【まさかこんなところに…】里山に眠る“戦争遺跡”を訪ねたらとんでもないところだった!

眺望の良い山は人気の登山スポットとなる一方、歴史に目を向けると、その眺望を活かして様々な形で活用されてきました。今回訪れたのは、福岡と山口の県境である下関・北九州エリア。関門海峡を中心とし、戦時中に「下関要塞」が築かれた土地でもあります。なんと、一部の山にはまだその遺跡が残っているのだとか。今回はそれら戦争遺跡を目的地とし、いつもとは視点を変えて登山を満喫したいと思います。


    こんなところに砲台が!弾薬庫が!山に眠る戦争遺跡

    高蔵山堡塁
    里山登山といえば、初心者でも親しみやすいのが魅力。それに加え、実は地方の文化や歴史が色濃く残る場所でもあり、知るほどに魅力が深まる領域でもあります。

    今回訪れたのは福岡県北九州市。あまり知られてはいませんが、実は戦争遺跡が多く眠る地域です。里山の感覚で歩いているところに、往時の遺跡が忽然と姿を現す衝撃。この不思議な感覚を得るには、現地を訪れるしかありません。技術的・体力的な難易度も低く、気軽に訪れることができるところが多いので、世代を問わず楽しめるでしょう。

    歴史を明示する戦争遺跡「下関要塞」とは?

    関門海峡 下関要塞の始まりは、日清戦争前の明治時代。戦闘機の登場まで最重要だった「海上防衛」を主な目的に、関門海峡とその周辺を守るために築かれました。ここに現存する遺跡の多くは「砲台跡」と「弾薬庫」で構成され、見晴らしの良い山の上にあります。海上を標的とする大砲の設置場所として、海を見渡す山の上は最適だったのでしょう。陸軍の文字
    石に刻まれる「陸軍」の文字。思わぬところに軍事境界線の目印が(高蔵山にて)
    これら要塞は、戦時中は「軍事機密」であり、一般人の目に触れることはありませんでした。自由に訪問できる現在からは考えられませんね。現在、遺跡の周辺を目を凝らしながら歩けば、そこかしこに当時の痕跡が平然と転がっていることに驚きます。当時の「軍事機密」を発見しながら歩くのも、戦争遺跡をハイキングする魅力です。

    北九州に来たら訪れたい!山に眠る4つの戦争遺跡



    今回訪れたのは4か所。ある所は当時の形状を活かしたキャンプ場として。またある所は眺望を活かした公園として。中には打ち捨てられた遺跡のような姿で…。現存する姿は様々ですが、そのどれもが異なる魅力を持っています。場所によっては他の山からの縦走も可能。サクッと楽しむのはもちろん、登山をメインとしての楽しみ方もOK。そんな選択肢の広さも里山の魅力です。

    矢筈山キャンプ場(矢筈山)

    矢筈山キャンプ場
    現在もキャンプ場で利用されている堡塁(ほるい)跡
    「小森江子供のもり公園」の駐車場が起点となります。そこから矢筈山(やはずやま)キャンプ場までは、林道を歩くのが最短距離。30分前後で到達することができます。あるいは、北側に位置する風師山(かざしやま)を経由し、1時間30分程度の短い縦走を楽しんで到達する事も可能。
    展望台から望む関門海峡
    展望台から望む関門海峡
    矢筈山の上部はキャンプ場として整備されており、管理人さんが暖かく迎えてくれます。展望台からは関門海峡が一望できる、絶好のロケーション!反対側に場所を移せば、周防灘も望めます。
    テントサイトの傍らの砲台跡
    テントサイトの傍らに残る砲台跡
    何よりも素晴らしいのが、堡塁(敵の攻撃を防ぐ施設)跡と自然が調和する景観の中でキャンプができる点。他に類を見ない特別な環境がここにはあります。
    歴史を物語る写真
    地域の人々に支えられてきた矢筈山キャンプ場
    時に屋内の炊事場として利用されたり、歴史を語る展示室として利用されたりと、今でも活躍の場を失っていません。そんな姿も、戦争遺跡としては独特な、矢筈山の魅力の一つです。
    受付 そして驚くべきことに、テントサイトの利用料の他、テントや毛布、炊事用具等の貸し出しまで全て無料!

