ソニーのアクションカムを徹底攻略!外遊びをもっと楽しくしよう

ソニーのアクションカムまとめ。比較・評判から新型機種、アクセサリー類まで!アプリやマウント紹介もあります。使いこなせばアクティビティがより楽しくなること間違いなしです!


ソニーアクションカムの評判・レビュー

ソニーのアクションカム、使ってみてどう?

待っていたズーム機能がついに実現!最大3倍のデジタルズーム!3倍で十分です。可能であれば後継機で光学ズームつけてほしいなあ。2倍でも良いので。「モーションショットLE」や「ループ録画」さらに良くなった「水中撮影モード」も魅力的。モバイルバッテリーから給電可能で長時間の使用も安心。小刻みなブレも補正する高度なブレ補正機能も有難いです。バイクや自転車には手放せない必須アイテムとなりました。すれちがう風景や楽しげな人々の表情もバッチリ!週末が待ち遠しい!おすすめです!!出典:amazon

毎年最低2回以上はゲレンデに繰り出し、先輩にハンディカムで取って貰っていたが、いちいち取り出しに不便を感じていたので、購入を検討。良くヘルメットの真上に付けている人も見かけていたが、チョンマゲちっくな雰囲気がバカ殿に見えて仕方が無かったため、横付けのキットと同時購入。画像も綺麗でブレも少なく満足。と言っても殆ど後輩くん達が撮って貰うばかりで、自分は殆ど映っていなかったのがトホホ。出典:amazon

オートバイのアップハンドルに装着して路面のギャップなどをわざと高速通過してみたが画像でショック吸収しており、観賞に一切の支障なし!これは凄い。通常の旅動画的な撮影には全く問題なさそうです。サーキットなどのような超高速域高回転域ミドルシフト域付近で発生する振動域ではさすがに映像にもブレが生じたが、そのような状況は極めてニッチな使用状況なので、全く気にしなくていいでしょうw映像自体も旧型as100vよりもさらに繊細になっており、4K不要であるならas300で十分。既存のライブビューリモコンもブルートゥース接続だけなら活用できるため、旧型リモコン持っている人も単品での購入も差し支えない。出典:amazon

自転車走行中にローアングルで後方撮影出来ないかなと思い立ったところ本品がヒット。早速ゲットして取り付け撮影したところ、路上でもアングル、撮影方向の違いもあってたわいない映像であっても視聴に耐えられる。また、ドライブレコーダ代わりでも使えるかなあと思いました。出典:楽天市場


ソニーアクションカムの新型がすごい!

国内のトップメーカーであるソニーが販売するアクションカム。新型の2機種・4Kアクションカム『FDR-X3000R』とHD対応モデル『HDR-AS300R』の機能について見ていきましょう!


アプリが充実!スマホでソニーアクションカムの操作が可能

「Play Memories Mobile」というアプリをダウンロードして、スマホをリモコン代わりに使うことができます。アクションカム自体にWi-Fi機能があるため、接続するとお手持ちのスマホやタブレットでライブビューが見られたり、電源ON/OFFが簡単にできます。


なんといっても4K撮影!

FDR-X3000Rでは4K の美しい映像を手軽に撮影できるのが魅力。でもせっかく撮った4K 映像がブレブレだったらがっかりですよね?なんとハンディカムなどで高い映像技術を誇るソニーならではの「空間工学ブレ補正」機能を搭載し、スポーツ時の激しい動きもブレを抑えて撮ることができます。この機能はHD対応モデルにも搭載されていますよ!


モバイルバッテリーからソニーアクションカムを給電できる

マイクロUSBケーブル(付属)を使えばスマホやタブレット用のモバイルバッテリーから給電が可能。出先でもバッテリーを心配する必要はありません。


小型リモコンで操作が楽々!

アクションカム自体には液晶は付属していません。ですがこの小型リモコンでライブビューを確認できたり、電源のオン/オフから撮影設定まで手元で行えます。直感的な操作が魅力です!


ソニー アクションカム 3選!

ソニー アクションカム HDR-AS300R

コンパクトボディに空間光学ユニットを搭載し、スリムな形状により風圧を受けにくいので、頭への装着や自転車への搭載などにもジャマにならず、スノーボードなどエクストリームスポーツのプレイ中でもハンズフリーの自由なスタイルで撮影することができます。

ソニー アクションカム HDR-AS300R
ITEM
ソニー アクションカム HDR-AS300R
【スペック】
■画素:857万
■重量:84g
■連続撮影時間:最大約135分
手振れ補正が最強
モトブログに最適で画質も良く使いやすいです。 出典:amazon

