安全登山…ホントに実践できていますか?〜ガイド登山で学ぶ”正しい技術と知識”〜

2020/03/03 更新

登山の「ガイド」さんってどんな人?テレビの登山番組や山岳雑誌で、あるいは登山中にクライアント(顧客)を引率している姿を見かけことはあるでしょう。けれども、その実態を詳しく知っている人は意外と少ないのでは。“山のプロ”であるガイドと登山することで得られる、特に安全登山に直結するメリット。今回は自身もガイドである筆者が、詳しくご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:washio daisuke

あなたの知識は自己流では…?

撮影:washio daisuke(ザックの背負い方など基礎的な知識から教えてもらえます)
学生山岳部や社会人山岳会などに所属していれば、先輩から後輩に技術や知識は伝承されていくもの。けれども、そうした団体に所属経験のある人は少ないですよね。
ひとりで、あるいは山仲間と登山する中で得たあなたの技術や知識、ひょっとすると自己流で間違っているかも知れません。

「万が一に備えて、正しい技術や知識を身に付けたいけど、誰に聞いたらわからない…」
「自分の登山スキルをレベルアップさせたいけど、何をしたらいいのかわからない…」

そう感じている人にオススメしたいのが、今回紹介する「ガイド登山」です。

「ガイド」とは
一般的に何らかの資格認定試験や更新研修をパスしている人々。単に登山の引率だけでなく、正しく最新の登山技術や知識を、山の“現場”で教えてくれる存在です。

一緒に歩くだけじゃない!ガイドから学べる技術や知識

撮影:washio daisuke(山を知り尽くしたガイドだからこそ得られる知識や技術)
一般的に「ガイド」という言葉からは「道案内」すなわち引率を連想されがちです。しかし、ガイドの第一の使命は「クライアント(=顧客)の安全管理」。後述する「登山の安心にも直結」の項でご紹介する様々な気配りで、あなたの登山をサポートします。

さらに、それ以外にも…

・装備の使い方・パッキングなど初心者向けの基礎的なアドバイス
・読図・ロープワーク・テント設営などの技術的なレッスン
・動植物の生態系や地質・地形などの自然解説

など、そのガイドの個性や得意分野にあわせた技術や知識を学ぶこともできます。

撮影:株式会社GOLDWIN・鰐渕 航さん(登山のあれこれ、聞いちゃいましょう!)
さらにガイドは様々な山や天候を経験してきた“山のベテラン”でもあります。
例えば、テーマが読図の講習会だからと言って読図のことだけしか教えてくれない訳ではありません。

・「あそこに見える山は●●岳」などの展望の解説
・歩き方・ザックの背負い方などの正しい基礎知識
・栄養補給・水分補給の目安や、トレーニングなどのアドバイス
・ガイドが体験した山でのエピソード

など、ガイドの様々な引き出しから経験値を“盗む”ことができるのも魅力です。

ガイド同行は登山の安心にも直結

引率や技術、知識の手ほどきはもちろんですが、登山の安心感が高まるのもガイド同行の魅力。では、具体的にガイドは登山中にどのようなサポートをしてくれるのでしょうか。

正しいルート選択による道迷い防止

撮影:washio daisuke(読図もガイドの基本スキルのひとつ)
GPSアプリの普及がめざましい昨今ですが、道迷い遭難は後を絶ちません。ガイドは基本的にメジャーな山であっても直前に下見を行い、ルート状況などを把握してから引率に臨みます。

また、それぞれの山域に拠点を置くガイドであれば地元の山は知り尽くしており、更に安心度が高まるでしょう。

正しいペース配分やギアの使い方による疲労・事故防止

撮影:washio daisuke(天候や雪面の状況を見極めて適切なアイゼン装着タイミングを指示します)
登山に慣れていない人も多い”夏の富士山”などでは、自分の実力以上のペースで歩いてしまい、途中で疲労困憊している登山者も多く見かけます。ガイドはクライアントの年齢や体力に合わせた歩幅・歩行ペース・休憩タイミングで引率してくれるので、必要以上に疲労することなく快適や登山を楽しむことができます。

さらに心強いのが、レインウェアを着るべきタイミング、アイゼンを装着すべきタイミングなどを的確に指示してくれること。様々な天候や状況での登山を“桁違いの場数”踏んでいるガイドだからこそ、その判断も的確。事故防止にもつながります。

危険箇所ではロープを使った安全確保も

撮影:washio daisuke(ロープを使ってあなたの安全を確保します)
アルプスの岩稜などはもちろん、大雨などの影響で、登山道が思いがけず崩落していることも。そんな時にガイドは、“フィックスロープ”という、ルートに持参のロープを張っての安全確保や、“ショートロープ”と言う、ガイドとクライアントをロープで連結しての安全確保で、クライアントが滑落するのを防止する策を講じます。ロープワークは覚えるのも実践するのも難しいテクニック、間違った方法での安全確保はかえって危険。そんな時に心強い存在になるのもガイドです。

自分に合った「ガイド」を探すには…?

