ハイキング用品はこれで完璧!あると便利なグッズとは?

2020/04/28 更新

ハイキング用品・持ち物・服装をまとめました。靴やリュックは、アウトドア用のものを用意するとより快適にハイキングを楽しめます。服装も、持っているもので動きやすいものであればOKですが、選ぶときにはちょっとしたポイントも。忘れがちだけど絶対に持っていってほしいものは?あると便利なグッズとは?事前準備を完璧にして、ハイキングを楽しもう!

制作者

YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMA HACK編集部のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ハイキングには何を持っていったらいいの?

ハイキング用品を持ってハイキングする女性
出典:PIXTA
自然に包まれて爽やかに運動するハイキングは、誰もが気軽に始められるアウトドアレジャーです。しかし、標高の高いコースや、未舗装路を歩くルートでは、街中で行うウォーキングやランニングとは違ったグッズが必要。持っていきたいアイテムや選ぶポイントを確認しながら、ハイキングを快適に楽しむ準備を始めましょう。

靴とリュックはアウトドア用のものを選ぼう

ハイキングでもっとも重要なアイテムが、靴とリュックサック。歩きやすい、背負いやすいといった、アウトドア用のものを準備しましょう。

山道を歩きやすい!ハイキングシューズ

ハイキングシューズを履いている女性
出典:PIXTA
ハイキングでは未舗装路も出てくるため、グリップ力の高いハイキングシューズがオススメです。独自のソールパターンで土、岩、木などに着地しても滑りにくく、歩きやすい特徴があります。また、足首を固定できるハイカットやミドルカットモデルには安定感があり、怪我を予防する機能も。

キャラバン C1_AC LOW
抜群のグリップ力が魅力のハイキングシューズ。防水透湿性もあり十分な機能を備えています。片足の重量は約390g。重さを感じない快適な履き心地も特徴の一つです。
ITEM
キャラバン C1_AC LOW
重量:約390g(26.0cm/片足)
サイズ:22.5~29.0、30.0cm
カラー:全2色

▼おすすめのハイキングシューズをもっと調べる

長時間歩くときは!リュック

ハイキング用リュックを背負った女性
出典:PIXTA
荷物の持ち運びには、両手が自由に使えるリュックを準備しましょう。段差を越える時にバランスがとりやすくなり、また転びそうになった時には、両手が使えると安全です。ストックを使うときにも便利。長い時間の行動を考えると、荷物の重さが偏り疲れやすくなるショルダーバッグは避けた方が良いでしょう。

モンベル ハイキングパック23
日帰りハイキングに最適な容量の小型パック。突然の雨から荷物を守るパックカバーが標準装備されている。サイドメッシュポケットなど、抜群の収納力で使い勝手は抜群。
ITEM
モンベル ハイキングパック23
サイズ:高さ51×幅29×奥行き16cm
容量:23L
カラー:全3色

▼おすすめのハイキング用リュックをもっと調べる

    雨・日焼け対策を忘れずに!

    標高の高いハイキングコースでは天気の急変や日焼けに注意しましょう。雨で衣服が濡れると体温が急激に下がり、低体温症になる危険があります。また、天気の良い日は強い日差しを浴び続けるため、帽子などを準備して、しっかりと日焼け対策をしましょう。

    晴れ予報でも必ず持っていこう!雨具

    雨の中をハイキングする人
    出典:PIXTA
    天気予報は晴れマークでも山は雨ということはよくある話。特に地面との温度差が大きくなる夕方などは、雨雲が発生しやすい時間帯なので注意が必要です。急な雨にもとっさに対応できるように、雨具は必ず準備しましょう。

    【レインウェア】
    レインウェアには上下に分かれているセパレートタイプがオススメ。足元が見やすく、歩きやすい特徴があります。コンビニ等で市販されているビニール製の雨具もありますが、透湿性があるアウトドア用を選ぶ方が良いでしょう。行動中に発生した汗を外に逃がしてくれるため、ムレを感じることがなく、雨でも快適に歩くことができます。

    ミズノ ベルグテックEX ストームセイバーV(メンズ)
    強力な耐久撥水加工、抜群の耐水・透湿性が特徴のレインスーツ。洗濯を100回しても水を弾くというから驚き。ベンチレーションポケットなど便利機能も充実しています。上下セット。
    ITEM
    ミズノ ベルグテックEX ストームセイバーV(メンズ)
    サイズ:S、M、L、XL、2XL、SB、MB、MBB(カラーによって異なる)
    カラー:全7色

