アルマイト籐巻コッヘルセット

暮らしの道具を“山の道具”に。<松野屋>の荒物が登山者を惹きつける本当のワケ

2022/11/09 更新

アルマイト製品ーーーそれは、かつて日常生活の中に溶け込んでいた生活の道具であり、その「軽さ」「丈夫さ」から登山の世界でも活躍の場を失っていません。中でも、今回取材した<松野屋>の製品は、懐かしくも新しい“デザイン”と“手ごろな価格”から特に注目が集まっています。その人気の裏には、代表・松野さんの『自由な発想で楽しむ』という想いがありました。

目次

写真は全て筆者撮影

実用的&個性的、<松野屋>のアルマイト製品が山道具としても使えると話題

谷中・松野屋

東京・馬喰町の<松野屋>は荒物問屋。荒物とは“暮らしの道具”のことであり、決して“山道具”のお店ではありません。それにもかかわらず、コッヘルやコップなどをはじめとするアルマイト(※1)製品は、個性的で実用的なアイテムとして着実に登山者からの注目を集めています。

今回は、一般客向けの直営店舗<谷中 松野屋>を訪れ、代表の松野弘さんから様々なお話を伺ってきました。

松野さんと登山の意外な関係や、道具に対する考え方など、道具との付き合い方や登山の楽しみ方のヒントも満載です!

(※1)アルマイト:アルミニウムの表面に加工を施し、耐久性を高めたもの。現在でも台所用品やアルミサッシなどとして、広く普及している。

暮らしの道具<谷中 松野屋>

松野屋・店先

<谷中 松野屋>は、日暮里駅から谷中銀座へ歩いて向かうと左手に見えてくる小さなお店。

「上野公園でも桜が咲いたみたいよ」。 店の前ではそんな立ち話が聞こえ、通りには下町情緒が残っています。

街並みに溶け込みながらも存在感のある店構え。店先にずらっと並ぶカゴやトタンの日用品に、道行く人はついつい足を止めてしまうようです。

松野弘さん

お店を訪ねると、出迎えてくれたのは代表の松野弘さん。1945年創業の松野屋の3代目のご主人です。

「応接間を作りましょうか」。そう言って店先のヤマザクラの下でビールケースをひっくり返し、そこに腰を下ろしてお話を伺いました。

アメリカの放出品やアウトドア文化に触れ、やがて日本のヘビーデューティーへ

「ウチはもともと鞄問屋なんですよ。築地市場の仕事で使うような、集金鞄とかね。」

日用品が主力商品の現在でも、『プレイン』『スレッドライン』といったオリジナル帆布鞄シリーズを展開。その頑丈な作りは、キャンパーにも愛用者が多いとか。

所せましt並ぶ鞄

「小さい頃から、そういう“仕事の鞄”には自然と興味を持っていました。それに加えて、近くのアメ横で米軍の放出品にも慣れ親しんでいた。他にも、アメリカのアウトドアカルチャーとかね。」

家業や慣れ親しんだカルチャーに共通するのは“ヘビーデューティー”(※2)であること。実用性本位であるという点は、どうやら創業から現在の松野屋まで通底しているようです。

「なるべく石油製品は使いたくない。でも、そこまで肩肘張らないようにしています。

個人的には柳宗悦の民芸運動(※3)にも共感します。でも、うちのはさらに庶民の暮らしに近い“民衆的手工業品”なんです。」

耐久性がありながら、なるべく自然素材のものを、あくまで手ごろな値段で提供する。そんな松野さんの思いや松野屋の製品は、いま人々の共感を呼んでいます。

 

(※2)ヘビーデューティー:頑丈で実用的であることが重視される。ファッションの文脈で用いられることも多く、ジーンズやワークブーツ等が代表的。
(※3)民芸運動:民芸とは、民衆的手工芸品のこと。暮らしの道具に美しさを見出す日本独自の運動。大正時代に柳宗悦を中心に提唱され、現在も続いている。

登山に出会った京都時代

「自分も作り手になりたくて。」

そんな思いを胸に、大学卒業後に京都の<一澤帆布>の門を叩き、4年ほど鞄職人として修業。松野さんが登山に出会ったのもまさにその時でした。当時は、アメリカのアウトドアブームが始まった頃だったそうです。

「当時、雑誌に載っていたサレワのザックを真似て作りました。もう45年前になるかな。」

そう見せてくれたのは、使い込まれた手製のザック

45年前に作ったザック

「もう岩登りはしませんが、妻や友人とは今でもハイキングに出かけますよ。」

手入れをして長く使う。交換して新しくなった肩ベルトが、今でも現役の道具であることを示していました。

“暮らしの道具”と“山の道具”を繋げる、大阪の工場での出会い

実は、松野屋ではもともと山道具と呼べる製品がひとつあります。それは、『アルマイト籐巻 コッフェルセット』。蓋と平皿、3種のクッカーが一つになった製品です。

コッフェルセット

クッカーの持ち手は籐巻でレトロな雰囲気。蓋はシンプルなロック機構付きで、全てセットで210gという軽さ。自然素材を使ったその実用性は、松野屋が目指す製品の形のひとつと言えそうです。

コッフェルセット

このように、“暮らしの道具”を販売する松野屋と“山の道具”を結びつけるきっかけとなったのは、実は大阪の工場で出会ったある道具だったそうです。

「アメリカの真似だけじゃだめだ」という気づき

「初めはシェラカップだと思いました。」

そう手に取って紹介してくれたのは、『アルマイト手付 マッコリコップ』

マッコリカップ

確かに、本体と持ち手で構成され、その姿はシェラカップによく似ています。実はこれ、韓国ではマッコリを飲む際に使われているもの。

大阪の工場に足を運んだ際、倉庫の中で偶然出会ったそうです。

「一目見て、これは登山でも使えると感じました。」

 

それと同時に、長年アメリカのカルチャーに親しんできた松野さんは、別のある思いも抱いたそうです。

「日本には日本の山の楽しみ方があるはず。アメリカの真似だけじゃだめだ。」

1 / 2ページ