羊蹄山

雪山を時速100kmで滑走!ドローン×トップアスリートによるクレイジーすぎる挑戦が凄い!

THE NORTH FACEアスリートでありプロスキーヤーの河野健児さんが北海道は羊蹄山にて行った一筆書き滑走。その挑戦をドローンをはじめとした革新的な撮影ギアを展開するDJIが追いかけたムービーが公開されました。

最近でこそ目にすることが多い、山でのドローン撮影。従来は難しかったアングルでの撮影が気軽にできるとあって少しずつ認知され始めてきていますが、なんとこの度ドローンの大手メーカー【DJI】とアウトドアメーカー【THE NORTH FACE】がタッグを組んで、新たな挑戦を敢行しました。

<以下、挑戦の様子を綴ったDIYer(s)の記事をお届けします!>


 

まずは今回の挑戦をまとめた動画をご覧いただこう。

THE NORTH FACE & DJI – 「EXPLORING A DIFFERENT ANGLE」

THE NORTH FACE & DJI – メイキング映像「EXPLORING A DIFFERENT ANGLE」

「EXPLORING A DIFFERENT ANGLE=まだ見た事ない未来のアングル」というテーマに製作されたこの作品。物語の主人公はTHE NORTH FACEアスリートでありプロスキーヤーの河野健児さん。そして、舞台は世界的にも良質なパウダースノー(粉状の雪)が積もることで知られ、ウィンタースポーツを愛する人に注目される北海道。その広大な土地の中で凛然とそびえ立つ“羊蹄山”にて一筆書き滑走に挑戦したストーリーです。
DJIのドローン“Mavic Air”が追いかけたTHE NORTH FACEアスリート
標高1,898m、富士山に似たその面持ちから蝦夷富士とも呼ばれています。
DIYer(s)ではお馴染みのnozawa green fieldの運営も行う河野健児さん。
人工的に作られたリフトで登り、整備されたゲレンデを滑るのではなく、自然の山中を自らの足で登り、手つかずの新雪と触れ合うことが出来るバックカントリースキー。聞こえはいいかも知れないですが、今回の羊蹄山も登頂までにプロでも6時間。頂上に近付くに連れ、強風に襲われるなど危険も伴います。
DJIのドローン“Mavic Air”が追いかけたTHE NORTH FACEアスリート
強風に吹かれた雪は硬くなり、アイゼンを装着して1歩1歩踏みしめながら登らなくてはならないんです。
そして、6時間の登頂にもかかわらず、滑走は2分間で一気に滑り降ります。「山で100km/hは危険ですね」と河野さんが語るように生身では考えられない速度での滑走は日頃から心身ともに鍛えるプロだからこそ成せる技です。

1 / 2ページ