スノーモンスター

雪山装備なしでもOK!?世界でも珍しい『アイスモンスター』を見に行こう!

2022/01/19 更新

「雪山に登ってみたいけど、自分で登れるか不安」「装備を揃えるのも大変そう」そんな理由で雪山の絶景を諦めていませんか?今回は、アイゼンやピッケルなどの特別な雪山装備がなくても楽しめて、限られた一部の地域でしか見ることができない珍しい絶景スポットを紹介します。冬のシーズンは山に行かないなんて人も、これをきっかけに雪山の景色を楽しんでみてください。

目次

雪山の景色は見たいけど、登るのはちょっと・・・。

雪山 登山

出典:PIXTA

「一面に広がる白銀の世界」などの、雪山でしか見られない景色には興味がある。でも、登るにはアイゼンとかピッケルとかいろいろ揃えないといけないし、そもそも自分のレベルで登れるかも不安。

そんな理由で、雪山の景色を諦めていませんか?

雪山装備なしでも見られる絶景も

アイスモンスター ロープウェイ

出典:PIXTA

もちろん冬の山なので防寒対策は必須です。ですが、ロープウェイなどを利用することでアイゼンやピッケルなどの雪山装備がなくても、雪山の絶景を楽しめる場所があるんです。

しかもその景色は、世界でも一部のエリアでしか見られない珍しいものなんです。

巨大な雪の怪物!『アイスモンスター』

スノーモンスター

巨大な白い雪の怪物。この怪物がなにかわかりますか?
実はコレ、限られた気象条件のもとでしか見ることのできない、世界的にも貴重な自然現象なんです。

怪物の正体は巨大な樹氷

樹氷

出典:PIXTA

この巨大な雪の怪物の正体は「樹氷」と呼ばれるもの。おおよそ氷点下5℃以下に冷却された水蒸気や、過冷却の水滴(0℃でも凍らない水)が風に乗って樹木に吹きつけられて凍ったものです。

その中でも、東北の奥羽山脈の一部の山域(八甲田山、八幡平、蔵王、吾妻山)などに見られる巨大な樹氷が『アイスモンスター(スノーモンスター)』と呼ばれています。

どうして一部の地域だけ大きくなるの?

アイスモンスター

出典:PIXTA

樹氷がアイスモンスターと呼ばれるくらい巨大になるには、以下のような条件を満たしていることが必要です。

①常に気温が低く、一定方向から強風で雪が吹きつけられる
②氷や雪が付きやすいアオモリトドマツなどの、常緑針葉樹が自生している
③アオモリトドマツが自生できないほど、雪が降りすぎない

このような条件が揃っているため、東北地方の樹氷は他の地域よりも大きくなるのです。

アイスモンスターが見られるエリアはココ!

ここでは、アイスモンスター観賞におすすめのエリアを紹介。今回は自分で雪山を登らなくても、ロープウェイや雪上車などで樹氷群を観賞できる場所をピックアップしました。

1 / 2ページ