宮崎県のおすすめ人気キャンプ場12選!南国情緒があふれる

宮崎県のおすすめ人気キャンプ場をピックアップ。コテージなどの宿泊設備が整ったキャンプ場や温泉付きの高規格なキャンプ場など!初心者からファミリーまで楽しめるキャンプ場を厳選しました。南国気分を味わえるリゾート地、宮崎県で、キャンプを楽しもう!


アイキャッチ画像出典:道の駅北浦

南国気分を味わえる宮崎県でキャンプを楽しもう!

宮崎県のキャンプ場付近にある青島
出典:PIXTA
宮崎県といえば、プロ野球のキャンプ地として有名な県ですよね。九州の南に位置し、その温暖な気候とコバルトブルーの海に恵まれた土地柄ゆえに1960年代では新婚旅行のメッカとしても知られていました。
宮崎県のキャンプ場付近にある高千穂峡
宮崎県は主に4つのエリアに分けられます。阿蘇の火山活動が生み出した神秘的な渓谷「高千穂峡」がある北部エリア、宮崎県庁や国内有数の大古墳「西都原古墳群」がある中部エリア、九州一標高が高い温泉郷がある「えびの高原」で知られる西部エリア、「青島」や九州の小京都と呼ばれる「飫肥城下町」が有名な南エリアです。今回は各エリアにあるおすすめのキャンプ場を紹介します。

宮崎県の人気おすすめキャンプ場【宮崎・青島・日南エリア】4選

まずは宮崎県の中部~南部エリアにあるキャンプ場を紹介します。

宮崎白浜オートキャンプ場

%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%99%bd%e6%b5%9c%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4
目の前に広がるのは、広大な太平洋に面した白浜海水浴場!ヤシの木が立ち並び、南国情緒があふれるキャンプ場です。オートサイトは全30区画、木造平屋作りのケビンが5棟、炊事棟、コインランドリーなど宿泊設備は充実しています。

また近くには海水浴場の他にも、青島・青島神社、道の駅、ゴルフパークなど、観光スポットも充実しています。

ここは、宮崎のキャンプ場で一番お勧めの場所です。宮崎空港から車でも20分ぐらいなので、県外からキャンプに来る人も多いです。
ここのビーチはとにかく海が綺麗で、浜辺も清掃が行き届いているので安心して遊べます。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ:区画サイト、キャビン
住所:宮崎県宮崎市折生迫上白浜6600-1
電話番号:0985-65-2020
アクセス:
宮崎自動車道宮崎ICから国道220号で青島方面へ。案内板に従い一般道へ左折し、約1km先の右手に現地。宮崎ICから15km
駐車場:有り
料金:区画サイト/3020円~、オートフリー/1030円、ケビン/10,260円~
詳細はこちら

潮の杜キャンプ場

宮崎県の潮の杜キャンプ場
出典:なっぷ
宮崎県日南市の旧潮小学校の廃校利用を目指したコミュニティー交流施設「潮の杜」のグラウンドを利用したオートキャンプ場。校舎をバックにキャンプを楽しむという非日常を味わうことが出来、また教室を利用したタイ料理レストランもあるユニークな施設です。

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ:フリーサイト、トレーラーハウス
住所:宮崎県日南市富士4028-4
電話番号:0987-67-4608
アクセス:宮崎方面から:宮崎市街から約30分国道220号線を南下、堀切のトンネル~いるか岬を過ぎて約7分
駐車場: 30台
料金:
【利用料】1泊 1名/500円 ※未就学児は無料
【宿泊料】ツーリングキャンプ / 1台1泊 1,000円
持ち込みテント / 1張1泊 1,500円
レンタルテント / 1張1泊 3,000円
キャンピングカー乗り入れ / 4,000円
トレーラーハウス利用 / 1台1泊 8,000円
詳細はこちら

尾鈴キャンプ場

宮崎県にある尾鈴キャンプ場
宮崎県都農町にある大自然に囲まれたキャンプ場。バンガローが5棟、休憩所が2棟とこじんまりとした施設のすぐ側には清流が流れ、川遊びが楽しめます。キャンプ場周辺では、尾鈴山でのハイキング、観光農園で味覚狩りも出来ます。

近くを流れている清流が冷たくて、とてもおいしいです。霧島をその清流の水で水割りにして飲んでみたのですが、最高に美味しかったです。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ: バンガロー
住所:宮崎県児湯郡都農町尾鈴
電話番号:0983-25-5712
アクセス:宮崎自動車道宮崎ICから国道10号で日向方面へ。川南町で県道307号へ左折し、約15km先に現地。宮崎ICから55km
駐車場:有り
料金:バンガロー/3,600円 ~、尾鈴憩いの森林館:1,030円
詳細はこちら

