味付け心配なし! ふわふわ卵のオムライス【目指せメスティンマニア!レシピ#1】

登山者に人気の山ごはんギア『メスティン』。そんなメスティンでありとあらゆる料理を作る、インスタグラムで人気の@mestinmaniaさんがYAMA HACKに登場! 第1弾の今回は、ふわふわ卵が食欲をそそるオムライスレシピを紹介します。

アイキャッチ画像提供:@mestinmania

メスティンでふわふわオムライス!

登山者に人気の山ごはんギア、トランギアの『メスティン』。インスタグラムで、そんなメスティンを使用したとっても美味しそうな料理の写真が大人気の@mestinmaniaさんに、とっておきのレシピを教えてもらいました。今回は、色鮮やか・写真映えもばっちりな『オムライス』です!




材料(適量です)

オムライスの材料
出典:PIXTA

お米(1合)
玉ねぎ
人参
鶏肉(またはソーセージ)
その他お好みの野菜(グリーンピースやピーマン)

パセリ
ケチャップ
塩、コショウ

作り方

メスティンでご飯浸水の図
撮影:YAMA HACK編集部
①玉ねぎ、にんじんは粗みじん切り、鶏肉(またはソーセージ)とお好みの野菜は一口大にカット。ご飯1合を研ぎ、30分浸水します。
※冬場など寒い時期は1時間浸水をおすすめします。

メスティンにお米とケチャップを入れた図
提供:@mestinmania
②研いで浸水したお米にケチャップ、塩、コショウを入れてから、リベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分くらいまでに液量を合わせた後、切った玉ねぎ、にんじん、鶏肉(またはソーセージ)、お好みの野菜を入れて、軽くかき混ぜ蓋をする。

ここがポイント!
・具はかならず、液量を合わせたあとに入れること!炊き込みご飯などでもそうですが、一番失敗しないやり方です。
・野菜は、事前に家でカットしてジップロックなどに入れて持っていくと時短になります。

エスビットポケットストーブ

撮影:YAMA HACK編集部
③固形燃料1個(25g)で炊飯する。25gの固形燃料で1合がちょうど美味しく炊けます。(燃焼時間目安:18分~23分)

ここがポイント!
寒い時期に外で炊飯する場合は必ず風防を使いましょう! また、寒い日や強風時はOD缶での炊飯がおすすめです。

メスティンケース

出典:Amazon(メスティンケース)
④固形燃料が消えたらメスティンの蓋を開けて、すぐに溶き卵を流し入れケチャップライスにまんべんなく広げる。そのあとすぐに蓋をしめ、タオルやメスティンケースなどで10~15分保温する。

ここがポイント!
この工程は素早くやること!保温の余熱で卵もしっかり固まります。ここをだらだらやると卵が固まりません!
炊飯の際、保温する時メスティンをひっくり返しますが、オムライスはしません。

オムライス

提供:@mestinmania
⑤保温後蓋を開け、出来上がったオムライスにケチャップ、お好みでパセリをかけて出来上がり!




@mestinmaniaさんさんいわく、「味付けが薄くても最後の出来上がりでケチャップを足してカバー出来るので、味付けに心配なし!」とのこと。

山では無洗米を使うのも時短のコツ。また、お米を浸水させる時間が必要なので、山小屋やテント泊の際、仲間とおしゃべりしながら作るのもいいですね。

ぜひ、次回の山ごはんの参考にしてみてくださいね!

【その他のメスティンレシピはこちら!】


【メスティンについてくわしく】

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

オムライス
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!