初心者必見!トレイルランニング装備まとめ

2019/06/20 更新

トレイルランニングは、山に行く以上やはり十分な装備が必要。しかし走る上で荷物が多いと邪魔にもなってしまいます。今回は「最低限これは持っていきたい!」というものと、あって損はないものとで分けてご紹介します。ぜひ参考にして自分のトレランスタイルに合った服装や持ち物を選んでみてください!


万全の対策をして楽しもう!

トレランをしている画像 耐久レースとしても有名なトレイルランニング。不測の事態に備えて準備はしっかりとしておきましょう。心配事を抱えながら走るよりも、安心して走るほうが心身ともに楽しいはずです!

必需品①トレイルランニングシューズ

走る上で最重要ともいえるトレランシューズ。山道は舗装されていないところがほとんどなので足場が悪くても走ることができるように作られています。自分の足にあったものをしっかりと選びましょう。

<イノヴェイト> ROCLITE 290 V2

オールラウンドで使用できるシューズ。岩やガレ場が多いフィールドで、アウトソールがバランスよくグリップします。さらに、鉄の200倍の強度がありながら曲げ伸ばしができる素材が作用されています。

<サロモン> SPEEDCROSS 4

サロモンでベストセラーの定番モデル。軽量で高いクッション性があり、ぬかるんだ柔らかい道でも強いグリップを発揮します。


必需品②ウェア

ジャケット

防寒着としてだけでなく雨が降った場合にも役に立ちます。そのため雨季や冬には必須のアイテム。それ以外でも山の頂上付近は気温が低くなる場合や天候が急に変わる場合があるので持っていくことをおすすめします。

<マウンテンハードウエア> コアプレシェルフーディー
防風性と通気性を両立した軽量マウンテンシェル。伸縮性もあり着心地抜群。トレランはもちろん、夏山登山やクライミングにも使えます。

ITEM
マウンテンハードウエア コアプレシェルフーディー

Tシャツ

汗をかくことを考えて、吸収速乾性であるものがおすすめです。機能に多少の差があるもののトレラン用のものならばほとんど変わらないので自分の好みで選んでみてください。

<モンベル> クールT
大変軽量ながら肌離れが抜群によく、汗をかいてもドライな着心地が持続するTシャツです。
出典:モンベル
モンベル クールT(メンズ)

ショーツ

近年ではポケット付きのものが流行しています。Tシャツと同じように吸収速乾性であるものがトレランには適しています。季節によって長さを変化させたりロングタイツと組み合わせるなどしましょう。

<モンベル> トレール ランニングショーツ
抜群の通気性とストレッチ性を備え、軽量でトレッキングやランニングに最適な、足上げしやすい長さのショーツです。
出典:モンベル
モンベル トレール ランニングショーツ(メンズ)

<モンベル> トレールショーツ
出典:モンベル
モンベル トレールショーツ(メンズ)

ソックス

意外と重要になるのがこのソックス。地面をつかみやすい五本指のものや長距離走っても足に負担を残さないようクッション性が非常に優れたものなど種類が豊富です。

<イノヴェイト> SPEED SOCK LOW
快適性を保ちながらも、軽量性・フィット性を向上させたソックスです。ミッドカットモデルもあり。

<タビオ> レーシングラン五本指ソックス

はだし感覚で、地面をつかむように走れ、さらに疲れにくいランニングソックス。土踏まずのアーチをサポートする技術を採用。消臭、吸水・速乾性に優れ、足元を快適に保ってくれます。

ITEM
Tabio レーシングラン五本指ソックス


必需品③リュック

大きさや背負いやすさなど人それぞれなので実際に背負って購入したい商品です。荷物の量や距離によって使うリュックは違うはずなのでしっかりと機能を確認しましょう。

<パーゴワークス> ラッシュ5R

国内のトレイルランナーの意見をもとに作られたラッシュシリーズ。どんな体系の方にもフィットする構造で、ブレの少ない快適な背負い心地のリュックです。


<サロモン> TRAIL 20

デイハイクから長距離ランにも対応可能な容量を備え、バランスの良い性能を持った軽量トレイルパック。軽量性と通気性を追求したエアベントシステムを採用。
ITEM
サロモン TRAIL 20

自宅から10キロ先の温泉までジョギングで行く為に購入しましたが、着替え、タオル、スニーカーまで入ります。さらに走っていても、ズレる事なくストレスありません。個人的に有り難かった所は、胴体のベルト部分に小さいポケットが有り、iPhone Xが入ったので、何かの時は背負ったまま取り出せる所が凄く良かったです。



