1泊2日の登山コース 東北エリア

しっかり歩きたい人必見!1泊2日の登山コース【東北エリア】

日帰り登山で歩いていると、小屋やテント場でくつろぐ登山者を見かけることも多々ありますよね。非日常の空間で、その日の出来事を思い出しながら、余韻に浸ってのんびり過ごすのは、とても贅沢な時間。そんな貴重なひと時を過ごしたい方に、しっかり歩いて1泊できる東北の山を、トータルコースタイム順にご紹介します。

目次

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。
アイキャッチ画像提供:ヤマレコ/kawaken1

山を存分に堪能!1泊登山の魅力

山小屋でくつろぐ男女

出典:PIXTA

登山のスタイルは様々ですが、週末の休みを利用して山に出かけるとなると、どうしても「日帰り登山」が多くなってしまいますよね。

そんな方に是非おすすめしたいのが「1泊2日山行」。山の中で過ごす時間を長く取ることで、新しい発見が見つかるかもしれませんよ!

山で一晩過ごす楽しさ!

飯豊山 夜明けの雲海

出典:PIXTA(飯豊本山から見る夜明けの雲海と本山小屋)

黄金色に輝く夕焼け、月に照らされる山、月のない星空、山が赤く染まる朝焼けなど、泊まりだからこそ見られる景色をたっぷりと味わえます。

小屋の食事を仲間たちと囲んだり、自炊のおつまみでお酒をたしなんだり。きれいな自然の空気を吸いながら一晩を過ごす時間は、至福のひとときになりますよ。

小屋?テント泊?宿泊方法を決めよう

テント泊のイメージ

出典:PIXTA

1泊登山は、”衣・食・住”の装備も考慮しなくてはいけません。また小屋泊かテント泊かにより、装備も変わります。
「あれも!これも!」ではザックが重くなるだけ。装備の選択は入念に行いましょう!

▼装備について詳しく調べる

レベルに合った登山計画を

登山計画のイメージ

出典:PIXTA

重い荷物を背負って長時間歩くのは体力も必要です。標高が高くなるほど酸素も薄くなり、呼吸が苦しくなります。

小屋泊に挑戦したあとテント泊にステップアップするのがベスト。本記事はテント泊と小屋泊のコースどちらも紹介しています。自分の体力に合った無理のない計画を立てましょう!

安達太良山|月のクレーターを辿る!?縦走コース

安達太良山

出典:PIXTA
標高所在地体力レベル難易度レベル
1,728m福島県二本松市★★〜★★★★★〜★★★
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

安達太良山は詩人・高村光太郎の”妙子集”にも登場し、智恵子の「ほんとうの空」を見に多くの登山者が訪れています。ご紹介するのは稜線や岩場歩きのあるアスレチック要素満載のコース。※1997年に沼ノ平火口から火山性ガスの発生したため、くろがね小屋から鉄山への登山道が立入禁止になっています。

コース情報

コースマップ 安達太良山

提供:YAMAP
行程距離コースタイム
全行程約14km約8時間
1日目約6.5km約4時間
2日目約7.5km約4時間
参考:ヤマプラ

1日目|沼尻登山口→船明神山(20分)→安達太良山→くろがね小屋(宿泊地)
2日目|くろがね小屋→鉄山→箕輪山→鬼面山→安達太良山登山口

見どころ

船大明神付近から見た沼ノ平

「ほんとうの空」とセットで見ておきたいのが”沼ノ平”です。吸い込まれるような火口は、まるで異世界にいるような景色。大地の鼓動を間近で感じられます。

宿泊情報|くろがね小屋

くろがね小屋

出典:PIXTA

くろがね小屋は2020年春以降に建て替え予定(営業期間:令和5年3月31日まで)。レトロで暖かい雰囲気の室内には、冬に活躍するダルマストーブが。源泉かけ流しのくろがね温泉が引いてあり、湯の花浮かぶ温泉でホッと一息!

くろがね小屋

月山|開放的な空中散歩を満喫!過去と未来2座コース

1 / 3ページ