パタゴニア R1

パタゴニア「R1」は保温&行動を高次元に両立!特徴とモデルごとの違いをまとめてみた

保温性を確保しながら、衣類内をドライに保つ役割を持つ“ミドルレイヤー”。各メーカーからさまざまなアイテムがリリースされていて、どれがいいのか選ぶのが難しいですよね。そこでおすすめしたいのが、パタゴニアの人気登山用フリース「R1」シリーズです。高い通気性と保温性を両立し、着用しながらの行動に最適。R1の特徴とモデルごとの違いを紹介します。R2シリーズとの違いも要チェック!

目次

アイキャッチ画像撮影:筆者

定番ミドルレイヤーといえばコレ!パタゴニアの「R1」シリーズ

パタゴニア フリース R1
撮影:筆者

パタゴニアの登山用フリースとして、絶大な人気を誇る「R1」。レイヤリングのミドルレイヤー(中間着)に位置付けられ、夏山から秋冬の登山まで、幅広く活躍する多用途なアイテムです。

パタゴニア R1ロゴ

撮影:筆者

「R1」は1999年に登場したロングセラー商品。高い保温性を備えながら、軽量・コンパクトで高い通気性を実現しています。20周年を迎えた2019年にはプルオーバーである「フーディ」がアップデート、新しくフルジップ・フーディが登場しました。

今も進化し続けるR1。その機能に迫ってみましょう!

まさに多用途!テクニカルフリース「R1」の3つの特徴

ポーラテック・パワー・グリッド

撮影:筆者

R1の代名詞とも言えるのが、「ポーラテック・パワー・グリッド」と呼ばれる裏地に施された格子状の起毛。20年以上前にフリースで有名な「ポーラテック社」と共同開発した素材です。このグリッド構造により、R1は多用途な使い方を可能にしています。

【1】動いたり止まったりの行動に最適

Yosemite Valley.パタゴニアR1
©Patagonia, Inc.

高い通気性を持つグリッド構造により、着用したままでも快適な行動を可能にします。凹凸が熱を閉じ込め、汗は外へと拡散。常に衣類内をドライな状態に保ちます。登山やクライミングなど、ストップ&ゴーの多いアクティビティに最適です。

【2】季節を問わず使える万能素材

雪山登山 フリース

R1の本領が発揮されるのは秋冬の寒い季節。体が温まっていない登り始めから、気温の低い山頂、そのまま下山まで、スタートからゴールまでずっと着ていられるフリースです。いざ寒くなれば、サッとアウターをレイヤリングすればOK。

【3】軽くて動きやすい

コンパクトに収納

撮影:筆者

収納はとてもコンパクト。高い保温性を持ちながらも、かさばりや重量が最小限に抑えられています。夏山の防寒着としても便利で、ザックに忍ばせておいて必要な時にサッと取り出せます。

優れた伸縮性

撮影:筆者

また伸縮性に優れているので、登山やクライミングなどの激しい動きにもウェアが追従。着心地もなめらかで、着用しているストレスを感じさせません。

まさにマルチな使い方ができる「R1」。ここからはさらに、種類ごとの特徴を掘り下げていきましょう!

ココが知りたい!R1にもいろいろ種類があるけど何が違うの?

①R1 フルジップ・フーディ  ②R1 エア・フルジップ・フーディ  ③R1 テックフェイス・フーディ

撮影:筆者

2021年現在、大きく分けて素材別に「R1」「R1エア」「R1テックフェイス」「R1デイリー」の4タイプがラインナップされています。基本的な機能は前述しましたが、それぞれの特徴は実際に使ってみないとわかりにくいところ。

そこで、山向けの以下の3モデルでどんな違いがあるのかを比べてみました。

①R1 フルジップ・フーディ

定価:23,100円 重量:394g(Mサイズ)

 

②R1 エア・フルジップ・フーディ
定価:22,000円 重量:366g(Mサイズ)

 

③R1 テックフェイス・フーディ
定価:24,200円 重量:391g(Mサイズ)

 

ジャケットやプルオーバータイプもありますが、今回は使いやすく人気のフーディを着用しました。それでは詳しくみていきましょう。

1 / 2ページ