神奈川県のおすすめキャンプ場20選!コテージ、バンガロー情報など

神奈川県のおすすめキャンプ場特集。都心から好アクセスな上に、海・山・森と自然に囲まれた神奈川。設備の充実した初心者向けのキャンプ場から、経験豊富なキャンパーさんでも楽しめるキャンプ場まで!神奈川のおすすめキャンプ場をピックアップしてみました。


アイキャッチ画像出典:なっぷ

神奈川県おすすめのキャンプ場【横浜】

こどもの国

都心から好アクセスの横浜市にあるキャンプ場。広大な敷地には、ポニー牧場、サイクリング、ディスクゴルフ、バーべキュ―など、ファミリーにおすすめのキャンプ場です。チーズづくり教室や、ノルディスクウォーキング、梅まつりなどイベントも満載です。

【詳細】
営業期間:施設自体は通年営業
定休日:毎週水曜日(水曜が祝日の場合開園)・12月31日・1月1日
※キャンプ利用できる期間は毎年変動。
施設タイプ:ツリーハウス/テントサイト
住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700
電話番号:045-961-2111
アクセス
・車
東名自動車道 横浜青葉IC、または横浜町田IC下車 約20分
・電車
こどもの国線 こどもの国駅下車 徒歩2分
駐車場:有(約1,700台収容)
料金:
【宿泊】 自然研修センター宿泊利用2,500円 子ども1,500円(寝具・炊事道具付)
【テントサイト】 4,500円
詳細はこちら

野島公園

四方を海で囲まれ、横浜の海を一望できるキャンプ場。ゴールデンウイークは潮干狩りなどで賑わうほか、バーべキュ―や歴史散策など、楽しみ方はそれぞれ。都心からアクセスの良好な横浜でのんびりキャンプを満喫しましょう。

【詳細】
営業期間:通年営業 3~11月(要予約)
定休日:あり 9月~翌3月の期間は月曜定休(祝日の場合は翌日)
施設タイプ:区画サイト
住所:神奈川県横浜市金沢区野島町24
電話番号:050-3786-4889(10:00 ~ 17:00)
アクセス:
・車
横浜横須賀道路 朝比奈IC下車 約10分
・電車
金沢シーサイドライン 野島公園駅下車 徒歩5分
駐車場:有(サイト内へ乗り入れ不可)
料金:
【テントサイト】 2,000円〜
【バーベキュー場】 平日2,000円 土日祝日2,500円
【野球場】 2時間 2,600円
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【横須賀・三浦エリア】

田浦青少年自然の家

神奈川県横須賀市にあるキャンプ場。田浦青少年自然の家は、青少年の健全育成を目的とされた施設で、高校生以下を含む親子、指導者などが利用できるキャンプ場です。テントを張るデッキサイトや炊事場など、一通り必要な設備は完備されています。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:あり
・3月16日から7月15日までは、月曜日を除き営業
(ただし、月曜日が祝日・振替休日の場合は営業し別の日が休業日に)
・7月16日から8月31日までは、毎日
・9月1日から翌年3月15日までは、土・日曜日及び祝日・振替休日
(ただし、12月29日から1月3日は除く)
施設タイプ: 芝/土サイト
住所:神奈川県横須賀市田浦大作町33-1
電話番号:046-861-2702
アクセス:
・車
横浜横須賀道 逗子IC下車 約20分
・電車
JR田浦駅下車 徒歩40分
駐車場:なし
料金:
【テントサイト】 400円、小中学生200円、未就学児無料
【デイキャンプ】 無料
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【湘南・鎌倉エリア】

柳島キャンプ場

ベルト状の綱渡りを連想させるスラックラインやブランコ、タイヤの遊具など子ども達が退屈しないようにと配慮がされているのがポイント。本格的なログキャビンに泊まれば、木のぬくもりを存分に感じることができるでしょう。予約をすれば食材も準備してくれます。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし 火曜(7月8月は除く)
施設タイプ: ロッジ・ログハウス・コテージ/区画サイト
住所:神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸1592-1
電話番号:0467-87-1385
アクセス:
・車
新湘南バイパス 茅ヶ崎海岸料金所下車 約10分
・電車
JR茅ヶ崎駅 茅33/37系統バス 浜見平団地下車 徒歩約15分
駐車場:有
料金:
【宿泊棟(定員7名)】 市内在住者7,500円〜
【宿泊棟(定員7名)】 市外在住者9,500円〜
【ログキャビン(定員6名)】 市内在住者6,000円〜
【ログキャビン(定員6名)】 市外在住者8,000円〜
【テントサイト(定員4名)】 市内在住者2,000円〜
【テントサイト(定員4名)】 市外在住者2,500円〜
【デイキャンプ】 1,500円〜
※利用施設によって変動
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【厚木・海老名】

