都会の山小屋!? “何度も通いたくなる” と噂の山道具店『Kadoya』を直撃!

2018/10/21 更新

神奈川県横須賀市に、1度足を踏み入れたら何度も通いたくなってしまうと噂の山道具店があるのを知っていますか? インターネットで何でも手に入り、世の中には大型アウトドアショップもひしめく中、 都心から1時間ほど離れた場所に佇むその店に、密かに通う山好きが多いのだとか。そのワケを調査すべく、編集部員が直撃取材! アウトドアフリークがハマってしまうという山道具店『Kadoya』の魅力に迫ります。

アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部
都心から電車で約1時間。神奈川県横須賀市に、山好きが密かに通う山道具店があるのをご存知ですか?

米海軍基地があり、独自の文化が根付く横須賀。そのディープな雰囲気を味わえる“どぶ板通り商店街”に、その店はあります。

心躍らずにはいられない山道具店『Kadoya』

アウトドアショップKadoya
撮影:YAMA HACK編集部
Kadoyaは店内にバーを併設したアウトドアショップ。暖色系の明かりが漏れ、木の温もりを感じさせる佇まいは、山小屋のよう。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
店内には所狭しと山道具がずらり。ザックやシューズ、ウエア、小物類など、店主が実際に使ってみて、使いやすいと感じた山道具が並んでいます。子供の頃に通った駄菓子屋のように、見ているだけでも楽しい空間です。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
パタゴニアやアークテリクス、オスプレーなど、取り扱いブランドも多岐にわたり、まるで山道具の宝箱。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
「どこに何があるのか分からない。でもなんだかいい道具に出会えそう!」そんなワクワクを感じられるのも、Kadoyaの魅力のひとつです。これでもかと物欲を刺激してくるから注意が必要。

しかし、この店がアウトドア好きを惹きつける理由はそれだけではないんです。

山好きが、何度も『Kadoya』に通ってしまう本当のワケ

「どうやらKadoyaには、知る人ぞ知る“名物店主”がいるらしい。」

そんな噂を聞きつけた編集部員。これだけの山道具を揃えているのだから相当なアウトドア好きには違いありませんが、いったいどんな店主なのでしょうか。気になったので、実際に会いに行ってみることにしました。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
ドキドキしながら店内に入ると、奥のカウンターに一人の男性が。モンベルのラガーシャツをラフに着こなし、同色のキャップでまとめた超絶オシャレなこの方こそ、Kadoyaの店主・角(かど)さんでした。

恐る恐る話かけてみると…

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
「(あれ、怒ってる…? )」

アウトドア好きの“名物店主”というから、底抜けに明るいキャラクターなどを勝手に想像していた編集部員。しかし、実際にそこにいた店主は笑顔ひとつ見せてくれず、鋭い眼差しだったものだから、しばし困惑…。

「いや、ここで屈してはいけない!」と角さんのことを知るべく、これまでどんな風にアウトドアと関わってきたのか、お話を伺ってみました。

Kadoyaの店主角さん
撮影:YAMA HACK編集(『Kadoya』の店主・角さん)

30歳を前にドロップアウト。

高校時代から山岳部に入って山をやっていたんで、年間何十回も行くわけじゃないけど、もともと山が好きだったね。いつかは山道具の店なんかもやってみたいなと考えてた。学生を卒業してからは就職して、何社かの会社に入って。30歳ちょっと前にドロップアウトして、地元の東京目黒から単身で湘南に。

葉山の方にずっと住んでいたんだけど、あっちの方って会社がいっぱいあるわけじゃないから、設備関係の設計担当だとか、いろいろやったね。それをやりながら横須賀に、ここからちょっと行ったところに上町(うわまち)というところがあって、小さな飲食店と今のKadoyaと同じようなもっと小型の店を始めたの。

山に行けなかったからこそ、都会の山小屋を。

最初から飲食店と山道具は一緒にという想いはなんとなくあって。それはね、人が山小屋に集まるような雰囲気の。とにかく、自分で牡蠣の燻製だとかからすみだとかを作っていたんですよ。それをお客さんに出しながら「おいしいね」って話したりして。仕事をしていた頃は、本当に山に行かない時期だった。そんなに山に行けなかったから、そういうことをやっていたかったんだろうね。
 
アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部(「角にないけどKADOYA、名前が角だから。まぁ、いろいろ考えたけど、結局思いつかなかったからね。」と角さん。)

お店には自分の好きなものを。

ここに移転したのは28年くらい前かな。ここって米軍向けのスーベニア屋さんがほとんどなんだけど、そんなのはやりたくなかった。そしたら、好きなものを置くしかないよね。好きなものに囲まれてるのが一番。仕入れるときのポイントは直観というか、自分で使ってみて使いやすいやつだね。