”色々勉強になる・安心して登山できる”とはいえ、ガイド登山を体験したことがない人が多いのも事実。
「ついていけるか心配…」「ガイドさんって厳しくて怖そう…」という不安や、費用や探し方がわからない、といった問題まで、理由はさまざまです。

撮影:washio daisuke(名コンビ成立…!)
学びたい知識・技術や挑戦したいルートなどによって、適したガイドは異なります。それぞれのガイドの得意分野やフィールドを知った上で探すのは難しいもの。

あなたのお住まいから遠い地方在住のガイドでは難しいのですが、できれば事前にガイドと対面して会話ができると安心ですよね。では、どんな形でガイドに会えるのでしょう。

登山教室・講習会への参加

提供:8guide・石川高明ガイド(登山教室の様子)
登山用品店や山岳団体などは、様々なテーマで机上での登山教室や屋外での登山講習会を開催しています。こうした場所では、講師を務めるガイドとの接点を比較的手軽に持つことが可能。今回は大手の登山用品店が運営する登山教室をご紹介します。各店舗で開催されるものが多いので、登山用品の買い物も兼ねて受講してみてはいかがでしょう。

・石井スポーツ登山学校
提供:株式会社石井スポーツ
登山界のアカデミー賞とも言われる“ピオレドール賞”を日本人として初めて受賞した天野和明さんが校長を務める登山学校。
メディアでお馴染みの有名ガイドに学ぶ本格的技術講習から、モデルの仲川希良さんがフィールドナビゲーターを務める“山あそびクラブ”まで多彩な講習会・ツアーを開催しています。
石井スポーツ登山学校

・好日山荘登山学校
提供:株式会社好日山荘
『正しく学んで楽しく登ろう!』をモットーに、登山を安全に楽しむための知識や技術を学べる登山学校。気軽に参加できる基礎講座から、シリーズでしっかり学ぶプログラムまで、テーマも気象・読図・救急法など安全登山に役立つ内容が充実。「おとな女子登山部」が開催する、女性限定の講座もあります。
好日山荘登山学校

Web会議サービスを利用した講義を受けられるサービスも!

撮影:washio daisuke(パソコン・スマホの画面越しにガイドと対面して会話できます/著者も地図の読み方講座のガイドを担当中)
ガイドとの登山の前に、不安や疑問点は解消しておきたいもの。そんな要望に応えた新しいスタイルの登山教室もあります。「オンライン登山スクール・やまスク」では、山での実技の前に机上講義をオンラインで受講できるのが魅力。好きな時間に好きな場所で講義動画を視聴できる他、無料のWeb会議サービスを利用してガイドと対面して会話しながら、講義での疑問や実技への不安を解消できます。
オンライン登山スクール・やまスク

まずは登山ツアーでお試しも

出典:PIXTA(参加者同士で交流が生まれるのも登山ツアーの魅力)
登山ツアーに参加することでガイドとの接点を持つのも気軽な一歩。大勢の参加者の中のひとり…になってしまい接点が少ないのは致し方なし。ガイドもツアー会社が選定しますが、まずはお試し感覚で参加してみても良いでしょう。

ガイドに依頼してはいけないこと

出典:PIXTA(何でも頼んで良い訳ではありません!)
・職能範囲を超えたルートでのガイド行為
普通自動車免許しか持っていない人が、大型トラックや観光バスを運転することはできませんよね。日本に複数存在するガイド資格にも、ルートや季節など制限があるものが多いので注意が必要です。これに違反してしまうと、ガイドが所属団体から処罰されたり除名されることも。

日本山岳ガイド協会|ガイド資格の種類と活動エリア
日本体育協会|公認スポーツ指導者の種類と任務の内容

・あなたの宿泊や交通とセットでの依頼
出典:PIXTA(旅行業法に違反すると100万円以下の罰金が課せられることも…)
ガイドが受け取って良いのは原則「ガイド料」および「ガイド自身の交通費や宿泊費などの経費」のみです。送迎サービスや宿泊施設の手配・支払までをセットにした「ツアー形式」で料金を支払うことは旅行業法の違反となり、ガイドが行政機関から処罰されてしまいます。

・ガイドレシオを超えた人数の引率依頼
出典:PIXTA(雪山や岩稜登山と平易な低山登山では、もちろんガイドレシオは異なります)
一般的に、山仲間を募ってなるべく大勢で依頼した方がガイド料や経費は割安になります。
しかし、一人のガイドが引率できる人数は「ガイドレシオ(ガイド対顧客の人数比)」によって規定されているケースが大半。季節やルートの難易度によっても、その人数は変わります。

日本山岳ガイド協会|ガイド対顧客の標準人数比

ガイドによっては、安全確保や手厚いフォローのために上記の標準人数比よりもさらに厳格な、少人数制のガイドレシオを設定しているケースも多数。それぞれのガイドが決めたガイドレシオを尊重してください。

オススメのガイド(ガイド団体)8選

では、最後に筆者オススメのガイド(ガイド団体)をご紹介します。様々な特性に応じて、あなたに合ったガイドを探してください。

様々なカリキュラムが学べる!

