【登山脳】を鍛えれば山がもっと楽しくなる!?「目標の山」がある人こそマネしたい考え方とは?

「登山脳」という言葉を聞いたことはありますか?山岳ガイドであり世界中の高峰に挑戦してきた笹倉孝昭さんが提唱するこの言葉。果たしてどういう意味なのかを直接聞いてみました。登山上級者こそ”自然に”できている「登山脳」は、初級者や登りたい山がある人にこそ意識してほしい考え方でした。


    あなたにとって目標となる山はありますか?

    剱岳
    出典:PIXTA

    「いつかは剱岳に登りたい!」「日本人なら富士山には登っておきたい!」「ヒマラヤの山に登りたい!」

    誰にでも、いつかは登ってみたい憧れの山があるのではないでしょうか?
    でも、一体どのくらいのレベルなのか、自分のレベルはどのくらいなのか……正確に把握している人はあまり多くないかもしれません。
    そんな時は「登山脳」を鍛えるのがいいかもしれませんよ?
    今回は、YAMA HACKでも記事の監修をしていただいている山岳ガイドの笹倉孝昭さんが提唱する「登山脳」について解説していただきました。


    「登山脳」って、一体なに?


    編集部
    青柳
    今回、笹倉さんからはじめて「登山脳」という言葉を聞いたんですが、一体どういう意味ですか?

    笹倉ガイド
    ランダムに思い浮かぶ「考え」を似通ったタスクに集約し、プロジェクトのモーメンタムを落とさずに動くことが出来る登山家は「登山脳」を備えているといえます。

    編集部
    青柳
    (なるほど・・・まったくわからん)

    笹倉ガイド
    簡単にいうと、登山ってただ道を歩いて山に登るだけじゃないですよね。登山道だけじゃなくて道がわかりにくい場所、分岐、岩稜帯もある。

    それって一つの謎かけ(=タスク)だと思うんですよ。

    編集部
    青柳
    「謎かけ」ですか。

    笹倉ガイド
    道だけじゃないです。予定した時間にたどり着くか?雲行きが怪しいのでは?など、登山をする上で、私たちはいろんな謎かけに遭遇し、最適な判断を下して最終的に山頂に立って無事に帰ります。

    登山脳というのはこれらの謎かけを解決するための登山ならではの考え方のようなものです。

    編集部
    青柳
    (なんとなく・・・多分、ちょっとだけ理解できた気がする)

    「将棋脳」「サッカー脳」があるなら「登山脳」もある!?


    笹倉ガイド
    「将棋脳」とか「オセロ脳」とか聞いたことはありませんか?
    盤上の状況から最適解を導きながらそれぞれのルールの中でクリアしていく
    サッカーだったら「サッカー脳」とか

    編集部
    青柳
    聞いたことがあります。だから登山は「登山脳」?

    笹倉ガイド
    登山も同じ。山の中という制約の中で無事下山をするためにあらゆる状況変化に対応していきますよね。

    編集部
    青柳
    そう言われると納得なのですが、でも、新しい考え方というよりは、すでにそういう考え方になっている人も多い気もしますがどうなんでしょう?

    笹倉ガイド
    そう。これはみんな自然にやっていることでもあるんです。
    今まで無事に登山を続けられている人っていうのは、さまざまな謎かけをクリアして今があると思うんです。


    編集部
    青柳
    謎かけというのは具体的にどんなものでしょうか?


    笹倉孝昭さん
    笹倉ガイド
    たとえば、このルートを10時間で歩きますということであれば、本当にそれが10時間で歩けるのか?というのも一つの謎かけ

    それに対して、【ペース】【歩行時間】のチェック。これらはすべて”時間管理”。
    「今の高さは?」とくればこれは【標高】という”地形の評価”になりますよね。

    あとは天気とか危険箇所、落石など色んな所に注意をはらいながら常に次に何をすべきか判断をしているわけです。

    編集部
    青柳
    なるほど。


    笹倉ガイド
    で、登山脳ってのは、これらの情報から似通った情報をまとめる考え方
    ランダムに出てくる謎かけに対して「あ、これは時間管理、これはペース配分だな」とか。

    KJ法という考え方があるのですが、それに近いイメージです。



    編集部
    青柳
    (け・・・KJ法・・・??)


