山に行くと“おなら”が頻発! 登山あるあるのワケを医師に聞いてみた!

「登山に行くとなんだか“おなら”がよく出る…」と感じたことはありませんか? 今回は、山好きの間で話題に上がることも多いこの謎を解明すべく、『おなら』にまつわる疑問を医師にぶつけてみました。実は、山でおならが頻発することを表す医学用語まであるらしい!? おなら対策として知っておきたい豆知識もご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

3コマ漫画 「登山あるある~お・な・ら~」

2人の登山者2人の登山者2人の登山者
撮影:YAMA HACK編集部
登山に行くとなんだかよく“おなら”が出ると感じたことはありませんか? 仲間と話していると、「俺も!」「私も!」という声が上がってきます。山で“おなら”が頻発するのには理由があるのか、はたまた偶然なのか気になるところ。そこで今回は『登山とおならの関係』を医師に訪ねてみました。

山では回数が●倍に増える!? “おなら”の不思議を医師が解説

おしりを押さえる人
出典:PIXTA

どうして“おなら”は出るの?

体内には、口から入ったガス(空気)と腸内で発生したガスが常に溜まっています。このガスを体外に排出するのが“おなら”です。

おならの仕組み
出典:いらすとや(編集:YAMA HACK編集部)
“おなら”には2種類あるのを知っていますか? 1つは、大腸の前半で善玉菌が炭水化物を分解するときにできる『発酵型』。もう1つは、大腸の後半で悪玉菌がタンパク質を分解するときに生じる『腐敗型』です。強烈な臭いを放つのは後者の方。臭い・臭くないの差は、ガスの発生要因によるということです。

登山中は“おなら”がいつもより出るのは気のせい?

登山者
出典:PIXTA
「山に行くとなんだか頻繁におならが出るな~」「登山中はお腹が張るな~」という感覚は気のせいではないんです。大きく以下の2つの要因が重なり、ガスが溜まりやすくなっていることが考えられます。

【1】低圧による腸内の膨張
低圧ではあらゆる気体が膨張。標高が高く気圧の低い山では、腸内のガスも同様に膨らんでしまいます。お腹に張りを感じるのはこのため。

【2】登山中のストレスによる消化系活動の機能低下
腸は常に開いたり閉じたりと動くことで食べ物を流し、消化活動をしています。しかし、“Fight or Flight”といわれるのですが、戦うか逃げるかのような状況では交感神経が働き、状況判断にエネルギーを集中。消化活動が抑制されるんです。登山では少なからず緊張状態になっていることがありますよね? そんなときは、消化系の活動機能が低下していることも。逆に、危機を逃れてリラックスすると、副交感神経が優位となり腸の働きが活発になります。

医学雑誌に載った“山とおなら”の研究がある!

研究者
出典:PIXTA
高山病の症状では肺水腫など命の危険に関わることばかり研究されてきたので、命には関わらない“おなら”の研究はあまりされていないのが事実。しかし、医学雑誌に載った研究で、山とおならにまつわる症状にもきちんと名前がついているんです。

その名も、医学用語で「HAFE(ハフェ)」

医学雑誌
出典:PIXTA
高所で“おなら”が増えることは昔から経験的に認知されており、アメリカでは“Rocky Mountain barking spiders”と言われています。

高山病はMild Headache(軽い頭痛)から重篤なHigh Altitude Cerebral Oedema (HACE)[高所脳浮腫]、High Altitude Pulmonary Oedema (HAPE)[高所肺水腫]といったものが知られていて、医学的にも研究されています。

そして1981年、テンプル大学のアウエルバッハ博士とコロラド大学のミラー博士は[高所で放屁が増えること]をHigh Altitude Flatus Expulsion(HAFE)と名付けました。

標高1,500m程の上昇で、“おなら”の回数が2倍以上!

2013年、オーストラリアのマンスフィールドメディカルクリニックの医師であるグラハム・スレーニーたちが発表した論文に、おもしろい実験の数値が載っています。

スレーニーらは中程度の高度の山でもHAFEは増えるのではないかと考え、2012年7月、高度が上がったときにどのくらい“おなら”が増えるかを調べました。その結果、マンスフィールドからブラー山まで1,500m上がるだけで、“おなら”の回数が2.3倍になるというデータを発表しています。

ちょっとでも“おなら”を減らすなら?

ガスがたまりやすい食べ物
出典:いらすとや(編集:YAMA HACK編集部)
標高が上がると“おなら”の回数が2倍以上に増えるとは驚きですよね。登山者が多い場所で急に音が出てしまったらと思うと、ちょっと気がかりなのではないでしょうか。食事で気をつけることとして、以下の3つを覚えておくと良いかもしれません。

①イモ類、キノコ類など食物繊維の多い食品はガスがたまりやすい
②肉類などのたんぱく質、ネギ類など硫黄分の多い食品は匂いのするガスを増やす
➂早食いや炭酸飲料の飲みすぎはガスの発生に関係していると言われ

“おなら”が何によって影響されるかというと、運動量よりも食べ物とされています。「ダイエットを始めたらおならが増えた」という話を聞いたことはありませんか? ダイエット中は、タンパク質や食物繊維など、ガスが溜まりやすい食べ物が中心の食事になることが多いからなんです。

おならをする人
出典:いらすとや
また、ガスが溜まった状態は、便秘の一つの症状でもあります。排泄が上手くいけば、基本的には便とおならが一緒に出るもの。お腹が張りやすい人は、十分に水分を摂取し、お通じを良くすることも心掛けましょう。

一番大事なのは、“おなら”を我慢しないこと!

おならを我慢しない
出典:PIXTA
暑いと汗が出やすいのと同じように、山で“おなら”が頻発するのは生理現象。問題があるとすれば、体の中に不要なガスを溜めたままにすることです。“おなら”をしたくなったら、我慢しないことが肝心ですよ。

音を出さずに“おなら”をする秘策はある?

リラックスした登山者
出典:PIXTA
とはいえ、人前での“おなら”はマナー違反とされることも多い日本では、いつでもどこでも放屁とはいかないですよね。せめて音を出さずに…なんて考えるのでは? 音の有無はガスの量やおしりの穴の閉まり具合が関係しています。極力音を出さないようにするなら、できるだけリラックスした状態で、おしりの緊張状態を開放してあげることがポイント。余裕があれば風下にいくなどの配慮も大切ですね。

“おなら”を笑いのタネにして、楽しい登山を!

登山とおなら
撮影:YAMA HACK編集部
「登山中って本当よく“おなら”が出るよね~」なんて言いながら、我慢せずに登れる環境、登れる仲間だと心強いですよね。思いがけず発射してしまったら、「医学用語で何て言うか知ってる?」とドヤ顔で聞いてみてはいかがでしょう。「ハフェ1!」「ハフェ2!」なんてゲーム感覚で数えてみても面白いかもしれません。“おなら”を笑いに変えて、登山をさらに楽しんじゃいましょう!
監修/総合診療医・林 幹浩氏
林先生
撮影:YAMA HACK編集部
▼気になる疑問を解決!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

2人の登山者
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!