いろんなお客さんといろんな話を。

お客さんはアウトドアが好きだったり、山やクライミングやっている人もいるし、ふらっと覗いてくれる人もいて。

山へ行ったっていう人がいれば、どんな感じだったか聞いたり、行くっていう人がいれば、「あそこはこうでこうだ!」って教えたり。知ってる範囲だけどね。うちで売ってるもので、こんなものが使いやすいよとか。前はちょっとだけツアーをやっていたことがあって、そのときはもっと山の情報交換ができていたかな。今はバーの方でみんなで話したりね。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部(釣りが大好きだけど、釣具屋にはなろうと思わなかったという角さん。「あれは細かいから…」だそう。)

今も山に行く、釣りが大好き。

もう70歳を超えまして、最近はイージーハイクが多いかな。それでも山に入って、岩魚釣りをしたりとか、1週間くらいの縦走とかはするね。あんまりシビアなところまではしないけど、気をつけなきゃいけない体になってきちゃったんで。

アウトドア全般が好きだから、家でも薪を割ったり、薪を集めにその辺の山を駆けずり回って伐採しにいったりね。春から初夏にかけては山に入って山菜をとってきたりとか、岩魚の燻製を山で作ってきて、それをバーで出したりするわけ。

今後は好きなことをやりたい、もう歳だから…。

この店も好きなことのひとつだけど、もうちょっと好きなことを“自分がやりたい”かな。もっと外に行きたい、自分の本当のところに行きたいって感じ。

どっかでゆっくりと自分の住み家みたいな、渓流そばのいい場所で、焚火をしながらゆっくり。重たい荷物を背負わずにのんびりと落ち着いて。

KADOYA角さん
撮影:YAMA HACK編集部(「角さんがちょっと笑った!」編集部員がこの日一番嬉しかった瞬間。)
一見すると不愛想ですが、真剣に話を聞いて応えてくれる角さん。お客さんの山道具選びの相談に乗るときもこんな感じなのだろうと容易に想像ができました。

穏やかに、そしてちょっぴりボソボソと話す角さんには、不思議なあたたかさがあるんです。そして本当に自然が、アウトドアが大好きなんだということがヒシヒシと伝わってきます。

いくつになっても山遊びを楽しんでいるからでしょうか、メガネの奥のキラキラとした目も印象的。今日初めて会い、1時間程度話しただけなのに、「角さんの話をもっと聞きたい」「いろんなことを角さんに教えてほしい」とすっかり魅了されてしまいました。角さんは、“隠れ人たらし”に違いありません!

そのことは、カドヤのバールのマスターを務める中谷さんも話しています。

カドヤのバール横須賀
撮影:YAMA HACK編集部(『カドヤのバール』マスター・中谷さん。)

もともと僕は、ここの常連だった。

僕はここがオープンしたときから常連で。30歳くらいだから、30年くらい前かな。この店がオープンするちょっと前からハイキングや低山ハイクをしていたんです。そのうちKadoyaがオープンして、「地元にアウトドアショップができたんだ!」って覗いたのが角さんとの出会い。角さんが精力的に山に登ってるという話を聞いていたから、本格的に山に登るんだったらどういう道具がいいとか、どこの山に行ったら面白いとかの情報を教えてもらっていました。

当時は角さんが意外と人見知りで、店をやっている人にしては全然愛想がなくってね。今でも親しい人たちはみんな言ってるの、「不愛想だし、感じ悪かったよね」って(笑)。でもね、どこか愛される感じがあって。付き合えば付き合うほど味があって、不思議と通っちゃうんだよね。

サラリーマンを辞めたのが5年前。

ずっとサラリーマンをしていたんだけど、もう区切りをつけようと思ったのが5年前。その頃は、バーも角さんが1人でやっていたんです。バーの方をやるときは、ショップをアルバイトの人に任せたりして。週末にどこかに出掛けても、よくここに飲みにきていました。

それまで何年間か考えてはいたんだけど、会社を辞めるなら今かなと。それこそ職場で「辞めます」って言ったあとに角さんに電話して、「バーコーナーやらせてくれない?サラリーマン辞める!」と伝えたのがスタート。「いいよ、じゃあ直接話をしよう。」と角さんが言ってくれて、食べていかなきゃいけないしということで、バーのマスターになりました。

カドヤのバール
撮影:YAMA HACK編集部(古民家の大黒柱で作ったイスなど、バーコーナーも木の温もりが溢れる。)

Kadoyaは毎日顔を出しやすい場所。

山道具をインターネットで購入したり、人とコミュニケーションを取ることを嫌う人が増えてきてはいますよね、若い人に限らず。その点Kadoyaは、山小屋みたいな近い距離感で話をできるし、こういうバーコーナーもある。たまたま居合わせたお客さん同士で盛り上がっていることもあります。毎日山道具を買う訳じゃないけど、でも毎日飲むでしょ? だから本当にいいところを作ってくれたよね。

