岩手山|可憐な花と雄大な景色、2つの顔を楽しめるおすすめコースを紹介

岩手県の最高峰であり、日本百名山にも名を連ねている岩手山。活火山でもあり、麓には国の特別天然記念物でもある「焼走り熔岩流」が広がっています。また、山頂付近にはさまざまな高山植物を見ることができ、岩手山のダイナミックさと可憐さの両方を楽しむことができます。そんな岩手山のコースやアクセス情報など全てまとめました!


アイキャッチ出典:PIXTA

『岩手山』とは?

岩手山
出典:PIXTA
標高山頂所在地最高気温(6月-8月)最低気温(6月-8月)
2038.2m岩手県八幡平市・滝沢市・雫石町15.3℃3.1℃
岩手山は、薬師岳(標高2038.2m)を最高峰とする、岩手県で最も高い山です。東斜面のみが美しく裾を引くことから『南部片富士』とも呼ばれ、古くから人々の信仰の対象にもなっています。

中腹より上は、国指定天然記念物「岩手山高山植物帯」を有しており、高山植物の宝庫です。また、特別天然記念物「焼走り熔岩流」が形成された東西二つの火山が複合した山で、現在もその火山活動は続いています。

岩手山の山開きは?

岩手山 山開きの様子
岩手山の山開きは毎年7月1日に行われ、滝沢市、八幡平市、雫石町3つの市町村合同で開催されます。岩手山の一年の安全祈願やテープカットを行った後、登山者たちが一斉に山頂を目指します。

岩手山の登山適期は?

岩手山
出典:PIXTA
登山適期は6月下旬から10月上旬です。7月から8月頃までは、豊富な高山植物や可憐な花を楽しむことができます。9月下旬から10月下旬には紅葉のシーズンとなり、真っ赤な絨毯を敷き詰めたような景観は必見です。冬山シーズンは山頂の形状から道迷いしやすいため、上級者向けとなります。

地図も必ずチェック!山と高原地図 岩手山・八幡平 秋田駒ヶ岳・姫神山・森吉山

登山地図の定番といえばコレ!マップ詳細はもちろん、バスやマイカーでのアクセスにも便利!

ITEM
山と高原地図 岩手山・八幡平 秋田駒ヶ岳・姫神山・森吉山
発行元:昭文社

岩手山の天気は?

岩手山に行く前に、現地の天気をこちらでCHECK!

てんきとくらす

岩手山を倍楽しむための見どころ紹介!



岩手山山頂
出典:PIXTA
山頂は360度の大展望で、盛岡市内をはじめ八甲田山や、遠くは鳥海山を望むことができます。それでは、多くの植物を育み様々な表情を持つ岩手山の魅力を紹介します。

雄大な岩手山と麓に広がる熔岩流

焼走り熔岩流
出典:PIXTA
噴火時に山肌を流れるままに冷え固まった熔岩から成る『焼走り熔岩流』は、岩手山の北東斜面の山腹から山麓にかけて広がっています。焼走り熔岩流は、比較的新しいため風化せずに噴出当時の地形を留めており、国の特別天然記念物に指定されています。

国指定天然記念物の「岩手山高山植物帯」

コマクサ
出典:PIXTA
火口を含む頂上と9合目の不動平は高山植物帯として国指定天然記念物に指定されています。7月から8月にかけてコマクサをはじめとする様々な高山植物が咲き乱れ、登山者の目を楽しませてくれます。

冬はウィンタースポーツでも人気

岩手山のゲレンデ 山麓には岩手高原スノーパークや網張温泉スキー場などのゲレンデがあります。冬は雪山登山だけでなく、最高の雪質でスキーやスノーボードも楽しめることはもちろん、スノーシューなどのアクティビティも人気です。

登るだけじゃない!離れた場所からでも楽しめる岩手山

下から見た岩手山
出典:PIXTA
どの方向から見ても、雄大で美しい岩手山。菜の花をはじめコスモス、小岩井農場の一本桜など季節の花と岩手山を一緒に眺めることのできる撮影スポットもたくさんあります。

