山向けの着物

着物姿でさっそうと走り抜けるこの男、何者?!山好きが作った究極の登山ウェアがやばい

山で見かけた着物姿の男。重い荷物を抱え、さっそうを走る姿に、「忍者!Ninja!」という声が。みなさんは「山で着物」ってどう思いますか?”暑そう…動きづらそう…山には向いてないでしょ。”そんなイメージを覆す、山用の着物「山着」が登場。その道のプロフェッショナル達が作るその山着は、夏の3000m峰でも対応している、超ハイスペックの登山ウェア。その全貌やこだわり、作成に至った経緯など、山着の魅力に迫ります。

提供:山着

「Ninja!!」そんな声が聞こえ、ふと振り返ると…

着物で登山

提供:山着

ある日の八ヶ岳。いつも通りに登山を楽しんでいると、後ろから「Ninja!Ninja!」という外国人の声。

「………忍者?」

不思議に思い振り返ってみると、着物姿の男性が。

提供:山着

背中に大きなザック、足元には地下足袋を履き、さっそうと下って行きました。

古くから信仰登山が行われてきた日本。今でも山中で修行をする修験道の行者や、四国のお遍路など、着物のような服を着て歩く姿を見かけることはありますが、どちらも「白」ベースの着物。さっきの黒い男性はなんだか様子が違うぞ…。

思わず声をかけてみると、実はこの着物を着ていた方、かなり本格的なヤバい方だったのです。

なんでこんな服作ったの?

山で見かけたこの黒い着物、みなさんが想像している着物とはワケが違います。
「山で着るために作られた」「山好きのための登山用の着物」、通称「山着(やまぎ)」。実は厳しい山の環境にも対応できる、ハイスペックな登山ウェアなんです。

山着を作る二人

撮影:YAMAHACK編集部(左:金子さん、右:山忍さん)

噂の山着を作成しているのは、RUMIX DESIGN STUDIO(ルミックスデザインスタジオ)店長・金子さんと、山忍さんの二人。RUMIX DESIGN STUDIOは、数多くの着物制作を行うデザインスタジオ。そして山忍さんは、先祖代々続く、歴史ある家系に生まれた古武術家。表と裏の世界を行き来する仕事人のため、顔出しNGという謎多き男です…。

編集部
川尻
さっそくですが…
スゴイ物作りましたね!正直「この人たち何やってるの?!」と驚いてます。

山忍さん
笑。そうですよね、他の人から見たら「変な人がいる!」ですよね。

金子さん
本人たちはいたって真面目なんですけどね。笑

編集部
川尻
ありきたりな質問かもしれないですが、、なんで作ろうと思ったんですか?

山忍さん
聞いちゃいます??僕が欲しかったんです。
その時に「作れる?」って試しに金子に聞いたら、「作ってみようか」って。

編集部
川尻
え………。

山着の金子さん

撮影:YAMAHACK編集部

金子さん
話を聞いたら「面白そう」って思って。何気ない会話から、トントン拍子にここまでスムーズに来たよね。

山忍さん
たしかに!最初の構想から、ほぼ修正なくリリースまできたよね。

編集部
川尻
思つきからの、ほぼ修正なし……。

そうです、この二人。ふざけているようで、かなりのプロフェッショナルだったんです。

山着の原点にある”動き”

山忍さんは高校山岳部出身。登山者なら憧れる数々の名峰をいくつも踏破している、ゴリゴリの登山者なんです。その後も登山を続け、様々なアウトドアメーカーの登山ウェアを着ていくうちに、いくつかの想いが芽生えてきたと言います。

1 / 3ページ