アウトドアコーヒー14選!淹れ方別で道具を一挙紹介!

アウトドアコーヒーで必要な道具を14選ピックアップ!ドリッパーやバーナーなど好みの淹れ方と一緒に商品もチェック!至福の時間をくれるアウトドアコーヒーはアウトドアや登山におすすめです。お気に入りのセットを持って出かけよう!


アイキャッチ画像出典:pixabay

アウトドアでコーヒーを楽しもう!

アウトドアでコーヒーを飲みほっとするひと時、なんとも言えない贅沢な時間ですよね。今回はアウトドアで美味しいコーヒーをいれるための必要な道具をご紹介します。

アウトドアコーヒーはドリップ派セット 6道具

ITEM
ポーレックス 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ
シャフト・ハンドルの形状を工夫し、より使いやすくなったコーヒーミル ミニ。セラミックの刃を使用しているため、金属臭が無くコーヒーそのものの風味を楽しむことができます。

ハンドルまわしも滑らかで、手が小さいので本体もつかみやすく、使いやすいです。
ステンレスも衛生的で大変重宝しています。


ITEM
ユニフレーム コーヒーバネット cute
ステンレスワイヤーでできた折りたたみ式コーヒードリッパーです。折り畳めるのでコンパクトに収納できます。ステンレス製なので丸洗いも簡単、アウトドアに最適です。

慎重派なのでたくさんのレビューを見て納得して買いました! 気軽にコーヒーを飲む機会が増えてお気に入りです。


ITEM
ハリオ ペーパーフィルター1~2杯用 100枚入り
円すい型のドリッパーに使えるコーヒーペーパーフィルターです。コーヒードリッパーに着けて使用する事ができます。100枚を小分けにして登山での持ち運びにも便利です。

以前のモデルよりも確実にドリップ時間が伸びて、フィルターのめが細かくなったのかな?という印象。私は一度も破けた事は無いです。


ITEM
コールマン パッカアウェイケトル/0.6L
熱効率が良いアルミニウム製のケトルです。滑りにくいシリコンハンドルや最後まで傾けてもフタが外れない設計がされており、テント内での利用にも適しています。

コールマンのやかんとしては最高のモノだと思います。クルマで山に行き、コーヒーのお湯を沸かすのに購入しましたが熱効率もよいし大きさもちょうどいいですね。


ITEM
プリムス P-153 ウルトラバーナー
116gと軽量ながら3600kcal/hのハイパワーをもつハイエンドモデルのバナーです。4本ゴトクでコッフェルを支えるので、その火力を活かし2〜3人用の調理にも対応できます。収納もコッフェル内にラクラク収まります。

火力、防風性、剛性、耐久性、重量の基本性能に優れたバランスの良いバーナーです。コーヒ−二杯分のお湯を沸かすなんてお手の物、1L程度の湯沸かしでも不満の少ないスタンダードなバーナーです。


ITEM
コールマン ダブルステンレスマグ/300
ステンレス2層構造になっているため、保温性バツグンの300mlのマグカップです。ハンドルはポリプロピレン加工で熱くなりません。150gと軽量も嬉しい所。

皆さん温かい飲み物の保温力を評価しておられますが、もちろんそれも良いのですが、冷たいもの(氷を入れた飲み物等)を入れたときに大変重宝しております。とにかく、結露しないので、置いたところがビチャビチャにならないし、保冷力も保温と同じくすばらしいです。


ドリップコーヒーの淹れ方

お湯を沸かしている間にコーヒー豆を挽き、ドリッパーにセットしたペーパーフィルターに挽いた豆をたっぷりと入れます。ポイントはお湯の注ぎ方!コーヒー豆の中心にお湯を注いで1分蒸らしてから、最後に円を描くように注ぎましょう。


パーコレーター派のアウトドアコーヒーセット 4道具

ITEM
キャプテンスタッグ ステンレス製パーコレーター3カップ
パーコレーターとは、コーヒーを抽出する器具の一種のこと。抽出手段にコーヒーフィルターを使わないため、洗うのが簡単で1度の多くの量を作る事ができる。

アウトドアで使い美味しいコーヒーが飲めました、見て楽しい一品です。


ITEM
ソト アミカス SOD-320
耐風性に優れる ・軽量モデルのバナー。 81gと軽量ながら鍋が安定する4本ゴトクを持ち、大きめのコッフェルにも対応。火力は2,600kcal/hと前述のウルトラバーナーより劣るも、値段が安い。