    KJ法
    編集部
    青柳
    イメージとしては、岩稜地帯での雷や急な雨、メンバーの怪我など、状況を把握して次に何をすべきかを判断する。その素材となる要素が何なのかを瞬時に選び出して判断する考え方
    ・・・といった感じでしょうか?

    笹倉ガイド
    そうそうそう!頭の中でKJ法を行っているわけです
    でも登山にあらかじめ定められた正解はないわけですよね。天気は移り変わるし、来るメンバーも毎回同じなわけじゃない。だから常に現場における最適解を導き出す。

    登山脳をしっかり備えられている人はどんな状況にあっても最適解を導くことができるし、場合によっては計画通りに行かないアクシデントがあってもその場で最適な答えを導き出せると思うんですよ。
    アクシデント自体も謎かけみたいなものです。

    編集部
    青柳
    逆に夕方に下山してしまったり、水分補給のペースを見誤って足りなかったり・・・結果的に”登頂できてしまった”としても計画通りにいかないことってあるじゃないですか。そういうのは登山脳が足りてないってことになるんですか?

    笹倉ガイド
    そうですね。そして、登山活動が終わった時点で自分の登山が計画通りだったかどうか振り返って評価することがなければ、これも登山脳がないということになると思うんですよね。

    編集部
    青柳
    逆に、計画通りだったから「良かったね!」って感じで何も振り返らないというのも、登山脳があるとはいえなさそうですね。

    登山脳はPDCAの繰り返し

    登山計画書
    笹倉ガイド
    とはいえ、「今回はこれが良くなかったから次はこうしよう」とか、その逆ももちろん、判断基準って何かがないとできないじゃないですか。

    その基準となるのが「登山計画書」です。
    終わったあとに、計画通りに登山ができたかを振り返り、次の登山に生かしていく。まさにPDCAですよね。

    編集部
    青柳
    会社でよく使う、「Plan-Do-Check-Act」のPDCAですか?
    なんか、仕事っぽい・・・!

    笹倉ガイド
    登山を一つのプロジェクトとして捉えると、タスクがたくさんあって、そのタスク一つ一つを似通った項目でまとめてプロジェクトを推し進めていく。そんなイメージです。

    編集部
    青柳
    結構難しい作業のように思えてしまいます・・・。
    それに、初心者だと登山脳ってそもそも備わっていないと思うんですが、どうなんでしょう?

    笹倉ガイド
    最初はないと思います。だから、僕は登山という活動は登山脳を育てていくものじゃないかと思うんですよね。やればやるほどそういう課題を処理する能力が上がっていくと思うんです。

    将棋脳だって最初からではなくて何十回、何百回も将棋をする中で学んでいくんですよね。「これがこう来たらこう動くのが最良の判断だ!」みたいな。

    でも、棋士に「何十年も将棋やってて飽きないんですか?」って聞いて、飽きましたって、言う人はいないんじゃないかな。

    編集部
    青柳
    やればやるほど毎回違う課題や敗因が見えてくるから・・・?
    笹倉ガイド
    そう。それが新鮮でクリアしていく喜びがあるから何十年やってもまだまだ十分じゃないですよって言ってて、僕にとって登山ってそういうものなので。

    実際、ガイドとしていろんなお客さんに楽しんでもらいたいからこそ今でも毎回検証をして試行錯誤しますし、新たな発見があって楽しいですよ。


    編集部
    青柳
    ガイドとしては振り返ることにすごく価値がありそうですが、一般登山者視点ではどんなメリットがあると思いますか?

