上高地へのツアーを徹底比較!日帰りで行く?泊まりで行く?

上高地へのツアーは各社様々な内容のものを販売しています。日帰りか宿泊か、バスか電車かによっても内容は色々。目的に合わせて自分にぴったりのツアーを選んで、上高地をたっぷり楽しみましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

上高地へのツアー、どう選ぶ?

夏の上高地(上高地ツアー) 日本有数の山岳リゾート地、上高地。標高1,500mの山間に位置しているので、行こうと思ったら交通手段や時間を調べるところから始めないといけません。憧れの上高地へ是非行きたいけれど、一から調べるのは苦手だな、初めてだから一人じゃ不安だな、そう思って少し躊躇ってしまう人はツアーに参加するのがおすすめですよ!

日帰りか宿泊 どちらにする?

上高地帝国ホテル(上高地ツアー)
出典:PIXTA
首都圏や東海からならば、早朝に出発して夜に帰ってくる日帰りツアーがあります。それ以外の地域からは、前日の夜に出発して朝現地に到着するタイプの日帰りツアーか、1泊2日で宿泊を挟むことになります。日帰りは日程が1日しかなくても気軽に行けますが、滞在時間は数時間と少ないので、ゆっくり楽しみたい人は宿泊がおすすめです。

交通手段はバス・電車・飛行機

上高地バスターミナル(上高地ツアー)
出典:PIXTA
上高地への交通手段は、バスや電車、飛行機といろいろありますが、ツアープランもバスで行けるツアー、JR券や航空券がついてくるツアーなど様々な種類があり、自分の考えている日程に合うものを選ぶことができます。

観光ツアーだけじゃない!登山やスノーハイクも

上高地を登山の格好で歩いている人が写っている画像(上高地ツアー)
出典:PIXTA
上高地のハイキングをメインとした観光ツアーが最も多いですが、中には登山ツアーやスノーハイクを楽しめるツアーもあり、目的に合わせて様々な楽しみ方ができます。登山やスノーハイクなどはガイドが同伴する場合が多く、登山経験者で北アルプスは初めてといった人もツアーを利用して挑戦してみるのも良いですね。

上高地 おすすめ日帰りツアー

上高地を観光する人たち(上高地ツアー)
出典:PIXTA
ここでは、上高地を日帰りで楽しめるツアーを紹介します。日帰りは基本的に首都圏発か東海地方発でバスで行くもののみとなります。日帰りの魅力は何といっても手軽に楽しめるところ。前日夜出発のプランもあるので、じっくり楽しみたい人にもおすすめですよ!

バスで行く日帰りツアー

ツアーバス(上高地ツアー)
出典:PIXTA
・クラブツーリズム
朝7時出発で、お昼頃に現地へ到着。4時間ほど自由行動で、21時前に帰ってくる日帰りプランです。1万円弱とリーズナブルなお値段で楽しめます。新宿の他、多摩や神奈川を出発地に選ぶことができ、現地到着時にも大正池や帝国ホテルなど好きな降車場所が選べます。1人あたり+1,200円で特製弁当を付けることもできますよ!

クラブツーリズム 上高地ツアー

・四季の旅
手軽に上高地を楽しみたい人向けの当日朝出発プランと、じっくり1日見て周りたい人向けの前日夜出発プランがあります。朝発は3時間ほどの滞在で、大正池~河童橋~明神池と見所ポイントを満喫できます。夜発は朝5時頃到着で、9時間近く散策可能。徳沢辺りまで足を伸ばして満喫でき、ハイキング後にはお風呂に入れます。

四季の旅 上高地ツアー

・さわやか信州号で行く上高地
さわやか信州号とは、アルピコ交通と都市圏のバス会社が共同で季節運行している、大都市と登山口を直接結んだ路線バスです。朝発と夜発(前日夜)両方のプランがあり、滞在時間は朝発が3時間ほど、夜発は9時間となります。また、加盟施設で使えるクーポン券が付いており、お土産やランチなど自分の好きな形で使えます。

さわやか信州号で行く上高地ツアー

上高地 おすすめ宿泊ツアー

上高地帝国ホテル(上高地ツアー)
出典:PIXTA
1泊2日の日程で宿泊ツアーも各社バリエーション豊富にラインナップしています。時間にゆとりがあるので、日帰りでは足を伸ばせなかったところも散策でき、ホテルやロッジで優雅なひとときを過ごせます。また、早朝しか見ることのできない朝霧のかかった神秘的な大正池や梓川、モルゲンロートなどの美しい景色にも出会えますよ!

