今日そこにしかない枝でつくろう!一期一“柄”の『おもひでフォーク&スプーン』

2022/10/23 更新

アウトドアライフを充実させる、世界でたったひとつのカトラリー。その日、その場で調達する「枝」で完成する一期一“柄”の『おもひでフォーク』『おもひでスプーン』の登場です。

kimi

制作者

kimi

長野県在住。1人と1匹の息子を育てるママライター。浅間山の麓でやんちゃ兄弟と共に、日々野山を駆け巡る。スノーボードが好きすぎて、夏に雪を求めてニュージーランドへ短期留学した経験あり。2017年からスノボのオフトレとして始めた登山にハマる。出産前は栃木や上信越の百名山が中心、現在は子どもと楽しめる近所の山や散策路が中心。山歩きも好きですが、眺めるのも好き。360℃山ビューの信州、最高。

kimiのプロフィール

...続きを読む


CAMPFIREのロゴマーク
この記事ではクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」のプロジェクトから、アウトドアシーンにぴったりな注目のプロダクトを編集部が厳選してお届けしています。

今回ご紹介するのは、 『一期一“柄”の「おもひでフォーク/スプーン」』です。

※クラウドファンディングとは……自分が考えたアイデアをWeb上でプレゼンすることで、資金を集める仕組み。プロジェクトが成功したら支援者にはお礼(リターン)としてサービスを先行体験したり、商品を受け取ることができます。
<以下、起案者SHiBUYA productsが展開する、「おもひでフォーク/スプーン」のプロジェクト内容>

世界にたったひとつ、一期一“柄”のカトラリー

世界に一つのマイカラトリー
はじめまして。SHiBUYA productsの渋谷大輔と申します。いくつものプロジェクトの中から興味を持ってくださりありがとうございます。

おもひでスプーンと木
SHip.001 『おもひでフォーク』『おもひでスプーン』は山やキャンプ 場で“柄(え)”となる枝を現地調達して初めて完成する一期一“柄”のカトラリーです。

木を現地で調達する
食事そのものをアクテビティに変えるアイテムで、これまでにない新しいアウトドアの過ごし方の提案として楽しんでいただければ幸いです。

「#一期一柄」で自分だけの作品をシェアしよう!

一期一“柄”世界にただ1つ

金具と木を引っ付ける
そこにあるものを柄にして使います。その日、その場所、その人にしか作ることができない、使うことができないオンリーワンのアイテムができます。

キャンプにワイルドな体験は意外とない

木を拾い集める子どもたち
非日常や冒険体験などを求めたくなりますが、何をしたらいいのか分からない。キャンプ場に行っても自宅の庭でもできる遊びをしてみたり、散策をしてみたり、こどもたちとやってみたかったワクワクする冒険は思っていたほどなかったのです。大人が食事の準備をしている間に、今から使うお気に入りの柄を見つけよう。

自然を学ぶきっかけに

子どもの無限大の想像力
「枝」と一言でいっても、木の種類や朽ち具合、太さも硬さも異なるものばかりです。拾っては試し、時には失敗も経験しながら「使える、かっこいい枝」を見つけましょう。見極める力、想像する力、失敗を楽しめる力を身につけます。

可能性は無限大

おもひでスプーンとフォーク
素材、作り方、仕上げ方はなんでもありです。すべて自由です!大人もこどもも本気になってクリエイティブを楽しめます。こどもたちの自由な発想に驚くことでしょう。

新潟・燕三条のフォーク&スプーン

燕三条の製品
真空蒸着メッキという技術を主としているシブヤメッキは、法人向け試作品製作の業務を主にこなしていました。半年たった頃からインスタグラム を中心に営業活動を続け、現在では売り上げの約3割ほどが個人のお客様から受注していただいております。お陰様で開業からお客様に恵まれ休みなく働くことができました。

