五竜岳|憧れの日本百名山!週末に出掛けたい北アルプス登山ルート

五竜岳の絶景を堪能することができる主要登山ルートを紹介します!その他にも五竜岳の山情報はもちろん、天気、山小屋、登山口までのアクセス・駐車場情報もまとめてあります。気になる情報を参考に北アルプスの大自然を満喫しちゃいましょう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

日本百名山・五竜岳ってどんな山?

五竜岳の遠景
出典:PIXTA
標高山頂所在地山域最高気温(6月‐8月)最低気温(6月‐8月)
2,814m富山県黒部市宇奈月町船見明日音澤北アルプス北部14.9℃1.1℃
参考:ヤマレコ
五竜岳は日本百名山の一つで、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,814 mの山です。山体は富山県黒部市と長野県大町市にまたがっており、山頂部は富山県側に位置しています。鹿島槍ヶ岳と並んで、後立山連峰の主要峰の一つとされています。

五竜岳山頂から望む絶景

五竜岳頂上からのパノラマ眺望
出典:PIXTA
標高2814mの山頂からは、鹿島槍ヶ岳とアルプスの山並を望むことができ、目の前には美しく壮大なスケールの絶景が広がります。また、ここまで来た稜線の道も確認することができるので、より達成感を味わうことができます。

多様なコースで、初心者から上級者まで楽しめる!

五竜岳登山に向かう人
出典:PIXTA
五竜岳の登山は長時間のものが多く、基本的には1泊2日を目安とした登山行程となります。その為、初心者の方は他の低山での経験を積んだ上でチャレンジすることをおすすめします。また、五竜岳にはいくつかコースがありますが、中でも八方尾根から唐松岳、五竜岳、遠見尾根へと抜けていく縦走コースは2泊3日を想定し、登山経験者・上級者にも満足のいくボリューム満点のコースをとることができます。

五竜岳の天気

五竜岳は標高が3000m近くあるということもあり、麓の天気とはことなり天候はとても変わりやすい為、事前に天気のしっかり確認し、万全の準備をして登山に臨みましょう!
Tenki.jpで五竜岳の天気を調べる

1泊2日がちょうどいい!土日で行きたい五竜岳おすすめ登山ルート

五竜岳の写真
出典:PIXTA
ここでは週末土日に出掛けるのにちょうどいい、1泊2日ルートをご紹介します。

①遠見尾根ルート

五竜岳ルート図
出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約15.1km約11時間30分約1288m一泊二日★★★
アルプス平駅(20分)→地蔵ノ頭(90分)→小遠見山(110分)→大遠見山(120分)→五竜山荘(60分)→2798m地点(3分)→五竜岳(2分)→2798m地点(40分)→五竜山荘(80分)→大遠見山(90分)→小遠見山(60分)→地蔵ノ頭(15分)→アルプス平駅

【1日目】アルプス平~五竜山荘
白馬五竜テレキャビン出典:PIXTA
まずはロープウェイで標高1,500mまで一気に稼ぎましょう。日帰りで行かれる方もいらっしゃいますが、登山時間やテレキャビンの運行時間等を考慮して、基本的には1泊2日の登山計画がおすすめです。
小遠山山頂
出典:PIXTA
ここからは延々と長い「遠見尾根」を歩きますが、途中で素晴らしい展望があるので楽しみながら登れますよ。
五竜山荘の夜
出典:PIXTA
五竜山荘着。テント場もあります。ここから山頂は往復2時間ほどです。
【2日目】山頂~下山
五竜岳山頂
出典:PIXTA
五竜岳山頂!心行くまで絶景を楽しんだあとは、来た道を慎重に下山です。

白馬五竜テレキャビンの運賃表

白馬五竜テレキャビン
区分大小運賃
往復大人/小人1,800円/900円
片道大人/小人1,000円/500円
所要時間8分で登山開始場所のアルプス平駅に到着します。事前に営業時間・期間、運行期間をしっかり確認しておきましょう。
白馬五竜テレキャビン 営業案内を見る

五竜岳の積雪シーズン

五竜岳の積雪期登山
出典:PIXTA
五竜岳の積雪シーズンはとても困難な登山となり、相応の登山道具の準備はもちろん、高い登山技術が要求されるため、上級者の指導あるいは引率のもと安全を最優先に登山を楽しみましょう。ヤマレコには一年を通じた登山のレポートが多くありますので参考にしてみましょう!
ヤマレコを見る

後立山連峰を楽しむ縦走登山ルート3選

ここでは五竜岳の最も距離の短い最短ルートのおすすめ登山ルートをご紹介します。

②八方尾根→唐松岳→五竜岳縦走ルート

八方尾根縦走ルート
出典:ヤマプラ
コースタイムコース全長日程最適時期駐車場
約13時間35分17.6km1泊2日6月下旬〜10月中旬八方ゴンドラ駅駐車場
鎌池(40分)→八方池山荘(90分)→第3ケルン(150分)→唐松岳頂上山荘(20分)→唐松岳(15分)→唐松岳頂上山荘(150分)→五竜山荘(60分)→2798m地点(3分)→五竜岳(2分)→2798m地点(40分)→五竜山荘(80分)→大遠見山(90分)→小遠見山(60分)→地蔵ノ頭(15分)→アルプス平駅
八方池
八方尾根の八方池
出典:PIXTA
五竜岳や鹿島槍、八方池と池に写る白馬三山等の素敵な景色を見ながら八方尾根ルートを進み、唐松岳、五竜岳を経由して遠見尾根ルートへ抜けていく縦走ルートです。

