四国の山|海に囲まれた四国で絶景登山!レベル別おすすめの山を紹介

お遍路でも有名な海に囲まれた四国地方は、国土の7割が森林でおおわれている自然豊かな土地。石鎚山脈や四国山地を始め、2000m級の高い山も数多くあり、多くの登山者が足を運びます。高い山の中でもごつごつとした険しい山からなだらかな山まで、初心者から上級者まで満足できる多彩なコースが揃っているため、レベルに合わせた登山を楽しめます。今回はたくさんある四国の山の中から、レベル別に紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

険しい山から穏やかな山まで、多彩な山が揃う四国地方

四国
出典:PIXTA
讃岐うどんや愛媛みかんなど、ついつい食べ物ばかり浮かんでしまう四国地方。霊場八十八ヶ所を巡る「お遍路」でも有名ですね。
そんな四国の森林面積はなんと70%。とても山深い地域でもあるのです。今回は変化に富む四国の山を9座紹介します!

①伊予富士(いよふじ)
②瓶ヶ森(かめがもり)
③笠取山(かさとりやま)
④飯野山(いいのやま)
⑤石鎚山(いしづちやま)
⑥剣山(つるぎさん)
⑦三嶺(みうね)
⑧石立山(いしだてやま)
⑨西赤石山(にしあかいしやま)
⑩東赤石山(ひがしあかいしやま)

四国の山はマイカー・レンタカーがおすすめ!

四国の山を登る時、ネックになるのが移動手段。公共交通機関が登山口まで通っていないことも多いため、マイカーやレンタカーの利用をおすすめします。

【初心者向け】往復3時間以内でのんびり散歩

まずは初心者でも楽しむことができる、コースタイムが短い山を4つ紹介します。所要時間は往復でも3時間以内。あっという間に山頂に到達できますが、いずれも息をのむような360°の大パノラマが広がっています。
まずは絶景スポットが待つ入門ルートから、四国登山を始めましょう。

伊予富士【愛媛県・高知県】

伊予富士
出典:PIXTA
愛媛県と高知県の県境に約50kmの長さで横たわる石鎚山系の一座。日本三百名山の一つでもあります。
富士山のような独立峰ではありませんが、山頂からの景色は一見の価値あり。西日本の最高峰である石鎚山や瀬戸内海まで見渡すことができます。

伊予富士 登山道
出典:PIXTA
伊予富士登山口からスタートするコースを紹介します。山頂までは約40分。初級者でも安心して楽しむことができます。
出発地点には水場があるので、まずは水分を補給してから歩きはじめましょう。主稜線に飛び出すといっきに視界が開けます。石鎚山系の連なる峰々を眺めながら進めば山頂はすぐそこです。

伊予富士登山口→伊予富士(約40分)
※寒風山登山口は中級者向けコースです。
【アクセス】
松山自動車道 いよ西条IC→国道11号→国道194号→瓶ヶ森林道
※バスはないのでマイカーかタクシーを利用しましょう。

西条市HP 伊予富士

瓶ヶ森【愛媛県】

瓶ヶ森
出典:PIXTA
日本三百名山で四国百名山の一つ。南北にピークが2つある双耳峰で、南は男山、北は女山と呼ばれています。
山頂付近は笹で覆われた平原のような地形で、「四国のパノラマ台」とも呼ばれている、瀬戸内海を一望できる絶景スポットです。

瓶ヶ森 眺望
出典:PIXTA
瓶ヶ森登山口を出発して男山に登ります。ここから瓶ヶ森の山頂がある女山までは約15分。瀬戸内海など、360°のパノラマが待っています。
下山は広大な平原がある「氷見二千石原」へ。50〜70haにもなる笹原の自然美で癒やされた後は、瓶ヶ森の名前の由来になった甌穴「瓶壺」を見学してから帰りましょう。

瓶ヶ森林道駐車場→瓶ヶ森→瓶ヶ森ヒュッテ→白石小屋→瓶壺→駐車場(約1時間50分)
【アクセス】
松山自動車道 小松IC→国道11号→国道194号→瓶ヶ森林道

西条市HP 瓶ヶ森

笠取山(大川嶺)【愛媛県】

大川嶺 四国の西に位置する山塊「大川嶺連峰」。その中で標高1,562m・最高峰の山が笠取山です。その北部に位置するピークが大川嶺で、四国百名山の一つ。標高は1525mです。2つをつなぐ稜線には緩やかな笹原が広がります。

