使っていない登山用品が高く売れる?!高額買取をしてもらう3つのコツ

アイキャッチ画像出典:PIXTA

使っていない登山用品やウェアはありませんか?

aaaaaa 「登山用品を揃えたけど、最近使っていない・・」
「新しい登山用品が欲しいけど、今使っているものが壊れているわけではない。」
「あまり使ってない道具があるけど、手放すのはもったいない。」
思い入れがあったり、あることすら忘れていたり・・様々な理由で使っていない登山用品やウェアを保管したままの人が多いようです。そのままタンスの肥やしにするよりも、買取サービスで売ってみませんか?登山用品は外で使うものなので、使用感があっても意外と高く売れることも多いのです。
無料で査定の申込をする

登山用品やウェアを高く売る3つのコツ

pixta_28492108_m
出典:PIXTA
思い入れのある登山用品、高額だったけど思い切って購入したウェアなど、せっかく売るなら高く売りたいというのが当然ですよね。知っておくと損しない、高く売るための3つのコツを説明します。

落とせる汚れは落としておく

shoes-58963_960_720
出典:pixabay
落ちない汚れは仕方ありませんが、登山靴やザックなどにつく泥は軽くふき取っておきましょう。登山用品以外でも、売りたいものがある時は基本的に綺麗にしておくと査定額も上がりやすいです。

買取金額UPの特典がついている業者を選ぶ

From PIXTA
出典:PIXTA
近くのリサイクルショップやネットでの買取など、色々な業者が存在していますが、特典の内容を必ず確認しましょう。少しでも高く買いとってもらえる方がお得ですよね。

「もったいない」と思っても、見極めて早く売る

From PIXTA
出典:PIXTA
来年使うかわからない、売るのがなんとなくもったいないという気持ちは誰にでもあります。しかし、少しでも「使わないかも・・」と思うのであれば早めの売却がおすすめです。正しくメンテナンスをして保管をしなければそれだけで劣化に繋がりますし、モデルもどんどん古くなり市場価値も下がるからです。
無料で査定の申込をする

登山用品の買取サービス「買うトドア」で売る3つのメリット

yama_k_01 登山用品の専門買取サービス「買うトドア」は、どこよりも高額買取を目指しています。買うトドアで査定をする3つのメリットをご紹介します。

1.査定額が1500円UPも可能!?YAMAHACK読者ならではの特典

b
売りたい商品が5つ以上あれば「5点以上のおまとめ査定」がおすすめ。1つ1000円以上の査定額であれば、買取金額が1000円UPします。更に、自分でダンボールや梱包材を用意すればそれだけで500円UP!1500円もお得に買取してもらえます。
無料で査定の申込をする

2.自宅で申込から入金まで完結する

査定
出典:PIXTA
忙しい人なら尚更ありがたい自宅完結。買うトドアなら、スマホやPCで無料の申し込みができて、自宅にダンボールが届きます。更に、アイテムを梱包した後は佐川急便のスタッフさんが玄関先まで荷物を取りに来てくれます。査定の内容もメールでのやりとりで楽チンです。

3.送料・査定料・手数料が完全無料!キャンセル料もかかりません

すべて無料
申込から入金までの送料、手数料、査定料などは一切かかりません。また、万が一返品を希望する際も、キャンセル料やアイテムの返送料も全て無料なので、安心して査定申込ができます。
無料で査定の申込をする

簡単!申込から入金までの3ステップ

スマホやPCから無料申込(1分程)

aa
必要なダンボールのサイズや個数、住所やメールアドレスなどを記入して無料の申込みをしましょう。約1分ほどで完了します。

ダンボールが自宅に届いたら、売りたいものを梱包

checkbox-690x460
ダンボールに、売りたい登山用品やウェアを申込書と一緒に入れましょう。

自宅に佐川急便が集荷にくるので、荷物を渡す

From PIXTA
出典:PIXTA
佐川急便が自宅まで集荷に来てくれるので、荷物を玄関で渡しましょう。

査定金額に納得したら入金してもらい完了!

pixta_28304803_m
出典:PIXTA
査定金額に納得できたら、あとは入金してもらうだけです。査定から最短2日で入金してもらえます。

無料で査定申込をする

眠っている登山道具を整理して、かしこく資金作り

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
使わない用品がお金に代われば、その分新しい用品を買ったり、新しい趣味に使うことができます。忘れている山道具がないか、一度家の中を整理してみませんか?思わぬお宝が眠っているかもしれませんよ。
無料で査定の申込をする

Sponsored by 買うトドア

YAMAHACK 編集部
YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!