八方アルペンラインの運賃表

区分大小運賃
往復大人/小人2,900円/1,780円
片道大人/小人1,550円/950円
八方ゴンドラリフト「アダム」とアルペンクワッドリフト、グラートクワッドリフトを全て利用すれば、八方池山荘まで行くことができます。
八方アルペンライン 営業案内

③扇沢→爺ヶ岳→鹿島槍ヶ岳→五竜岳→アルプス平縦走ルート

唐松岳五竜岳縦走コース
出典:ヤマプラ
コースタイムコース全長日程最適時期駐車場
約19時間42分23.3km2泊3日7月中旬〜10月中旬扇沢駐車場
扇沢(15分)→柏原新道入口(80分)→ケルン(150分)→種池山荘(57分)→中峰(60分)→冷乗越(10分)→冷池山荘(80分)→布引山(50分)→南峰(30分)→北峰(120分)→キレット小屋(60分)→口ノ沢のコル(30分)→北尾根ノ頭(150分)→2798m地点(3分)→五竜岳(2分)→2798m地点(40分)→五竜山荘(80分)→大遠見山(90分)→小遠見山(60分)→地蔵ノ頭(15分)→アルプス平駅
爺ヶ岳の下りから鹿島槍ヶ岳と冷池山荘
 爺ヶ岳の下りから鹿島槍ヶ岳と冷池山荘
出典:PIXTA
扇沢駅からスタートし、爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳、五竜岳を経由して遠見尾根ルートへと進む縦走ルートです。日本百名山である鹿島槍ヶ岳と五竜岳を両方とも楽しむことができる縦走ルートです。

④扇沢→爺ヶ岳→鹿島槍ヶ岳→五竜岳→唐松岳→八方尾根縦走ルート

五竜岳最長縦走ルート
出典:ヤマプラ
コースタイムコース全長日程最適時期駐車場
約19時間42分23.3km2泊3日7月中旬〜10月中旬扇沢駐車場
扇沢(15分)→柏原新道入口(80分)→ケルン(150分)→種池山荘(57分)→中峰(60分)→冷乗越(10分)→冷池山荘(80分)→布引山(50分)→南峰(30分)→北峰(120分)→キレット小屋(60分)→口ノ沢のコル(30分)→北尾根ノ頭(150分)→2798m地点(3分)→五竜岳(2分)→2798m地点(40分)→五竜山荘(150分)→唐松岳頂上山荘(20分)→唐松岳(15分)→唐松岳頂上山荘(120分)→第3ケルン(60分)→八方池山荘(20分)→鎌池
夏の後立山連峰「唐松岳」
唐松岳頂上
出典:PIXTA
紹介した中では一番ボリュームが大きい縦走登山ルートとなります。扇沢駅をスタートし、爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳まで、五竜岳を中心とする縦走ルートの山を全て経由することができる、ボリューム満点の登山ルートとなります。

登山口までのアクセス・駐車場情報

ここでは紹介したルートの登山口アクセスについてご紹介します。

エスカルプラザへのアクセス(①のコースの登山口)

【車の場合】
更埴IC(上信越自動車道)―国道18号―県道77号―県道70号―国道19号―白馬長野有料道路―県道31号―県道33号―エスカルプラザ駐車場
<駐車場情報>
エスカルプラザ駐車場
収容台数:約600台
住所:長野県北安曇郡白馬村神城22184-10

【電車・バスの場合】
JR大糸線 神城駅-無料シャトルバスに乗車-エスカルプラザ(とおみ駅)
シャトルバスの運行日・時刻表を見る

八方ゴンドラ駅駐車場へのアクセス(②のコースの登山口)

【車の場合】
長野自動車道 安曇野IC-県道310号-八方ゴンドラ駅駐車場
<駐車場情報>
八方ゴンドラ駐車場
収容台数:155台
料金:有料(1日600円)
トイレ:あり

その他無料駐車場を見る


【電車・バスの場合】
JR大糸線 白馬駅-路線バスに乗換-白馬八方下車-徒歩10分
アルピコ交通 路線バス詳細を調べる

扇沢駐車場へのアクセス(③④のコースの登山口)