ソニー アクションカム FDR-X3000R

ソニーのハンディカムに搭載されている空間光学手ブレ補正機構を、アクションカム用に新規開発しています。ブレ補正能力が従来より大幅に向上し、アクティビティ中のブレをしっかり補正し、鮮明な映像記録を実現してくれます。4K撮影やハイスピード記録時でも圧倒的なブレ補正効果を発揮します。

ソニー アクションカム FDR-X3000R
ITEM
ソニー アクションカム FDR-X3000R
【スペック】
■画素:857万
■重量:89g
■連続撮影時間:最大約135分
高画質で撮影出来る事から、私個人の趣味でもある鉄道、森林を撮るために購入しました。

フルHDですと、滑らかな動画が撮れる1080p60fpsが撮影可能です。4k対応ですが、フルHDでも(個人的に)かなり満足できる画質となっております。
その代わり、さらに上の120fpsと240fpsがスロー撮影なので個人的にそこが残念かと…

手ブレ補正ですが、光学とだけあって素晴らしいです。
文句なしです。

続いて音質ですが、メーカーがSONYですので音質が素晴らしいです。SONYは高音質のヘッドホン等で有名です。

画像は、静止画モードで撮影したものです。画角が広い分、広い視野で撮影出来るので良いかと 出典:amazon

ソニー アクションカム HDR-AS50R

コンパクトボディに広角レンズを搭載し、スリムな形状により風圧を受けにくいのでアクティブな活動中においても、影響を受けることなくハンズフリーの自由なスタイルで撮影できます。

ソニー アクションカム HDR-AS50R
ITEM
ソニー アクションカム HDR-AS50R
【スペック】
■画素:1680万
■重量:58g
■連続撮影時間:最大約195分
バイクカバーがイタズラされることが度々あり、駐輪場に設置する防犯目的でHDR-AS50を購入しました。
・市販のモバイルバッテリーから給電しながら4~5時間は連続で録画できます。
・少なくとも昼間の防犯目的では画質も申し分ありませんでした。
・コンパクトなので、目立たない場所への設置・偽装も容易でした。
おかげで犯人が特定できました。
怪しげなメーカー製の隠しカメラではなく、こちらを選んで個人的には大正解でした。
今後はツーリングの撮影など、本来の用途で楽しもうと思います。

不満があるとすれば、別売りのアクセサリの値段設定くらいです。 出典:amazon


ソニーのアクションカムはこんな使い方ができる!

バイクや様々なアクティビティで活躍!

ソニーのアクションカムは、アクティビティによってぴったりのマウントが豊富にあることが特徴!登山はもちろん、自転車、ダイビング、ロードバイク、車載カメラ、ドライブレコーダーとしても使用できます!


GPS搭載!ソニーのアクションカムは動画編集が簡単

GPS情報を「Action Cam Movie Creator」で編集すると、動画にスピードや移動時間、距離などを表示できます。さらに、スマホ用の無料アプリ「Action Cam App」では撮ってすぐに簡単に編集可能!すぐにシェアができます。


外部マイクも使用可能!

底面のカバーを開けると外部マイク入力のジャックがあり、ここに外部マイクをつなぐと内臓のステレオマイクより高音質で撮影ができます。※ただし三脚へ取り付けた状態、防水カバーを付けた状態ではこの部分は使用できません。


タイムラプスも!多彩な撮影が可能なソニーアクションカム

一定の間隔で撮影を行うタイムラプス撮影に対応。さらに無料のパソコン用編集ソフト「Action Cam Movie Creator」で、簡単にタイムラプス動画が作れます!その他スロー映像、モーション映像など多彩な編集が可能です。


ソニーのアクションカムを比較してみる

一般的に、ソニーのアクションカムはどこがどう秀でているのでしょうか?有名な「GoPro」と比較されることが多い様ですので、その主な違いを見ていきましょう。


ソニーアクションカム

・ブレ補正機能あり

・新型FDR-X3000は本体に防適機能あり

・防水ケースに入れると水深60mまで撮影可能

・三脚穴が付属、そのまま三脚に取り付け可能


Go Proシリーズ

・ブレ補正機能なし(専用のジンバルが必要)

・一部モデルは本体防水

・防水ケースに入れて初めて水深40mまで撮影可能

・マウントの種類は豊富だが、特殊なマウントなので三脚へは専用のトライポッドマウントが必要


以上を比較してみると、やはり一番大きな違いは「ブレ補正機能」といえます。身に付けて様々なアクティビティを行う場合、この機能はとても嬉しいですよね!


ソニーアクションカムのアクセサリー類

ソニーのアクションカムには多彩なマウントが存在します!

バイク用にヘルメットに付ける?スキー時にチェスト派?など色々な用途に使える多彩なマウントが発売されています!

