ボルダリングのグレード換算表【日本・フランス・アメリカ】

ボルダリングのグレード換算表です。日本の段級グレード、アメリカ発祥のVグレード、フランス発祥のフレンチグレードをそれぞれ比較していますので、どれぐらいのグレードが何に相当するのか確認する際の参考にしてみてください。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ボルダリングのグレード換算表

ボルダリングする女性
出典:PIXTA
日本ではボルダリングの難易度を、「級」や「段」を用いた段級グレードで表します。海外ではまた異なるグレードを用い、アメリカ発祥の「Vグレード」、フランス発祥の「フレンチグレード」があります。それぞれの難易度はどのグレードに対応しているのか、換算表を紹介します。ルートを知る上で参考にしてみてください。下にいくほど、ルートの難易度は難しくなります。
日本フランスアメリカ
6級3+
4
V0-
V0
5級4+
5
V0+
V1
4級5+
6a
V2
V3
3級6a+
6b
V3
V4
2級6b+
6c
V4
1級6c+
7a
V5
V6
初段7a+
7b
V7
V8
二段7b+
7c
V8
V9
三段7c+
8a
V10
V11
四段8a+
8b
V12
V13
五段8b+
8c
V14
V15
六段8c+V16

グレードってどう決まるの?

岩場を登る女性
出典:PIXTA
ボルダリングの難易度(グレード)は、岩場の場合多くは最初にそのルートを登った人の所感で「だいたいこれくらい」と提唱されます。その後、多くの人に登られた後適正なグレードに修正されることもあります。ジムのボルダリングの場合は、コースを設定した人が難易度を設定したり、登った人が決めたりと様々です。

グレードは今後も更新されるかも?

ナーレ・フッカタイバル 長きにわたり、上記表の六段/8c+/V16が世界で最難のグレードとされてきました。しかし2016年、フィンランドのクライマー、ナーレ・フッカタイバルがとうとう地元の岩場で4,000回以上トライを重ねたルートを初登し、「Burden of Dreams(夢の重さ)」 という名を付けました。その際世界最難グレードを更新する9A/V17というグレードを提唱。人間が登れる壁の最高難度が誕生しました。世界最難、というここまでのレベルになると、難しすぎてその後登れるクライマーはほんの一握りですが…このグレードも、今後他のクライマーによって見直される可能性もあり、あるいはそのまま定着する可能性もあります。世界のクライマーの今後の動向にも注目したいですね!



 

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ボルダリングのホールドを持つ人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!