もっともっと気軽に立ち寄れる場所に。

ガンガンにアウトドアをやる人じゃなくても、気軽に訪れることができる場所にしていきたいね。グッズもウエアもデザインも色ももちろん、機能性ももっと知ってもらって、普段にも使ってもらえる品揃えと、そんなやりとりができればいいなって。

結構ね、バーだけにきていたお客さんがアウトドアに興味を持ってくれることもあるんですよ。登山まではしなくても、山道具に興味を持ってくれたり、アウトドアウエアを普段から着てくださったり。Kadoyaはいろんなブランドを置いているから、「このメーカーにはこういう良さがあるんだよ」っていうのを、着てもらって、使ってみて、感じてほしいんです。こういう店があったから、僕は週末が楽しみでしたよ。

山好きが密かに通う山道具店は、愛され店主のいる下界の山小屋だった。

カドヤのバール
撮影:YAMA HACK編集部(『カドヤのバール』には畦地梅太郎さんの版画が数多く飾られている。)
自然を感じられる店内、アウトドアフリークを刺激する山道具、見ず知らずの人ともすぐに打ち解けられるバーコーナー。そしてなにより、味のある店主の存在。不愛想だけど実は優しくて、面倒見が良いその人柄に惚れずにはいられないはず。そして、悠々自適にアウトドアを楽しむ“生き様”は「こんな風に歳を重ねたい」と多くの山好きの憧れでもあるでしょう。

アウトドアショップKADOYA横須賀
撮影:YAMA HACK編集部
つまり、何度も足を運びたくなってしまうのは、居心地の良さともちょっと違う、独特の“Kadoyaワールド”に一気に惹き込まれてしまうから。これは大型店舗やネットショップでは、決して味わうことができないもの。まるで山小屋のように、Kadoyaは多くの人の憩いの場であることは間違いありません。

【あとがき】

中谷さんと角さん
提供:中谷さん
角さんについての話をするときの中谷さんの楽しそうな姿から、長い付き合いの中での信頼関係や愛情の深さが伝わってきました。

こういう店をやっていると自身が外にでる時間がどうしても減ってしまいますが、それでも年に数回、二人で一緒に岩魚を釣りに行くとのこと。この日はラッキーなことに、新潟で釣ってその場で作ってきたばかりの“岩魚の焼き枯らし”を『カドヤのバール』でいただくことができました。

カドヤのバール
撮影:YAMA HACK編集部([左上]釣った岩魚を焚火に6時間ほど当てて作る“岩魚の焼き枯らし”。ハンモックで揺られながら、お酒を飲んで出来上がりを待つ時間も至福だそう。)
カドヤのバールは、お酒や食事のメニューが豊富。地場産品の食材を使ったマスターオリジナルの料理はどれもおいしく、季節の味を楽しめます。

カドヤのバール
撮影:YAMA HACK編集部(手作りのお酒も並び、テイクアウトもできる。)
山道具を眺めながらお酒を飲めるなんて、もっぱらのアウトドア好きにはたまりません。「気をつけて!飲んじゃうとね、いるんだよ。飲んだ後に、やっぱりアレも買って行こうかなってなる人(笑)」とマスター。

アウトドアショップKADOYAのオリジナルスエット
撮影:YAMA HACK編集部(半身のプリントがかわいいKadoyaオリジナルのスウェット。Tシャツもある。)
そうして編集部員もついついKadoyaオリジナルのスウェットを買ってしまいました。釣った魚の原画をほぼ角さんが描き、「俺が角さんに連れて行ってもらった川の色はこれと違う、この色だ!」なんて言いながら、背景の川の色は中谷さんが決めたそう。

アウトドアショップKadoya
撮影:YAMA HACK編集部(最近スマホを買ったばかりの角さんに、僭越ながらYAMA HACKの見方をレクチャー。「俺はガラケーでいい。」って言っていたのに、ある日突然スマホを買ってきて、中谷さんに得意げに見せてきたのだとか。想像するだけで微笑ましい。)
「本当はこういう取材も好きじゃないし、雑誌なんかもよく来ましたけど、ぜーんぶ断ってたから。とにかくあんまり目立ちたくない。」と言いつつも、気さくにお話してくださった角さん。そしてその様子を温かく見守ってくださっていた中谷さん。お二人に会いに、そして山道具選びの相談をしに、編集部員もKadoyaに通うことになるでしょう。

アウトドアショップKADOYA
撮影:YAMA HACK編集部
OUTDOOR SHOP KADOYA/Kadoya no Bar(カドヤのバール)
住所:〒238-0041神奈川県横須賀市本町2-8
電話番号:046-827-8957



OUTDOOR SHOP KADOYA/Kadoya no Bar(カドヤのバール)

【アウトドアショップに関する記事をよむ】
▼MoonlightGear 服部さん

▼Hiker’s Depot 土屋さん

【山小屋に関する記事をよむ】
▼赤岳鉱泉

▼黒百合ヒュッテ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

アウトドアショップKADOYA横須賀
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!