ソニー ユニバーサル ヘッドマウントキット

多種多様なヘルメットや頭部にしっかりと固定し、安定した装着スタイルを実現してくれるキットです。目線での撮影が可能になり、確実に固定しながらチルト機構によりアクションカムの水平が調整できます。

ソニー ユニバーサル ヘッドマウントキット
ITEM
ソニー ユニバーサル ヘッドマウントキット
山遊びの為に購入しました!頭に付けて両手が使えるのが良いです!結構がっちりしてます! 出典:楽天市場

ソニー ハンドルバーマウント

口径18-36mmの様々なハンドルに対応したマウントです。ロール、チルト、パンの3軸可動なので、撮影したいと思うままに自在にアングル調整することができます。六角レンチ等なく脱着可能です。

ソニー ハンドルバーマウント
ITEM
ソニー ハンドルバーマウント
【スペック】
■サイズ:幅38mm×高さ76.5mm×奥行150mm
■重量:49g
スキーのキャリアに付けて使用しました。
しっかり固定でき、きれいに撮れたんじゃないかと思います。
個人的にはビリヤードのキューに付けて撮影してみようと思っていたのですが、
まずは車外に付けてみました。
風の音が大きく感じるので本体側で何か工夫が必要かもしれません。

~参考までに~
レインボーブリッジを撮影してみました。
https://www.youtube.com/watch?v=Lau8Y8GJ3oE 出典:amazon

ソニー ロールバーマウント

ハンドルやバーの25-65mmの幅広い径のバーに取り付け可能なマウントです。ダイヤルネジで画角を調節可能です。また、コンパクトな形状ながら強い固定力を実現していますので、落下の心配もありません。

ソニー ロールバーマウント
ITEM
ソニー ロールバーマウント

ソニー ヘルメットサイドマウント

ヘルメットの側面に、アクションカムをすっきりと装着することができます。長時間の装着や激しいアクション中でもカメラが気にならずに活動に集中しながら撮影できます。

ソニー ヘルメットサイドマウント
ITEM
ソニー ヘルメットサイドマウント
【スペック】
■サイズ:接着マウント/幅53mm×高さ15.5mm×奥行58.5mm、角度調整ベース/幅56mm×高さ67mm×奥行46mm
■重量:接着マウント/16g、角度調整ベース/38g
操作性、画質など全く問題はなく、満足している。
Go-Proは使ったことがないので、性能面での比較はできないが、
デザインが悪くて、高いので、対象外だった。
何より、あのヘルメットの上につけているのが、滑稽な感じです。
この商品はヘルメットに装着するととてもカッコが良くていいです。 出典:amazon

ソニー バックパックマウント

バックパックのショルダーベルトにマウントとベルトで装着できるバックパックマウントです。装着も取り外しも簡単で、アングルもチルトとロールで容易に調整できます。旅やレジャーの思い出をハンズフリーで特に撮影を意識することなく記録できちゃいます。

ソニー バックパックマウント
ITEM
ソニー バックパックマウント
【スペック】
■サイズ:ベルト/幅25mm×長さ300mm、マウント/幅52.8mm×高さ13mm×奥行き58.4mm、アームキット/幅55mm×高さ69mm×奥行き52mm、スタビライザーパッド/幅70mm×高さ7mm×奥行き130mm
■重量:ベルト/2.5g、マウント/12g、アームキット/56g、スタビライザーパッド/31g

ソニー キャップクリップ

小型・軽量のクリップスタイルでキャップに手軽に装着することができるマウントです。目線映像を撮影できますので、トレッキングやレジャーなどからカジュアルユースにまで使用できます。

ソニー キャップクリップ
ITEM
ソニー キャップクリップ
【スペック】
■サイズ:幅52.6mm×高さ61.1mm×奥行50.5mm
■重量:53g
SONY HDR-AS300に取り付けて使用しました。

思っていた以上に、丈夫な作りで、多少の衝撃では外れないと思います。
安心できると思います。

左側にも、右側にも取り付けられます。

目線撮りは、その人がどのような目線で行動しているのか分かり、疑似体験のような動画が撮れて楽しいです。

youtubeにサンプル動画投稿してます。プロフィールからどうぞ‼ 出典:amazon

ソニー アクションモノポッド

アクションカムを雲台に固定し、自分のアクションシーンを景色と一緒に撮影できるモノポッドです。剛性が高く、握りやすく、耐水性能に優れているので、水中でも使用も可能となっています。

ソニー アクションモノポッド
ITEM
ソニー アクションモノポッド
【スペック】
■サイズ:1cm×1cm×30.2cm
■重量:200g
水中で使用することを考えて購入しました。
普通の自撮り棒と比べると値段が数倍しますが、丈夫さと水中OKに惹かれて購入しました。
次回、ダイビングの時に使用してみようと考えています。 出典:amazon


さらに安定した映像を撮りたいならジンバル(スタビライザー)は必須

ジンバル(スタビライザー)は、手持ち撮影の際センサーが傾きを察知して常にカメラを水平に保ってくれる優れもの。もともとブレ補正機能が付いていますが、ジンバルがあると走りながらでも綺麗に撮影できるので、さらにブレたくない!という方は必須アイテムです!

