蜂に刺された時に!知らないと怖い応急処置方法【専門家監修】

蜂に刺されたら、すぐに行うべき応急処置の仕方を知っていますか?刺される可能性が高いのは「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」「マルハナバチ」の4グループ。そんな蜂に刺された時の症状と、応急処置についてまとめました。対処についてはたったの3ステップ、覚えておけばいざという時に役に立ちますよ!また、刺されないための予防策もとっても大事。蜂に刺されないために知っておきたい2つの予防策についてもご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

刺される可能性が高い蜂は大きく分けて「4種類」

蜂 刺される可能性が高いのは、家族で暮らす性質「真社会性」をもったハチの仲間です。真社会性のハチには「スズメバチ」、「アシナガバチ」、「ミツバチ」、「マルハナバチ」の4つのグループがあります。

これらのハチは家族で暮らすため、巣を刺激してしまったときに集団で襲ってくる可能性があります。彼らの繁殖は女王蜂が担当するため、基本的に働き蜂は生殖のことを考えず、捨て身の攻撃を仕掛けることができます。

逆に単独で生活するハチは、自分が死んだら繁殖できないので、そこまで積極的に攻撃を仕掛けてくることはありません。

蜂に刺されたらどんな症状がおこる?

局所症状

基本的には患部が赤く腫れあがり、痛みやかゆみを伴います。ハチの種類によっては、刺されたときに言葉が出ないほどの激痛を伴うものも。個人差がありますが、腫れ、かゆみがひくまでに1~2週間ほどかかります。

アナフィラキシーショック

かがむ人出典:pixabay
刺された量や体質に応じて現れることがあるのが、重篤な全身におよぶアレルギー症状です。2回目以降に刺されたときに起こりやすいとはされますが、体質、毒量によって左右するため、人によっては1回目のハチ刺されでも、症状が出る場合があります

やみくもに恐れる心配はありませんが、ハチ刺され後は一人にならず、15~60分以内に刺されたところ以外に症状が出るようであれば、急ぎ病院へ行くようにしてください。

【自覚症状】
■息苦しい・息切れ・動悸
■めまいや気だるさ など

▼アナフィラキシーショックについて詳しく調べる

蜂に刺されたら直ぐに行うべき応急処置の手順

では、実際に刺されてしまった場合にとるべき応急処置の手順をチェックしておきましょう。もしかして、間違った処置を認識してるかも!?

1.事故発生! 巣が近い場合は すぐに移動して逃げる

巣が近い場合はすぐに逃げましょう。蜂の毒液には他の仲間を呼びよせるフェロモンが入っていて危険です。最低でも10~20メートル以上は離れてください。

2.流水で傷口を絞り洗い

洗い流す
出典:PIXTA
流水で傷口を絞るようにして洗いましょう。ハチ毒は水溶性なので効果的と考えられます。また、流水による冷却効果で、腫れや痛みの緩和効果も。(ミツバチ刺傷の場合は針が残るため、指ではじきとってから行う)

3.冷却 様子見 必要に応じて病院へ

氷などで患部を冷やし、痛みや腫れを緩和します。刺されたところ以外に蕁麻疹や腫れなどの症状が認められる場合には、すみやかに病院へ行きましょう。

蜂に刺されないために知っておきたい2つのこと

1.なるべく黒を避ける

黒い服
出典:PIXTA
これはよく言われますね。ただし、刺される優先度が高いだけで、白くても刺される時はあります

ハチが攻撃する優先度は、「動いている>止まっている」、「色が濃いもの>色が薄いもの」です。なので、白くても動いていたら刺される可能性があります。よくいう「ハチを振り払わない」という対策は、「ハチを攻撃しない」という意味もありますが、「動かない」という意味も同時にあるわけです。

また、彼らは毒液に含まれるニオイを利用して、「こいつが敵だ」というマーキングを行うことがあります。毒液を吹きかけられてマーキングされてしまうと、止まっていようが白色だろうが刺されます。黒を避けることは重要な対策のひとつであることに間違いありません。
一番大事なのはハチを刺激しないことです。

▼蜂に刺されないウェア選びについてはこちら



2.においに気を付ける

汗
出典:PIXTA
ハチが周りをブンブンと飛びまわるとき、ありませんか?ハチがこのような行動を起こす理由としては、「巣が近い」という可能性もありますが、「汗などのニオイに反応して寄ってきている」というのも考えられます。汗には様々な栄養も含まれているので、彼らからしてみれば貴重な飲み物です。
食べ物のニオイに反応してくることもあるので、ニオイには注意が必要です。

ちなみに、スズメバチの巣が近い場合、あごをカチカチと音を鳴らすことが知られていますが、100%その行動をすると言い切れるものではありません。巣が近いかどうかの判断は難しいと思うので、ハチが近づいてきたときは急激な動きを避け、ハチが飛び去るのを待つか、ゆっくりと後ずさりで離れてください。

しかし、巣を刺激して大量のハチが出てきたり、すでに刺されたりなどしていたら、その場から急いで離れてください。追ってこなくなるまで逃げるしかありません。
なお、慣れない巣の駆除も危険です。一度に大量に刺される可能性があるため、専門業者へ依頼する方がよいでしょう。

潜む危険に万全の対策を

蜂出典:pixabay
ハチに刺された後、必ず重篤なアレルギー症状にいたるわけではありませんが、そういうことが起こる可能性がある生物ではあります。刺された後は「一人にならない、一人にさせない」。うまくハチと付き合いながら、素敵なアウトドアライフを過ごしていきましょう。




監修/セルズ環境教育デザイン研究所 西海太介氏

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

樹木に集まるスズメバチ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!