初心者でも大丈夫! 今年こそモンベルの『スノーシュー』で雪山ハイクデビュー

2022/01/12 更新

真っ白な雪原を自由自在に歩く『スノーシューイング』。冬のアクティビティとして大人気ですね! でも、実際に購入するとなると、「どれを選べばいいのか分からない」という声も。そこで、スノーシュー界を牽引するブランド<アトラス>の製品を中心に、<モンベル>で展開している雪山ハイク入門におすすめのスノーシューを紹介します。レンタルやツアー情報も掲載。あなたにぴったりのスノーシューがきっと見つかるはず!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

どれがおすすめ? <モンベル>で探す初めてのスノーシュー

出典:PIXTA
真っ白な雪原を自由自在に歩きたい!

そんな願いを叶えてくれるのが、深い雪の上もスムーズに移動できる『スノーシュー』です。中でもおすすめなのが、使いやすいと評判の<モンベル>のスノーシュー。モンベルでは、オリジナルのスノーシューの他に、アメリカのスノーシューブランド<ATLAS(アトラス)>の製品も取り扱っており、様々な種類があるので目的に合わせてベストなモデルを選ぶことができます。

「雪山登山は怖いけど、大雪原でのハイキングなら……」というあなたも、この冬は、モンベルのスノーシューでスノーフィールドデビューしてみませんか?

雪山ハイク入門には『平坦地用』モデルがおすすめ

スノーシューの部位名称
画像提供:モンベル(作成:YAMA HACK編集部)
一般的にスノーシューは、『山岳用(登山向け)』と『平坦地用(平地でのハイキング向け)』の大きく2タイプあります。

 
▼山岳用
急斜面でも滑りにく深く鋭いクランポンや、斜面の深雪でも埋まりにくいフレーム形状など、雪山踏破のための機能が満載ですが、その分、重量は重くなります。また、平地歩きでは爪が雪面にひっかかり抵抗になったりと、初心者は取り回しにくく感じるかもしれません。

 
▼平坦地用
クランポンが適度な長さで邪魔になりにくく、雪に浮きやすいフレーム構造。シンプルな構造で軽量、雪の中でも取り回しやすいことから、スノーハイキングでの使用や初心者にはこちらがおすすめです。

 

モンベルスノーシュー
提供:モンベル[左]山岳用[中]スノーハイキング(傾斜地向け)[右]スノーハイキング(平地向け)
モンベルで取り扱っているスノーシューは、「山岳用」「スノーハイキング用(傾斜地向き)」「スノーハイキング用(平地向き)」の3つに分類されています。それぞれのモデルの特徴は、次章で紹介します。

スノーシュー選びは、”適合荷重”に注意

出典:PIXTA
スノーシューには各モデルに“適合荷重”があります。選ぶ際は、自身の体重+装備重量(ウエアやブーツ、背負う荷物などすべて)が、適合荷重内かどうかを確認しましょう。

適合荷重を超えてしまうと雪に埋もれてしまい、快適な歩行ができなくなることに。また、適合荷重に対し自身の体重+装備重量が過少であると、デッキのサイズ・重量が必要以上に大きくなり、取り回しにくくなってしまいます。

※一部モデルは、適合荷重が設定されていません

<モンベル>には、女性用モデルや子供用モデルも充実!

出典:PIXTA
モンベルで展開する<アトラス>ブランドのスノーシューには、女性や小柄な体格の男性が使いやすいモデルや、体重が軽く歩幅が小さい人向けに設計された子供用もあるので、自分に合ったスノーシューを適切に選ぶようにしましょう。

雪原やちょっとした丘まで|スノーハイキング(平地向け)モデル

出典:PIXTA
雪原やちょっとした丘を登るなら『スノーハイキング用(平地向け)』モデル。軽量性重視で扱いやすく、スノーハイキングやバードウォッチング、雪の森を歩くのに最適です。

取り回し抜群! 最軽量シンプルモデル|スノーウォーカー

整備された公園や、雪原や森の散策、バードウォッチングなどに最適なモデル。

森の中では、長いスノーシューの場合、木の枝や延びている茎などにひっかかり取り回しが大変。その点、スノーウォーカー50は、長さ50cm程度ととてもコンパクトなので、初めてのスノーシューとしてもおすすめです。

スノーウォーカー 50
提供:モンベル
<モンベル> スノーウォーカー 50
【税込価格】18,480円
【重量(ペア)】1.51kg
【サイズ】約50cm
【適合荷重】-
スノーウォーカー50

お子様にはスノーシュー Kid’s 43

子供でも扱いやすいように設計されたキッズ用スノーシュー。
スノーシュー Kid's 43
提供:モンベル
<モンベル> スノーシュー Kid’s 43
【税込価格】5,940円
【重量(ペア)】935g
【サイズ】-
【適合荷重】~40kg
【対象年齢(目安)】5歳~
スノーシュー Kid’s 43

