【シーン別】楽しみ方いろいろ!神奈川県のおすすめの山紹介

2020/07/22 更新

神奈川と聞くと横浜やみなとみらいの“海”をイメージされる方の多いのではないでしょうか?しかし、土地の利用区分面積の39%を森林・原野が占めており、丹沢をはじめとする山々が広がっています。
初心者から上級者まで幅広い人が楽しめる山が数多くある神奈川県。今回は、登山やハイキングにおすすめの山に加え、ドライブや観光に適した山もご紹介していきます。

制作者

kei noda

広告ライター/ハイキングとロードバイクそして居酒屋が好きなミドルエイジです。

kei nodaのプロフィール

...続きを読む
2019年10月7日に箱根山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引下げられました。 箱根ロープウェイの運行状況についてはホームページをご覧ください。
気象庁 噴火警報・予報情報はこちら
箱根山ロープウェイ情報はこちら
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。 山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。


海のイメージ?神奈川県には山もある!

神奈川県といえば、カモメが飛翔する横浜や海岸沿いを江ノ電が走る湘南など、海をイメージする方も多いのではないでしょうか?しかし、実はがたくさんある県なんです!

1/3は森林!?実は山も多い神奈川県

神奈川県を土地利用区分からみると、森林と原野が全体の約39%を占めています。これは県の西側に広がる丹沢山地や温泉地で知られるの箱根の山々など、広大な山地が大きな要因です。

登山やハイキングの準備をしっかりと

神奈川県の山々は都心から気軽にアクセスできますが、装備や計画は気軽にという訳にはいきません。登山やハイキングには山に適した服装や装備そして計画が大切です。おろそかにしてしまうと、ケガや遭難などの思わぬ事故に繋がりかねないので、服装や装備についてもチェックしてみてください。

▼登山・ハイキングの服装について調べる


    ①日帰り登山におすすめの山

    都心からのアクセスもよく、電車やマイカーで気軽に日帰り登山ができる山が多くあります。

    丹沢で唯一ケーブルカーが利用できる山|丹沢大山

    シンボリックな姿を持つ大山。古くから大山詣で多くの人で賑わう山です。標高1,252mの山頂には大山阿夫利神社が置かれています。ケーブルカーを使えば標高678mまで上がることが出来ますので、体力に自信が無い方にもおすすめです。

      表丹沢の看板的存在|塔ノ岳

      表丹沢とは丹沢山地の東端、平野部との境に連なる山々です。塔ノ岳はその中で最も高い1,491m。その魅力はなんといっても眺めの良さ。南側には平野の向こうに相模湾が広がり、東へ目を向けると東京の高層ビル群まで見晴らすことができます。コースには急登が多いので、健脚者向きの山と言えます。


        富士山の展望が抜群|金時山

        芦ノ湖や箱根の温泉地をぐるりと囲む箱根外輪山。その最高峰は標高1,212mの金時山です。金太郎で知られる坂田金時の生まれた地という伝承が山名の由来。コースはよく整備されており初心者でも問題はありませんが、所々ロープや鎖場がありますので注意が必要です。

        気軽に登れて眺望も良好|陣馬山

        東京都との境にある陣馬山。標高は855mと高くはありませんが、コースバリエーションが豊富で、相模湖や藤野方面から登ったり、高尾方面に縦走することも可能です。広く平坦な頂上には馬をモチーフにした彫像が立っています。

        ②ハイキングにおすすめの山

        ハイキングイメージ 出典:PIXTA
        街からすぐにアプローチすることができ手軽に自然を満喫したい。そんなハイキングにぴったりな神奈川県の低山を紹介します。

        展望台からの景色は絶景|鷹取山

        神奈川県の南東、横須賀市と逗子市の境にまたがる鷹取山。139mと控えめな標高ではありますが、山頂からの眺望は格別。相模湾と東京湾の二つの海が一望できます!採石場跡や断崖に彫られた摩崖仏など見どころもたくさんあり、ハイキングコースにぴったりです。

        古都を巡るハイキングコース|鎌倉アルプス(大平山)

