行動食にも山ごはんにも!新感覚の“飲む”あんこ『theANko』が登山におすすめ

2020/12/24 更新

スポーツ中にも片手で栄養補給できるとアスリートに好評のあんこエナジードリンク『theANko(ジ・アンコ)』。ただのあんこでありながら、普通のあんことは一線を画す、こだわりの詰まった“飲むあんこ”なんです。登山との相性もバツグン。実際に山で試してみたので、特徴や感想をレポートします。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

飲むあんこ!? 新感覚エナジードリンク『theANko』って知ってる?

theANko
提供:UNDERWATER
2020年1月の発売以来、アスリートに好評のあんこエナジードリンク『theANko (ジ・アンコ) 』。スポーツ中にも片手で栄養補給ができる、“飲むあんこ”です。

登山の行動食としてスポーツ羊羹を持参する人も多いですが、固形物だと喉を通りにくい…なんてときにもぴったり。

ただのあんこドリンクではありません!『theANko』5つ優秀ポイント

①手が汚れない!片手で手軽に栄養補給

theANko
提供:UNDERWATER
登山やスポーツの最中にも片手で栄養補給でき、手が汚れないチアパック入り。携行しやすいところも◎。

②こだわりの原材料のみを使用

北海道産小豆
提供:UNDERWATER(北海道産小豆)
原料は北海道産小豆と「鬼ザラ糖®」という最高級ザラメのみ。添加物が入っていないのはうれしいですね。ドーピングの心配がないことも、アスリートに人気の理由です。

③長時間、血糖値を維持できる


提供:UNDERWATER
運動時に糖質が不足するとパフォーマンスや筋力が低下することから、糖質補給はとても重要。『theANko』は市販のスポーツドリンクよりも血糖値を高い数値で長時間維持できることが、至学館大学の髙橋淳一郎教授による調査で判明しています。トレーニング前後に飲むことで、トレーニングの効果を最大限に。

④運動中もくわえやすい飲み口

ANko
提供:UNDERWATER
2020年11月のリニューアルにより、これまでより飲み口の口径が小さくなり、女性や子どもの小さい口にもフィットしやすくなりました。歩行やランニング中でも気軽に口にくわえやすい大きさです。

⑤銀座の老舗和菓子屋店主が監修

銀座「空也」5代目山口彦之氏
提供:UNDERWATER(あんこプロデューサー 山口彦之氏)
『theANko』は、銀座「空也」の5代目・山口彦之氏が監修しており、味へのこだわりも相当なもの。“和菓子クオリティ”の味でありながら、エナジードリンクとして登山中や運動中にも飲みやすい糖度と粘度で作られています。

『theANko』を山で試してみた!

theANko3種類
撮影:YAMA HACK編集部[左]こしあん[中]しろあん[右]つぶあん
『theANko』は、こしあん・しろあん・つぶあんの3種類あります。実際に登山のときに飲んでみて、気になっていたポイントを確認してみました。


登山中にサッと飲める?

theANko
撮影:YAMA HACK編集部
ゼリー飲料と同じような感覚でサッと取り出したり、飲んだりすることができました。ショルダーハーネスのポケットに入れる場合は、ポケットのサイズにもよりますが、パックが柔らかいので少し折り曲げて収納することができそうです。

ゼリーよりも液体感は少ないので、ちょっと強めに吸う必要があります。また、つぶあんは粒がやや引っ掛かるので、飲み心地のスムーズさは「こしあん」「しろあん」が優勢です。

行動中でも喉を通りやすい?

theANko
撮影:YAMA HACK編集部
固すぎず緩すぎず、絶妙な柔らかさ。そして上品かつ控えめな甘さで、想像していたよりも飲みやすかったです。スポーツ羊羹などをいつも登山中に食べている人には、なんの問題もないでしょう。

3種類の味は?

theANko
撮影:YAMA HACK編集部[左]こしあん[中]しろあん[右]つぶあん
老舗和菓子屋が監修しているだけあって、全部おいしいあんこでした!というのが正直な感想です。ちょっと高級な和菓子や鯛焼きに入っているような、甘さの残らないすっきりとした味。栄養補給だけでなく、デザートとしても優秀だと思います。
 
ただ、余程の甘味好きでなければ、あんこだけを食べ続けるのは飽きてしまうかもしれません。行動中にちょっとずつ補給するには問題なさそうです。
 
こしあん
一番すっきりとしていて食べやすい甘さ。こして滑らかになっている分、つぶあんよりもスムーズに飲めます。行動中は「こしあん」がおすすめ。
 
しろあん
こしあんよりも少し甘みを強く感じました。甘党さんの行動食やデザートには「しろあん」がおすすめ。
 
つぶあん
小豆の皮の味もして、一番あんこを堪能できる印象。行動中よりも、休憩中や山ごはんに使うのがおすすめ。

満足感は?