必需品④GPS付き腕時計・地図

<ガーミン> fenix 5X Sapphire

地図とナビゲーション機能が付いているので、一目で現在地を確認出来ます。スキーやゴルフなど、ランニング以外のスポーツにも対応可能です。
ITEM
ガーミン fenix 5X Sapphire

ガーミンはeトレックを使っていましたが、今後はこれで充分かな。アップルウォッチを使ってたときは充電するのが面倒だし急な外泊だと翌日はバッテリーが切れることもありました。この商品は無駄遣いしなければしなければ数日間余裕でバッテリー持ちます。雪山での使用にも十分耐えることができました。地図も見やすいしトレランや登山に重宝しますね!


<スント> ランニングGPS AMBIT3 SPORTS

ランニング、スイミング、サイクリングそしてマルチスポーツトレーニングに必要なあらゆる機能を備えています。心拍数モニターによって理想的な範囲内でトレーニングを続けることができGPSによって正確なペース配分ルートナビ、トラッキングを維持する事ができます
ITEM
スント ランニングGPS AMBIT3 SPORTS

地図

地図を持っていくとしても事前にしっかりと道は確認しておきましょう。”もしも”の場合以外は使わないことが理想です。
ITEM
山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山
発行元:昭文社



必需品⑤食料

61hzjjKAD8L
出典:Amazon
長距離を走る場合はもちろんのこと非常食 としても多めに持っておくと安心です。飲み物はスポーツドリンクなどをおすすめします。

必需品⑥エイドキット

51kA5YkCKCL._SX425_
出典:Amazon
靴連れや怪我をしたときにエイドキットを持っておくと役に立ちます。ぜひ持っていくようにしましょう。

必需品⑦ヘッドライト

日が落ち始めると山は急に暗くなります。そんな時心強い味方になるのがこのヘッドライトです。夜のランニングのときだけでなくもしもの場合に備えて持っていくことをおすすめします。

<ジェントス> ヘッドウォーズ

優れた明るさを実現した、ヘッドライト。サブLEDを無くしシンプルに、明るさはHi/Mid/Lowの切り替え可能。フォーカスコントロールを搭載し、スポット・ノーマルの範囲で照射面を調節可能
ITEM
ジェントス ヘッドウォーズ

持っておきたいアイテム

キャップ

日よけとして役に立つのは当然ですが近年では、女性のランナーも多いためファッションの一部として被るひとも増えてきています。夏場などは特に必要となることでしょう。

<コロンビア モントレイル> ランニングバイザー
短めのツバで視界を保ちつつ、しっかりと日差しを遮ってくれるデザイン。吸水速乾の生地に撥水加工が施され、汗や雨にも負けません。

ITEM
コロンビア モントレイル ランナートゥスロープランニングバイザー

<サロモン> XA CAP
軽量な長距離のランに最適なキャップです。吸水速乾性に優れたヘッドバンドを使用しています。

グローブ

夏は日焼けや怪我防止として役に立ってくれ、冬には防寒着として活躍する万能アイテム。指先のありなしや素材については自分の目的に合わせて選んでみてください。
<ミズノ> メッシュトレイルグラブ
ITEM
ミズノ メッシュトレイルグラブ

<サロモン> FAST WING GLOVE
ITEM
サロモン FAST WING GLOVE
冷たい風から手を守るミトンカバー付き

トレイルポール

一見邪魔になりそうだけれども近年では折りたためる超軽量のものも開発されています。大会でも使用している人も多く、サポート品として優秀です。

<ブラックダイヤモンド> トレイル プロ ショック
ITEM
ブラックダイヤモンド トレイル プロ ショック


ホイッスル

遭難したときに命が助かるかどうかがこのホイッスルにかかっているかもしれません。荷物にもならないはずなので是非一つ持っておきましょう。

<モンベル> エマージェンシーコール

エマージェンシーコール
出典:モンベル

モンベル エマージェンシーコール

ポイズンリムーバー

61Mp++l2pQS._SL1116_
出典:Amazon
山によっては毒をもった虫が多くいることもあります。 応急処置用として持っておくことをおすすめします。

危険と隣り合わせの山だからこそ…

トレイルランニングの装備で走る人 ランナーたちは山を走ることで”快感”を感じることができます。しかしその一方で危険が多く存在するのも事実です。走りやすさだけを追い求めて、自分の身を危険にさらしてしまっては元も子もありません。しっかりと準備を行って自然の中での走りを体感しよう!!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

トレランをしている画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!