御所の入森のコテージ

緑深い森と、小川のせせらぎに癒されるキャンプ場。静かにゆっくりキャンプを楽しみたい方にはおすすめです。キャンプ以外にも宿泊室や、大小の浴室など、一通りの設備は整っています。

【詳細】
営業期間:シーズン営業 7月20日~8月31日
定休日:なし 期間中無休
施設タイプ: ロッジ・ログハウス・コテージ/バンガロー
住所:神奈川県伊勢原市日向1818
電話番号:0463-92-1074
アクセス:東名道・厚木ICより11.5km、車で約25分
駐車場:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ不可)
料金:
【コテージ】 12,000円(市内在住者9,600円)
詳細はこちら

泉の森ふれあいキャンプ場

宿泊はできない、日帰りのみのキャンプ場。森の中で野外料理やバーべキュを楽しむことができます。利用料は無料。近隣には買い出しが可能な場所があるので、忘れ物をした場合でも安心です。

【詳細】
営業期間:通年営業 3月より11月まで
※12〜3月は土・日・祝日(予約は平日でも可)
定休日:あり 12月29日〜1月3日は休み
施設タイプ: 芝/土サイト
住所:神奈川県大和市上草柳1794
電話番号:046-260-5795
アクセス:
・車
東名自動車道 横浜町田IC下車 約10分
・電車
相鉄線 相模大塚駅下車 徒歩約15分
駐車場:有(サイト内へ乗り入れ不可)
料金:無料
詳細はこちら

滝沢園 キャンプ場

清流水無川の河畔にある、緑豊かな自然に囲まれたキャンプ場。林間ではオートキャンプができるほか、バンガローやロッジ、民宿など様々な宿泊施設があるので、初心者の方にはおすすめです。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ: バンガロー/ログハウス/山荘/オートサイト10区画/フリーサイト70サイト(土・砂利)
住所:神奈川県秦野市戸川1445
電話番号: 0463-75-0900
アクセス:
・車
東名高速中井秦野インターより約10km約20分
・電車
小田急線渋沢駅より神奈中バス大倉行き大倉終点下車 徒歩約10分(乗車時間約15分)
駐車場:あり(60台)
※普通車1,000円/台、マイクロバス2,000円/台、バス3,000円/台、オートバイ400円/台
料金:
【施設利用費(1泊)】 大人、子供共に 1名300円
【バンガロー】 8,500円〜
【ロッジ】 20,000円〜
【山荘】 60,000円〜
【オートサイト(4名まで)】 5000円(1名追加/1,000円)
【フリーサイト】 フリーサイト1名 700円
【デイキャンプ】 大人500円、子供300円
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【相模原・相模湖】

音久和キャンプ場

道志川中流の大自然をそのままキャンプ場に。目の前で流れる川では釣りや川遊びを楽しめるほか。周りに街灯がないので自然の静かな夜を体験できます。トイレも土足厳禁で、清潔な水洗トイレが完備されています。

【詳細】
営業期間:詳しくは現地へお問い合わせください。
定休日:詳しくは現地へお問い合わせください。
施設タイプ: フリーサイト
住所:神奈川県相模原市緑区青根2861-2
電話番号:042-787-0968
アクセス:中央道・相模湖ICより13km、車で約30分。
駐車場:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ可能)
料金:
【フリーサイト】 3,500円(1区画1泊・テント1張・2名の場合)
【デイキャンプ】 1,750円
詳細はこちら

相模湖休養村キャンプ場

都心から1時間とは思えないほど、大自然に囲まれたキャンプ場。知る人知る、神奈川の穴場的なキャンプスポットです。テントサイトは林間で土ですが、生い茂っている高い木の葉が日差しを防いでくれるので、夏でも過ごしやすいキャンプ場です。

【詳細】
営業期間:通年営業年 末年始休業あり(12月28日~1月5日)
※オフシーズンの利用は事前予約が必要
施設タイプ:バンガロー/フリーサイト
住所:神奈川県相模原市相模湖町寸沢嵐3574
アクセス:中央道・相模湖ICより8km、車で約20分
料金:
【フリーサイト】 1人1,000円
【バンガロー】 10,000円〜
備考:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ可能 1,000円(普通車))
詳細はこちら

いやしの湯・青根緑の休暇村センター

通年営業のキャンプ場。四季折々の裏丹沢の景色を楽しむことができます。目の前の道志川では、釣りや川遊びを楽しむことができます。隣には天然温泉施設があるので、遊んだあとはリフレッシュ!

