秋は天気が変わりやすい!?知っておくべき天候と危険とは・・・。

秋は気温も下がるので登山するのにピッタリ。また、木々が色づき紅葉が始まるなど、見どころも満載です。でも、秋の山は天気が変わりやすいって知ってましたか?その中でも特に注意したいのが『温帯低気圧』。広い範囲に雨と強い風をもたらす温帯低気圧が発達すると、登山中にリスクをもたらすことも。今回は、秋の登山を安全に楽しむために、温帯低気圧の特徴と対策アイテムを見ていきます。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

秋は登山にピッタリの季節!でも、ちょっと待って・・・。

秋の天候と対策
出典:PIXTA
秋は紅葉などを見るために、登山やハイキングを楽しむ人が増える季節。連休も多いので、登山の予定を立てている方も多いのではないでしょうか?

秋の登山は見どころがいっぱい

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
秋は夏山ほど暑くないので、比較的すずしく快適に登山を楽しめます。だんだんと色づく紅葉など、見どころも増えるので登山にとてもいい季節ですよね。

秋の天気は変わりやすい!

秋の天候と対策
出典:PIXTA
さわやかな秋空の下の登山は楽しいものですが、秋は天気が変わりやすいといわれているので、登山前の確認は必須です。
10月中旬を過ぎると天気が安定してきますが、標高の高い山では雪が降り冬山のようになる場合もあります。山頂の気温や天気にも、気を付けましょう。

秋の天候の特徴とは?

秋の山 天候
出典:PIXTA
【9月上旬~中旬】
この時期は秋雨前線と台風に注意。秋雨前線に台風が接近すると風雨がかなり強くなるので、前線が近くにある山は避けましょう。

【9月中旬~10月上旬】
秋雨前線や台風に加え、移動性高気圧に注意。高気圧の近くは登山日和になることも多いですが、通過後に天気が崩れることもあるので要注意。

【10月中旬以降】
温帯低気圧に注意。温帯低気圧は広い範囲に強い雨と風をもたらすので、登山に行く場合はレインウェアを忘れずに。

特に秋の登山で気をつけたいのが、この『温帯低気圧』。秋の山では、この温帯低気圧が原因となって遭難事故が起きていることも多いんです。

『温帯低気圧』の何が登山に危険なの?

秋の天候と対策
出典:PIXTA
秋の天気の1つである温帯低気圧。その特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

そもそも温帯低気圧とは?

温帯低気圧 春と秋に多い低気圧の一種で、3-4日の周期で日本列島を通過します。前線をともなうため広い範囲に雨を降らせ、発達していくと非常に強い風が吹くことが特徴です。

温帯低気圧による、「雨」と「風」が危険!

秋の天候と対策
出典:PIXTA
「雨による濡れ」と「風による冷え」に気をつけましょう。風速1mの風で体感温度が約1度下がると言われています。雨に濡れて強い風にあたると体温が奪われ、低体温症につながる可能性も。

さらに、秋の温帯低気圧は「西高東低」といわれる、強い風雨や雪をもたらす気圧配置につながることもあるため、装備に不備がないか事前に確認をしておきましょう。

実際に温帯低気圧の天候で遭難した人も

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
2016年10月7日、北アルプスの白馬岳で、登山中のツアー登山パーティー7人のうち女性4人が、暴風雪により凍死するという遭難事故がありました。
この時、台風が温帯低気圧へと変わりましたが、勢力は収まるどころかむしろ増大し、荒れた天気になりやすい「西高東低」の気圧配置になったのです。
事故が起きた7日午前中には雨が雪に変わり、午後には暴風雪が。行動中に雨に打たれ、暴風雪が荒れ狂う稜線上にさらされ体力を消耗した登山者は、低体温症になって亡くなってしまいました。

「台風」と聞けば危険だと感じる人は多いですが、「温帯低気圧」と聞いてもどんなことが起きるのか、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか。今回の例のように、台風が温帯低気圧に変わったからといっても、必ずしも勢力が弱くなることを意味するものではないので、油断は禁物です。

秋の山では低体温症に要注意!

秋の天候と対策
出典:PIXTA
上記の例でもあったように、予期せぬ天気の乱れが体温を奪い、低体温症につながる場合があります。
それでは、低体温症の原因や症状について、みていきましょう。

濡れることが危険の始まり

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
低体温症は、体の内部の温度が下がることによって起こります。雨だけでなく自分の汗でウェアが濡れ、風などで冷やされることにより、雨で濡れた時と同じように体が冷えてしまうことも。そのため、秋も速乾性のあるウェアを着て、こまめに服の脱ぎ着をして適切な体温を保つように調整しましょう。

低体温症の症状は?

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
低体温症の前兆はふるえです。この時点で意識は正常ですが、手の細かな動きができなくなったら要注意。
ここで対処しなければ、歩行困難となり、意識が正常でなくなります。その後、錯乱状態となり、昏睡から死に至るのです。
■低体温症は低い山でも、注意が必要です!

『濡れない』『冷やさない』を心がけよう!

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
低体温症を防ぐには、具体的にどのような対策をすればいいのでしょうか?

【1】雨が降ったら、必ずレインウェアを着る

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
雨が降ったら、小雨でもレインウェアを着用しましょう。その際、必ず上下とも着用すること。そのうち止むだろうと思っていると、気づいた時には全身びしょびしょになっているかもしれません。

■レインウェアは晴れていても、必ず持っていこう

【2】寒さ対策のためにフリースなども必須

フリース
出典:Amazon
一度冷えた体は温まりにくいため、フリースやダウンなど暖かさを確保できるウェアを持っていき、寒くなる前に着込みましょう。

■秋の山では、防寒対策が必須!

【3】インナーでの濡れ対策も忘れずに

ドライインナー
出典:Amazon
汗が風で冷やされて体を冷やしてしまうこともあるため、直接肌に触れるインナー選びは重要です。速乾性のあるウェアやドライインナーがおすすめです。

■インナーで登山の快適性は大きく変わります

その他、靴や小物でも濡れの対策をしよう

秋 山 対策
出典:PIXTA
その他、防水性の靴を履いたりゲイターを持っていったりするなど、対策をしておきましょう。靴下や手袋、ウェアの替えもあると安心です。

天候への対策をして秋山を楽しもう!

秋 天候の変化 登山
出典:PIXTA
秋山は気候がさわやかで紅葉などの見どころもたくさん。しかし、天気が崩れた時の対処ができないと、一転して危険な状態にもなりかねません。天気予報は晴れていても、急な天候の変化はあると考えて必ずレインウェア、フリース、ダウンなどのウェアを持っていきましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    nao
    nao

    両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!