    先日、下山途中で雨に降られて慌てて取り出して着ました。マジックテープはやや邪魔くさいと感じましたが、通気性が良く雨で気温が下がったこともあり、カッパを脱いだら汗が乾いていました。
    撥水性も良く、この価格はすごいです。


    ▼おすすめのレインウェアをもっと調べる


      【ポンチョ】
      セパレートタイプ以外に、ポンチョもおすすめ。これは、リュックの上から被れる形状になっており、荷物を濡らす心配が無くなる優れもの。一枚の生地でできているので、コンパクトに収納できる点も魅力です。裾が広いので少々歩きにくいですが、風が弱い樹林帯などのコースでは十分に役立つでしょう。

      モンベル トレッキング レインポンチョ
      柔らかく軽量なレインポンチョ。すそに取り付けたコードを絞るとリュックサックに密着してバタつきを抑えることができます。ハイキング以外に野外フェスにもオススメ。
      ITEM
      モンベル トレッキング レインポンチョ
      サイズ:S、M、L(ユニセックス)
      カラー:全4色

      四国遍路用に購入して歩いていますが、まだ本領発揮するまでに至りません。小雨で一回つかいましたが、ザックを背負ったまま被れるので楽です。


      ▼おすすめのポンチョをもっと調べる

      標高の高い場所は紫外線も強い!日焼け対策

      日焼け止めを塗っている人
      出典:PIXTA
      皮膚がんや白内障の原因になる紫外線。その強さは一般的に、標高が1000m高くなると0m地点と比べて約10%増加すると言われています。浴び続けることで身体に害を与える紫外線から身を守るため、日焼け対策を怠ってはいけません。帽子、サングラス、UVカットクリームなどを忘れずに準備しましょう。
      【帽子】
      帽子を被れば紫外線を防ぎながら熱中症も予防でき、転倒時に頭皮を擦り傷などから防ぐ役割も期待できます。撥水加工付のものは小雨から頭を守ることができ特におすすめ。ツバが広いハットタイプは紫外線カットに優れますが、キャップタイプも日焼け対策になります。

      コロンビア ファイブヒルパッカブルブーニー
      UPF50で日焼け対策にピッタリなブーニーハット。嬉しい撥水加工済み。汗を素早く吸収して蒸発させる素材を内側に使っています。コンパクトに収納できる便利なパッカブル仕様。
      ITEM
      コロンビア ファイブヒルパッカブルブーニー
      サイズ:S/M(56〜58cm)、L/XL(58〜60cm)
      カラー:全5色

      ▼ハイキングにおすすめの帽子をもっと調べる

      【サングラス】
      紫外線から目を守るサングラス。ついついブランドで選んでしまいがちですが、実際のフィット感を確認することも重要です。顔の形に合うサングラスを選ぶことで、長時間の装着でも頭が痛くならず、また鼻からズレる心配が減るため快適な状態をキープできます。視界が広いアウトドア用サングラスがオススメです。

      スワンズ エアレス・ウェイブ アイスブルーレンズ
      日本人の顔を想定してデザインされているため、海外メーカーよりフィットしやすい。着用を忘れるほど軽量で、長時間の使用でもストレスフリー。優しいホールド感も魅力です。
      ITEM
      スワンズ エアレス・ウェイブ アイスブルーレンズ
      紫外線透過率:0.1%以下
      サイズ:横幅145mm/高さ37mm
      重さ:15g

      ▼ハイキングにおすすめのサングラスをもっと調べる

      【日焼け止め】
      かいた汗で日焼け止めが落ちないように、ハイキングにはウォータ−プルーフのUVカットクリームを使いましょう。手で塗るタイプやスティック状で直接肌に塗るタイプなどがありますが、素早く塗り直しができるスプレータイプもオススメです。

      コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50(ウォータープルーフ)
      最高のUVカット指数に加えて、汗をかいても紫外線カット効果が持続するスーパーウォータープルーフ仕様。女性には嬉しい化粧下地としても使え、化粧くずれを防ぎます。
      ITEM
      コーセー サンカット 日焼け止めジェル 50 (ウォータープルーフ)
      紫外線防止指数:SPF50+・PA++++
      内容量:100g

      安いのでどうかと思いましたが、普通にいいです
      つけた後もサラサラですしいいです。


      ▼ハイキングにおすすめの日焼け止めをもっと調べる

      「万が一」に備えて持っていきたいもの

      道迷いや下山が遅れて暗くなってしまった、転んで怪我をしてしまったなど。自然の中で起こり得る「万が一」に備えて、必携アイテムをチェックしましょう。

      地図

      ハイキングに必要な地図
      出典:Amazon
      山の中で起きる遭難で一番の原因が道迷い。これは標高が低い人里に近い山になるほど割合が多くなるといわれています。油断もさることながら、里山には登山道以外の踏み跡が多く、知らないうちに登山道を外れてしまうことがあります。ルート確認や現在地を把握するためにも、地図は必ず持つようにしましょう。

      ▼地図アプリも便利!

