【メーカー担当者にズバリ直撃vol. 2】 “自社ブランド以外”で愛用している山道具をベタ褒めしてください! <LA SPORTIVA>編

2019/11/03 更新

いつも山道具に触れている“審美眼”を持ったアウトドアメーカーの担当者たち。自身が山に行くときのウエアやギアは、どんな風に選んでいるのでしょうか。自社製品はもちろんですが、ライバルメーカーの製品を使う場面もあるのでは!? そこで今回は、<スポルティバ>のPR担当者を直撃! 実は愛用している「他社製品」をぶっちゃけてもらいました!

アイキャッチ画像提供:LA SPORTIVA

「実は、コレ愛用してます」な自社ブランド以外の山道具を教えてください!

ブランドを背負って自社製品の広報活動に日々励んでいる各メーカーのPR担当者たち。しかし、プライベートな山行では、ライバルでもある他のアウトドアメーカーの製品を使うこともあるのではないでしょうか?

LASPORTIVAイタリア本社
提供:LA SPORTIVA(北イタリア・ドロミテ山麓にあるスポルティバ本社)
メーカー担当者が自社ブランドの製品をおすすめするのは当然のこと。ならば、『実は愛用している他社の製品をベタ褒めしてもらおうではないか』というのが当企画なのです。

早速、実際に使っている“自社以外”の山道具を紹介してもらうべく、担当者を直撃しました!

▼第一弾<THE NORTH FACE>を直撃!

第二弾は、<LA SPORTIVA>のPR担当・徳島 恵さんがぶっちゃけ!

スポルティバジャパン徳島恵さん
撮影:YAMA HACK編集部
LA SPORTIVA PR 徳島 恵 さん
家族から「富士山なんて行けっこない!」と言われたことで山登りをスタートしました(笑)。それ以来、登山にドハマり。アルプスや八ヶ岳、地元大分では久住など四季を通じて山を楽しんでいます。一昨年からはクライミングもはじめ、今年からは沢登りにも挑戦。最近は妙義をはじめ西上州エリアのスリルある里山にハマり中。

ズバリ、愛用している他社製品は?

ブラックダイヤモンド ブリッツ28
撮影:YAMA HACK編集部(ブラック ダイヤモンドの「ブリッツ28」、1年半ほど愛用しているそう)
徳島さん
私が愛用しているのは、このバックパック。<Black Diamond(ブラック ダイヤモンド)>の「ブリッツ 28」です。

編集部 荻原
クライミング向けのパックですよね? 登山のときもこれを使ってるんですか?

徳島さん
登山とクライミングもなんですが、沢登りのときや通勤バッグとしても使っています。実は今日もこれで来ました(笑)。

編集部 荻原
ということは、ほぼ毎日このバックパック…だいぶお気に入りじゃないですか(笑)!

【ベタ褒めポイント①】使い勝手の良さがクセになる

ブラックダイヤモンドバックパックブリッツ28のパーツ&背面パッドを取り外したところ
撮影:YAMA HACK編集部(背面パッドの取り外しが可能)
徳島さん
クライミングロープを束ねてホールドできる小さめのザックを探していたところ、ブリッツを見つけました。

チェストストラップやウエストベルト、アックスを留めるベルクロ、背面パッドなどのパーツがすべて取り外せるので、用途に応じて軽量化したり、アレンジできるところが使いやすいんです。

編集部 荻原
クライミング向けのパックって、雨蓋とかサイドポケットとか余計な装飾がありませんが、山歩きでは不便だったりしませんか?


徳島さん
以前は雨蓋のあるザックを使っていましたが、雨蓋をほとんど使っていなかったんです。入れても地図とコンパスくらいで、だんだんいらなくない?って思いはじめて。

ブラックダイヤモンドバックパックブリッツ28
撮影:YAMA HACK編集部
徳島さん
ブリッツは1本締めでメイン気室にもすぐアクセスできるし、トップにポケットもあって便利! 私の使い方には雨蓋なしの方が合っていました。


徳島さん
登山の時はヒップベルトがある方が腰荷重ができていいと思いますが、クライミングをしているとハーネスとかギアをつけているので、パーツを取り外してアレンジができる方がいいんです。慣れてきちゃうと、登山でもなくてよくなっちゃいますね。

【ベタ褒めポイント②】軽量でいてタフな素材が◎

ブラックダイヤモンドバックパックブリッツ28の生地「ダイニーマ」
撮影:YAMA HACK編集部
徳島さん
ブリッツの生地は「ダイネックス」で、薄くて軽量なのに強度が高いので、ちょっとくらい乱暴に扱っても大丈夫(笑)。

編集部 荻原
扱いやすいのは嬉しいですね。

徳島さん
アルパインクライミングだと狭い場所とか岩で擦れるので、普通は繊維に傷がついちゃったりするんですけど、ブリッツはそれが全くないんです。

編集部 荻原
軽量なのにタフって、最高じゃないですか!