蜂之巣キャンプ場

%e8%9c%82%e3%81%ae%e5%b7%a3
10棟あるコテージ全てにはなんと!天然温泉の露天風呂がついています。洗濯機、電子レンジ、テレビなどコテージ内の設備は非常に充実しており、のんびりと過ごすことが出来ます。またキャンプ場周辺ではノルディックウォーキングや森林セラピーなど珍しい体験も出来ます。

家並みの設備。私が利用したのはコテージのC棟でしたがバーベキューができる玄関ポーチは広いし、冷蔵庫も大きいし、トイレは一階と二階にひとつずつ、洗濯機も乾燥機もありました。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ:コテージ
住所:宮崎県日南市北郷町郷之原甲2580-1
電話番号:0987-55-3828
アクセス:JR日南線北郷駅からタクシーで5分
駐車場:有り
料金:13,400円~
詳細はこちら

宮崎県の人気おすすめキャンプ場【えびの・都城エリア】4選

次に宮崎県の西部エリアにあるキャンプ場を紹介します。

御池野鳥の森公園キャンプ村

%e5%be%a1%e6%b1%a0%e9%87%8e%e9%b3%a5%e3%81%ae%e6%a3%ae%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%9d%91
出典:なっぷ
霧島錦江湾国立公園の一角にある火口湖「御池」の湖畔にある御池野鳥の森公園キャンプ村。テントサイトと2階建てコテージの他、野鳥観察のために作られた高床式バンガローがあります。周囲は御池野鳥の森公園に囲まれ、バードウォッチングや釣りが楽しめます。

御池は、手漕ぎボートに乗って、高千穂の峰や自然のパノラマを楽しむことができます。水もきれいなので、コイやフナ、ハエ、ブラックバス、ニジマスも釣れます。(出典:なっぷ)

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:毎週木曜日 ※4~10月を除く
施設タイプ:区画サイト、コテージ
住所:宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田長尾
電話番号:0984-42-4038
アクセス:宮崎自動車道・高原ICより国道223号を都城方面に約10km
駐車場:有り
料金:【施設管理費】200円~
【宿泊料金】持込みテント/1,500円~、コテージ/10,000円~
詳細はこちら


ひなもりオートキャンプ場

宮崎県のひなもりオートキャンプ場
宮崎県と鹿児島県の県境、霧島連山にある人気の高い高規格キャンプ場。広々とした高原にテントサイト、トレーラーハウス、キャビンがあり、木製遊具の広場、ふれあい広場など遊び場も充実しています。テントサイトは生垣に囲まれてプライベートが保てる作りです。

全国的にも非常に評価の高いキャンプ場だそうで、それも納得の充実の設備です。とくに炊事場のきれいさに驚きました。ステンレスのシンクで温水もでる。なにかモデルルームのようでした。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:区画サイト、フリーサイト、バンガロー、トレーラー
住所:宮崎県小林市細野山中之前5739-14
電話番号:0984-23-8100
アクセス:
宮崎自動車道小林ICを出て県道1号を右折し、みやまきりしまロードを左折。県道104号を右折し、夷守台方面へ進み現地へ。小林ICから12km
駐車場:有り
料金:区画サイト/4,500円 、フリーサイト/大人 1,400円・子供 700円 キャビン/14,500円、トレーラーハウス/13,900円
詳細はこちら

えびの高原キャンプ村

宮崎県のえびの高原キャンプ場
標高約1,200m地点にあるえびの高原キャンプ村は、夏は日中の平均気温が約24度と大変過ごしやすく、蚊もいないため快適にキャンプを楽しむことが出来ます。大自然の中にあり、アカマツやクマザサに囲まれ落ち着いた雰囲気の場内では、シカに出会えることもあります。

えびの高原キャンプ村は、霧島屋久国立公園の中、標高1200メートル地点にあり、夏でも平均気温は約24度と過ごしやすく、避暑地として最適です。ここの特徴は、温泉があるというところでしょう。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月1日~10月末、12月20日~翌1月10日(常設テントは7月5日~8月末)
定休日:なし
施設タイプ: フリーサイト、キャビン
住所:宮崎県えびの市末永1470
電話番号:0984-35-1111(休業期間中)0984-33-0800(営業期間中)
アクセス:九州自動車道えびのICから県道30号でえびの高原へ進み現地へ。えびのICから20km
駐車場:有り
料金:【入村協力金】 300円 、
【使用料】 テント専用サイト/800円 、タープ/500円 、ケビン/9300円〜
詳細はこちら

皇子原公園

%e7%9a%87%e5%ad%90%e5%8e%9f
出典:なっぷ
神武天皇の誕生の地として知られる皇子原公園。園内には1.1キロもあるゴーカートコースやローラースライダー、ニジマス釣り場、お子さんでも安心して水遊びが出来る清流ランドなど楽しめる施設が多数あります。宿泊施設は綺麗なコテージが4棟あります。

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:毎週木曜日 ※4~10月を除く
施設タイプ:コテージ
住所:宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田3-251
電話番号:0984-42-3393
アクセス:高原ICより 約15分
駐車場:有り
料金:【管理費】小学生以上/650円、小学生未満/320円【コテージ】8,600円~
詳細はこちら

