フリークライミングって何?スタイル・登り方の種類を徹底解説!

フリークライミングについてまとめました。体験できる都内、各地域別のジムの記事まとめ、種類や定義の詳細を解説しています。今話題のボルダリングもフリークライミングの1つ。道具を使わず自分の体1つで登るのは、手軽に始められるのでおすすめです!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ボルダリングも、「フリークライミング」の1つ

フリークライミングをする女性
出典:PIXTA
フリークライミングとは、道具を使わず自分の体力とテクニックを使って登る行為の総称です。(安全確保のための道具は用います)今話題のボルダリングも、このフリークライミングのうちの1つなんですよ。

ボルダリングの他には何があるの?

フリークライミングのジャンル
出典:CITY ROCK GYM
大きく見てみると、上の図のようにマウンテニアリング(クライミング技術を要するシーンが出てくる登山)かロッククライミング(クライミングをすること自体が目的)の2つに大別されます。マウンテニアリングはあくまで登山ですが、後者の中にフリークライミングというジャンルがあり、その中でも

・ボルダリング(ロープを使わず体1つで巨石を登る)

・スポートクライミング(ロープを用い人工の壁に既に設定されたボルトで確保しながら登る、競技性の高いスタイル)

・トラディショナルクライミング(ロープを用いて地面から岩を登りルートを拓くスタイル、基本的にはボルト等は使用せず岩の間にギアをかませて確保をする。極力岩を傷つけない考え。例外もある)

このようなスタイルにわかれています。
フリークライミングをする男性出典:PIXTA

登り方 3つの種類

前述したのはフリークライミングの「スタイル」。流派というとイメージしやすいですが、実際の登り方には
・リードクライミング
・トップロープクライミング
・ボルダリング
の3つがあります。今では室内で行う「インドアクライミング」が人気で一般的となってきましたが、もともとは外で実際の岩を登る練習の場としてジムという存在がありました。では、実際にフリークライミングの3つの登り方について見ていきましょう。

フリークライミング登り方その①ボルダリング

フリークライミングその①ボルダリング ロープ:使用しない
高さ:3~5m
最低人数:1人
最も手軽に始められるのがボルダリング。語源はBoulder(ボルダー)=巨石からきています。専用のシューズと滑り止めがあれば1人で行える気軽さで、現在若い人を中心にボルダリングジムで登るのが人気。高さがない分その内容の難しさを追求するのが一般的です。クライミングを始めたい!という方は、まずはここから挑戦してみましょう。

フリークライミング登り方その②リードクライミング

リードクライミングをする女性
出典:PIXTA
ロープ:使用する
高さ:10m~20mの高さが多い(ルートによります)
最低人数:2人
高所までロープを使って登ります。クライマー自身が支点にロープをかけ、安全確保をしながら登ります。地上にはロープを繰り出したり、クライマー落下時に制動の役目をするビレイヤーがいて、2人1組で行います。ボルダリングに比べてルートが長いため、持久力が要求されます。

フリークライミング登り方その③トップロープクライミング

フリークライミングその③トップロープ出典:J-Wall
ロープ:使用する
高さ:10m~20mの高さが多い(ルートによります)
最低人数:2人
クライマーとビレイヤーの2人1組で行う点はリードクライミングと同じです。トップロープは、ルートの一番上(トップ)に先にロープをかけておき、吊り下げられた様な状態で登ります。自分が最後にロープをかけた支点まで落下するリードクライミングに比べて安全と言えるので、リードをやる前にほとんどの人がまずこのトップロープで練習をします。

もちろん、外の岩もこのスタイルで登ります

外岩でクライミングをする男性出典:pixabay
先ほども少し触れましたが、ひと昔前は現在ほどクライミングジムの数はなく、外の岩を登るための練習の場としての立場が根強くありました。現在は室内のクライミング人口が爆発的に増え、インドアでしか登らないという人も多くいますが、ボルダリング・リード、トップロープクライミングともに外の岩でもさかんに行われています。

フリークライミングの逆は「エイドクライミング」

フリークライミングの逆はエイドクライミング フリークライミングの「フリー」は「無い」という意味で、道具がないということを指します。反対に、登るために道具を使用するスタイルを「エイドクライミング(人工登攀)」と言い、アブミというはしご状のものなどを用います。

究極!フリー「ソロ」クライミング

フリーソロクライミングをするアレックスオノルド フリー”ソロ”クライミングとは、その名の通り1人でフリークライミングを行うこと。安全確保の道具を使わずその身ひとつで岩壁を登る究極のクライミングで、世界的に有名なクライマーとしてはアレックス・オノルドなどがいます。地上800mの高さで、口笛を吹きながら登っていくその姿はまさに「エクストリーム」の一言です!
ALONE ON THE WALL アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡
ITEM
ALONE ON THE WALL アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡
クライミングもスポーツとして細分化していく情勢のなかで、彼のような「冒険家」としてのクライマーを生み出せるアメリカのクライミング風土と文化に感銘を受けました。
翻訳も解かりやすく、素晴らしかったです。 出典:amazon

クライミングジムに行ってみよう!

実際にフリークライミングができるジム・施設を紹介します。ボルダリングジムがほとんどですが、中にはロープを使ったトップロープ・リードクライミングを体験できるところもありますよ。関東はじめ、地域別にYAMA HACKの記事で紹介しているので、お近くのジムに実際に出かけてみましょう!











新しい世界への第一歩

フリークライミングのボルダリングをする女性
出典:Photopin
日々の練習の積み重ねで技術を身につけていくクライミング。ボルダリングジムなども増えてきて、身近なスポーツになってきました。課題をクリアして自分のレベルを上げていくことで新しい世界が広がっていく喜びは何物にも変えられません。イベントなどもいろいろ開催されているのでジムで練習したり、外岩で遊んだり、是非一度体験してみてください。

Let’s step on a new world with Free Climbing!

フリークライミングで新しい世界へ踏み出そう!

紹介されたアイテム

ALONE ON THE WALL アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡

ALONE ON THE WALL アローン・オン・ザ・ウォール 単独登攀者、アレックス・オノルドの軌跡

¥2,700 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

フリークライミングをしている男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

satomi
satomi

外遊び好きファミリーのママライターです。家族皆が笑顔で楽しくをモットーに週末はどこに行こうかと計画中♪大人も子供も楽しめるアウトドアに興味津々!自然を通じてたくさん遊び、たくさん学んで過ごしたいと思っています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!