*山の学校 マウナ・グリンプ*
提供:山の学校 マウナ・グリンプ
山岳指導員として登山者の指導・育成にも力を入れている松山信さんが代表を務めるガイド団体。低山での読図講習から日本アルプスの岩稜やバリエーションルートへの挑戦まで、登山を体系的 に学ぶカリキュラムを展開。クライミングや雪山登山などの技術も学ぶことができます。
山の学校 マウナ・グリンプ|ホームページ

*RhythmWorks*
提供:旭立太ガイド
バックカントリースノーボーダーからガイドに転身したと言う異色の経歴を持つ旭立太さんのガイド事務所。岩稜やバリエーションルートなどの登山はもちろん、白銀の山を滑走するバックカントリースキー・スノーボードのプログラムも充実しています。
RhythmWorks|ホームページ

地元の山ならお任せ!地域密着型ガイド

*信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ*


提供:信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ(子どもたちに山の素晴らしさを知ってもらう企画も実施)
その名の通り長野県・松本市に拠点を置くガイド団体。上高地や槍・穂高連峰はもちろん、地元ガイドだから知っている隠れた名山や穴場スポットへもご案内。自然観察・岩登りからキッズ・ファミリー向けまで、レベルや参加者に合わせたメニューも充実しています。
信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ|ホームページ

*8guide(ハチガイド)*
撮影:washio daisuke
八ヶ岳山麓の長野県・原村に拠点を置くガイド団体。八ヶ岳の山々へのトレッキングはもちろん、所属ガイドの個性を活かしたヨガ・アロマなどの癒し体験から農業・収穫体験やものつくり体験まで、様々なアクティビティが用意されています。
8guide(ハチガイド)|ホームページ

スキルを磨いて憧れのルートへ!

*佐藤勇介ガイド*
提供:佐藤勇介ガイド
地元でクライミングジム“カメロパルダリス”も経営している佐藤勇介さんのガイド事務所。ジャンダルム・槍ヶ岳北鎌尾根・剱岳北方稜線など国内屈指の難易度を誇るルートから、沢登り・岩登り・アイスクライミングまで、高い技術を要求されるシチュエーションを得意としています。
佐藤勇介ガイド|ホームページ

*やまんど塾 オフィスカワサキ Mountain Guide*
提供:川﨑たくへいガイド
TVの登山番組でのガイドなども多い川崎たくへいさんのガイド事務所。日本アルプス・関東近郊から北海道、サブレンジャーを務めた経験もある屋久島まで幅広い山域を案内しています。マンツーマン・少人数のプライベートガイド中心ですが、主催する登山初心者~初中級者向けの登山教室「やまんど塾」では、月1回の机上講習・岩場歩きシリーズ・沢登りシリーズ・チャレンジシリーズなど山を楽しむ企画も開催。
やまんど塾 オフィスカワサキ Mountain Guide|ホームページ

JAGU(ジャパンアルパインガイドユニオン)*
提供:天野和明ガイド
前述の石井スポーツ登山学校校長・天野和明さんや佐藤勇介さんも所属するガイド団体。国際山岳ガイド・山岳ガイドなど、ガイド資格の中でも上位のライセンス所持者で構成されたガイド陣が、レスキューをはじめとした技術研修を絶えず行いながらスキルを磨き、難易度の高いルートでの安全なガイディングを実践しています。
JAGU(ジャパンアルパインガイドユニオン)|ホームページ

自然観察ならお任せ!

*ネイチャーガイド・フォーゲル*
提供:荘司たか志ガイド
森林インストラクターの資格も持つ荘司たか志さんのガイド事務所。豊かな自然を感じてもらうため、里山歩きでも人工林は避けるこだわりも。ただ登頂するだけでなく、高山植物や野鳥などについての解説を聴きながら歩くことができます。
ネイチャーガイド・フォーゲル|ホームページ

ガイドと一緒に安全で楽しい登山を!

撮影:washio daisuke
いかがでしたか?自分だけでは得られない技術や知識を学べ、自分だけではチャレンジできないルートへ導いてもらえるのが、ガイド登山の魅力です。安全登山とスキルアップのために、山のプロであるガイドと一緒に山を歩いてみませんか!?

この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
washio daisuke
washio daisuke

*登山の総合プロダクション・Allein Adler代表* 登山ガイド・登山教室講師・山岳ライターなど山の「何でも屋」です。 得意分野は読図(等高線フェチ)、チカラを入れているのは安全啓蒙(事故防止・ファーストエイド)。 山と人をつなぐ架け橋をめざしています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!