個性豊かな7つの登山コース

※岩手山は活火山です。現在は噴火警戒レベル1ですが、最新の注意を払って登山をしてください。気象庁の噴火警報・予報ページから状況を確認できます。

気象庁 噴火警報・予報ページ
岩手山
出典:PIXTA
岩手山には実に7つもの登山口があり、入山・下山で組み合わせる事で、いくつものルートを楽しむことができます。今回は各登山口からの山頂まで登り、同じ登山口へ戻るコースを紹介。日程やレベルに合わせてお好みのコースを作ってみてください。

また、コースによっては距離が長いルートもあります。体力に自信のない方や登山に慣れていない方は、一泊二日でゆっくり楽しむのもおすすめです!

①馬返し登山口|一番人気の「柳沢コース」

馬返しコース(柳沢コース)
距離コースタイム日程難易度
約9.9km約7時間38分日帰り★★
出典:ヤマプラ
馬返し登山口(210分)→鉾立(15分)→不動平避難小屋(40分)→薬師岳(30分)→不動平避難小屋(15分)→鉾立(149分)→馬走り登山口 
馬返し登山口
出典:PIXTA
初心者にもおすすめの、岩手山の代表的な登山ルートです。馬返しキャンプ場の奥から登っていきます。
馬返し登山道8合目から見た岩手山
出典:PIXTA
2合目の途中から新道(林道中心)と旧道(岩場中心)に分かれ、7合目で合流します。天気やレベルによって道を選んで、安全に登山を楽しんでください。
八合目避難小屋付近
出典:PIXTA
八合目避難小屋の前には御成清水(*1)があり、美味しい水で一息つくのに最適。標高が進むにつれ遠く盛岡の街並みや北上山地などの展望が開け、眺望を楽しむことができます。
*1 御成清水(おなりしみず)
岩手山の8合目から出ている湧水で、この水を求めて岩手山に登る人もいる。

②焼走り登山口・コマクサの群落が可憐な「焼走りコース」

岩手山 焼走りコース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
約9.9km約7時間20分日帰り★★★
 出典:ヤマプラ
焼走り登山口(120分)→第2噴出口(90分)→ツルハシ分れ(60分)→茶臼岳(40分)→薬師岳(30分)→茶臼岳(40分)→ツルハシ分れ(60分)→第2噴出口(90分)→焼走り登山口
第2噴火口からの眺め
提供:ヤマレコ/Joker72(焼走り登山口)
眺望がよく高山植物も楽しめる人気の焼走りコース。熔岩流の全容や東東北を一望することができる第2噴火口跡からの眺めは壮観です。
コマクサ
出典:PIXTA
噴出口の先の樹林帯を抜けるとコマクサの群落が現れます。コマクサの見頃は6月下旬頃。ツルハシ分れから40分ほどで山頂です。

③上坊(うわぼう)登山口・最短にして最急登の「上坊コース」

岩手山 上坊コース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
約9.6km約7時間日帰り★★
出典:ヤマプラ
上坊登山口(140分)→ツルハシ分れ(60分)→茶臼岳(40分)→薬師岳(30分)→茶臼岳(40分)→ツルハシ分れ(110分)→上坊登山口
登山者
祠が多く存在し信仰登山の厳かな雰囲気が漂う上坊コース。1,600m付近までは樹林帯の急登が続きます。
平笠不動避難口付近から望む岩手山
平笠不動避難小屋の直前で視界が開け、晴れていれば岩手山の山頂を目にすることができます。平笠不動避難小屋から40分程で山頂です。

④御神坂登山口・変化に富んだ「御神坂コース」

御神坂コース
出典:ヤマプラ 
距離コースタイム日程難易度
約12.3km約8時間10分日帰り★★★
出典:ヤマプラ
御神坂駐車場(240分)→不動平避難小屋(40分)→薬師岳(30分)→不動平避難小屋(180分)→御神坂駐車場
御神坂登山口
御神坂登山口からしばらく作業道を進みます。ひたすら樹林帯を登ります。
ガレ場
ガレ場に出たらロープや矢印に従って慎重に進みましょう。鬼ヶ城分岐から不動平避難小屋を経て山頂へ。

