm/収納サイズ :350×直径180mm
耐久・防水機能に優れ、セットアップも自ら空気を吸って膨張するので簡単。十分な大きさがありますが、可能な限り軽量化されているので女性でも持ち歩けます。

使用感は空気量を控えめにして自室木の床面に敷いて毎日寝っ転がっていますが、空気とスポンジ状の柔らかさで床の硬さが全く気にならず快適です。本体表面は厚手でシッカリ感があり耐久性にも期待が持てそうです。


ITEM
ドッペルギャンガー インフレータブル キャンピングマットCM−03
<スペック>
素材:190T ポリエステル+PVC コート
重量:2200g
サイズ:1800×1120×30mm/収納サイズ:直径180×580mm
2人用のダブルサイズ。この大きさはセットアップが大変なイメージですが、セルフインフレーティングタイプなので自ら膨張してくれます。収納時は体重を乗せて空気抜きすればコンパクトにまとまりますよ。

袋から出して、栓を緩めて放っておけばマットになるので本当に簡単!
良い感じの厚さで、寝転んでも全然しんどいことなく眠れました♪
蒸れたりすることもないし、一つあると本当に便利だと思います。


寝袋マットもちゃんと選ぼう!

寝袋に入っている男性 寝袋を使うなら、寝袋マットは必需品です!どんなに良い寝袋でも、マットひとつで寝心地が大きく変わってしまいます。持って行く場所に合う最適な寝袋マットを選びましょう!

Select a sleeping pads

寝袋マットを選ぼう!

紹介されたアイテム

コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L

コールマン コンパクトインフレーターマット2 /L

¥8,590 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

寝袋マット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Naomi
Naomi

京都府生まれ千葉育ち。17歳でオーストラリアに留学し、広大な酪農地帯で花の高校生活を牛とともに過ごす。以来オーストラリアが第二の故郷。舞台女優、ダンサーとして活動する一方で英会話の講師、ダンス講師を掛け持ちながらライターとしても活動中。わかりやすく、伝わりやすい記事作成を心がけて奮闘中。 個人Blog:http://ameblo.jp/bush-fire/ Twitter:a_napple

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!