宮崎県の人気おすすめキャンプ場【日向・延岡・高千穂エリア】4選

最後に宮崎県の北部エリアにあるキャンプ場を紹介します。

日向サンパーク・オートキャンプ場

%e6%97%a5%e5%90%91%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af
日向サンパーク内にあるキャンプ場。周辺にはレストラン、道の駅にテニスコートなど施設が充実しています。何といってもおすすめは温泉「お舟出の湯」です。貸切風呂や露天風呂など数々のお風呂が楽しめます。陶芸や寄席など楽しいイベントも多数開催されています。

海岸沿いにあるこのキャンプ場は、子供たちが一番好きな場所です。綺麗に整備された芝生が広がっているので、子供たちは走り回って遊ぶことができます。遊具もあるので小学生ぐらいまでの子供ならとても喜ぶと思います。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:区画サイト、コテージ
住所:宮崎県日向市幸脇303-5
電話番号:0982-58-0636
アクセス:東九州自動車道 都農ICから約16km
駐車場:有り
料金:キャンプサイト/3,780円~、コテージ/15,120円~、ログテント/5,400円~
詳細はこちら

下阿蘇ビーチリゾート浜木綿村

宮崎県の下阿蘇ビーチリゾート浜木綿村
快水浴場百選にも選ばれた美しい下阿蘇ビーチに隣接するオートキャンプ場。全てのオートサイトに、AC電源、水道・流し台、野外炉、テーブル・ベンチがついています。テントサイトやキャビンの目の前には白い砂浜!釣りや海水浴を楽しむことが出来ます。

目的は海水浴なので、ビーチのすぐ近くに泊まれて快適なこのケビンが子供たちが大好きなんです。
南国宮崎らしいスカッとしたビーチで一日ゆっくり過ごして、夜はバーベキュー。ハワイにでも来ているような気持ちになりますよ。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:区画サイト、常設テント、キャビン
住所:宮崎県延岡市北浦町古江3337-1
電話番号:0982-45-3811
アクセス:東九州自動車道須美江ICから北浦方面へ約6km
駐車場:有り
料金:区画サイト/3,600円、常設テント/3,600円 キャビン/15,000円〜
詳細はこちら


五ヶ瀬の里キャンプ村&ゲストハウス

%e4%ba%94%e3%81%8c%e7%80%ac%e3%81%ae%e9%87%8c
高台に位置し、阿蘇に沈む夕日を堪能することができるキャンプ場。九州の真ん中にあり、熊本から90分、福岡から140分とアクセスは良好です。夏は透明度の高い五ヶ瀬川でカヌーや川遊び。冬は日本最南端のスキー場五ヶ瀬ハイランドでウインタースポーツと一年中楽しめます!

キャンプ場自体が高い位置にあるので、朝方の美しい雲海が忘れられません。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:フリーサイト、バンガロー、ミニログ
住所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町三ヶ所岩神141-イ
電話番号:090-4475-5005
アクセス:九州自動車道松橋ICから国道218号で五ヶ瀬町方面へ。
特産センター五ヶ瀬の交差点を左折し現地。松橋ICから55km
駐車場:有り
料金:テントサイト/550円、ミニログ/1,500円、
バンガロー/(大人1名での利用)4,000円、(大人2名以上)2,500円、(子ども)1,250円
詳細はこちら

日之影キャンプ村

宮崎県の日之影キャンプ村
森の持つ癒し効果を科学的に解明し、心身の健康づくりに活かす取り組みである森林セラピー。日之影町はその九州初の認定場所であり、森林セラピーロードの起点として位置付けられている日之影キャンプ村は、川で釣りや水遊びができる自然に囲まれたキャンプ場です。

美しすぎる渓流に癒されます。山奥までのアクセスが良いとは言えませんが行く価値あり!(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月15日~10月15日
定休日:木曜日
施設タイプ:区画サイト、バンガロー
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町七折大管下6164
電話番号: 0982-87-2820
アクセス:
延岡市街から国道218号で高千穂方面へ。青雲橋で右折、県道6号へ左折して案内板に従い現地へ。延岡市役所から45km
駐車場:有り
料金:【入村料】100円、【使用料】区画サイト/600円〜、バンガロー/8,640円〜
詳細はこちら

南国宮崎で海を感じながらキャンプをしよう!

%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%8a%e3%81%ae%e3%82%82%e3%82%8a2
出典:なっぷ
温泉、観光、森林浴、美味しい物!数えきれない程たくさんの魅力がある宮崎県。そして何といっても宮崎県と言えば海!

いつもより少し足を伸ばして美しいコバルトブルーの海と白い砂浜を感じながらキャンプをしませんか?(ライター/eri fukutomi)

Go Miyazaki to camp!
キャンプをするなら宮崎へ!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

宮崎県のキャンプ場
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!