木とカラトリー
しかし今年はコロナの影響により、法人からの受注が激減し、売り上げが前年の5分の1ほどになることもありました。その代わりに時間に余裕ができ念願のキャンプへ行くことができました。しかし、行ってみたら意外に冒険感は少なく、よりワイルドな体験をしたいと思いました。

キャンプ道具
職人として、今までに様々なものづくりをする人たちと出会ってきました。それらのご縁が繋がって今回生まれたのが、このアイテム。国産の、しかも燕三条製のフォーク、スプーンを使って製品を作ることができました。

withコロナの日常で注目されているアウトドアライフをさらに充実させる特別なアイテムとして『おもひでフォーク』『おもひでスプーン』を製造販売いたします。

製品情報・仕様

001 Standard

スプーンとフォーク

スプーン (約11.0cm × 約4.0cm) ¥1,900

フォーク(約11.5cm × 約2.5cm)¥1,900

001 Mini

小サイズ

スプーン(約9.0cm × 約3.0cm) ¥1,800

フォーク(約9.5cm × 約1.8cm) ¥1,800

※写真はイメージです。より良くするためなど内容を変更する場合が御座いますので予めご了承ください。
※鋭利な部分があります。注意をはらい責任を持って使用をしてください。
※1つずつ手作りで製作していきますので数値はおおよそになります。多少の違いが出てしまう場合がございます。
※簡易包装での発送となります。

リターンのご紹介

【30%off ¥3,000】 Standard 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1 限定数15

リターンの紹介1
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【25%off ¥3,300】 Standard 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1 限定数20

リターンの紹介2
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【15%off ¥3,700】 Standard 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1

リターンの紹介3
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Standard  ¥1,900
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【30%off ¥2,900】 Mini 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1 限定数15

リターンの紹介4
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【25%off ¥3,100】Mini 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1 限定数20

リターンの紹介5
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【15%off ¥3,500】 Mini 『おもひでスプーン』×1 『おもひでフォーク』×1

リターンの紹介6
・『おもひでスプーン』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・『おもひでフォーク』×1 サイズ:Mini  ¥1,800
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【30%off ¥10,500】 ファミリーセット 限定数10

リターンの紹介7
・『おもひでスプーン』×2 サイズ:Standard @¥1,900
・『おもひでフォーク』×2 サイズ:Standard  @¥1,900
・『おもひでスプーン』×2 サイズ:Mini  @¥1,800
・『おもひでフォーク』×2 サイズ:Mini  @¥1,800
・お礼のメール
※2021年3月にお届け予定

【¥4,283】 4283超応援プラン

リターンの紹介8
SHiBUYA products や シブヤメッキ を超応援したい!!という方向けのリターンです。
集まった資金は大切に使わせていただきます。4283(シブヤサン)はいダジャレです。
・お礼のメール
※2021年2月にお届け予定

プロジェクトの詳細はこちら

SHiBUYA products のご紹介

SHiBUYA products
真空蒸着メッキ・クロームメッキ ・試作・調色塗装・ペイント・造形・溶接・切削などを手掛けるシブヤメッキ (愛知県西尾市・代表 渋谷大輔/渋谷木の実)が、自分が欲しいもの、こんなものあったら楽しそうだなと毎日がちょっとワクワクするアイデアをお届けするために、新事業として『SHiBUYA products』を立ち上げました。

SHiBUYA products

メディア掲載

シブヤメッキ は面白いそうなこと、ちょっと変わった依頼にも挑戦し、「あなたのこれが欲しかったを実現できる会社」として取材を受けています。

シブヤメッキ
(左)メインバンクからの推薦で「2019“よい仕事おこし”フェア」への代表出展
(右上)キャッチネットワーク、三河新報社取材風景(右下)三河新報社/2019年2月その他にも、中日新聞社、中部経済新聞、愛三時報社など多数取材、掲載されています。

プロジェクトの詳細はこちら


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

おもひでスプーン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」