    様々な人からの並々ならぬ思いによって支えられている当キャンプ場。是非とも、大切に利用させていただきたいところです。

    ■矢筈山コースマップ

    提供:YAMAP
    駐車場情報
    ■小森江子供のもり公園 駐車場

    住所|福岡県北九州市門司区小森江 羽山2丁目
    駐車台数|18台
    料金|無料
    トイレ|あり

    火の山公園

    倉庫
    砲台下の地下倉庫
    火の山公園は、関門海峡を挟んだ北九州市の向かい、山口県下関市にある公園です。山頂付近までは自家用車で行くことができる他、ロープウェーも運行されています(冬季を除く)。その他、山麓から山頂まで1時間程度のハイキングも楽しめ、様々な方法でアクセスが可能です。
    砲台写真
    第4砲台に据えられていた大砲(公園内の案内板より)
    砲台や倉庫などからなる堡塁跡(第4砲台)は明治時代に築かれ、現在でも当時の姿を保っています。しかし、実はその堅牢な造り故に解体が断念され、一度は土の中に埋められていたという過去も。その後、幸いにも価値が見直され、親子やカップルで賑わう公園として現在に至っています。また、山頂からは関門橋や北九州市方面の眺望も抜群です。
    火の山山頂
    火の山山頂から望む関門海峡
    中でも、地下倉庫周辺の雰囲気には圧倒されます。高低差のある造りは歩いているだけでも楽しめ、かまどの跡など当時の生活が垣間見える遺跡も。どこを切り取っても絵になる、フォトジェニックなスポットです。
    地下倉庫
    自由に出入りできる地下倉庫はフォトジェニックなスポット
    駐車場情報
    ■火の山公園 駐車場

    住所|山口県下関市みもすそ川町
    駐車台数|山頂:276台、ロープウェイ:36台
    料金|無料
    トイレ|あり

    高倉堡塁跡(高蔵山)

    高蔵山堡塁跡
    森の中に現れる高倉堡塁跡
    北九州市小倉南区にある高蔵山は関門海峡から東、瀬戸内海へ延びる周防灘の防衛を目的に明治時代に築かれた堡塁。「高蔵山森林公園」の駐車スペースからは1時間30分前後で訪れることが出来ます。
    駐車場の様子
    高蔵山森林公園の駐車場
    道中は比較的しっかりとした登山道ですが、足元には充分気を付けながら登りましょう。途中、廃道が交錯するようなところが有りますが、明瞭な踏み跡を外さないよう要注意です。
    解説する前薗さん
    石垣や廃道について解説するNPO法人「北九州市の文化財を守る会」の前薗さん
    山側に築かれた古い石垣や、路傍に転がる標石などが目に入ります。「実は、これらも戦時中に築かれたものやその残骸。廃道のような道も、実は日本陸軍が拓いた堡塁への馬車道なんです。」と語るのは、同伴して下さったガイドの前薗さん。ついつい通り過ぎてしまいそうな些細なものも、その歴史を伺うとロマンがあります。
    突如現れる堡塁
    突如現れる堡塁。冬は草がなくなるのでこれからの時期に行くのがおすすめ
    堡塁があるのは、地図でいうと高蔵山々頂の南側の少し低くなった場所。現在は特に利用されていないため、自然と一体になっています。初めて訪れる方は、森の中に突如現れる堡塁との出会いに衝撃を受けるはず。さながら、某アドベンチャー映画のような瞬間です。
    光が差し込む弾薬庫
    光が差し込む弾薬庫跡
    弾薬庫として利用されていた空間の内部は、少しひんやりとした空気。入口から差し込む光が印象的です。弾薬庫の上には砲台があったり、周辺には浄化槽やトイレの跡があったりと、確かに当時の営みの形跡を感じることができます。
    浄化槽と前薗さん
    浄化槽の跡
    ほとんど手入れのされていない高蔵山堡塁。自然の中に埋もれそうになりながらも、その姿からは長い時間をじっと耐えてきた戦争遺跡としての重みを感じることが出来るでしょう。
    駐車場情報
    ■高蔵山森林公園 駐車場