theANko
撮影:YAMA HACK編集部
山歩き中のエネルギー切れや空腹感を補ってくれました。固形物ではないのでお腹にたまり過ぎず、行動の妨げにならない印象です。

『theANko』を山ごはんに活用してみた!

theAnkoであんバタートースト
撮影:YAMA HACK編集部
『theANko』は持ち運びやすい&ほどよい量。余ったら蓋をできるので、山ごはんでの使い勝手も◎です。行動中に飲んだ残りを活用しても良し。味にこだっているだけあって、パン屋のような高クオリティなあんバタートーストができました。


撮影:YAMA HACK編集部
寒い時期は、おしるこにするのもいいですね。湯を入れるとすぐに溶けてくれるので、簡単・時短で作れます。

湯量は『theANko』1パックにつき150mlを目安に、好みで調整。白あんには抹茶パウダーを入れて、抹茶しるこにしてみました。湯を入れずに、おもちをディップして食べるのもあり。

未開封の場合は夏季でも常温で持ち運んで問題ないそう。開封後は冷蔵庫での保存が推奨されているので、直に口をつけたときや暑い時期は、1日で飲みきる・使いきるが良さそうです。

登山中に美味しく手軽に栄養補給

theANko
撮影:YAMA HACK編集部
登山中にバテないためには、糖質の補給も大切。『theANko』は、手軽に栄養補給ができるうえに美味しいなら言うことなしですよね。味の好みはありますが、「こしあん」「しろあん」は行動中に、「つぶあん」は山ごはんやスィーツに食するのがおすすめ。頑張って登ったご褒美にもぴったりです。

築地果汁創作所ネットストアで購入できるほか、八ヶ岳・赤岳山荘でもお取り扱いがあるそう。山のお供に、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

theANko

ANko
提供:UNDERWATER
◆種類:つぶあん、こしあん、しろあん
◆原材料:
[つぶ・こし]北海道産小豆、ザラメ
[しろ]北海道産絹手亡豆、ザラメ
 
◆価格:350円(税込)
 
◆内容量:115g
 
◆栄養成分(1パック):
[つぶあん]
エネルギー260kcal
たんぱく質5.4g/脂質・食塩0g/炭水化物61g
[こしあん]
エネルギー237kcal
たんぱく質5.5g/脂質・食塩0g/炭水化物55g
[しろあん]
エネルギー234kcal
たんぱく質5.5g/脂質・食塩0g/炭水化物55g
 
◆販売店:

 
築地果汁創作所ネットストア

“こんなのほしかった”の声が多数! 『theANko』開発秘話

theANko
提供:UNDERWATER
『theANko』の生みの親は、株式会社UNDERWATERの社長・平子勝之進氏。

水球でインターハイ優勝し、早稲田大学水泳部水球部門で主将を務め、イタリアに留学するほど有望な選手であった平子氏は、いつかスポーツに関わるビジネスをしたいと考えていたため、スポーツの現場に足を運んで、彼らの課題や問題点に耳を傾けることを心がけていたそう。

そこで休憩中の選手が食していたあんこに注目。あんこは、少ない量でたくさん糖質が摂れ、甘さがくどくなくてもたれないという選手らの話から「アスリートが栄養補給するためのあんこ」という商品を思いついたのです。

空也の山口彦之氏に監修を依頼
自身もアスリートであった平子氏は、口に合わない栄養補給食を体のために無理に摂取していた経験から、アスリートが美味しさを我慢しないエナジードリンクの開発を決意し、かねてよりあんこの普及に尽力していた空也の山口彦之氏に監修を依頼。山口氏は、商品によって、あんこが海外の人たちや若い世代に広げる糸口になる可能性を感じ協力を承諾したそう。

至学館大学健康科学部との研究
さらに、あんこの具体的な効果効能を探るため、アスリート時代の先輩であり、至学館大学健康科学部スポーツ科学科の髙橋淳一郎教授に研究の協力を依頼。“疲れを回復させ、体力を維持する力”は血糖値の働きによるものだと考えた髙橋教授は、市販のスポーツドリンクを飲んだ場合と『theANko』を飲んだ場合のそれぞれの血糖値を、72時間計測。実験の結果、血糖値を維持する力が『theANko』の方が長時間続くことが判明しました。

こうして2020年1月、しっかり糖質補給ができ、何よりも美味しさにこだわった『theANko』が誕生。アスリートから「こんな商品を待っていた!」の声が多く寄せられたのでした。


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

theANko3種類
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
satomi

外遊び好きファミリーのママライターです。家族皆が笑顔で楽しくをモットーに週末はどこに行こうかと計画中♪大人も子供も楽しめるアウトドアに興味津々!自然を通じてたくさん遊び、たくさん学んで過ごしたいと思っています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!