      ヘッドライト

      ハイキングに必要なヘッドライト
      出典:PIXTA
      木々に覆われたハイキングコースでは、日が暮れ始めると途端に暗くなってしまいます。足元が見えにくくなり怪我や遭難につながるため、明るい時間内に下山することが大切ですが、万が一暗くなってしまった場合に備えてライトを必ず準備しましょう。懐中電灯よりも両手が使えるヘッドライトがおすすめです。

      ペツル ティキナ
      広範囲を照らすワイド照射で視野が確保しやすく、ボタン一つで照射モードを選択できる使い勝手に優れるモデル。重量85gと軽量。全天候型の防水性能で雨に降られても安心です。
      ITEM
      ペツル ティキナ
      重量:85g
      最大照射力:150ルーメン
      最大照射時間:60時間

      初めて買うヘッドライトです。
      光量を三段階で調整でき、明るさも問題なし。
      重さも気にならず。いい商品だと思います。
      まだ一回しか使ってないので、電池の持ちはわかりません。


      ▼おすすめのヘッドライトをもっと調べる

        救急セット

        ハイキングで怪我をした人
        出典:PIXTA
        バランスを崩して転んでしまった、トゲが刺さった、虫に刺されたなど。ハイキングで起こり得る簡単な怪我に対処できるように、救急セットを用意しましょう。必要なアイテムがセットになった商品が市販されています。

        ▼救急セットに必要なものを調べる

        忘れないで!水分やおやつも大事

        ハイキングには水分とエネルギーが必要不可欠。体の中の水分は想像以上に汗として失われるため、十分な水を持ってでかけましょう。エネルギーを補給する食べ物も準備を忘れずに。

        水分はたっぷりと持っていこう!

        ハイキングで水を飲む人
        出典:PIXTA
        長時間歩き続けるハイキングではたくさんの汗をかくため、失われる水分も多くなります。街では喉が渇けば自動販売機で飲み物を買うことができますが、山の中ではそうはいきません。いつでも水分が補給できるように、水筒を用意しましょう。選ぶサイズは十分な量が入る大きめのものを選択するのがおすすめです。

        ナルゲン カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル
        高い機密性とBPAフリーの安心素材で、世界中で愛されている水筒のトップアイテム。お湯を入れることも可能。行動食のミックスナッツやシリアルを入れる使い方もグッド。
        ITEM
        ナルゲン カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル
        容量:約1.1ml(満水容量)
        カラー:全13色

        耐久性、容量、デザイン、どれも気に入ってます。
        家族合わせて1Lを3つ所有しています。
        これからの季節、1.5Lがあれば絶対購入するのにな~と思います。


        ▼おすすめの水筒をもっと調べる

          ▼持っていく水の量について調べる

          カロリー補給も忘れずに!

          ハイキングに必要な飴
          出典:Amazon
          水分とともに減っていくのがエネルギーです。お腹が空くと最悪の場合、体が動かなくなってしまう危険性もあります。常にエネルギーを補給できるように、カロリーの高い食べ物を準備しましょう。かさばらず、歩きながら食べることができるチョコレートや飴やキャラメル、グミ、ミックスナッツなどがおすすめです。

          ▼ハイキングにおすすめのおやつについて調べる

          ハイキングにあると便利なグッズとは?

          必ず必要ではないけれど、ハイキングをより快適にしてくれるおすすめアイテムがあります。トレッキングポールや座布団など。一度使ったたら手放せない便利グッズをご紹介。

          トレッキングポール

          トレッキングポールを使ってハイキング
          出典:PIXTA
          歩行を助けてくれるトレッキングポール。坂道を下るときには膝への負担を軽減してくれる嬉しい機能があります。一本で使うモデルもありますが、両手で持つダブルストックが使いやすくておすすめです。

          ブラックダイヤモンド トレイル
          長さ調整には力がいらないレバー式。登り坂や下り坂で素早くサイズを調節することができます。収納サイズはコンパクトで持運びが簡単。同価格で小振りな女性モデルもあり。
          ITEM
          ブラックダイヤモンド トレイル
          サイズ:63.5〜140cm
          収納サイズ:63.5cm
          重量:510g(ペア)

          前シリーズを10年近く使用し、今回代替え品として購入しました。耐久性や汎用性もさることながら、とにかく役に立つストックです。
          積雪期もOKですし、夏山でも重宝します。
          下りで膝痛のある人には和らげサポート、膝痛のない方には今後の予防。
          もちろんスリップ防止や体重の支えとしても役立ちます。


