フリースVSダウン!冬の登山の保温ウェアはどっちが良いの?

2018/11/02 更新

寒い季節になってくると必要になってくる保温用のウェア。人によってダウンだけを使ったり、フリースだけ使ったりと、さまざま。どちらも保温用のウェアとして使われるため、その違いを詳しくわからずなんとなく選んでいるという人も多いみたいです。今回は寒い季節の必需品であるフリースとダウンの違いについてみていきましょう。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

フリースとダウンってどうやって使い分けたらいいんだ・・・

ダウンとフリース
撮影:YAMA HACK編集部
寒い時期の登山に欠かせない保温ウェアといえば、フリースとダウン。どちらも登山の持ち物リストに入っているから、今まで両方持って行っていた。だけどフリースしか使わなかった、ダウンしか使わなかったなんて人も多いのではないでしょうか?

もちろん厳しい寒さの雪山であれば両方持っていく必要があるのはわかるけど、できれば余計な荷物は増やしたくないというのが正直なところ。どうにかできないものでしょうか?

結論:登山スタイルや好みで使いわけよう!

ノースフェイス 重ね着 これを言ってしまっては元も子もないと思うかもしれませんが、無駄な荷物になってしまっているのは、2つの保温ウェアの違いをきちんと理解してないからかもしれません。

フリースとダウンは同じ保温ウェアといっても、実は特徴も使いかたも違います。なのでフリースとダウンを選ぶポイントを理解して、自分にとって正しい選択をするのが◎。

上手に使い分けられるようになるため、保温ウェアに欠かせない『暖かさ』『持ち運びやすさ』『使いやすさ』の3つの視点でフリースとダウンを比べていきましょう。

ダウンという言葉は水鳥の綿毛を使ったものと化繊を使ったものをさすことも。ここでは、ダウンを水鳥の毛を使ったもの、化繊ダウンを化繊を使ったものとして比較していきます。

対決①暖かさで選ぶなら?

保温のためのウェアを選ぶのだから、あたたかさは大事なポイント。フリースもダウンも暖かいのですが、保温力の高さに差があります。選ぶ時のポイントは行動中や休憩中など、どんなシーンで使おうとしているかです。
項目フリースダウン化繊ダウン
保温性
防風性
通気性

保温力はダウンが優勢

ダウンジャケット 保温力を決める大きなポイントは、空気をどれくらい溜め込めるか。ウェア内に空気の層があることで熱が逃げにくくなり、暖かさを保つことができます。

ダウンは素材に綿毛を使っているため、空気を含みやすく保温性が高いです。防風性も兼ね備えているなど、暖かい空気を保ちやすい構造となっています。

でも本当にその暖かさ必要?

ダウン 「だったら、ダウンだけでいいじゃない」と思うかもしれませんが、ダウンをきて行動した場合、小まめにウェアの脱ぎ着をしないとあつくなりすぎて汗をかき、体が冷えてしまうことも。ウェアの中で汗をかくことにより、内側からダウンが濡れて、その結果ダウンが膨らまなくなり保温力を失うこともあるんです。

その点フリースは濡れても温度が下がりにくく、通気性も確保されているため、行動中などの体からの発熱があるシーンでの着用に向いています。

フリースでも注意が必要

モンベル 出典:mont-bell
保温性があって風も通してくれるフリースは、行動中に重宝するアイテム。ほとんどの時間動いている日帰り登山などであれば、フリースだけでも十分対応できることがあります。

ただ、冬山などの厳しい環境では、保温力に物足りなさを感じることがあるのも事実です。今後、宿泊や雪山での登山を考えているのであれば、ダウンは必ず準備しておきましょう。

対決②持ち運びやすさで選ぶなら?

登山では、軽くてコンパクトに収納できることは大きな魅力です。ここでは暖かさ以上に違いがでました。
項目フリースダウン化繊ダウン
軽さ
収納性

軽さとコンパクトさは圧倒的にダウン優勢

ダウンとフリース 重量比較
撮影:YAMA HACK編集部
編集部員の使用しているアイテムで比較したところ、ダウンがフリースの約半分の重さでした。
ダウンとフリース 収納性比較
撮影:YAMA HACK編集部(比較に使用したフリースは、毛が長めなのでフリースの中でも分厚め)
持ち運びの状態にするとその大きさの差は歴然。ダウンは空気を抜くとかなり小さくなるため、コンパクトに収納できます。
保温のウェアは休憩中のみの使用が多いため、基本ザックに入れる時間が長くなります。休憩時のみに着る場合は、コンパクトにできるダウンがおすすめです。

フリースはダウンと比べてかさばりますが、行動中にずっと着用しているのであれば収納性に関しては気にする必要はありません。
ただし、行動中は体温が上がり頻繁にレイヤリングをします。最初から最後までフリース着ていることは、多くありません。荷物のスペースに余裕がない場合は、ダウンの方が収納しやすいのでオススメです。

対決③気軽につかいやすいのは?

登山では、ウェアが破れたり、濡れたりすることも考えられます。なので、動きやすさや濡れに対しての強さも重要です。
項目フリースダウン化繊ダウン
濡れへの強さ
ストレッチ性

使いやすさはフリースに軍配が

ウェア着用時の動きやすさを重視するのであれば、フリースが一番。適度な保温性を持ちつつ、登山中の動きをジャマしないウェアを選びたい時にピッタリ。汚れてもダウンほどメンテナンスに気を使わなくても良いので、ガンガン使えます。

ダウンは濡れや破れに要注意

マムート ダウンジャケット ダウンは厳しい寒さの環境で大活躍するアイテムです。しかし濡れたり、破れたりすると保温力がなくなるため、使用には注意が必要。雨が降ってきたらダウンを濡らさないように、すばやくレインウェアを着ましょう。

フリースとダウンを使い分けて、快適な登山を!

フリースとダウン
かなり寒い雪山に行くのであれば、リスクヘッジのためにフリースもダウンも必ず持っていくようにしましょう。
しかし、条件によってはどちらかだけでも対応できる場合もあります。

【フリース】
雪のない日帰りなどの【行動中心】の登山であれば、フリースでもOK!破れや濡れを気にせずにすみ、手入れも楽なので、ガシガシ着ることができます。
泊まりや雪山など、保温力が重要な場合は必ずダウンを持っていきましょう。

【ダウン(化繊ダウン)】
行動中は使用せず、休憩中の使用が多いのであれば持ち運びやすいダウンがおすすめ。

ウェアを選ぶ時は、山、地域、気温、標高、雪の有無、コースタイムなど、自身の登山計画に合わせて必要なウェアを選択するようにしましょう。そうすることで不要なものを減らすこともできます。

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ダウンVSフリース
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!