笠取山 笠取山と大川嶺をつなぐ稜線は、標高差100mにも満たないハイキングコース。ファミリーでも十分楽しむことができます。
石鎚山系の山並みを眺めながらのんびり歩けば、笠取山、大川嶺の山頂はあっという間です。
5月下旬にはダイセンミツバツツジが見頃を迎え、山肌を鮮やかなピンク色に染め上げます。

笠取山登山駐車場→笠取山→大川嶺(約60分)
【アクセス】
松山自動車道 松山IC→国道33号→県道328号
※バスはないのでマイカーかタクシーを利用しましょう。

久万高原町HP

飯野山【香川県】

飯野山 Wダイヤモンド讃岐富士
出典:PIXTA
標高421mと、身近な低山として愛されて続けている新日本百名山の一つ、飯野山。讃岐平野の中でもひときわ目立つキレイな山容は「讃岐富士」とも呼ばれ、宮池に朝日とともに映る『Wダイヤモンド讃岐富士』を見ようと、毎年2回多くの人で賑わいます。
飯野山からの展望
出典:PIXTA
登山口から山頂までの登山道は整備されており、地図や案内板も設置されているので初心者でも気軽に散策できる飯野山。展望も素晴らしく、讃岐平野や瀬戸内海、瀬戸大橋を一望できます。

飯野町登山口(10分)→一王子神社(50分)→飯山登山道分岐(20分)→飯野山(25分)→西又分岐(20分)→丸亀市野外活動センター
【アクセス】
予讃線丸亀駅→丸亀コミュニティバス 飯野・中津線→飯野山登山口下車

【中級者向け】四国を代表する名峰たちを散策

次に紹介するのは、まさに四国の山々を代表する秀峰です。山容、標高もさることながら、修験道の歴史やサロモンの秘宝にまつわる伝説など、知れば知るほど魅力的な山ばかり。
その背景にある物語を知れば、登山の楽しさが倍増すること間違いなしです。

石鎚山【愛媛県】

石槌山 出典:PIXTA
山頂には弥山、天狗岳、南尖峰があり、3つのピークの総体山が「石鎚山」。修験道の山として有名で、日本七霊山にも数えられています。最高峰は天狗岳の1982mで、西日本の最高峰になる日本百名山の一つです。

石鎚山 登山道
出典:PIXTA
スタート地点は石鎚山ロープウェイの終着点”山頂成就駅”。ここから天狗岳を目指します。途中には鎖場もありますが、迂回路があるので安心です。自信がある人はチャレンジしてもOKです。
視界が開けて弥山に到達すると、険しく聳える岩峰が見えます。あれが西日本最高峰の天狗岳。周囲が切れ落ちているので慎重に登りましょう。

山頂成就駅→石鎚神社→夜明峠→弥山→天狗岳(約3時間25分)
【アクセス】
松山自動車道 いよ西条IC→国道11号→国道194号→県道12号→ロープウェイ下谷駅

石槌山ロープウェイ


剣山【徳島県】

剣岳
出典:PIXTA
四国の東部に位置する日本百名山の一座。石鎚山に次ぐ西日本第二位の高峰で、徳島県内では最高峰になります。修験道の霊山として知られていますが、多くの謎が点在するミステリースポットとしても有名。剣山には、ソロモンの秘宝が隠されているのだとか。

剣岳 登山道
出典:PIXTA
登山道の途中にある二度見展望所。ここは徳島県第二位の高峰「次郎笈」を間近に見ることができる絶景スポットとして有名です。
おもわず二度見してしまう景色と別れたあとは、ミステリースポットである鶴岩・亀岩を眺めながら坂道を登りましょう。山頂は間もなくです。
スタート地点からは登山リフトを利用することもできます。

剣山登山口→西島→剣山(約1時間40分)
【アクセス】
徳島道 美馬IC→国道438号→見ノ越

剣山観光推進協議会


三嶺【徳島県・高知県】

三嶺
出典:PIXTA
三嶺(みうね)は高知県の最高峰。山麓から立ち上がる稜線と堂々とした山容から、四国で最も美しい山ともいわれる秀峰です。山頂からは、先に紹介した石鎚山や剣山を見渡せる展望が広がり、南西には光輝く土佐湾を望むことができます。