廉価な類似中華製品にしようかと思いましたが、数々の失敗を踏んでいるので信頼の国産品を選びました。おそらく国産コンパクトバーナーでは最安値ではないでしょうか?作りもしっかりとしていて、火力も充分です。


ITEM
スノーピーク チタンシングルマグ 450
軽さを追求したシングルウォールのカップ。キャンプ場はもちろん、家やオフィスでも。

ITEM
コーヒーばかの店 オリジナルブレンド
オリジナル・ブレンドの中深煎りコーヒー豆。粗挽きを買うのも良いですが、豆をコーヒーミルでひいてパーコレーターで抽出するのも味が出て良いです。

パーコレーターでのコーヒー抽出方法

本体に水をいれ、バスケットの中に粗挽きのコーヒー豆を入れて上に金属フィルターをのせます。弱火で3~5分程じっくり抽出。透明になっているつまみの部分から中の様子が確認できるので、色が濃くなってきたらできあがりです。


とにかく簡単アウトドアコーヒー派セット 3道具

ITEM
サーモス ステンレスボトル900ml
山のフィールドで要求される多くの条件を想定して作られました。しっかり握れるボディリングに、衝撃に強い底カバー、保温力・耐久性を高めた「山専用ボトル」です。

早朝に沸かしたお湯で 正午くらいに標高1000mの山で使用しました 熱々のカップ麺が食べられて幸せでした
身体は温もるし冬の登山には必須アイテムでしょう


ITEM
アンドワンダー DINEX
アメリカのブランドand wander
アンドワンダーのカップ。ダブルウォール構造と内部に入ったウレタン材により高い断熱性能があります。

プレゼントに購入しました!可愛くてすごく喜んでいただけました!


ITEM
澤井珈琲 ドリップバッグ コーヒー 福袋 8g x 100袋
お湯を注ぐだけでできるドリップバッグコーヒー。お値打ち価格ながら、意外と良い味をだしてくれるドリップコーヒー。山で良い景色を眺めながら飲めばより一層美味しくなるかも!?

これは、味も香りも素晴らしいと思いました。すごく高いものには、もっと、おいしいものがあるとは思いますが、コストパーフォーマンスで判断すると最高かも。


簡単アウトドアコーヒーの作り方

アウトドアコーヒー出典:PIXTA
作り方はとっても簡単。カップにインスタントのドリップコーヒーをセットして、山専ボトルにあらかじめいれてきたアツアツのお湯を注ぎます。手軽に時間がないときでもコーヒーを楽しみたい人におすすめです。


番外編!こんなアウトドアコーヒー道具も!

 
ITEM
ハンディ型エスプレッソマシン ハンドプレッソ
ハンドプレッソは、ハンディタイプのエスプレッソマシンです。加圧抽出型なので、電気も不要でアウトドアに最適。カフェラテやカプチーノも楽しむことができます。

剛性感が高く、作りは相当しっかりしています。通常の家庭用エスプレッソマシンで抽出したエスプレッソと比較すると若干クレマの出方が足りないですが、充分風味は出ています。携帯用としては満足な出来ではないでしょうか。


ITEM
ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 2カップ
モカエキスプレスは、本格エスプレッソが味わえる直火式エスプレッソメーカーです。イタリアの老舗「ビアレッティ社」の定番モデルで、多くの人に親しまれています。

家庭用として十分美味しいエスプレッソが手軽に楽しめます。原始的でエスプレッソコーヒーの原点と思います。育てるエスプレッソメーカーです。


ITEM
アルチメイトパック 2CP グロワーズカップ
コロンビアSPグロワーズカップは、お湯を入れるだけで本格的なコーヒーが飲めるパックです。袋には挽きたてのスペシャルティコーヒーとフィルターが入っており、300mlのお湯を注ぎ、2分~4分待つだけで本格的なコーヒーを簡単に作ることができます。

アウトドアコーヒーを楽しみに山に行くのもありかも!?

アウトドアコーヒーを持つ手撮影:Fujimaki Shin
アウトドアコーヒー道具をいくつか紹介してきましたが、お気に入りの淹れ方は見つかりそうですか?こんなに種類があるとは思わず驚きですよね。コーヒー好きのみなさん、オフィスで眠気覚ましのために飲む。そんなコーヒーはもう終わりにして、大自然の中でアウトドアコーヒーを楽しみませんか?

Let’s go out with the outdoor coffee tool
アウトドアコーヒー道具を持ってでかけよう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

アウトドアコーヒーの道具
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!