    笹倉ガイド
    一つは計画の精度が増すと思うんです。

    繰り返すことでリアルに近いプランニングができ、想定外のことが起きにくくなる。それでも計画通りに行くとは限らないですが、そういう時でも最適解を導き出す能力が明らかに上がってくるので、その部分では一般登山者にとってとても重要なことだと思います。

    編集部
    青柳
    アクシデントへの対応力やそれを未然に防ぐための力ですね。自立した登山というか。

    笹倉ガイド
    原則として自分たちで完結させるのが登山なので、その状況における最適解を導き出すことができるんですよね。
    編集部
    青柳
    いくら実力があっても救助に頼らざるを得ない場合もたくさんあるとは思いますが、自分自身で完結させるための選択肢は多い方がいいに越したことはないですもんね。

    自身がパキスタン・トランゴタワーで目撃した登山脳の大切さ


    編集部
    青柳
    笹倉さん自身が登山脳を鍛えていてよかったなと思う経験はありますか?

    笹倉ガイド
    私自身の話というより、優れた登山脳を備えている人たちを目の前で見てて、この人たちはそうなんだなと思うことはありましたね。

    編集部
    青柳
    どんな場面ですか?

    笹倉ガイド
    30年ほど前、パキスタンにあるトランゴタワーというところに遠征したんですが、常識的に考えて絶対に救出不可能な状況の中、自分たちでレスキューを行い、完結させた日本人のチームがあったんです。

    その時に彼らがとった行動とか意思決定のプロセスが、とにかくすごいなと。普通なら絶対助からないような状況からの生還でしたから。


    トランゴネームレスタワー
    撮影:笹倉孝昭(トランゴネームレスタワー)
    編集部
    青柳
    具体的に、どんな状況だったんですか?

    笹倉ガイド
    トランゴネームレスタワーに単独で登ったクライマー・南裏健康さんがパラグライダーで飛び降りて下山しようとしたんだけど、それが頂上から80mのところにある岩に引っかかってしまって、宙吊りで動けなくなってしまったんです。

    その岩塔に登るのに、そもそも約20日かけて登ってるんですよね。水も食料もなし。場所が場所だけにヘリでの救出も難しい。助けるなら自分たちが行くしかない状況だったんです。

    編集部
    青柳
    絶体絶命ですね・・・。

    笹倉ガイド
    はい。ただ、簡単な山じゃない。岩塔ですから。どのルートで、誰が、どうやっていくのか。そのあたりの戦略・戦術を考えるのも大変ですが、時間かけたらその間に死んじゃいますから。だからすぐに結論を出さなきゃいけない。でもそれがヤケになってはダメで、根拠をもとに決定する必要がある。

    そんな状況の中、隣の岩塔(グレートトランゴタワー)を登ったメンバーの木本哲さん、保科雅則さんがどのルートをから登って救助に向かうかをあっという間に見極めた。そして、2泊3日というとてつもない早さで登りきり、救助して降りてきたんです。

    編集部
    青柳
    すごい・・・

    笹倉ガイド
    僕は彼らをバックアプする立場だったのですが、それを見てて、一つ一つの意思決定のプロセスがはっきりしてるのと、決定したら怯まないし揺るがないのに感心しきっきりでした。

    普通、プロジェクト全体ってPDCAで回しますよね。しかし、動作や行動そのものはスピードが求められるので、まず観察、次に情勢判断。それに基づいて意思決定、そして行動というループを取り入れます。これをOODA(※)というんですけど、このループは登山行動中の意思決定プロセスとしてとても効果的なものといえます。登山全体はPDCA、その中で発生する一つ一つのタスクはOODAにもとづいているという風に考えられます。