          ▼おすすめのトレッキングポールをもっと調べる

          モバイルバッテリー

          ハイキングにモバイルバッテリーを使う人
          出典:PIXTA
          写真を撮ったり地図アプリを使ったり、山でも活躍する場面が多いスマートフォン。気づいたら充電がない。そんな状況になっても慌てないように、軽量で小さいモバイルバッテリーを持っていると安心です。

          アンカー PowerCore II Slim 10000
          iPhone8を3回以上もフル充電することができる大容量モバイルバッテリー。その他のスマートフォンも複数回の充電することが可能。スマートフォンに似たコンパクトサイズ。
          ITEM
          アンカー PowerCore II Slim 10000
          容量:10000mAh
          サイズ:約137×66×16mm
          重量:約210g

          小型で薄型軽量、この大きさで10000mAとは信じられません。10回ほど使用しましたが他の商品(メーカー品)より充電が早く減りも少ないです。この価格でこの品質はかなりおすすめだと思います。


          ▼おすすめのモバイルバッテリーをもっと調べる

          折りたたみ座布団

          ハイキングで地べたに座る人
          出典:PIXTA
          ベンチがない場所で休憩する時は地面に直接座らないといけません。そんな場面で役立つのが折りたたみ座布団。クッション性に優れ、地面の冷たさも感じません。コンパクトで軽量なアイテムが多く売られています。

          エバニュー 折りたたみヒップマット
          畳むと長方形になり、リュックのサイドポケットに差し込めるコンパクトサイズに。クッション性と断熱性に優れ、凹凸のある地面でも快適に休憩することができます。とても軽量で気軽に持ち運べる便利アイテム。
          ITEM
          エバニュー 折りたたみヒップマット
          サイズ:31×38×1.2cm
          収納サイズ:9.5×31×4.5cm
          重量:30g

          ▼あると便利なグッズをもっと調べる

          服装は動きやすいもので!

          ハイキングをしている女性
          出典:PIXTA
          ハイキングで使う服を一から揃える必要はありません。まずは持っているものの中から動きやすいウェアをチョイス。その上で、足りないアイテムを追加するのがオススメです。動きやすさの他にも選ぶポイントがいくつかあるので、必ず確認して最適な服を準備するようにしましょう。

          ハイキングの服装の注意点は?

          ハイキングをしている男女
          出典:PIXTA
          汗をかくハイキングでは乾きやすい化繊の服がオススメ。動きやすいようにストレッチ性の有無もチェックしましょう。さらに風を防ぐジャケットがあると一段と安心です。

          ・Tシャツ、シャツ:たくさんの汗をかくハイキングでは綿が含まれていない化繊の衣服がオススメ。汗を吸っても素早く乾くため、体が冷えるリスクを軽減してくれます。

          ・パンツ:上着と同じく化繊のものがオススメ。さらにストレッチするパンツだと坂道などで歩きやすく、スムーズに足を上げることが可能になります。

          ・羽織もの(マウンテンパーカーなど):標高が上がると気温が低くなるので、手軽に羽織れるジャケットタイプのウェアがあると便利です。撥水性のあるタイプは多少の雨を防ぐこともできます。

          ▼ハイキングの服装についてもっと詳しく調べる

           楽しいハイキングは準備から始まっている!

          ハイキングをしている人
          出典:PIXTA
          待ちに待ったハイキング。素敵な思い出にしたいですよね。安全に快適に楽しむには、事前準備が欠かせません。ハイキングは出発前から始まっているのです。今回紹介したアイテムをチェックして、忘れ物がないようしましょう。自然を感じるハイキングでは素晴らしい感動が待っています。準備万全で楽しんで来てください!

          ハイキングの関連記事を読む


          紹介されたアイテム

          キャラバン C1_AC LOW
          モンベル ハイキングパック23
          ミズノ ベルグテックEX ストームセイバ…
          モンベル トレッキング レインポンチョ
          コロンビア ファイブヒルパッカブルブーニ…
          スワンズ エアレス・ウェイブ アイスブル…
          コーセー サンカット 日焼け止めジェル…
          ペツル ティキナ
          ナルゲン カラーボトル 広口1.0L ト…
          ブラックダイヤモンド トレイル
          アンカー PowerCore II Sl…
          エバニュー 折りたたみヒップマット

          関連する記事

          関連する山行記録 byヤマレコ

          ハイキング用品を準備してハイキング
          この記事が気に入ったら
          「いいね!」をしよう
          登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」