レインウェアが進化した! 防水ジャケットに“次世代素材”の兆し!?

夏が到来!ちょっと遠くの山へ登山計画をたてている人も多いのではないでしょうか。夏山でもレインウェアは必須装備ですが、登山者の中には真夏に着るGORE-TEX®などのレインウェアが「暑くて耐えられない!」と感じたこともあるのでは? そこで今回は、夏にぴったりな次世代素材の厳選レインウェア4つを紹介! GORE-TEX®との違いについても見ていきましょう。シーンに合ったウェアを選んで、快適な登山になりますように!


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

夏だ!登山シーズン到来

夏山の登山者
出典:PIXTA
梅雨も明けていよいよ夏本番! 夏は陽も長く行動しやすいため、ちょっと遠出で山の計画を立てる人も多いのではないでしょうか。気温が高くても稜線の風が気持ちよく、標高が上がると涼しく過ごせるのも夏山の醍醐味ですよね。

夏山でも防水ジャケットは必須

レインウェア 暑い日はTシャツで登る人も多くいるかと思いますが、稜線に出ると風が強くなる場合もあり、露出した肌は一気に冷えてしまいます。また夏は気温が高くて落雷や台風などで降雨量が多く、変わりやすい天気です。雨具としてはもちろん風などの外的要因から体を守るためにも、レインウェアは必須のアイテムです。

真夏にゴアは、暑い?

出典:PIXTA
レインウェアといえば、登山者に広く愛用されているのがGORE-TEX®。ザックに必ず入れていく方がほとんどかと思いますが、こんな風に思ったことはありませんか?
「ゴアのジャケット、あっっつい!」

山頂からの景色を見る登山者
出典:PIXTA
もちろんGORE-TEX®のジャケットにも層の違いなど様々な種類があります。そして何より、防水性と透湿性のバランスが良いのが特徴。しかし、ただでさえ汗だくになる真夏の登山では透湿性がキャパオーバーになることも…。ウェア内部の裏地がぺたっと肌に張りつく感じがしたり、夏の日差しを受け、むんむんした外気により上がる体温で、ウェア内部がとんでもなくムレて暑くなったり。身に覚えのある方もいるかと思います。


「真夏はもっと軽くて柔らかくて涼しくて、サッと着れるんだけどしっかり防水のジャケットがあれば…」と欲張りたいみなさん。そんな夢のようなジャケット、あります! 最近のレインウェアは、かなりの進化を遂げているんですよ。

透湿性バツグン! ミレーのティフォン50000ストレッチシリーズ

テイフォンジャケットを着ている男性
真夏でも着心地が良く、しかも軽くて防水機能を備えたレインウェアが、各メーカーから次々と発売されています。まず最初は、ミレーのオリジナル素材を採用したジャケットから紹介します。

一番の違いはストレッチ性と着心地の良さ

テイフォンジャケットを着ている男性 GORE-TEX®プロダクトはゴワゴワした固い生地が印象的。さらに、ストレッチ性がないため伸びません。その弱みを克服してくれるのが、ミレーのティフォン50000ストレッチ素材です。裏地にニットを採用することでしなやかさを実現。ストレッチ性に優れているのでアクティブな体の動きにも追従し、柔らかくて快適な着心地が特徴です。

ムレ知らず!? 透湿性バツグン!

テイフォンジャケットを着ている男性出典:ICI石井スポーツグループ
レインウェアで重要なのが透湿性。汗や水蒸気を放出する目安となる透湿値は、数値が高いほど透湿性が優れています。登山ウェアに必要な透湿値が最低でも20000と言われているのですが、ミレーのティフォン50000はモデル名にある50000そのものが透湿値! 他の素材の何倍も優れた透湿性を備えています。

ミレー ティフォン50000ストレッチジャケット

ITEM
ミレー ティフォン50000ストレッチジャケット
【素材】ドライエッジ ティフォン 50000 3層 天竺バック - ナイロン100% 耐久撥水
【重量】304g
【サイズ】XS~XL
【カラー】全4色

173cmの48kgで身長で選ぶなら、海外サイズのMなのですが、幅ではSサイズ。悩んでSサイズを購入しました。ストレッチ性があり、衣類の上からも問題なく着用できました。1枚持っていれば天候の変わりやすい山でも安心です。



テイフォン50000パンツの画像
撮影:Maiko.W
ティフォンシリーズはジャケットの他にパンツも展開しています。履き心地は防水パンツとは思えないほど柔らかく、まるで登山パンツ。インナータイツの上にこれを履けば防水パンツの役目も兼ねるので、重ね履きしなくていいのが嬉しいポイント。面倒くさがりの人にはぴったりです! レディーズモデルもそろっています。

ミレー ティフォン50000ストレッチトレックパンツ

ITEM
ミレー ティフォン50000ストレッチトレックパンツ
【素材】ドライエッジ ティフォン 50000 3層 天竺バック ナイロン100% 耐久撥水
【重量】220g
【サイズ】XS~XL
【カラー】全3色

薄っ…! マーモットのゼロフロージャケット

透湿性に優れたミレーのジャケットは重さが304g。それに対してマーモットのジャケットは、十分な透湿値20000を維持しながらさらに軽く作られています。その軽さの秘密は、マーモットのオリジナル素材にあるのです。

薄くて軽いっ! 脅威の145g

ゼロフロージャケット
撮影:YAMA HACK編集部
マーモットのオリジナルの軽量防水素材メンブレン®ストラタ™には極細糸を使用。糸の太さは、女性用の薄手のストッキングよりも細い12デニールです。そして、全腹部と背面に加えて両腕のパターンを1つなぎにしたゼロパターンを採用しています。極力縫い目を省くことで、軽量性、耐久性、防水性が向上。トレイルランニング、ウルトラライトハイカー、ミニマルハイカーなど、身軽さを重視する人におすすめです。

こんなに薄くて大丈夫なの…?