⑤七滝登山口・豪快で男らしい景観が魅力の「七滝コース」

七滝コース
出典:ヤマプラ 
距離コースタイム日程難易度
約19.1km約11時間50分1泊2日★★★
出典:ヤマプラ
七滝登山口(60分)→七滝展望台(140分)→大地獄分岐(50分)→1451m地点(100分)→不動平避難小屋(40分)→薬師岳(30分)→不動平避難小屋(80分)→1451m地点(40分)→大地獄分岐(120分)→七滝展望台(50分)→七滝登山口
紅葉の七滝
出典:PIXTA
七滝登山口からのコースは滝や大地獄谷、湿原や火口湖など見所が満載。落差20mを越える七滝は迫力があり、紅葉の時期の美しさは壮観です。
蒸気噴出す大地獄谷分岐付近
沢沿いに進む尾根道を進むとやがて蒸気吹き出す大地獄谷分岐へと出ます。大地獄分岐から不動平避難小屋を通り過ぎれば山頂まであと少しです。

⑥松川コース登山口・行きも帰りも絶景の「松川コース」

松川コース
出典:ヤマプラ 
距離コースタイム日程難易度
約19.6km約12時間10分1泊2日★★★
出典:ヤマプラ
松川コース登山口(180分)→姥倉山分岐(30分)→切通(150分)→不動平避難小屋(40分)→薬師岳(30分)→不動平避難小屋(120分)→切通(30分)→姥倉山分岐(150分)→松川コース登山口
 松川温泉登山口
松川温泉が登山口となっています。ブナの巨木が多いこのコースは秋には艶やかな紅葉を楽しむことができます。
 山から望む岩手山
出典:PIXTA
姥倉山を過ぎれば展望が開け、そびえ立つ岩手山を目にしながら山頂へ向かいます。

⑦網張登山口・リフトも使える「網張コース」

網張コース
出典:ヤマプラ 
距離コースタイム日程難易度
約20.5km約11時間55分1泊2日★★★
出典:ヤマプラ
網張温泉(100分)→1333m地点(80分)→姥倉山分岐(30分)→切通(150分)→不動平避難小屋(40分)→薬師岳(30分)→不動平避難小屋(120分)→切通(30分)→姥倉山分岐(80分)→1333m地点(55分)→網張温泉
※姥倉山~犬倉山~大地獄付近は特に火山活動に注意してください。
リフト
出典:PIXTA
網張スキー場が登山口です。状況やレベルに合わせて1,320m付近までリフトを使うこともできます。その際、リフトの運行状況を必ず確認しましょう。
鬼が城
出典:PIXTA
ダイナミックで荒々しい奇岩の鬼ヶ城を経由すれば抜群の眺めを堪能できます。ただし切り立っているので細心の注意を払いましょう。

岩手山の山小屋情報

岩手山には通年で利用できる山小屋がいくつかあります。どのコースもそれなりの距離があるので小屋を利用して、1泊2日で行程を考えるのもいいでしょう。

8合目避難小屋

8合目避難小屋
出典:PIXTA
その名の通り岩手山八合目に建つ山小屋です。避難小屋のため予約なしで利用可能。小屋の前には御成清水が湧いており、乾いた喉を潤してくれます。湧き水のため枯れていることもあるので水場として利用する場合は確認が必要です。

場所:岩手県滝沢市岩手山
問い合わせ先:019-656-6534(滝沢市役所)
営業期間:通年(7月〜10月の体育の日まで管理人常駐)
収容人数:約100名
協力金:1,700円(大人)