    ※OODA:観察(Observe)、情勢判断(Orient)、意志決定(Decide)、行動(Act)の略称。本来は戦術だったが、ビジネスにも応用されている。
    次々と繰り出される専門用語に戸惑う青柳「え、なに?OODA?政府開発援助??」
    編集部
    青柳
    そ、それはつまり、スピード感が求められることにおいてはPDCAよりもOODAの方が長けているということでしょうか。

    笹倉ガイド
    そう、もともとOODAってスピードが要求される中での意思決定プロセスなんです。
    編集部
    青柳
    たしかに自分もよく考えたらOODAやってますね。まずは状況を整理して、最適な行動を導き出して判断し、次の動作につなげる・・・。

    笹倉ガイド
    そう、そうなんです。登山を長く続けている人はみんなやってるんですよ!(笑)
    それを「OODA」っていう言葉に当てはめているだけです。

    編集部
    青柳
    ちょっと頭が良くなった気がします(笑)
    ただ、その一つ一つの判断が正しいかは「死ななかったからよかったね」じゃなくて「もっといい方法があったんじゃないか?」っといった感じで繰り返さないと鍛えられないってことですよね。

    その山に登るイメージがわけば、それは照準に入ったということ

    編集部
    青柳
    ところで、先ほどのお話だと、登山脳が備わるほど登山計画の精度が増すということでしたよね。それって、
    「自分の実力だとこの山にはこのくらいのタイムで行けるだろう」とか、
    「ここの急登が苦しそうだから、行動食は多めに持っていこう」・・・みたいなイメージでしょうか。


    自分がその山で登山しているイメージがより鮮明になってきた
    ってことなのかなぁと。

    笹倉ガイド
    要は、山に対して積極的な関わり方をしているということですね。自分の経験値を理解しながら山のことを調べ、どういう登山をするか考える。山に対してとても積極的な考え方だと思います。

    逆に受け身な登山はただ付いて行っているだけで”登れてしまった”ような人。きっと下山後に振り返ったとしても積極的か受け身だったかで得るものが違ってくると思います。

    編集部
    青柳
    それ、かなりわかります!単純に、自分で計画を立てたかどうかで得るものも思い出深さも全然違います。

    山に積極的に関わることで、目標の山もイメージできるようになる!

    編集部
    青柳
    登山を始めたての人って、目標の山ありきで考えている人が多いと思うんですよね。
    “どこかで”登山をしたい」というよりは、「“剱岳”に登りたい!」みたいな。

    でも、自分にはすぐにそこに登れるのか?どんな技術がいるのか?がわからない人って多いと思うんです。
    そういった人たちに、登山脳の考え方って有効だなと思ったんですが。

    笹倉ガイド
    なるほど

    編集部
    青柳
    もしかしたら、はじめてでも剱岳に”登れてしまう”かもしれない。
    でも、剱岳の道やその険しさはよくわからない。

    だから、
    「剱岳は岩場が多いらしいから初級者向けの岩場が多い山に行ってみよう。」
    とか、自分がイメージできる登山計画をたてて繰り返すことで少しずつレベルアップすると思うんですよね。

    そうやって、剱岳への登山が実感として現実味を帯びてくるんじゃないかなと思いました。その頃が「登り時」なのかなと。

    笹倉ガイド
    まさにそうですね。その経験の繰り返しが登山脳を鍛え上げ、剱岳を現実的なものにしているのだと思います。

    「この山なら自分もいけるかも」と経験値に照らし合わせてイメージできれば、その山に登る資格というか「照準」はあっているのだと思います

    編集部
    青柳
    “登りたい山”がある人こそ、登山脳を鍛えてみると良さそうですね。

    登山脳を効率的に鍛えるには?

    編集部
    青柳
    とにかく何度も計画をして登山をしながら、そこで起きるタスクをクリアして登山脳を鍛える・・・のはわかるんですが、効率的に鍛える方法はないのでしょうか?

    笹倉ガイド
    私が使っているSUUNTOの画面は登山脳を育てる役割も持っていると感じています。

    編集部
    青柳
    いろいろな機能があると思うのですが、どの画面ですか?

