冬山 ステップアップルート

【雪山2年生特集】冬山の経験値を高めよう! おすすめステップアップルート5選

昨シーズンに雪山デビューは果たしたけれど、2年目の今年はどこの山を登ろう……。同じ山に登るのはもったいないから、できれば森林限界を越えて、景色のいい雪山を楽しみたい! そんな気持ちは分かりますが、焦りは禁物。無理せずステップアップできる、雪山2年生にオススメのルートがあるんです。今回は登山ガイドの木元康晴さんに、山の選び方と目指すべきオススメの5ルートを教えていただきました!

目次

雪山登山2年目は、どの山に登ったらいい?

雪山登山

出典:PIXTA

昨シーズン、雪山デビューを果たした登山者たち。2年目となる今年は、「もうちょっとレベルアップしたい! 」 と考えている人もいるのではないでしょうか。とはいえ、「次はどこの山に登ったらいいんだろう」「装備や技術がまだまだ不安」といった声も。

そこで今回は、登山ガイドとして活躍している木元康晴さんに、雪山2年生の山の選び方やステップアップの秘訣、オススメのルートを聞いてみました!

教えてくれた人|登山ガイド・木元康晴さん

木元康晴さん

提供:木元康晴さん

日本山岳ガイド協会認定、登山ガイドステージⅢ。関東近郊の山から日本アルプスまで、全国各地の山を案内する少人数制のガイドプランに人気がある。登山ライターとしても活躍しており、『山岳遭難防止術』(山と渓谷社)など著書も多数。

登山ガイド 木元康晴|公式サイト

雪山2年生がチェックするべき3つのポイント

ライター
吉澤
入笠山や北横岳、黒斑山など標高差の少ない山で雪山デビューした登山者の中には、2年目になると森林限界を越えた山に挑戦したいと思う人が多いようです。山選びやステップアップの秘訣はありますか?
木元ガイド
より本格的な雪山登山に挑戦したいということですね。そうすると、樹林に守られた山とは異なり、ピッケルとアイゼンを駆使して、自分の力で自分の身を護るノウハウが必要になります。

【1】必要装備|雪山シーズン前に再チェック

雪山装備

撮影:吉澤英晃
木元ガイド
1年目に基本装備を揃えていると思いますが、まずは必要となる専用装備を再度チェックしましょう。不足の確認だけでなく、装備の状態もしっかり見てくださいね。

・10本歯以上のアイゼン

・ピッケル
・雪山用の登山靴
・アウターシェル&パンツ
・防寒着
・防寒手袋
・雪目防止用のサングラス
・保温ボトル
その他に、一般登山で必要なバックパックや行動食、バーナーやクッカー、エマージェンシーキットなどを準備します。
木元ガイド
比較的天候が落ち着く残雪期と呼ばれる3〜4月になると、ピッケルを持たず、3シーズン用の防水登山靴に簡易アイゼンを装着して歩いている人を稀に見かけることがあります。装備を疎かにすることは危険に繋がるので絶対にやめましょう。

【2】必須技術|講習会に参加して実践しながら習得

氷上歩行訓練

撮影:YAMA HACK編集部

ライター
吉澤
森林限界を越える雪山で必要な技術には、どんなものがあるでしょうか?

木元ガイド
必須技術は、主に下記の6つが挙げられます。

■歩行技術

(アイゼンを履かないで行う登り下り、キックステップなど)
■ピッケルワーク
(滑落停止、耐風姿勢など)
■アイゼンワーク
(フラットフッティングによる登り下り及びトラバース、前爪を使った登下降)
■雪崩対策
(雪崩地形の理解、ビーコン操作、アバランチギアによる掘り出し技術)
■ナビゲーション
(地形図、コンパス、GPSなどを駆使した現在地把握と進路確認)
■ルートファインディング
(雪庇など、地形から予測して危険箇所を回避する)

木元ガイド
まずは講習会などに参加してノウハウを教わり、徐々に実践経験を積みながら身に付けていくといいでしょう。

モンベル|雪山登山技術実践講習会石井スポーツ|雪山講習会好日山荘|雪山講座

【3】山選び|「無理をしないで山頂を往復できる」ルート

ライター
吉澤
専門的な技術が必要になると、急にレベルが高くなる気がしますね…。どんな山を選ぶのがいいでしょうか?
木元ガイド
専門的な技術は誰もがすぐに身に付けられるものではないので、無理は禁物。まずはピッケルとアイゼンワーク、防寒対策に集中できる山を選ぶのがいいでしょう。
ライター
吉澤
例えばどんなルートですか?
木元ガイド
オススメは往路と復路が同じピストンコースを選ぶことです。雪山でのナビゲーションやルートファインディングに慣れていないうちに下山が初見のコースを選ぶと、悪天候時にルートミスをする危険性があります。

冬の谷川岳

出典:PIXTA
ライター
吉澤
自分が歩いたトレースを辿れば、比較的迷わずに下山することができますね。
木元ガイド
それと、森林限界以上での行動がそれほど長くならないルートがオススメです。装備や技術のチェックを行いながら、トライ&エラーの気持ちでステップアップを目指せます。
ライター
吉澤
少しずつ森林限界以上の標高に慣れていく、といった感じでしょうか。それなら、雪山登山2年生もチャレンジしやすいですね!
木元ガイド
雪山でのコースタイムは、積雪量などその時々のルート状況によって大きく変わります。トレースがあれば無雪期のコースタイムよりも早く楽に登ることができますが、トレースがないと圧倒的に時間を要する場合がほどんどです。余裕を持った登山計画を立てましょう。

登山ガイドがオススメする「ステップアップルート」5選

雪山2年生のステップアップにオススメのルートの中から、今回は首都圏からアクセスしやすい5つを紹介していただきました。下山はすべて往路を戻ります。

危険個所やワンポイントアドバイスも紹介しているので、今シーズンの雪山登山計画の参考にしてみてください。

1 / 2ページ