バスで行く宿泊ツアー

ツアーバス(上高地ツアー)
出典:PIXTA
・クラブツーリズム
4月~10月にかけて、1泊2日の日程で上高地+旧軽井沢や飛騨高山といった周辺エリアの人気観光地を楽しむツアーをはじめ、上高地から焼岳を目指す1泊2日の中級登山ツアーや女性限定の3泊4日槍ヶ岳登山ツアー、写真家を講師に招いて写真撮影を目的に冬山登山をするツアーなど、本格的な登山ツアーもあります。

クラブツーリズム 上高地ツアー

・はとバス
黄金色に染まる紅葉シーズンの上高地に宿泊し、1泊2日でたっぷり楽しむツアーはもちろんのこと、上高地散策をメインに乗鞍と奥飛騨温泉郷露天風呂をコラボしたツアーや高山・白川郷を合わせて巡るツアー、紅葉の名所として名高い立山黒部アルペンルートも合わせて楽しむツアーなど、有名どころを一緒に楽しむツアーもあります。

はとバス 上高地ツアー

・アルピコ交通 バス×宿泊プラン
ツアーではないですが、バスと宿泊施設を一括で予約できるので便利。自分の気に入ったロッジやホテルに泊まって上高地を満喫し、自分の好きなようにフレキシブルに計画を立てられるのが魅力です。

アルピコ交通 バス×宿泊プラン

・阪急交通社
京都・大阪など関西方面発のツアーが豊富で、新幹線や特急の指定席とバスの組み合わせで上高地へ向かいます。上高地の他アルペンルートや白川郷を楽しむプランや、涸沢カールをトレッキングするツアー、少々お値段は高いものの憧れの上高地帝国ホテルと五千尺ホテルに泊まれるプラン、さらには3泊や4泊と長期に渡って奥上高地を満喫するプランがあります。

阪急交通社 上高地ツアー

電車で行く宿泊ツアー

雪景色の大糸線を走る特急あずさ(上高地ツアー)
出典:PIXTA
・クラブツーリズム スノーハイクツアー
冬の上高地は、シーズン時とはまた違う冬ならではの表情が魅力。上高地をはじめ、乗鞍高原や鍋平高原をスノーシューを使って歩き、スノーハイクを楽しむツアーです。ツアーには登山ガイドが同行し、スノーシューやストックなどギアはレンタル可能。下山後には温泉に浸かってほっこりできますよ!

クラブツーリズム スノーシューツアー

飛行機で行く宿泊ツアー

飛行機(上高地ツアー)
出典:PIXTA
・エースJTB
北海道からは飛行機で行けるツアーがあります。主に1泊2日の日程で、往復航空券と宿泊ホテルがセットになっています。道内の各空港から羽田を経由し、上高地最寄りの空港へ。空港からホテルへの移動部分はツアー代金には含まれず、各自負担となります。

JTB 上高地ツアー

上高地行きのバスだけを予約したい

アルピコ交通バス(上高地ツアー)
出典:PIXTA
直行バスだけを予約したい人はアルピコ交通が運行する「さわやか信州号」を使うのがおすすめ。発着地が新宿・東京・渋谷・大宮・川越・大阪・京都・長野から選べて便利な上、料金もリーズナブルでお得に予約ができます。

アルピコ交通予約サイト

観光コースは滞在時間で選ぼう!

上高地のハイキングコース(上高地ツアー)
出典:PIXTA
ツアーによって上高地での滞在時間は異なりますが、どんな風に見所を巡るか、滞在時間に合わせて観光コースを選ぶことができます。例えば、日帰り朝発ツアーなら滞在は一般的に3時間ほど。1時間程度で周れる「バスターミナル~田代橋周回コース」といった、短時間でも楽しめるコースを散策できます。

上高地の観光コースはこちらの記事チェック!

上高地に行く前に…よくある疑問

夏の上高地(上高地ツアー)
出典:PIXTA
ひとりで上高地へ行きたいけどツアーに参加できるの?山に登るわけではないから服装はどんなのでもいいの?そんなよくある疑問点について見ていきましょう!

ひとりで行けるツアーはある?

上高地を散策する人(上高地ツアー) 紹介した各社のツアーにはひとり参加もOKなプランが多く、ひとりでも気軽に上高地を楽しめますよ!またツアーだけでなく、上高地のホテルの1人宿泊プランなどもあり、好評を博しています。是非そちらもチェックしてみてください。

JTB 一人旅宿泊プラン
じゃらん 一人旅宿泊プラン

どんな服装で行ったらいい?

ハイキングの服装をしている画像(上高地ツアー)
出典:PIXTA
上高地は山岳エリアであり、町中より気温が10℃近く低いので、真夏でも羽織れる長袖上着が必要です。また、春や秋も一日の気温差が大きいので、脱ぎ着して温度調節しやすい服装を選びましょう。靴は歩きやすいスニーカーやトレッキングシューズが好ましく、雨具は必須です。

上高地に行くときの服装はこちらの記事をチェック!

気軽に日帰り?じっくり1泊2日?上高地をあなたの好きな楽しみ方で!

上高地のハイキングコース(上高地ツアー)
出典:PIXTA
上高地の観光ツアーは実に様々な種類のプランを各社が用意しています。気軽に日帰りでも行けますし、じっくり味わいたいなら宿泊ツアーを選べます。手ごろなお値段から豪華なプランまで、内容も千差万別。自身の都合に合う気に入ったツアーを選べるのは嬉しいですね!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

上高地バスターミナル(上高地ツアー)
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!