Feiyu Tech FY-G4 GS ソニーアクションカム用 3軸手持ジンバル FDR-X1000V

深く統合された設計は、高度な安定性を提供します。ソニーのアクションカムを使って撮影する際の手ブレや振動を強力に補正してくれるので、まるでプロのような動画を簡単に撮影することができます。

Feiyu Tech FY-G4 GS ソニーアクションカム用 3軸手持ジンバル FDR-X1000V
ITEM
Feiyu Tech FY-G4 GS ソニーアクションカム用 3軸手持ジンバル FDR-X1000V
ヌルヌルです
ソニー アクションカム FDR-X3000を取り付けてみましたが
やはり 振動が出ました
輪ゴムを 後部につけると 振動は出なくなりました
こういうったのが 最初からなければ 満点でしたけどねw 出典:amazon


用途に合わせてケースを選ぼう!

ソニーアクションカム、水中で使う?雪中で使う?などなど、用途にぴったりのケースもありますよ。

ソニー アンダーウォーターハウジング

平面レンズ付きのため、光屈折の影響を受けずに水中の撮影が楽しむことができます。水深60mまでの防水に対応です。シュノーケリングはもちろん、本格的なスキューバーダイビングでの撮影も可能です。

ソニー アンダーウォーターハウジング
ITEM
ソニー アンダーウォーターハウジング
買った時についてくる付属のハウジングでは、水中撮影はピントが合わずクリアに撮影できません!若干高いですが、こちらのアンダーウォーターハウジングに変えたことで 見違えるようにクリアな水中撮影をする事が出来ました。水中が撮れて、これぞアクションカム!感動です!
出典:amazon

ソニー LCM AKA1

本体とアクセサリーを収納できるセミハードケースです。裏面は撥水素材、ファスナーは止水ファスナーで汚れにくく水漏れから内部をしっかり守ってくれます。お手持ちのバッグにも収納できます。

ソニー LCM AKA1
ITEM
ソニー LCM AKA1
【スペック】
■サイズ:231mm×77mm×171mm
■重量:230g
買うべし!必須です!小さな部品で散乱しがちな商品をひとまとめにしてくれます!がさつな僕にピッタリ!止水ファスナーも嬉しい!  出典:楽天市場


ソニーのアクションカムで外遊びをもっと楽しもう!

ソニーのアクションカムは高性能かつ水にも強いので、場所を選ばず活躍してくれます。また、とてもコンパクトなので荷物の邪魔にもならずに持ち出すことができます。旅行にアウトドア、たくさんの思い出と素晴らしい景色をソニーのアクションカムで綺麗に撮影しましょう!

Cut nice memory and moment off by an action cam of Sony.

ソニーのアクションカムで素敵な思い出や瞬間を切り取ろう

紹介されたアイテム

ソニー アクションカム HDR-AS300R

ソニー アクションカム HDR-AS300R

¥51,000 税込

ソニー アクションカム FDR-X3000R

ソニー アクションカム FDR-X3000R

¥60,270 税込

ソニー アクションカム HDR-AS50R

ソニー アクションカム HDR-AS50R

¥34,540 税込

ソニー ユニバーサル ヘッドマウントキット

ソニー ユニバーサル ヘッドマウントキット

¥3,490 税込

ソニー ハンドルバーマウント

ソニー ハンドルバーマウント

¥3,650 税込

ソニー ロールバーマウント

ソニー ロールバーマウント

¥4,590 税込

ソニー ヘルメットサイドマウント

ソニー ヘルメットサイドマウント

¥3,110 税込

ソニー バックパックマウント

ソニー バックパックマウント

¥4,190 税込

ソニー キャップクリップ

ソニー キャップクリップ

¥3,180 税込

ソニー アクションモノポッド

ソニー アクションモノポッド

¥4,880 税込

Feiyu Tech FY-G4 GS ソニーアクションカム用 3軸手持ジンバル FDR-X1000V

Feiyu Tech FY-G4 GS ソニーアクションカム用 3軸手持ジンバル FDR-X1000V

¥30,790 税込

ソニー アンダーウォーターハウジング

ソニー アンダーウォーターハウジング

¥4,650 税込

ソニー LCM AKA1

ソニー LCM AKA1

¥3,530 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ソニーアクションカムを持つ人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」