【詳細】
営業期間:通年営業 年末年始休業あり(12月28日~1月4日)
定休日:あり 火曜(祝日の場合は翌日。ハイシーズンは無休)
施設タイプ: ロッジ・ログハウス・コテージ/フリーサイト
住所:神奈川県相模原市緑区青根807-2
電話番号:042-787-2215
アクセス:
・車
中央自動車道 相模湖IC下車 約30分
・電車
JR中央線 藤野駅下車 東野行バス 30分 奥相模湖下車
駐車場:有(サイト内へ乗り入れ不可) 1,100円 マイクロバス1,100円 バス2,100円
料金:
【入場料(宿泊)】 大人760円 子供540円
【バンガロー】 3,100円〜
【テントサイト 】 1,600円
【デイキャンプ(入場料) 】 大人430円 子供330円
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【箱根】

芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ

観光地で有名な芦ノ湖の湖畔にある唯一のキャンプ場です。各オートサイトには、専用のかまどと流しがついています。箱根神社をはじめ、観光資源が豊富なキャプ場です。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ: 区画サイト
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
電話番号:0460-84-8279(AM9:00~PM8:00)
アクセス:
御殿場ICより17km 車で約30分
箱根口ICより21km 車で約40分
駐車場:利用者用駐車場あり (オートサイト区画のみ乗り入れ可能)
料金:
【オートサイト】 3,000円/泊1~
【ケビン 】 15,000円/泊~
詳細はこちら

貸別荘 サンテラス箱根

現地フロントにスタッフが常駐しているので、なんと一般的なキャンプ場ではあまりない夜11時チェックインでもOKです。もちろんリネン費、管理費、無料!困った時は、いつでも常駐のスタッフがサポートしてくれるから安心です! 20時までなら御寿司やラーメンなどのデリバリーも可能。フリースタイルで楽しめる貸別荘です。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:不定休
施設タイプ: コテージ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1156-1
電話番号:0460-84-6319
アクセス:
・車
東名御殿場インターチェンジから国道138号線経由 約15分
・電車
小田急線箱根湯本駅線を出て、箱根登山バス「T桃源台」行きに乗車約30分。仙石案内所下車徒歩10分
駐車場:あり(8台収容 宿泊優待 無料)
料金:
【平日 宿泊】 1名1泊あたり5,000円
【休日前・特定日 宿泊】 1名1泊あたり6,000円
詳細はこちら

須雲山荘バンガロー

須雲川の渓流に面したキャンプ場。渓流釣りのほか川遊び、マスのつかみ取り、ハイキングや自然観察など、自然を感じるアクティビティが満載です!

【詳細】
営業期間:シーズン営業 4月中旬~10月末日まで
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/バンガロー
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川264
アクセス:東名道・御殿場ICより27km、車で約45分
料金:
【バンガロー】 6,500円~11,500円(1棟1泊)
【貸し別荘】 45,000円(1棟1泊)
備考:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ不可)
詳細はこちら

箱根園コテージキャンピング

自然の中に建てられた貸し別荘のようなコテージが魅力的。悪天候でも安心の室内バーベキューと、テラスバーベキュー、温泉露天風呂などうれしい設備が充実。ペットと一緒に泊まれるプランもあり、愛犬家の方にもお勧めです。

【詳細】
営業期間:詳しくはホームページでお知らせ
定休日:なし
施設タイプ: ロッジ・ログハウス・コテージ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根140
電話番号:0460-83-1112
アクセス:
・車
小田急線 箱根湯本駅 車約30分/バスで約60分
駐車場:有(96台)
料金:様々なプランがあり、また時期によって価格変動(要確認)
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【湯河原・真鶴・小田原】

なみのこ村

なみのこ村は相模湾を見渡す、絶好のロケーションにあるオートキャンプ場。夏はダイビング、磯釣りな海ならではのアクティビティが満載!海辺でバーベキューというのも良いですよね。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:あり 4~10月・・・水曜定休(GW・夏休みは無休)、11月~3月土日祝のみ営業
施設タイプ: キャビン (ケビン)/区画サイト
住所:神奈川県小田原市根府川161
電話番号:0465-29-0841
アクセス:
・車
西湘バイパス・石橋IC下車 約10分
・電車
JR根府川駅下車 徒歩10分
駐車場:有(オートサイト区画のみ乗り入れ可能)
料金:
【オートキャンプ】 4,000円(AC電源使用+1,000円)
【ログキャビン】 10,000円
詳細はこちら

貸別荘 オレンヂビラ

各棟には、家族風呂も完備!調理器具、エアコン、テレビ、冷蔵庫、ヒーター、共同洗濯機など一通りの設備も充実。テニスコート(有料)もあるので、ファミリーやグループ歓迎の、格安で泊まれる貸別荘。500mの近隣に露天風呂のある「ゆとろ温泉」があります。

【詳細】
営業期間:直接お問い合わせ下さい。
定休日:直接お問い合わせ下さい。
施設タイプ: コテージ
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1905
電話番号:0465-63-1622
アクセス:
・東名高速厚木ICより小田原経由でオレンヂビラへ。厚木ICより約30分。(東京から約1時間30分)
・東名高速沼津ICより熱海経由でオレンヂビラへ(関西方面から約6時間)
駐車場:あり(30台)
料金: 通常料金1人 3,000円(1棟定員時)※ハイシーズンはお値段が変わります。
詳細はこちら