    住所|福岡県北九州市小倉南区大字沼
    駐車台数|数台
    料金|無料
    トイレ|なし

    砲台山

    尾根上に残る遺構群
    尾根上に残る遺構群
    足立山の西南西にある、442メートルの小さなピークが砲台山。太平洋戦争時に、戦闘機を撃墜するための高射砲が設置されていた、比較的新しい遺構です。麓の妙見神社の参拝者用駐車場が利用できますが、必ず社務所に届け出ましょう。山頂までは1時間程度の道のりです。
    兵舎と思しき跡
    兵舎と思しき跡
    山頂手前の尾根上には、何やら構造物の痕跡が各所に残っています。偶然通りかかった地元の方のお話によると、「兵舎の跡」とのこと。その他にも、石に刻まれた文字や、コンクリートで築かれた台座のような跡が森の中に見え隠れし、いつの間にか宝探しのような感覚に。
    明るい雰囲気の山頂
    明るい雰囲気の山頂付近
    山頂付近は展望こそありませんが、広場のようになっており、明るい雰囲気。登山者も少なく、お弁当を広げてのんびりするのも良いですね。
    小文字山から小倉の夜景
    小文字山からの夜景
    砲台山から北へ1時間30分ほど足を延ばして、小文字山(こもんじやま)方面への縦走も可能。山頂からは小倉の街の大展望が期待できます。そして、実は小文字山は夜景の隠れた名所。その美しさは「新日本三大夜景」として有名な皿倉山をも凌ぐとの声も。標高が低いこともあって目前に広がる夜景の臨場感はこの山ならではでした。
    ナイトハイクをする際は、足立公園・メモリアルクロス駐車場を起点にすると1時間もかからずに山頂へ行くことが可能。また、夜の山道が不安だという方は地元でアウトドアアクティビティのガイドを催行している「太陽の力」のナイトハイクツアーがおすすめ。ガイドさんによる最高の演出で、夜景を一層満喫できること間違いなし!

    ■高蔵山・砲台山・小文字山コースマップ
    コースマップ
    提供:YAMAP
    駐車場情報
    ■足立山妙見宮 参拝者用駐車場(砲台山登山口)

    住所|福岡県北九州市小倉北区妙見町17−2
    駐車台数|数台
    料金|無料(社務所で駐車場利用申請書記入のこと)
    トイレ|あり
    ■小文字山登山口 駐車場(メモリアルクロス前)

    住所|福岡県北九州市小倉北区妙見町17−2
    駐車台数|約10台
    料金|無料
    トイレ|なし

    里山の新たな楽しみ方!歴史を再発見する山旅に出かけよう

    妙見神社と足立山、砲台山の分岐点
    戦時中は軍都としての役割を果たした北九州。その周辺に築かれた下関要塞は、現在でも奇跡的にその姿を保っています。その様態は様々で、例えば矢筈山キャンプ場はちょっとしたコーディネートで唯一無二の素敵な空間として使われていたりします。キャンプ場や公園として利用される遺跡がある一方、まさに歴史に埋もれてしまいそうな遺跡も。時間の重みを感じますね。

    いつもとは少し違った目的で、里山登山の楽しみの新たな切り口として各地を訪れてみると、新たな発見があります。もしかすると、あなたの身近な里山にも、思いがけず魅力的な歴史が眠っているかもしれませんね。

    Sponsored:北九州市・下関市
    取材協力:北九州市立矢筈山キャンプ場運営委員会
    NPO法人北九州の文化財を守る会

    取材協力:太陽の力

    YAMAHACK 編集部
    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!