        鎌倉アルプスとは、大平山(159m)を中心に鎌倉市の北部に連なる山々の愛称です。この鎌倉アルプスと古都鎌倉の寺院をめぐることができるのが「天園ハイキングコース」。このコースはアップダウンがあり距離も約7kmと長いので、しっかりと歩きたい人におすすめです。

        3つのピークを巡る公園散策|弘法山

        弘法大師が山中で修行をしたという伝説が名前の由来となった弘法山。浅間山、権現山、弘法山の3つのピークからなり最高地点は235m。展望の山としても定評があり、山頂の展望台からは富士山の美しい姿を望むことができます。家族で出かけるのにも最適です!

        ▼弘法山について詳しく調べる


        ③観光におすすめの山

        家族旅行 出典:PIXTA
        観光地として有名な箱根。そのの中でも、登山の装備がなくても気軽に楽しめる山をご紹介します。

        ロープウェーで一気に山頂に行ける山|箱根駒ヶ岳

        箱根駒ヶ岳は箱根カルデラのほぼ中央に盛り上がった標高1,356mの山。麓からロープウェーで一気に山頂へ。散策路が整備されており、頂上からは芦ノ湖や富士山が一望できます!

        箱根火山を見に行こう|大涌谷

        大涌谷は、箱根山の活発な火山活動を目にすることができる観光スポットです。一帯には硫黄の匂いがたちこめ、いたるところから噴気が上がります。

        【アクセス】
        ▼車の場合
        東名高速道路 小田原西ICより約30分
        <駐車場>
        大涌谷駐車場:足柄下郡箱根町仙石原1251-1

        【駐車場・営業時間】
        9:00~16:00
        【電車の場合】
        箱根登山鉄道 強羅駅→(箱根ケーブルカー)→早雲山駅→(箱根ロープウエイ)→大涌谷

        箱根ロープウェイ 運行情報

        ④ドライブにおすすめの山

        ドライブイメージ 出典:PIXTA
        車でダイレクトに山頂へ!景色を求めてドライブをするのにおすすめの山を紹介します。

        箱根ドライブの定番|大観山展望台

        大観山(たいかんざん)は、箱根外輪山の南東に位置する標高1,045mの山。この山頂付近には有料道路の箱根ターンパイクが通っており、その出入口には大観山スカイラウンジという展望施設があります。箱根の山々から雄大な富士山の姿など、圧巻の眺望です。ドライブと景色の両方を楽しむのにも最高のスポット!

        【住所】
        神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋955
        【アクセス】
        箱根ターンパイク、箱根大観山口下車
        【駐車場】
        大観山駐車場
        【スカイラウンジ営業時間】
        3月16日~12月15日:平日 9:00~16:30/土日祝 7:00~17:00
        12月16日~3月15日:平日 9:00~16:30/土日祝 8:00~17:00

        アネスト岩田スカイラウンジ 

        湘南平の夜景が美しい|高麗山公園

        平塚市と大磯町にまたがる丘陵の湘南平。周囲に遮る山のない湘南平からの眺望は素晴らしく、江ノ島や湘南海岸、丹沢や富士山といった山々をぐるりと見晴らすことができます。また、神奈川県有数の夜景スポットですので、デートにもぴったりです!

        【アクセス】
        小田原厚木道路平塚ICより約6.5km
        新湘南バイパス茅ヶ崎西ICより約9km
        【駐車場】
        頂上駐車場(普通車10台、身障者用3台、バイク10台)
        大駐車場(普通車60台、バス5台)
        【レストラン営業時間】
        11:00~17:00(定休日:水曜・第3火曜)

        今週末の予定はお決まりですか?

        都心からのアクセスが便利な神奈川県の山々、思い立ったらすぐに行ける気軽さが魅力です。気分やコンディションに合ったプランが見つけやすいのも嬉しい所。海も悪くはありませんが、神奈川県の山へ出かけてみてはいかがでしょうか。

        【登山時の注意点】
        ・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
        ・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
        ・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
        ・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんでください。

        関連する記事

        関連する山行記録 byヤマレコ

        この記事が気に入ったら
        「いいね!」をしよう
        登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」