小田原市いこいの森

小田原市久野の緑豊かな森林の中にあるキャンプ場。「小田原市いこいの森」では、27ヘクタールの広大な森林の中で、自然観察やハードゴルフ、ウォークラリーや木工体験など様々なイベントが開催されています。施設の設備も充実しており、手ぶらでもキャンプを楽しむことができます。

【詳細】
営業期間:シーズン営業
バンガロー・・・4月1日~10月31日
テントサイト・・・7月21日~8月31日
定休日:あり(キャンプ期間中は無休)
・毎週月曜日、祝休日の翌日
・月曜日が祝休日の時はその翌日
・年末・年始各3日間
施設タイプ: バンガロー/区画サイト
住所:神奈川県小田原市久野4294-1
電話番号:0465-24-3785
アクセス:
・車
小田原厚木道路 荻窪IC下車 約3分
・電車
JR小田原駅下車 箱根登山鉄道バス「いこいの森」行、終点「いこいの森」下車 徒歩10分
駐車場:あり
※隣接施設わんぱくランドと共用(約260台)
【駐車場料金(1日) 】・・・普通車510円 バス(30名以上)1,020円
料金:
【バンガロー】 市民3,080円〜、 市外4,620円〜
【常設テント】 市民1,020円〜、 市外1,540円〜
詳細はこちら

神奈川県おすすめのキャンプ場【足柄(丹沢)】

西丹沢マウントブリッジキャンプ場

東京からおよそ90分と好アクセス!西丹沢のふところにあるキャンプ場です。目の前には川が流れており、河原でバーベキューを楽しめるほか、近くにはハイキングや登山コースなども!アウトドアを満喫したい方にはおすすめのキャンプ場です。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし(不定休)
施設タイプ: バンガロー/区画サイト
住所:神奈川県足柄上郡山北町中川867-7
電話番号:0465-78-3378
アクセス:東名道・大井松田ICより 車で約30分
駐車場:あり 1,000円/台 (サイト内へ乗り入れ可能)
料金:
【利用料】 1,000円/人
【オートサイト】 3,000円/1区画(1張)泊
【バンガロー】 8,000円~20,000円(1棟1泊)
【船のバンガロー】 7,000円(1棟1泊)
詳細はこちら

ezBBQ COUNTRY Cabins&Camping

金太郎で有名な、南足柄にあるキャンプ場。清潔なトイレ、シャワーなどはが完備され、ファミリーも安心して利用することができます。場内に流れる清流では、川遊びや釣りを楽しむことができます。

【詳細】
営業期間:通年営業(平日に不定休のときあり)
施設タイプ:キャビン (ケビン)/フリーサイト
住所:神奈川県南足柄市矢倉沢滝下2230
アクセス:
・車
東名高速道路 大井松田IC下車 約30分
料金:
【キャビン】 1泊15,000円(5名まで)
【テント1泊】 4,000円(4名まで)
備考:フリーサイト 車の乗り入れはできませんが駐車場有(無料)
詳細はこちら

西丹沢中川ロッヂ

緑豊かな山々に囲まれ、エメラルドグリーンの清流が流れるキャンプ場。オートキャンプサイトの他にも、ハンガローがります。炊事場やバーベキュー場なども完備。

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ: バンガロー/区画サイト/フリーサイト
住所:神奈川県足柄上郡山北町中川897-111
電話番号:0465-78-3780
アクセス:
・車
東名自動車道 大井松田IC下車 約30分
東名自動車道 御殿場IC下車 約30分
・電車
JR谷峨駅下車 富士急湘南バス「西丹沢」行 あしがら荘入口下車 徒歩5分
駐車場:有(サイト内へ乗り入れ可能)
※普通車500円、バイク200円、大型車2,000円
料金:
【入場料】 大人500円、子供300円
【バンガロー】 6,000円〜
【キャンプサイト】 3,000円
詳細はこちら

神奈川県のキャンプ場はグループやファミリー向けが多い!

kanagawa2
神奈川県と聞くと、横浜や鎌倉などのハイセンスな場所を思い浮かべがちですが、実はアウトドア向けの施設が充実しているエリアなんです。

そして、どれも個性あふれるグループやファミリー向けのキャンプ場ばかり。イベントや子供が楽しめる施設が充実しているので、大人も童心に帰って一緒に楽しめます。(ライター/野口理加)

Let’s return to childhood at the campground in Kanagawa prefecture!
神奈川県のキャンプ場で童心に帰ろう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

神奈川県のキャンプ場芦ノ湖キャンプ村
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!