    笹倉ガイド
    登山中のアクティビティ画面です。
    最初にお話ししたように、登山ではさまざまなタスクがランダムに出てきます。これらのタスクの判断に使う必要な情報を一度に表示させることができるんです。

    脈拍(=疲れ度合い)やペース、これからの高低差、現在の標高など、いちいち地図を開いたり、スマホで確認しなくても一瞬でわかる。
    青柳さんは時計を見る時ってどのくらいかかります?

    編集部
    青柳
    うーーん、かかって5秒くらいでしょうか?

    笹倉ガイド
    いやいや、2秒くらいじゃないですか?
    実際には山の状況を観察する方が重要ですし、急な岩場での落石の危険や雪崩、転倒の危険など、山の中では時計の画面よりも実際の山をしっかりと見るべきです

    SUUNTOの画面は行動時間やペース、全行程の中での自分の場所などすべてをほぼ一瞬で確認できます

    編集部
    青柳
    なるほど。私も使ってますが、ちょっと漫然と見るだけになっていたかもしれません・・・。

    笹倉ガイド
    登山というのは標高差があるスポーツなんです。だから距離だけじゃなくて「登りや下り、アップダウンの変化がどのくらいなのか?」も欲しいんです。

    「この先、まだきつい上りはあるのか?」を知りたいと思うことってありませんか?

    編集部
    青柳
    めちゃくちゃあります。思い当たる節がありすぎます。

    アクティビティ画面
    提供:SUUNTO
    笹倉ガイド
    それも全部わかるから、「もうあとは下りだけだな」とか「ここから急登だから少しエネルギー補給しなきゃ」といった判断ができるんです。

    編集部
    青柳
    それ、事前に知れるだけで安心感半端じゃないですね

    笹倉ガイド
    もちろん使い分けは必要だと思うけど、スマホ出すよりも紙の地図出すよりも、腕時計を一瞬見るだけで情報が得られるってすごく便利なんですよね。しかも、ルート作成もスマホでできちゃう。

    編集部
    青柳
    ルートを作成するのがカンタンなのも魅力ですよね。私も使っていて、地図上の自分の位置とか、高低差はビジュアルでなんとなくわかるので重宝しています。
    ただ、ペースやタスクに対してどんな情報が必要なのか、画面を一瞬見ただけではどう判断すればいいのか自信がないです・・・。

    笹倉さんは画面を見るだけでタスクに必要な情報を一瞬で把握できるんですか?

    笹倉ガイド
    はい。結局、普段気になっていることが画面に出ているだけなんです。
    「今、このくらいのペースかな?」と思いながら時計をチラ見して答え合せをしているイメージ。

    車だってそうです。カーナビを見ながら運転しないでしょ?
    山の中にあるさまざまなタスクは常に同時進行してるんです。それをサポートするのがこういった時計の機能。だから、一瞬で確認できるのは理想的だし、どんどん活用してほしいですね。


    ITEM
    SUUNTO9 Baro
    バッテリー駆動時間が長く、耐久性が非常に高いので登山、トレッキング、トレイルランニングに最適なモデル。標高や気圧の変化だけでなく、日没時間も表示。ナビゲーション機能も充実している


    SUUNTO9 Baroの詳細はこちら




    今回は山岳ガイドの笹倉孝昭さんに「登山脳」とそれを鍛えるためのSUUNTOの活用方法について解説していただきました。今年こそは登りたい山があるという人、いつも連れて行ってもらっているという人は、是非登山脳を鍛えてみてはいかがでしょう?あなたの自身の登山レベルが上がることで、より登山を楽しめるかもしれませんよ。もちろん、その時はSUUNTOをはじめとするツールも是非活用してみてくださいね。

    この記事を読んだ人にはこの記事もおすすめ!


    Sponsored by SUUNTO

    YAMAHACK 編集部
    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!