急傾斜の雪原もOK|スノーハイキング(傾斜地向き)モデル

スノーハイキング
出典:PIXTA
平坦な雪原ばかりならいいのですが、自然に高低差はつきもの。斜面を超えるような長距離スノーハイキングなら『スノーハイキング(傾斜地向き)』モデルがおすすめです。

軽くて操作性抜群|ヘリウム TRAIL シリーズ

軽量性と操作性を両立したスノーハイキング用モデルで、急傾斜を含む雪原もなんなくこなせます。雪の斜面を登るときに一番つらいのが、前傾姿勢になった時のふくらはぎへの負担。ヘリウムには、かかとを持ち上げ、足を平行に保ち負担を減らす「ヒールリフト」が付いていますので、快適に斜面を登ることができます。

ヘリウム TRAIL 30
提供:モンベル
<アトラス> ヘリウム TRAIL 30
【税込価格】24,200円
【重量(ペア)】1.77kg
【サイズ】23×76cm
【適合荷重】91-123kg
ヘリウム TRAIL 30

ヘリウム TRAIL 26
提供:モンベル
<アトラス> ヘリウム TRAIL 26
【税込価格】22,000円
【重量(ペア)】1.61kg
【サイズ】22×66cm
【適合荷重】68~100kg
<アトラス> ヘリウム TRAIL 23
【税込価格】22,000円
【重量(ペア)】1.49kg
【サイズ】20×59cm
【適合荷重】36~72kg
ヘリウム TRAIL 23

クランポンが取り外せる変わり種|スノーポン

雪が少ない岩場やガレ場の谷筋など、ところどころ地面が露出しているような場所では、フレームなどを痛めるのでスノーシューは使えません。

しかし、自然の山では様々な状況が考えられます。そんなとき便利なのがスノーポン。普段はスノーシュー、クランポン部分を取り外せば軽アイゼンとして使用できます。

スノーポン
提供:モンベル
軽アイゼンとして使う場合は、取り外したフレームはコンパクトに重なりますので携行に便利。モンベルらしい独自の発想が活きた変わり種です。渓谷や岩場が多い山での使用におすすめ。

モンベル スノーポンの装着例
提供:モンベル
<アトラス> スノーポン
【税込価格】25,300円
【重量(ペア)】1.57kg
【サイズ】長さ59cm
【適合重量】~80kg
スノーポン

バックカントリーから山岳まで|山岳用モデル

山岳スノーシュー
出典:PIXTA
スノーシューでバックカントリーを含む山岳まで楽しみたいなら『山岳用』モデル。ゆるやかな傾斜をトラバース(斜面を横断すること)するような雪道にも対応できます。


高いグリップ力で確実に雪面をつかむ|レンジ BC シリーズ

山岳地帯の複雑な雪面でも高いグリップ力のクランポンを搭載し、抜群の登はん性能を誇るモデルです。
レンジ BC 26
提供:モンベル
<アトラス> レンジ BC 26
【税込価格】42,900円
【重量(ペア)】1.81kg
【サイズ】20×66cm
【適合荷重】54-91kg
レンジ BC 26

レンジ BC 22
提供:モンベル
<アトラス> レンジ BC 22
【税込価格】42,900円
【重量(ペア)】1.65kg
【サイズ】18×56cm
【適合荷重】34-68kg
レンジ BC 22
レンジ BC 30
提供:モンベル
<アトラス>レンジ BC 30
【税込価格】46,200円
【重量(ペア)】1.98kg
【サイズ】21×76cm
【適合荷重】68-113kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
レンジ BC 30

高いグリップ力でありながら着脱簡単|レンジ MTN シリーズ

レンジ BCシリーズと同じ高いグリップ力を持ちながら、靴の締め付けと解除がスムーズな、「BOA® M3ダイヤル」を搭載。ダイヤルを回すだけでいいので、グローブをしたままでも着脱や調整が簡単です。

レンジ MTN 26
提供:モンベル
<アトラス> レンジ MTN 26
【税込価格】48,400円
【重量(ペア)】1.83kg
【サイズ】20×66cm
【適合荷重】54-91kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
レンジ MTN 26

レンジ MTN 22
提供:モンベル
<アトラス> レンジ MTN 22
【重量(ペア)】1.72kg
【サイズ】18×56cm
【適合荷重】34-68kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
レンジ MTN 22

 

カジタックスアイゼンと組み合わ可能|カジタックス スノーシュー シリーズ

高い剛性に定評がある「カジタックスアイゼン」を装着したまま使えるワカンタイプのスノーシュー。積雪が多い雪原を歩きながらも、急斜面の登攀が可能になります。軽量なのが特徴です。