不動平避難小屋

不動平避難小屋
出典:PIXTA
不動平分岐の脇に建つ無人の避難小屋で小屋内にトイレがあります。水場はないので泊まる場合は必要に応じて用意しましょう。

営業期間:通年
収容人数:約15名
利用料金:無料

平笠不動避難小屋

平笠不動避難小屋 茶臼岳付近に建つ山小屋です。水場はありませんが、トイレは使用できます。

営業期間:通年
収容人数:約15名
利用料金:無料

岩手山の登山口へのアクセス&駐車場情報

岩手山の登山口へのアクセスは基本的にマイカーが便利です。公共交通機関を利用する場合は時刻表などを事前にチェックしてから行きましょう。

①馬返し登山口


●車の場合
【東京から】
滝沢IC(東北自動車道)―県道278号―馬返し登山口(約8km)

●電車・高速バスの場合
    • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅
盛岡駅よりタクシーで馬返し登山口(約35分)

【岩手山登山口さわやかトイレ】
住所:岩手県滝沢市岩手山
駐車台数:約100台

②焼走り登山口


●車の場合
西根IC(東北自動車道)―国道282号―県道233号―焼走り登山口(約7km)

●電車・高速バスの場合
  • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(いわて銀河鉄道)-好摩駅(JR花輪線)-大更駅
大更駅駅よりタクシーで焼走り登山口(約15分)

いわて銀河鉄道

【駐車場情報】
住所:岩手県八幡平市平笠第24地割728
電話番号:0195-76-2013
駐車台数:約100台

③上坊登山口


●車の場合
【東京から】
西根IC(東北自動車道)―国道282号―県道233号―上坊登山口(約10km)

●電車・高速バスの場合
  • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(いわて銀河鉄道)-好摩駅(JR花輪線)-大更駅
大更駅駅よりタクシーで上坊登山口(約40分)

いわて銀河鉄道

【駐車場情報】
住所:岩手県八幡平市
駐車台数:数台

④御神坂登山口


●車の場合
【東京から】
滝沢IC(東北自動車道)―国道282―県道278号―県道219号―御神坂登山口(約39km)

●電車・高速バスの場合
  • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(岩手県北バス)-御神坂駐車場前下車
岩手県交通路線バス時刻表

 

⑤七滝登山口


●車の場合
【東京から】
松尾八幡平IC(東北自動車道)―県道45号―県道23号―県道212号―七滝登山口(約11km)

●電車・高速バスの場合
    • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(岩手県北バス)-県民の森下車
岩手県北バス

【岩手県 県民の森駐車場情報】
住所:岩手県八幡平市松尾寄木第1地割515-5
電話番号:0195-78-2092
駐車台数:約300台

⑥松川コース登山口


●車の場合
【東京から】
松尾八幡平IC(東北自動車道)―県道45号―県道23号―県道212号―松川コース登山口(約16km)

●電車・高速バスの場合
    • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(岩手県北バス)-松川温泉下車
岩手県北バス時刻表

【駐車場情報】
住所:岩手県八幡平市松川国有林557

⑦網張登山口


●車の場合
【東京から】
滝沢IC(東北自動車道)―国道282―県道278号―県道219号―網張登山口(約21km)

●電車・高速バスの場合
  • 東京(JR東北新幹線)-盛岡駅(岩手県北バス)-網張温泉下車
岩手県交通路線バス時刻表

【網張温泉休暇村駐車場情報】
住所:岩手県岩手郡雫石町網張温泉
電話番号:019-693-2211
駐車台数:1000台

登って眺めて岩手山を満喫しよう!

出典:PIXTA
夏は高山植物、秋は紅葉に冬の雪景色など四季折々の魅力をみせてくれる岩手山。豊富な登山コースを組み合わせて、ゆっくりと雄大な自然を堪能するのがおすすめです!

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。



関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

岩手山の雄大な景色
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
高橋 典子
高橋 典子

ハイクとキャンプをこよなく愛するフリーライター、高橋です。次はどこに行こうか地図を眺めるのが日課。人生のモットーは自由であること!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!