考える人
出典:PIXTA
まるでウィンドシェルのような素材ですが、このメンブレン®ストラタ™には2つの特殊加工が施されています。1つは高レベルの微粒子のラミネート加工と、もう1つはラミネート層の擦り切れ防止のための特殊プリント加工。これにより耐摩耗性、耐久性、透湿性を維持し、薄くてもレインウェアとして十分な性能を発揮します。ただ、激しい雨が降る環境では薄い生地が肌に密着して蒸れを感じるかもしれませんが、何より製品化されていることが、薄くても優れた機能を持ち合わせている証です。

マーモット ゼロフロー ジャケット

ITEM
マーモット ゼロフロー ジャケット
【素材】12d MemBrain® Strata™ 2L(ナイロン/100%)
【重量】145g
【サイズ】S~XL
【カラー】全4色

絶大な人気! ティートンブロスのツルギライトジャケット

ツルギライトジャケットを着た男性 インスタグラムやファッションに敏感な登山者の中で密かに人気なのが、ティートンブロスのツルギライトジャケット。ポーラテック社のネオシェル®という素材を使用しているこのジャケットの人気の秘密を探ってみましょう。

通気量が2倍!?

ネオシェルの通気性 ネオシェル®は、非常に高い通気性が大きな特徴です。他製品の防水透湿性と比較すると、2倍もの通気性の差があります。もう一つの特徴は、しなやかで軽量であること。ソフトシェルとハードシェルの良い部分を備えたネオシェル®はレインウェアとしてはもちろん、夏山登山で風に吹かれた時、スノーハイキング、肌寒い時に着るウィンドシェルなど、オールシーズン活用できる万能素材です。

斬新なナナメジッパーには意味がある

ジャケットの斜めジッパー 前身頃に真っすぐ付くジッパーは登山行動中いつの間にか着崩れてしまい、ごわついて前身頃が膨らんでしまいがち。それを斜めジッパーにすることで、しなやかさを阻害しないデザインになっています。またジッパーを全開すると、パンツを脱ぐように脱ぎ着できる便利な仕様。ジッパーはダブルスライダーなので、ベンチレーションの役目も担っています。

ティートンブロス ツルギライトジャケット

ITEM
ティートンブロス ツルギライトジャケット
【素材】Fabric Polartec NeoShell Knit Backer
【重量】245g(Size M)
【サイズ】XS~L
【カラー】全7色

軽くて着心地もとても良いとおもいます。。


コアなファン多し! OMMのイーサージャケット

OMMイーサージャケット
トレランのウェアを主に扱うOMMからは、透湿性の良いeVent社のDVストーム3レイヤー素材を採用したウェアをラインナップ。トレランだけでなく、運動量や発汗量の多い登山でも最適です。

活動量が多いならぴったり!

eVent通気性の写真
撮影:YAMA HACK編集部
ランナーに大人気のeVent社DVストーム3レイヤーは、31000の透湿値。半袖の上にジャケットを着ても不快なベタつきもなく、3レイヤーでも軽く常に快適さをキープします。夏の登山、蒸し暑い日のハイキング、ファストハイクなどのアクティビティに性能を発揮するジャケットです。

OMM イーサージャケット

ITEM
OMM イーサージャケット
【素材】Event®DVSTORM 3L(66gsm)ナイロン
【重量】205g(M size)
【サイズ】XS~L
【カラー】全2色

え? じゃあGORE-TEX®は何のためにあるの?

ゴアテックス®のレインウェア 夏にぴったりな防水ジャケットのおすすめモデルを紹介してきました。「なんだ!GORE-TEX®じゃなくていいじゃん!」と思ったかもしれませんが、依然初めて夏山登山にレインウェアを買う時は店員さんにGORE-TEX®を勧められますし、多くの登山者が持っているウェアでもあります。
それはいったいなぜなのでしょう? きちんと理由があるんです。

①数えきれないほどの検査を通っている

ゴアテックス®検査
GORE-TEX®製品は数々の検査をかけて通過したものが製品化されています。素材試験をはじめ、システムテスト、さらに実際のフィールドで試作品を着用し、機能性と快適性を厳しくテスト。登山ウェアでの汗冷えは人命にかかわります。未だに多くのアウトドアメーカーがGORE社から生地を購入してウェアを作っているのは、多くのユーザーから信頼されている証拠です。

②ストレッチ性があると、少なからず劣化が早い

ゴムを伸ばしているところ
出典:PIXTA
ストレッチ性のあるレインウェアはしなやかで着心地が最高。ですが、輪ゴムを伸ばし過ぎると切れてしまうのと同じように、生地にストレッチ性があるとその分劣化が進みます。レインウェアは年間通して必要な登山アイテム。GORE-TEX®プロダクトはストレッチ性がありませんが、それ故に長く愛用できるというメリットがあるのです。

画像:ane46
ゴアテックス®とその他の素材のレインウェア、それぞれの素材に長所もあれば短所もあります。行く山や日程、山行スタイルなど、利用シーンに合わせて使い分けることが大切です。また、その判断ができるスキルがなくてはいけません。

次世代レインウェアを使い分けて快適登山を!

夏山登山
出典:PIXTA
突然の雨や稜線の強い風よけなど、夏山でも必要なレインウェア。そんな時でも動きやすく快適に登山を楽しみたいものですよね。次世代レインウェアは活用できるシーンがたくさん!着心地抜群のレインウェアで、快適登山を楽しみましょう。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ミレーティフォンジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ane46
ane46

肩の怪我をリハビリしながらレベルアップを目指すイレブンクライマー。時々山女子になります。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!