カジタックスアイゼン

カジタックス スノーシュー 56
提供:モンベル
<アトラス>カジタックス スノーシュー 56
【税込価格】19,140円
【重量(ペア)】1.46kg
【サイズ】長さ56cm
【適合荷重】-
カジタックス スノーシュー 56

カジタックス スノーシュー 46
提供:モンベル
<アトラス>カジタックス スノーシュー 46
【税込価格】16,280円
【重量(ペア)】1.2kg
【サイズ】長さ46cm
【適合荷重】-
カジタックス スノーシュー 46

超軽量山岳用スノーシュー|ヘリウム BC シリーズ

プラスチックをデッキに使用することにより、軽量化を図った山岳用スノーシュー。左右重ねて収納することもでき携帯性も抜群です。「スノーシューは重くてかさばる」と感じている人にはおすすめです。

ヘリウム BC 26
提供:モンベル
<アトラス>ヘリウム BC 26
【税込価格】26,400円
【重量(ペア)】1.45kg
【サイズ】22×66cm
【適合荷重】68~100kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
ヘリウム BC 26

ヘリウム BC 26
提供:モンベル
<アトラス>ヘリウム BC 23
【税込価格】26,400円
【重量(ペア)】1.34kg
【サイズ】20×59cm
【適合荷重】36~72kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
ヘリウム BC 23

超軽量で着脱調整簡単な山岳用スノーシュー|ヘリウム MTN シリーズ

ヘリウム BCシリーズと同じ軽量携帯性でありながら、靴の締め付けと解除がスムーズな、BOA® M3ダイヤルを搭載。着脱や調整が簡単です。

ヘリウム MTN 26
提供:モンベル
<アトラス>ヘリウム MTN 26
【税込価格】33,000円
【重量(ペア)】1.52kg
【サイズ】22×66cm
【適合荷重】68~100kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
ヘリウム MTN 26
ヘリウム MTN 23
 
提供:モンベル
<アトラス>ヘリウム MTN 23
【税込価格】33,000円
【重量(ペア)】1.41kg
【サイズ】20×59cm
【適合荷重】36~72kg

※完売:2021ー22冬シーズンの入荷予定なし
ヘリウム MTN 23

スノーシューケースも忘れずに

出典:PIXTA
鋭いクランポンなど突起物が付いているスノーシューを携帯するには、スノーシューケースが必要。一緒に揃えましょう。

スノーシューサック

スノーシューサックは、単体として背負うことも、バックパックに装着することもでき、ストラップを装着すればトレッキングポールを外付けすることも可能な便利なサ収納袋です。

提供:モンベル
スノーシューサック M
【税込価格】3,960円
【重量】360g
【サイズ】長さ約63cmまでのスノーシューに適合
スノーシューサック M
提供:モンベル
スノーシューサック L
【税込価格】4,180円
【重量】380g
【サイズ】長さ約89cmまでのスノーシューに適合
スノーシューサック L

【レンタル&ツアー】購入前に、モンベルのスノーシューを試してみたい!

レンタルサービスを利用してみよう

モンベルストア各店で、スノーシューをレンタルすることができます。モデルは限られますが、機能や使い心地を一度試してみるのもおすすめです。

モンベルストアのスノーシューレンタルはとってもお得。ポイントバック実施中!
提供:モンベル
モンベルのレンタルサービスは、お得なポイントバックも!なんと、レンタルスノーシューの返却時に、ポイントバック・クーポン券がもらえるのです。有効期限内にポイントバック対象のスノーシューを購入すると、モンベルクラブ・メンバーズポイント(3,500ポイント)が加算されます。

<モンベル> スノーシューレンタル

スノーシューイベントに参加してみよう

出典:PIXTA
平地や低山とはいえ、初心者だけでスノーフィールドへ出るのは不安だし危険。そんな時は、モンベルやモンベルフレンドショップが開催するイベントへ参加してみましょう。

インストラクターの講習や、スノーシューのレンタルもあるので安心して参加できます。また、雪山への交通手段がない方にもおすすめです。

<モンベル> スノーシューイベント

この冬は<モンベル>のスノーシューで雪山を楽しもう!

出典:PIXTA
雪山ハイク入門におすすめのモンベルのスノーシューを紹介しました。モンベルのスノーシューは、初心者でも扱いやすいだけでなく、機能性が高いことや、全国のモンベルショップ各店で店員さんに相談できたり、メンテナンスを受付けたりするなど、アフターサービスが充実しているところも魅力です。

せひこの冬は、モンベルのスノーシューで思いっきり遊びましょう!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊しています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」