【車の場合】
長野自動車道 安曇野IC-県道310号-国道147号-アルプスパノラマロード-県道45号-扇沢駐車場
<駐車場情報>

扇沢駐車場
収容台数:230台
すぐ近くに他の有料駐車場あり
料金:無料
トイレ:あり

【バスの場合】
JR大糸線 信濃大町-アルピコ交通バス「扇沢行き」乗車-扇沢下車
アルピコ交通 扇沢行き時刻表を見る

五竜岳周辺の山小屋・テント場情報

五竜岳の周辺山小屋情報を紹介します。

五竜山荘

五竜岳と白岳の鞍部にあり、五竜岳山頂へは約1時間と五竜岳登頂への拠点となります。
五竜山荘
出典:PIXTA
住所:富山県黒部市宇奈月町舟見明日音澤
電話:0261-72-2002
営業時間:平成29年4月29日~5月6日、6月17日~10月14日
標高:2,490m
収容人数:300名
トイレ:あり
テント場:あり
料金
1泊2食9,800円
素泊まり6,800円
夕食1,900円
朝食1,400円
弁当1,100円
幕営料1,000円
五竜岳へのアクセスもとても便利で、山荘からゆったりと眺める景色は格別です。
五竜山荘 公式サイト

唐松岳頂上山荘

唐松岳へは徒歩20分となっており、五竜岳へ向かう途中の拠点ともなります。
唐松岳頂上山荘
出典:PIXTA
住所:長野県北安曇郡白馬村北城6336番地
電話:090-5204-7876
料金:1泊2食¥9800~・素泊まり¥6900~
営業時間:平成29年4月29日(土)~平成29年5月6日、平成29年6月17日(土)~平成29年10月14日(土)
標高:2,620m
収容人数:350名
トイレ:あり
テント場:あり
こちらの山小屋は塔ノ岳への休憩場所としてもよく利用されますが、2食付きの宿泊はもちろん、素泊まりも可能です。建物内に炊事場はありません。
唐松岳頂上山荘 公式サイト

村営八方池山荘

夏は八方尾根ルート登山、冬はスキーやスノーボードのベース地として利用されている山荘です。
村営八方池山荘
出典:PIXTA
住所:長野県北安曇郡白馬村北城4487−1
電話:0261-72-2855
営業時間:通年
標高:1,850m
収容人数:70名
トイレ:あり
テント場:なし
料金
1泊2食9,800円
素泊まり6,800円
1泊朝食付8,200円
1泊夕食付8,700円
1泊2食+弁当10,900円
幕営料1,000円
山荘へは八方アルペンラインを利用していくことができるので、気軽に山荘からの素敵な景色を味わうことができます。また、お風呂もあるのも嬉しいポイントです。
村営八方池山荘 公式サイト

五竜岳近くのおすすめ日帰り温泉

五竜岳の周辺の日帰り温泉施設を紹介します。ボリューム満点の登山で疲れた体を癒すには温泉が一番!心も体もリフレッシュして疲れを癒しましょう。

周辺おすすめ日帰り温泉

白馬かたくり温泉 十郎の湯
こちらの温泉は自噴天然温泉を使用した温泉施設です。登山後の疲れた体も天然温泉に浸かればスッキリ回復させてくれます。
十郎の湯 住所:長野県北安曇郡白馬村大字神城25555
電話:0261-71-8160
料金:大人600円、小学生500円
営業時間:10:00~22:00、休業日:第2火曜(祝日の場合は翌日休)
泉質:単純温泉 弱アルカリ性低張性温泉
駐車場:あり/50台
内湯はもちろん、露天風呂、サウナ、無料休憩所や有料個室を完備した、充実した設備の温泉施設です。

白馬八方温泉 みみずくの湯
日本屈指の強アルカリ温泉で、温泉は肌の表面の汚れや角質を落とすピーリング効果があり、肌がすべすべになっていくことを実感することができる温泉です。
みみずくの湯 住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城八方口5480−1
電話:0261-72-6542
料金:大人600円、小人300円
営業時間:午前10時〜午後9時30分(受付終了午後9時)
泉質: アルカリ性単純温泉
駐車場:あり/30台
雰囲気満点の内湯と北アルプスの山々の絶景を眺めながら入る露天風呂は疲れた体を癒してくれること間違いなしです。

白馬塩の道温泉 倉下の湯
露天風呂から眺める北アルプスを眺めながら、天然源泉100%かけ流しの贅沢な温泉を楽しむことができる温泉施設です。
倉下の湯 住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城9549-8
電話:0261-72-7989
料金:大人600円、小人300円
営業時間:10時~22時(最終入館受付21時30分)
泉質: ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
駐車場:あり/30台
晴れた日はお湯に浸かりながらゆったりと白馬の山々を一望でき、褐色のにごり湯温泉を堪能できます。休憩スペースはもちろん、マットゴルフ場で遊ぶこともできちゃいます。

標高2814mから望む絶景

五竜岳頂上
出典:PIXTA
五竜岳の魅力は何といっても大迫力のアルプスの絶景です。晴れた日にはあたりを360度一望することができ、山小屋泊なら、山全体を赤く染める夕焼けはもちろん、空一面に広がる満点の星空を眺めることもできます。日本百名山・五竜岳からアルプスの大自然を満喫しちゃいましょう!

Experience the spectacular view of the Alps with its eyes from Goryu dake.

五竜岳からその目でアルプスの絶景を体験しよう

【登山時の注意点】
・北アルプスは本格的な山岳エリアですので、しっかりとした登山装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

五竜岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!