徳島さん
それから、使った後のメンテナンスがしやすいところもいいですね。生地が一枚の袋状なので、沢登りで泥がついたり臭くなったりしても、パーツを外してお風呂で洗いやすいですよ。

【ベタ褒めポイント③】デザインに一目ぼれ

ブラックダイヤモンドぶりいつ28
撮影:YAMA HACK編集部(ザック背面の上部に赤い持ち手ループがついている)
徳島さん
ザックって黒やネイビー、女性向けだとエメラルドグリーンとかパープルが多いですよね。そういう色があまり好きではなくて。このライトグレーに差し色の青と赤がかっこいいなって、一目ぼれです。

編集部 荻原
かっこよさがありつつ可愛さもありますもんね!


徳島さん
ブリッツは28Lと20Lの展開なんですけど、「ロックブリッツ」っていう15Lの小さいモデルもあるんです。実は、ブリッツが良すぎてロックブリッツも買ってしまいました(笑)。


スポルティバ徳島さん
提供:徳島さん
徳島さん
北関東の山が好きで、妙義山によく行きます。泊まるときは大きいバッグで行って、車で荷物をブリッツに入れ替えて登っています。


Black Diamond 公式サイト|ブリッツ28

<LA SPORTIVA>の今季イチオシも語らせて!

編集部 荻原
スポルティバの今シーズンのおすすめ商品もぜひ教えてください。

徳島さん
私のイチオシは、これです。



ゲイター付きアプローチシューズ「TX TOP GTX」

スポルティバTX TOP GTX トラバースX トップ GTX
撮影:YAMA HACK編集部
徳島さん
人気のアプローチシューズ“TXシリーズ”から、新作が出ました! 冬場の使用を想定したゲイター付きモデルです。

編集部 荻原
おぉ、なんだか新感覚のアイテム! 見た目もかっこいいですね。

冬にありがたい“こだわり”が満載!

徳島さん
登山道がぬかるんでいるときなどにゲイターをつけますよね? 「トラバースX トップ GTX」は撥水のゲイター付きで、しっかり足首に密着するので、その上にレインウエアなどを着てしまえばゲイターなしでOK!

ハイカットの登山靴だと、足を曲げたときにパンツの裾が靴に入り込んでしまったりするんですけど、それがないのもいいですね。

編集部 荻原
暖かさはどうでしょう?

徳島さん
保温材は入っていませんが、普通の登山靴に比べて足首周りの密着性が高いので、保温力も高いんです。

厚手の靴下を履いたり、足が冷えたときに指先を動かして血行を促せるよう考慮して、他のTXシリーズより指回りにゆとりのあるサイズ感になっています。


スポルティバTX TOP GTX トラバースX トップ GTX
撮影:YAMA HACK編集部
徳島さん
中はローカットのシューズになっていて、シューレースがクイックレースシステムなので、厚手のグローブやミトンのグローブをしたままでも一発でシュっと閉められます。

編集部 荻原
ゲイター部分もジップを上げるだけなので楽ですね。

徳島さん
標高の高い山では使えませんが、低山でちょっと雪がついているくらいの環境で使い勝手がいいですよ。春先のまだ寒い時期や雪の日のタウンユースにもおすすめです。


LA SPORTIVA オンラインショップ|トラバースX トップ GTX

愛用している山道具“ベタ褒め”リレー企画、次回は…

今回も普段はなかなか聞くことのできない、メーカー担当者が愛用している“他社製品”を知ることができました。いつも山道具に触れている審美眼を持った方々が、どんな風にギア選びをしているのか、興味深いですね!

次回予告

<スポルティバ>の徳島さんがベタ褒めしてくれた、<ブラック ダイヤモンド>を訪問! 担当者が愛用している他社製品とは!?

 

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

LA SPORTIVA(スポルティバ)
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 荻原
YAMA HACK編集部 荻原

YAMAHACK運営&記事編集担当。もともと旅行が好きだった延長で山へ登るように。山の魅力やワクワクするような山道具など、アウトドアにまつわるあらゆる情報をお届けしていきます。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!