三嶺ヒュッテ
出典:PIXTA
名頃駐車場から山頂を目指します。平尾谷川を沿うように歩き続けると登山口に到着。ここからダケモミの丘と呼ばれる稜線までは約1時間の行程です。
それからしばらく樹林帯を登り、山頂が近くなると途端に視界が開けてきます。三嶺ヒュッテに着く頃には、辺り一面が笹原に。
無人の山小屋を横目に通過して、最後の坂道を登った先に山頂があります。

名頃駐車場→ダケモミの丘→三嶺(約3時間35分)
【アクセス】
徳島道 美馬IC→国道438号
高知県観光情報サイト よさこいネット


【上級者向け】ごつごつとした険しい岩場に挑戦

最後に上級者向けの山を紹介します。まずは石立山。四国で最も厳しい山の一つ。急斜面を登った先には、足がすくむような岩峰がそそり立ちます。そして赤石山系。東赤石山から西赤石山への縦走路は岩稜ルートになります。いずれの山も、十分な経験を積んでから計画しましょう。

石立山【徳島県・高知県】

立石山
出典:PIXTA
先ほど紹介した剣山を中心とした「剣山国定公園」の南端に位置するのが石立山です。四国で最も厳しい山とも呼ばれ、西峰付近にそそり立つ石灰岩の岩鋒「捨身嶽(しゃしんだけ)」の迫力はまさに圧巻。それとは対象的に、山頂はなだらかな地形をしています。

捨身嶽 べふ渓登山口から出発します。赤い橋を渡り急斜面を登ると、一度谷へ下ります。ここからが本格的な山道の始まり。道は不明瞭で、足元には不安定な浮石が無数に転がります。落石等に重々注意しながら、慎重に登りましょう。
最後はヤセ尾根を越えると西峰に着きます。ここから北へ進むと見えてくるのが約300mの断崖に囲まれた「捨身嶽」。南へ向かうと山頂です。

べふ峡登山口→竜頭谷→大アゴの岩→刃の尾根→西峰→捨身ケ獄→石立山(約4時間)
【アクセス】
高知自動車道 南国IC→国道195号
高知県観光情報サイト よさこいネット

東赤石山〜西赤石山【愛媛県】

東赤石山
出典:PIXTA
四国の最高峰、石鎚山を主峰とする「石鎚山系」。その山稜から北東に派生する支脈「赤石山系」を歩く縦走路を紹介します。
「東赤石山」は赤石山系の中心に位置する最高峰で、標高は1706m。山頂付近にある鉄分を多く含む岩が酸化して赤く見えることが名前の由来といわれています。
「西赤石山」はアケボノツツジの群生地として有名で、見頃は5月上旬。”東洋のマチュピチュ”と呼ばれる鉱山採掘本部があった東平の歴史遺産と共に、人気の観光スポットになっています。

西赤石山 アケボノツツジ 筏津登山口を出発して、途中で沢から離れて尾根を登ります。岩が現れると東赤石山の山頂はすぐそこです。岩場のピークからは360°の絶景が広がります。
ここから八巻山へ進み、山頂から南下すると、初日の宿泊地「赤石山荘」に到着です。
2日目は岩稜を進み、物住頭を越えると西赤石山に到着。ツツジの時期になると多くの登山者で賑わいます。

1日目:筏津登山口→瀬場谷分岐→東赤石山→八巻山→赤石山荘(約3時間半)
2日目:赤石山荘→石室越→物住頭→西赤石山→銅山越→日浦登山口(4時間45分)
【アクセス】
松山自動車道 新居浜IC→国道11号→県道47号
新居浜市観光サイト 赤石山系マップ

四国は個性豊かな山が揃う、隠れた登山スポット!

石槌山 出典:PIXTA
皆さん、いかがでしたか?四国にはこの他にも、数多くの山が存在します。そのどれもが魅力的な名峰ばかり。なかでも今回は選りすぐりの9名山をピックアップして紹介しました。すぐにでもトレッキングに出かけたくなりますね。計画を立てる時はこの記事を参考にして、120%楽しんできてください!

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
吉澤英晃
吉澤英晃

群馬県出身。大学時代に所属した探検部で登山を開始。以降、沢登り、クライミング、雪山、アイスクライミング、山スキーなど、オールジャンルで山を楽しむ。登山用品の営業職を経て、現在はフリーの編集・ライターとして活動中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!